さすガねっと
  • インターネット

インターネットの契約にかかる費用は?費用を抑えるポイントも解説

この記事では、インターネットの契約や利用にかかる費用について解説します。具体的な内容としては、タイミングや相場、特典、有料オプション、料金プランなどです。また、この記事では費用を抑えるポイントについても解説していきます。
【公式】カシモWiMAX インターネットの契約にかかる費用は?費用を抑えるポイントも解説

インターネットを契約する上で、月額料金や工事費用などの初期費用がいくらくらいかかるか気になるところではないでしょうか

また、今使っている回線よりも他社回線の方が費用を抑えられる場合、乗り換える選択肢も出てきます。

この記事では、インターネットを契約するうえで必要になる費用や発生タイミングについて解説します。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

光回線の新規契約にかかる費用

光回線にかかる費用は、「初期費用」と「利用中に発生する費用」、「解約時に発生する費用」の3種類です。それぞれの具体的な支払いタイミングや相場、注意点について解説します。

初期費用

初期費用には事務手数料と工事費用の2種類あります。工事費用は、業者によって支払い回数や金額が異なります。

それぞれにかかる金額や発生タイミングについて解説します。

事務手数料

事務手数料とは契約手続きにかかる費用を指し、契約料や登録料とも呼ばれます。多くの場合、事務手数料は契約した翌月に支払います。

事務手数料にかかる費用は880円~3,300円程度です。業者によって工事費用と合算され、割賦払いで請求が来る場合もあります。

光回線の事務手数料は3,300円(税込)に設定されているケースが一般的です。

工事費用

光回線を利用するには、自宅内で物理的に回線を引き込むための工事が必要です。その際、工事費用が発生します。

工事費用は16,500円~44,000円程度が相場です。戸建てプランとマンションプランで値段が異なります。

また、工事費用の支払いタイミングは回線事業者や契約プランによって異なります。契約時に一括で支払ったり、月々の利用料とあわせて毎月分割で支払ったりなど様々です。

他にも、複数の支払いタイミングや回数を選べるケースや最初から決まっているケースもあります。支払いタイミングや金額は契約書や公式サイトを見て確認しておきましょう。

利用中に発生する費用

利用中に発生する費用には、「光回線・プロバイダの利用料金」や「接続機器のレンタル料金」、「有料オプション」があります。

その中でも、毎月支払う必要のある費用や契約によって支払わなくてもよい費用があります。

光回線・プロバイダの利用料金

光回線の月額利用料金といえば基本的にこの2つで、3,800円~5,000円程度かかります。

最近では、回線利用料とプロバイダ利用料が一体型になっているものが主流です。光回線・プロバイダの利用料金の利用料金は、キャンペーンや継続利用期間によって変わる場合もあります。

事前に公式サイトで金額を確認しておきましょう。

接続機器のレンタル料金

ルーター機器などの接続機器をレンタルしている場合、毎月レンタル料金が発生します。毎月のレンタル料金は1,000円前後です。

中にはルーターを無料でレンタルしている場合もあります。ルーターは必ずレンタルしたものを使用する必要はなく、例えばゲームにより特化したゲーミングルーターを購入して接続することもできます。

オプション料金

オプション料金には、「光電話」や「光テレビ」、「パソコンやスマホのセキュリティソフト」などの費用があてはまります。多くの場合オプション料金は、1つあたり330円~1,100円程度です。

有料オプションの中には費用の節約につながるものもあります。

たとえば固定電話を利用している場合、「光電話」を利用するとトータルの費用が安くなる可能性があります。具体的な金額は次の表に記載しました。

  NTT加入電話 au光電話 ドコモ光電話 ソフトバンク
光電話(N)
月額利用料 1,760~1,870円(税込) 550円(税込) 550円(税込) 550円(税込)
通話料/固定電話あて(市内) 8.5円/3分 8円/3分 8円/3分 8円/3分
通話料/固定電話あて(市外) 40円~160円/3分 8円/3分 8円/3分 8円/3分
通話料/携帯電話あて 48円~/3分 46.5円~48円
/3分
48円~52.5円
/3分
48円~54円/3分

固定電話を利用している人は、節約も兼ねて利用を検討するとよいです。とはいえ、有料オプションは基本的に利便性やセキュリティ対策などを向上させるかわりに費用がかさみます。

光回線の乗り換えにかかる費用

光回線は乗り換え時に費用が発生するケースがあります。これらの費用が発生するタイミングや金額について解説します。

更新月以外の解約は違約金がかかる

更新月以外に解約すると違約金が発生します。違約金は3,300円~11,000円程度が相場です。回線事業者とプロパイダ事業者の両方に支払う必要があります。

実際に違約金がいくらかかるのか知りたい場合は公式サイトで確認しましょう。更新月の確認は公式サイトのマイページから行います。

乗り換え先によってはキャンペーンで、違約金の一部、または全額を支払ってくれる場合もあるので事前に見ておきましょう。

更新月に乗り換える場合は違約金がかからないため、それまで待って乗り換えるのも手です。

工事費の残債がある場合は残債の支払い

工事費の支払いを分割払いにしていた場合、解約すると残債の支払いが発生します。基本的に工事費の残債は一括で支払う場合が多いです。工事費の残債は公式サイトのマイページにて確認できます。

