OCN光

フレッツ光の工事内容と費用|戸建て・マンションそれぞれの場合を詳しく解説

フレッツ光の開通工事の内容と費用を、戸建て・マンションそれぞれ詳しく解説します。また開通工事をスムーズに進めるためのポイントや注意点についても説明しています。さらにおすすめの光コラボと工事不要の無線回線についても紹介しています。
【公式】カシモWiMAX フレッツ光の工事内容と費用|戸建て・マンションそれぞれの場合を詳しく解説

フレッツ光を新規で申し込む際には開通工事が必要です。

この記事ではフレッツ光の開通工事の内容・費用や注意点について紹介します。

光回線を個人で契約する場合はフレッツ光より光コラボ事業者がおすすめです。その理由やおすすめの事業者についても解説します。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

フレッツ光戸建てタイプの工事内容

戸建ての場合、光ファイバーケーブルを電柱から自宅に引き込む開通工事が必要です。

当日は、契約者や家族の立会いの下、自宅に派遣された作業員が工事を行います。

外壁に光回線を引き込む

戸建てタイプの開通工事の最初の工程は、光ファイバーケーブルを宅内に引き込む作業です。

このとき、配線を固定するために自宅の外壁にビスなどの金具を取り付ける必要があるケースがあります。

屋内に光回線を引き込む

次に外壁に引き込んだ光回線を屋内に引き込む作業を行います。

通常、電話用の配管を使って光ファイバーケーブルを引き込みますが、配管に空きがない場合は、エアコン用の通気口を利用したり、壁に穴を開けることもあります。

光回線終端装置を設置する

光回線を屋内に引き込んだら、屋内に設置した「光回線終端装置」に接続します。

回線の光信号はこの光回線終端装置に接続することで電気信号へ変換し、パソコンやルーターに送られます。

接続後、工事担当者が持参したパソコンを使って無事に回線が通ったかどうか確認します。

NTTが派遣した作業員が行う作業はこの工程までです。

パソコンへの配線を行う

最後に光回線端末装置とパソコンのLANケーブルを接続して終了です。

この回線端末装置とパソコン間の設定は基本的には自分で行いますが、NTT東日本かNTT西日本のセットアップサービスを依頼すれば、パソコン1台につき3,300円(税込)で設定してもらうことも可能です。

マンションタイプの工事内容

マンションの場合、派遣工事と無派遣工事の2種類があります。

マンションタイプの工事には次の2種類の工事があり、どちらの工事になるかは前の入居者の契約状況や光コンセントが残っているかによって決まるため、自分で選ぶことはできません。

派遣工事 新規契約をして新たに設備を導入する場合
無派遣工事 前の入居者の光コンセントがそのままになっている場合

派遣工事では文字通り工事担当者が派遣され、無派遣工事では派遣されません。

派遣工事の場合

派遣された担当者が工事を行います。派遣工事の内容と手順は次の通りです。

  1. 光ファイバーケーブルを室内に引き込む
  2. 光コンセントを部屋の壁に設置
  3. 光コンセントと回線端末装置を接続

マンションの場合、光ファイバーケーブルはマンション内の共有スペースに設置されたスプリッタから室内に引き込みます。

光コンセントと回線端末装置の接続は工事担当者が一緒にやってくれることが多いですが、自分でも行うことは可能です。

無派遣工事の場合

前の入居者の光コンセントがそのまま残っていれば、光コンセントと送られてきた回線端末装置を接続するだけで完了です。

これだけの作業なので、工事担当者を派遣してもらう必要もありません。

接続しても使用できない場合は、NTT東日本またはNTT西日本がそれぞれ専用の問い合わせ窓口を設置しています。

NTT東日本 0120-000-113(24時間年中無休)
NTT西日本 0120-248995(午前9時~午後5時)

フレッツ光の工事費用

フレッツ光に新規申し込みの基本的な工事費用を戸建てタイプとマンションタイプに分けて説明します。

戸建てタイプの工事費用

戸建てタイプの標準的な工事にかかる費用は次の通りです。

屋内配線の工程がある場合 分割払い または 一括払い
19,800円(税込)
屋内配線の工程がない場合 分割払い または 一括払い
8,360円(税込)

工事費は屋内配線の工程の有無によって大きく異なります。屋内配線の工程とは、屋外まで引いてきた回線を電話用配管を利用したり、外壁に穴を開けて室内に引き込む作業のことです。

以前にフレッツ光の別のサービスを利用していたり、施工段階ですでに配線が敷設されている場合は、この作業が不要となり、工事費が安くなります。

マンションタイプの工事費用

マンションタイプの工事費用は次の通りです。

屋内配線の工程がある場合

分割払い または 一括払い
16,500円(税込)

屋内配線の工程がない場合

分割払い または 一括払い
8,360円(税込)

マンションタイプの場合も戸建てタイプと同様、屋内配線の工程がない場合の方が費用が安くなります。

追加工事費が発生するケース

基本の工事費の他に次のようなケースでは追加工事費が発生します。

土日・祝日に工事する場合

平日の日中に工事を行う場合は基本料金のみですが、夜間や土日祝日に工事をする場合は時間外工事費が発生します。

土日祝日に工事を実施する場合 工事費+3,300円(税込)
夜間(17時~22時)・年末年始に工事を実施する場合 (工事費の合計額-1,100円)×1.3+1,100円(税込)
深夜(22時~8時30分)に工事を実施する場合 (工事費の合計額-1,100円)×1.6+1,100円(税込)

特殊施工が必要なケース

建物の形状や光回線を引き込むまでの経路などの条件によっては特殊な工事や専用の道具を使った特殊施工が必要になります。

その場合、「配線ルート構築工事費」として追加で次の費用がかかります。

開通工事と同日に実施する場合 15,400円(税込)
開通工事と別日に実施する場合 29,700円(税込)

フレッツ光の開通工事に関する注意点

ここまでフレッツ光の開通工事の内容や費用について解説してきましたが、開通工事をスムーズに進めるための注意点もいくつか存在します。

工事ができない地域もある

地域によっては光回線の開通工事ができないことがあります。

たとえば、山間部や離島など光ファイバーケーブルが敷設されていない地域では、光回線の開通工事を行えません。

また近くまで光ファイバーケーブルが敷設されていても、建物の構造などが原因で宅内に引き込みができないこともあります。

マンションの場合は管理人の許可が必要

開通工事の際には、共有スペースの追加工事が必要です。

光ファイバーケーブルを通すスペースがなければ壁に穴を開けたり、ビス留めをする必要もあるため、マンションや賃貸住宅の場合は事前に管理会社や大家に許可を得ておく必要があります。

あらかじめ許可を取っておかないと後からトラブルに発展する可能性もあります。また、マンションなど集合住宅に住んでいる場合は、規約や契約書の内容もよく確認しておきましょう。

工事は先着順に行われる

申し込みから開通までには一般的に1〜2ヵ月前後かかるとされていますが、工事日の予約は先着順に行うため、必ずしも希望の日時に予約できるとは限りません。

乗り換えの場合は、一時的にインターネットが使えない期間が生じてしまう可能性もあるので、余裕を持って申し込みするようにしましょう。

個人で使用するなら光コラボがおすすめ

ここまでフレッツ光の開通工事について解説してきましたが、現在、フレッツ光はどちらかというと法人向けの契約が主流になりつつあります。

以前は個人向けサービスとして有名になっていたフレッツ光でしたが、現在は小規模企業・自営業者向けのプランが中心となっているのです。

フレッツ光はもともと回線とプロバイダ別契約のサービスですが、支払いや手続きが複雑という声が増えていました。

そこでNTTは、プロバイダに営業窓口を一括する「光コラボ」のサービスを開始し、個人向けサービスとしてこちらのサービスの販売に力を入れるようになりました。

光コラボは光回線とプロバイダをセットで販売するため、人件費を削減できその分で提供価格を引き下げられます。

その結果フレッツ光のユーザーは光コラボに流れ、フレッツ光は法人向けのキャンペーンに力を入れ、光コラボは個人向けのキャンペーンを中心に行うというのが現状となっています。

光コラボでは、各プロバイダが用意する様々な特典を受けられ、さらにお得にインターネットを利用できます。

おすすめ光コラボの紹介をこちらの記事でしていますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの光コラボ3選

ここからはおすすめの光コラボを3つ紹介します。

ドコモ光

出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ

ドコモ光はNTTドコモが提供する光コラボで、唯一ドコモのスマホとのセット割を適用できます。

セット割を適用することで毎月最大1,000円安くなります。

ドコモ光の通常月額、契約事務手数料、工事費は次の通りです。

通常月額 戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,400円(税込)
契約事務手数料 3,300円(税込)
工事費 戸建て:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)

また、ドコモ光では次のような特典やキャンペーンを実施しています。

新規工事料無料

ドコモ光では新規契約の場合、工事費が実質無料になる特典が適用されます。

適用期間 2020年9月1日〜終了日未定
特典内容 初期工事費の負担が実質無料になる
適用条件 「ドコモ光」を新規で申し込み、申込み月含む7か月以内に利用開始すること 

dポイントプレゼント

ドコモ光に新規・転用・事業者変更で申し込むとdポイント2,000ptがもらえるキャンペーンです。

適用期間 現在開催中〜終了日未定
特典内容 dポイント2,000ptプレゼント
適用条件

ドコモ光 タイプA/B/C/単独/ドコモ光ミニの2年定期契約プランに新規・転用・事業者変更で申し込み、申込み月含む7か月以内に利用開始すること
ドコモ光のペア回線がdポイントクラブ会員であること

ドコモ光を詳しく見る

ソフトバンク光

出典:ソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する光コラボのサービスです。ドコモ光と同様、ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマホの利用料が毎月最大1,000円割引になります。

ソフトバンク光の通常月額、契約事務手数料、工事費は次の通りです。

通常月額 戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,180円(税込)
契約事務手数料 3,300円(税込)
工事費 工事不要の場合:0円
立会い工事の場合:26,400円(税込)
立会い工事なしの場合:2,200円(税込)

またソフトバンク光では次のような特典やキャンペーンを実施しています。

一人でも家族でもネットがおとくキャンペーン

ソフトバンクもしくはワイモバイルのスマホを利用している場合、ソフトバンク光を契約すると月額利用料が割引されるキャンペーンです。

適用期間 2020年7月31日〜終了日未定
特典内容 1回線以上契約で1,000円×12ヵ月間割引
2回線以上契約で1,300円×12ヵ月間割引
適用条件

期間中にソフトバンク光とキャンペーンに申し込み
課金開始月の末日までに「おうち割 光セット/おうち割 光セット(A)」が適用され、支払い方法を登録

【ソフトバンク光】詳細はこちら

So-net光プラス

So-net光プラスは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光コラボです。auユーザーは「auスマートバリュー」が適用され、月額の割引を受けられます。

So-net光プラスの通常月額、契約事務手数料、工事費を次の通りです。

通常月額 戸建て:6,138円(税込)
マンション:4,928円(税込)
契約事務手数料 3,300円(税込)
工事費 26,400円(税込)

またSo-net光プラスでは次のような特典やキャンペーンを実施しています。

ネット月額料金 割引特典

So-net光プラスに新規申し込みで2年目、3年目まで月額割引を受けられる特典です。

適用期間 現在開催中〜終了日未定
特典内容 1~24ヵ月:月額基本料金 2,900円割引(戸建/マンション)
25~60ヵ月:月額基本料金 400円割引(戸建)
25~48ヵ月:月額基本料金 500円割引(マンション)
適用条件 So-net 光 プラス (新設) へ新規入会・コース変更

So-net光プラスを5年間使い続ければ、この割引によって初期費用の工事費を実質無料にできます。

So-net光を詳しく見る

モバイル回線のホームルーターなら工事不要

光回線の場合、開通工事が必要で利用開始までに1ヵ月前後かかります。できるだけ早くインターネットを使い始めたい場合、モバイル回線のホームルーターがおすすめです。

接続するだけでインターネットに接続でき、回線工事も不要です。引越し後すぐにインターネットを使いたい人や光回線のエリア外に住んでいる方におすすめです。

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー はソフトバンクが提供するホームルーターです。

同じソフトバンクが提供するインターネットであるソフトバンク光は光回線なので開通工事が必要ですが、こちらは工事なしですぐに使い始めることができます。

ソフトバンクエアーのホームルーターのうち最新の「Airターミナル4」のスペックは次の表の通りです。

製品名 Airターミナル4
サイズ 約103(W)×225(H)×103mm(D)
重さ 約635g
最大速度 下り最大962Mbps
同時接続台数 最大64台

ソフトバンクエアーには端末を買い取る契約方法とレンタルする契約方法がありますが、今回は端末を買い取り、36回の分割払いする場合の料金と月額利用料を紹介します。

基本料金 5,368円(税込)
Airターミナル賦払金(36回) 1,650円(税込)×36ヵ月
月月割 -1,650円(税込)×36ヵ月
SoftBank Airスタート割(1年間) -1,080円
月額 ~12ヵ月目まで 4,180円(税込)
13ヵ月目以降 5,368円(税込)

ソフトバンクエアーの端末代は59,400円(税込)なのですが、36回払いを選択することで月月割が適用され、実質無料になります。

ただし、3年間の分割払いなので、3年以内に解約した場合は残債の支払いが発生します。

また、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーであれば、「おうち割 光セット」が適用され、スマホの利用料が毎月1,000円割引されます。

【ソフトバンクエアー】詳細はこちら

カシモWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは2種類のホームルーターを提供しています。どちらの機種を選んでも端末代は無料です。

今回は、カシモWiMAXのホームルーターの1つである「Speed WiFi HOME L02」のスペックを紹介します。

製品名 Speed WiFi HOME L02
メーカー Huawei
サイズ 約93(W)×178(H)×93(D)mm
重さ 約436g
最大速度 下り最大1Gbps
同時接続台数 最大42台

カシモWiMAXのホームルーターの料金プランは次の通りです。

(税込) 3年プラン 2年プラン
初月 1,408円
1ヵ月目 4,455円 4,708円
端末料金 0円
データ容量 実質無制限

カシモWiMAXの月額料金は業界最安級であり、シンプルな料金体系が魅力です。

インターネットの料金を抑えたい人や複雑な契約が苦手な人におすすめです。

カシモWiMAXを詳しく見る

インターネットをお得に使おう

フレッツ光の工事内容や費用は戸建てかマンションかによって異なります。

工事のタイミングや建物の条件によっては追加料金が発生することもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

またフレッツ光は法人向けのサービスが中心となっており、個人向けのサービスは光コラボに移行しています。光コラボは各プロバイダ独自の特典やキャンペーンを実施しています。

工事なしでインターネットを使いたい場合はモバイル回線のホームルーターがおすすめです。機器をコンセントに繋ぐだけで使用でき、回線の工事も不要です。

それぞれのサービスの特徴に合わせて、自分にぴったりの回線を見つけてみてください。

公開日時 : 2020年11月25日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!