乗り換え先によってはキャンペーンで、工事費を負担していることがあります。

工事費が発生する場合としない場合

現在使用中の回線と乗り換え先の回線によって、工事費がかかる場合とかからない場合があります。

工事費がかからないケースは、フレッツ光から光コラボに乗り換える場合、光コラボから別の光コラボに乗り換える場合です。

光コラボとは、NTTが他の事業者に回線を提供し、提供された業者が独自のサービスを追加して光回線サービスを提供することをさします。

したがって、NTTが提供しているフレッツ光と同じ回線を利用するため、光コラボに乗り換えても継続して使えるのです。事務手数料の3,300円(税込)のみで変更できます。

一方、NTTの光回線と違う独自の光回線を提供している業者に乗り換える場合は工事費が必要です。

このように、現在使用している回線と乗り換え先の回線によって工事費が発生するかどうか変わるため、事前に確認しておきましょう。

インターネット回線の料金を比較

インターネット回線には有線タイプと無線タイプのものがあります。有線タイプが光回線、無線タイプがモバイル回線です。それぞれにかかる費用を次の表を使って解説します。

  光回線 モバイル回線
月額料金 4,180~5,500円(税込) 3,850円(税込)
工事費用 16,500~44,000円(税込) 0円
端末代金 0円 11,000~22,000円(税込)
事務手数料 3,300円(税込) 3,300円(税込)

インターネットの月額料金は、光回線だと戸建てタイプとマンションタイプで料金が異なります。モバイル回線の場合、戸建てかマンションかによる月額料金の違いはありません。

光回線だと回線工事が必要ですが、モバイル回線だと工事が不要のため工事費がかかりません。

光回線の利用には端末(ホームルーターやモバイルルーターなど)が必要ないため端末代金が不要です。モバイル回線だと電波を飛ばす端末が必要のため端末代がかかります。

ただし、モバイル回線事業者によっては端末の無料レンタルを行っている場合もあります。

事務手数料は、光回線もモバイル回線も3,300円(税込)かかるのが一般的です。中には手数料を安く設定していたり、手数料無料のキャンペーンを実施したりしている会社もあります。

できるだけインターネット料金を安く抑えるには

インターネット料金は、毎月支払う費用や一時的なかわりに支払額が大きい費用などがあります。以降で月々の支払いを安くする方法や、まとまった金額を節約できる方法について解説します。

スマホのセット割がある回線を選ぶ

スマホのセット割を利用すれば毎月のスマホ利用料金を割引にできます。携帯電話会社によって割引額は異なりますが、割引される金額は1台につき500円から1,000円程度です。

スマホのセット割の条件は次の通りです。

光回線名 割引になる
携帯電話会社
割引額/月 必須オプション
ドコモ光 ドコモ 1,000円 なし
So-net光 au 500~1,000円 光電話サービス
ビッグローブ光 au 500~1,000円 光電話サービス
@nifty光 au 500~1,000円 光電話サービス
@TCOMヒカリ au 500~1,000円 光電話サービス
ソフトバンク光 ソフトバンク 1,000円 「おうち割 光セットオプション」
(3つのオプション)への加入
光BBユニットレンタル
WiFiマルチパック
固定電話サービス
ワイモバイル 550~1,100円 「おうち割 光セットオプション」
(3つのオプション)への加入
光BBユニットレンタル
WiFiマルチパック
固定電話サービス
ビッグローブ光 BIGLOBE mobile 100~300円 無し
OCN光 OCNモバイルONE 200円 無し

auやソフトバンク関係の光回線だと、スマホのセット割を適用するためにはオプション加入も必要です。特にソフトバンクの場合、3つのオプションすべての加入が必要です。

こちらの記事では、インターネット回線比較ランキングを紹介しているので、ぜひご覧ください。

キャッシュバックや特典がある回線を選ぶ

特典を利用して申し込めば、工事費が実質無料になったり接続端末が無料でレンタルできたりします。

また現金キャッシュバックや月額料金割引などの特典もあります。ただしキャッシュバックなど、特典によっては契約するだけだと受け取れません。

キャッシュバック金額だけではなく、受け取り条件が厳しくないか、受け取れるまでの期間が長くないか、受け取り申し込みの可能期間が短くないかなどにも注目して選びましょう。

またキャッシュバックや特典は、同じ回線でも申し込み窓口によって内容が異なる場合もあります。公式サイトだけでなくプロパイダや代理店まで比較検討するとよいです。

不要なオプションは解約する

申し込み時に加入したものの、実際に利用していないオプションがあれば解約しましょう。自分がどのオプションに加入しているかは、公式サイトのマイページから確認できます。

オプションの解約も公式のマイページから行います。ただしオプションによって、解約すると一定期間、または解約以後再契約できません。

特にスマホの保証に関わるオプションなどは安易に解約しないようにしましょう。なお、再契約に制限のあるオプションは解約の申し込みをする前に注意書き文がでてきます。

スマホは格安SIMを検討してみる

現在、ドコモ、ソフトバンク、auのキャリアと契約している場合、格安SIMに乗り換えることによって、携帯料金を抑えられます。

MMD研究所が2019年3月に発表したデータでは、大手キャリアを使用しているユーザーのスマホ代の平均はで8,451円でした。

一方、格安SIMを使用しているユーザーは月に2,753円と5,000円以上の差があります。

こちらの記事で格安SIMの料金・速度・キャンペーンを比較紹介していますので、ぜひご覧ください。

モバイル回線も選択肢の1つ

インターネットを利用する際、モバイル回線を利用するのも手です。モバイル回線には工事が不要なので工事費がかかりません。

ただし、光回線であっても工事費実質無料キャンペーンを実施している場合があります。そのため、費用面から選ぶ場合でも公式サイトを見比べてから決めるようにしましょう。

引っ越しで考えると、光回線であれば転居の度に工事が必要ですけれど、モバイル回線であれば必要ありません。

他にも契約後にモバイル端末さえ届けば、設定した後すぐにインターネットが利用できます。モバイル端末が届くのは、申し込んでから最短で即日です。

またモバイル端末であれば、工事の日程合わせや立ち合いなども必要ありません。

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー は、ソフトバンクが提供しているホームルーターです。ソフトバンクエアーには次のような特徴があります。

  • コンセントに刺すだけですぐに利用できる
  • スマホがソフトバンクならスマホ割が適用できる
  • 使用量による通信速度制限がない
  • チャットでの問い合わせにも対応
  • 引っ越した時に住所変更すれば転居先でも使える

ソフトバンクエアーの下り最大速度は962Mbpsです。

もし、実際に使用してみて速度が遅いと感じた場合でも8日以内であれば無料キャンセルできます。

ソフトバンクエアーの料金プラン

ソフトバンクエアーの料金プランは次の通りです。

(税込) ソフトバンクエアー
Airターミナル5 Airターミナル4/4 NEXT
基本料金 5,368円
端末代金
(36回払い)
1,980円 1,650円
割引 -1,980円 -2,838円
月額料金 5,368円 〜24ヶ月目:4,180円
25ヶ月目〜:5,368円

端末を購入すると、月月割とSoftBank Airスタート割(12ヵ月目まで)が適用されます。そのためレンタルよりも月額料金が安いです。

ソフトバンクエアーのお申し込みはこちら

カシモWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、ルーター利用が月額料金1,518円(税込)からと業界最安級です。3年契約プランを利用するなら、月額料金は合計39,675円相当も割り引かれます。

カシモWiMAXでは機種代金20,000円相当も無料です。月額料金と機種代金をあわせて総額59,675円相当の割り引き特典が受けられます。

またカシモWiMAXを2年8カ月以上利用すると、機種代無料で最新機種へ変更可能です。他にも日本最大級の動画サービス、U-NEXT for シネマの利用も初月無料です。

カシモWiMAXが取り扱っている端末には、下りの最大速度が1237Mbpsのものもあります。

カシモWiMAXは、「価格で選んだWiFi No.1」「WiFiは価格で決める人が選ぶ 契約後安心感があるWiFi No.1」「WiFi利用経験者が選ぶ 契約後安心感があるWiFi No.1」の評価を得ています。

カシモWiMAXの料金プラン

カシモWiMAXの料金プランは次の通りです。

(税込) カシモWiMAX
縛りなしプラン
月額料金 4,378円
端末代(36回) 605円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-605円/月
合計 4,378円

どちらの料金プランも3年契約を利用した場合の金額です。ギガ放題プランを契約した場合、月間のデータ通信量に上限がないため通信速度制限を気にせずにインターネットを使えます。

ただしLTEオプション対応機種を利用している場合、ハイスピードプラスエリアモードの利用(月間7GB超)で通信速度制限に引っかかってしまうケースがあります。

ハイスピードプラスエリアモードでの通信速度制限は、ハイスピードの「WiMAX2+」通信も制限の対象です。ハイスピードプラスエリアモードでの通信は使いすぎないように注意しましょう。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

料金や特典の内容を理解してインターネットの費用を抑えよう

インターネット利用を開始するには、まず事務手数料や工事費といった初期費用が必要です。インターネット利用中には、光回線・プロバイダの利用料金や接続機器のレンタル料金、オプション料金もかかります。

別の回線に乗り換える際、場合によっては違約金や工事費の残債、乗り換え先の工事費用の支払いが必要です。また、光回線かモバイル回線かによって費用の内容や料金が異なります。

まずは全体でどのくらいの費用がかかるのかを確認しましょう。また、キャンペーンや特典が利用できないか調べておくことも大切です。一部の費用が実質無料になったり割り引かれたりします。

この記事を参考にインターネット料金や特典について理解を深め、インターネットの費用を抑えましょう。

公開日時 : 2020年11月23日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード