• インターネット

eo光の設定方法|ルーター/Wi-Fiの接続・メール設定・繋がらないときの対処法

光回線は開通工事後すぐ利用できる訳ではありません。開通工事後は、パソコンや接続機器の設定を自身で設定する必要があります。この記事ではeo光の設定から利用開始するまでの流れを紹介しています。設定手順を予め確認しスムーズにインターネット環境を整えましょう。
【公式】カシモWiMAX eo光の設定方法|ルーター/Wi-Fiの接続・メール設定・繋がらないときの対処法

eo光でインターネットの利用をスタートさせるためには、開通工事後にパソコンや接続機器の設定を自身で行う必要があります。

しかし、光回線の設定が初めての場合、自身でうまくできるかどうか不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

インターネットの利用をスムーズにスタートさせたいなら、あらかじめ設定の手順を把握しておくと安心です。この記事では、eo光の設定から利用するまでの流れを紹介していきます。

Wi-Fiの接続方法やメールソフトの設定方法もあわせて紹介しているので、開通工事が完了したらスムーズにインターネット環境を整えましょう。

eo光を設定してから利用するまでの流れ

開通工事の完了後は、パソコンと接続機器の設定やWi-Fiの接続といった様々な作業が必要です。

手順を誤るとインターネットに接続できないこともあるため、まずは設定から利用するまでの流れを把握しておきましょう。

eo光の設定から利用するまでの流れは、次の通りです。

  1. eo光の接続機器をインターネットに繋ぐ
  2. パソコンやスマホをWi-Fi(無線)に接続
  3. メールソフトの設定
  4. 接続設定完了

eo光の接続機器や配線方法は、契約したプランの内容によって異なります。

たとえば、光回線とeo光電話、eo光多機能ルーターを同時契約している場合は、回線終端装置とeo光多機能ルーターを経由してパソコンや電話に接続しなければなりません。

作業に取り掛かる前に契約したプランの内容を確認し、正しい配線方法で接続しましょう。

eo光の接続機器をインターネットに繋ぐ方法

開通工事が完了したら、まずはeo光の接続機器をインターネットに繋ぎましょう。接続方法は、eo光多機能ルーターを契約しているか否かで異なります。

多機能ルーターとは、1台でパソコンや電話などの複数の機器を接続でき、さらにWi-Fiルーターの機能を搭載している機器です。

ここでは、eo光の接続機器をインターネットに繋ぐ方法を紹介していきます。

多機能ルーターの無線機能を使用する場合

eo光で多機能ルーターを契約している場合、回線終端装置とeo光多機能ルーターといった2種類の機器を準備します。

多機能ルーターの無線機能を使用する場合の配線方法は、次の通りです。

  1. 回線終端装置の「PC」ポートとeo光多機能ルーターの「WAN」ポートをLANケーブルで接続
  2. eo光多機能ルーターの電源をコンセントに差し込む
  3. eo光多機能ルーターの「LAN」ポートとパソコンをLANケーブルで接続
  4. 自動で設定完了

eo光多機能ルーターは機器同士をLANケーブルに接続し、電源をコンセントに差し込むだけで自動で設定が完了します。

通常は認証IDやパスワードの入力が必要ですが、eo光多機能ルーターは不要です。光回線と光電話を同時契約した場合は、eo光多機能ルーターと電話機を接続する必要があります。

eo光多機能ルーターは無料でレンタルできますが、無線機能を使用するためには月額105円(税込)の支払いが必要です。

無線機能を使用しない場合

無線機能を使用しない場合、回線終端装置とeo光多機能ルーターを準備します。eo光多機能ルーターでも無線機能を使用しない場合の配線方法は、次の通りです。

  1. 回線終端装置の「PC」ポートとeo光多機能ルーターの「WAN」ポートをLANケーブルで接続
  2. eo光多機能ルーターの電源をコンセントに差し込む
  3. eo光多機能ルーターの「LAN」ポートとパソコンをLANケーブルで接続
  4. 自動で設定完了

無線機能を使用する場合と同様に、光回線と光電話を同時契約した場合は、eo光多機能ルーターと電話機を接続する必要があります。

市販のルーターを使用する場合は、ルーターを接続した後にパソコン側でも設定しなければなりません。

市販のルーターを使用する場合は設定が必要

eo光多機能ルーターではなく市販のルーターを使用する場合は、PPPoE設定を行う必要があります。PPPoE設定の基本的な手順は、次の通りです。

  1. ログインアドレスを確認
  2. ログインIDとパスワードを確認
  3. eo光登録証で認証IDと認証IDパスワードを確認
  4. パソコンのブラウザを開く
  5. 検索窓にログインアドレスを入力
  6. ログイン画面でログインIDとログインパスワードを入力
  7. 「ルーターモード」で「PPPoEルーター」を選ぶ
  8. 「プロバイダー情報設定」で「フレッツ光以外」を選ぶ
  9. 「接続先ユーザー名」で「認証ID」を入力
  10. 「接続先パスワード」で「認証IDパスワード」を入力
  11. 一度ブラウザを閉じる
  12. 再度ブラウザを開く
  13. Webサイトが表示できていれば設定完了

設定方法の詳細は使用するルーターによって異なるため、付属されているマニュアルを確認しましょう。

おすすめルーター【NEC Aterm WG1900HP2】

家電量販店やオンラインサイトでは数多くのルーターが販売されており、それぞれスペックが異なります。基本的には、最新機種ほど高スペックです。

ここでは、市販のおすすめルーターを1機種紹介します。NECのAterm WG1900HP2は電波の混雑を回避し、Wi-Fiに繋がりやすくするバンドステアリング機能が搭載されています。

Wi-Fiに接続中の端末に対し、集中的に電波を送信するビームフォーミングに対応していることが魅力です。ただし、接続するスマホやタブレットもビームフォーミングに対応していなければなりません。

接続時間を制限できる「こども安心ネットタイマー」があるため、子どもの利用時間を管理したい人にもおすすめです。

Aterm WG1900HP2のスペックは次の通りです。

サイズ(W×D×H)・重さ 約33×110×169.5mm・約400g
アンテナの種類 2.4GHz・5GHz (内蔵アンテナ)
最高下り速度 1,300Mbps
消費電力 16W
IPv6対応
設置方法 据え置きタイプ

※購入元の注意書きをよくお読みになってお使いください。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

パソコンやスマホをWi-Fi(無線)に接続する方法

ここでは、eo光多機能ルーターや市販のルーターを使用して、パソコンやスマホをWi-Fiに接続する方法を紹介していきます。

パソコンのWi-Fi(無線)接続方法

デスクトップ型パソコンやノート型パソコンをeo光多機能ルーターでWi-Fiに接続する方法は、次の通りです。

Windowsの場合

パソコンのOSがWindowsの場合、次のような手順でWi-Fiに接続します。

Windows10

  1. eo光多機能ルーターのシールで「SSID」と「暗号化キー」を確認
  2. 画面右下の通知領域を示したマークをクリック
  3. 受信中の無線ネットワーク一覧から接続する「SSID」を選ぶ
  4. 「自動的に接続」にチェックを入れて「接続」
  5. ネットワークセキュリティキーの入力欄に「暗号化キー」を入力して「次へ」
  6. 選んだ「SSID」の下に「接続済み」と表示
  7. 設定完了

Windows8/8.1

  1. eo光多機能ルーターのシールで「SSID」と「暗号化キー」を確認
  2. スタート画面の「デスクトップ」をクリック
  3. 画面右下タスクバーのWi-Fiアイコンをクリック
  4. 受信中の無線ネットワーク一覧から接続する「SSID」を選ぶ
  5. 「自動的に接続」にチェックを入れて「接続」
  6. ネットワークセキュリティキーの入力欄に「暗号化キー」を入力して「次へ」
  7. 「いいえ、共有をオンにせずデバイスに接続しません」をクリック
  8. 選んだ「SSID」の下に「接続済み」と表示
  9. 設定完了

Windows7

  1. eo光多機能ルーターのシールで「SSID」と「暗号化キー」を確認
  2. 画面右下の通知領域を示したワイヤレスネットワーク接続アイコンをクリック
  3. 受信中の無線ネットワーク一覧から接続する「SSID」を選ぶ
  4. ネットワークセキュリティキーの入力欄に「暗号化キー」を入力して「OK」
  5. 通知領域の「ワイヤレスネットワーク接続」に「接続」と表示
  6. 設定完了

Macの場合

パソコンのOSがMacの場合、次のような手順でWi-Fiに接続します。

macOS 10.15

  1. eo光多機能ルーターのシールで「SSID」と「暗号化キー」を確認
  2. アップルメニューの「システム環境設定」をクリック
  3. システム環境設定の「ネットワーク」をクリック
  4. 画面左の「Wi-Fi」を選んで「Wi-Fiをオンにする」をクリック
  5. 「ネットワーク名」の一覧から「SSID」を選ぶ
  6. パスワード入力欄に「暗号化キー」を入力して「接続」
  7. 「状況」が「接続済み」と表示されていることを確認
  8. 設定完了

なお、macOS 10.14~10.13の手順は、基本的にmacOS 10.15と変わりありません。

スマホのWi-Fi(無線)接続方法

AndroidやiPhoneといったスマホをeo光多機能ルーターでWi-Fiに接続する方法は、次の通りです。

Androidの場合

OSがAndroid 10.xの場合、次のような手順でWi-Fiに接続します。

  1. eo光多機能ルーターのシールで「SSID」と「暗号化キー」を確認
  2. ホーム画面の「設定」をタップ
  3. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  4. ネットワークとインターネットの一覧から「Wi-Fi」を選ぶ
  5. 接続する「SSID」をタップ
  6. パスワード入力欄に「暗号化キー」を入力して「接続」
  7. 選んだ「SSID」の下に「接続済み」と表示
  8. 設定完了

なお、Android 9.xは「ネットワークとインターネット」が「無線とネットワーク」と表記されています。

Android 7.x~6.xについては、ホーム画面の「設定」をタップ後、「ネットワークとインターネット」が表示されないので「Wi-Fi」を選んでください。

その他の手順は、基本的にAndroid 10.xと変わりありません。

iOSの場合

OSがiOS 13.xの場合、次のような手順でWi-Fiに接続します。

  1. eo光多機能ルーターのシールで「SSID」と「暗号化キー」を確認
  2. ホーム画面の「設定」をタップ
  3. 「Wi-Fi」をタップ
  4. Wi-Fiをオン
  5. ネットワーク一覧から接続する「SSID」をタップ
  6. パスワード入力欄に「暗号化キー」を入力して「接続」
  7. 選んだ「SSID」にチェックが入っていることを確認
  8. 設定完了

なお、iOS 12.xとiOS 11.xの手順は、基本的にiOS 13.xと変わりありません。

eo光のメールソフトの設定方法

パソコンやスマホをWi-Fiに接続したら、eo光のメールソフトを設定しましょう。メールソフトは、インターネットに接続した後でなければ設定できません。

メールソフトの設定には、メールアドレスとパスワードが記載されたeo光登録証が必要です。

初期設定のままではメールの受信から60日を超えると削除されるため、サーバー上にあるメールボックスの容量を変更する必要があるので注意しましょう。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

Windowsのメールソフト設定方法

OSがWindowsの場合、OutlookとWindowsメール、Thunderbirdといった3種類のいずれかのメールソフトが利用できます。

ここでは、Windowsのメールソフトの設定方法を紹介していきます。

Outlookの場合

メールソフトがOutlookの場合、設定手順は次の通りです。

Outlook 2019

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. スタートボタンからOutlookを起動
  3. メニュータブの「ファイル」をクリック
  4. 「アカウント情報」の「アカウントの追加」をクリック
  5. 空欄にメールアドレスを入力して「詳細オプション」をクリック
  6. 「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れて「接続」をクリック
  7. 「IMAP」をクリック
  8. 空欄にパスワードを入力し「接続」をクリック
  9. 「アカウントが正常に追加されました」と表示
  10. 「Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する」のチェックを外して「完了」をクリック
  11. メニュータブの「ファイル」をクリック
  12. 「アカウント情報」の「アカウント設定」と「アカウント設定(A)」を続けてクリック
  13. 追加したメールアドレスを選んで「変更(A)」をクリック
  14. 「IMAP アカウントの設定」で「自分の名前」と「アカウント名」を入力して「次へ」
  15. 「アカウントが正常に更新されました」と表示
  16. 設定完了

なお、Outlook 2016の手順は、基本的にOutlook 2019と変わりありません。

Windowsメールの場合

メールソフトがWindowsメールの場合、設定手順は次の通りです。

Windows 10

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. デスクトップの「スタートマーク」をクリック
  3. 「メール」をクリック
  4. 「アカウントの追加」をクリック
  5. 「アカウントの選択」で「詳細設定」と「詳細セットアップ」のいずれかを選ぶ
  6. 「インターネット メール」をクリック
  7. 「メールアドレス」や「ユーザー名」といった項目を入力
  8. チェック項目すべてにチェックを入れて「サインイン」をクリック
  9. 「完了」をクリック
  10. 設定完了

手順7で入力する項目と内容は、次の通りです。

項目 内容
メールアドレス eo光登録証に記載されているメールアドレス
ユーザー名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
アカウント名 eo(何と入力しても差し支えありません)
この名前を使用してメッセージを送信 名前(差出人名となります)
受信メールサーバー imaps.eonet.ne.jp
アカウントの種類 IMAP4
メールの送信サーバー smtps.eonet.ne.jp

Windows 8

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. デスクトップの「メール」をクリック
  3. 設定で「すべて表示」をクリック
  4. 「アカウントの追加」で「その他のアカウント」を選ぶ
  5. 「IMAP」にチェックを入れて「接続」
  6. 「その他のアカウントの追加」で「詳細を表示」をクリック
  7. 「メールアドレス」や「ユーザー名」といった項目を入力
  8. チェック項目すべてにチェックを入れて「サインイン」をクリック
  9. 「完了」をクリック
  10. 設定完了

手順7で入力する項目と内容は、次の通りです。

項目 内容
メールアドレス eo光登録証に記載されているメールアドレス
ユーザー名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
受信メールサーバー imaps.eonet.ne.jp
受信ポート 993
送信メールサーバー smtps.eonet.ne.jp
送信ポート 465

Thunderbirdの場合

メールソフトがThunderbirdの場合、設定手順は次の通りです。

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. デスクトップの「スタートマーク」をクリック
  3. 「Mozilla Thunderbird」をクリック
  4. 「ローカルフォルダー」と「設定済みアカウント」のいずれかを選ぶ
  5. 「アカウントのセットアップ」の「メール」をクリック
  6. 「既存メールアカウントのセットアップ」で「あなたのお名前」と「メールアドレス」、「パスワード」を入力
  7. 「パスワードを記憶する」にチェックを入れて「続ける」
  8. 「サーバーの種類」や「サーバーのホスト名」といった項目を入力して「詳細設定(A)」をクリック
  9. 「アカウント設定」の「アカウント名(N)」に任意の名前を入力して「OK」
  10. 設定完了

手順8で入力する項目と内容は、次の通りです。

項目 内容
受信サーバー サーバーの種類 IMAP
サーバーのホスト名 imaps.eonet.ne.jp
ポート番号 993
SSL SSL/TLS
認証方式 通常のパスワード認証
送信サーバー サーバーのホスト名 smtps.eonet.ne.jp
ポート番号 465
SSL SSL/TLS
認証方式 暗号化されたパスワード認証
ユーザー名 受信サーバー eo光登録証に記載されているメールアドレス
送信サーバー eo光登録証に記載されているメールアドレス

Macのメールソフト設定方法

ここでは、Macのメールソフトの設定方法を紹介していきます。

macOS 10.15

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. デスクトップの「Dock」からメールアイコンをクリック
  3. メニューバーの「メール」「アカウントを追加」を続けてクリック
  4. 「メールアカウントのプロバイダを選択」の「その他のメールアカウント」にチェックを入れて「続ける」
  5. 「メールアカウントを追加」で各項目を入力して「サインイン」
  6. 「メールアドレス」や「ユーザー名」といった項目を入力して「サインイン」
  7. 「メール」にチェックを入れて「完了」
  8. メニューバーの「メール」「環境設定」を続けてクリック
  9. 「アカウント」の「サーバ設定」をクリック
  10. 「送信用メールサーバ(SMTP)」の「接続設定を自動的に管理」のチェックを外す
  11. 「認証」で「パスワード」を選んで「保存」
  12. 設定完了

手順5と6で入力する項目と内容は、次の通りです。

項目 内容
名前 名前
メールアドレス eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
ユーザ名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
アカウントの種類 IMAP
受信用メールサーバ imaps.eonet.ne.jp
送信用メールサーバ smtps.eonet.ne.jp

macOS 10.14~10.13の場合、手順6で「サインイン」の後に「メール」にチェックを入れて「完了」をクリックすれば設定完了です。

Androidのメールソフト設定方法

ここでは、Androidのメールソフトの設定方法を紹介していきます。

Android 10.0

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. ホーム画面の「メール」をタップ
  3. 「アカウント設定」でメールアドレスを入力
  4. 「IMAP」をタップ
  5. パスワードを入力
  6. 受信サーバーの設定項目を入力
  7. 送信サーバーの設定項目を入力
  8. アカウントのオプションを確認
  9. アカウント設定完了画面の各項目を入力
  10. 設定完了

手順6~9で入力する項目と内容は、次の通りです。

項目 内容
受信サーバーの設定 ユーザー名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
サーバー imaps.eonet.ne.jp
ポート 993
セキュリティの種類 SSL/TLS
IMAPパスのプレフィックス 省略可
送信サーバーの設定 SMTPサーバー smtps.eonet.ne.jp
ポート 465
セキュリティの種類 SSL/TLS
ログインが必要 チェックする
ユーザー名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
アカウント設定完了画面 このアカウントに名前を付ける eo光登録証に記載されているメールアドレス
あなたの名前 名前

Android 9.0

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. ホーム画面の「メール」をタップ
  3. 「アカウントを追加」で「その他」をタップ
  4. 「アカウント設定」でメールアドレスとパスワードを入力して「サインイン」
  5. 「IMAP」をタップ
  6. 受信サーバーの設定項目を入力して「次へ」
  7. 送信サーバーの設定項目を入力して「次へ」
  8. アカウント設定の項目を確認して「次へ」
  9. 「受信トレイ」画面が表示
  10. 設定完了

手順6と7で入力する項目と内容は、基本的にAndroid 10.0と変わりません。

iPhone格安SIM通信アンケート

iOSのメールソフト設定方法

ここでは、iOSのメールソフトの設定方法を紹介していきます。

iOS 13.x 

  1. eo光登録証でメールアドレスとパスワードを確認
  2. ホーム画面の「設定」をタップ
  3. 「パスワードとアカウント」をタップ
  4. 「アカウントを追加」をタップ
  5. 「その他」をタップ
  6. 「メールアカウントを追加」をタップ
  7. 「新規アカウント」で各項目を入力して「次へ」
  8. 「IMAP」を選ぶ
  9. 受信メールサーバと送信サーバの各項目を入力して「次へ」
  10. 「保存」をタップ
  11. アカウント欄に作成済みのアカウント名が表示されていることを確認
  12. 設定完了

手順7と8~9で入力する項目と内容は、次の通りです。

項目 内容
新規アカウント 名前 名前
メール eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
説明 任意の名前
受信メールサーバ ホスト名 imaps.eonet.ne.jp
ユーザ名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード
送信サーバ ホスト名 smtps.eonet.ne.jp
ユーザ名 eo光登録証に記載されているメールアドレス
パスワード eo光登録証に記載されているパスワード

iOS 12.x の手順6と7で入力する項目と内容は、基本的にiOS 13.xと変わりません。

eo光の設定をしてもネットに繋がらない場合の対処法

手順通りに作業してもeo光がネットに繋がらない場合、原因を突き止めて適切に対処すると改善されることがあります。

ここでは、eo光の設定をしてもネットに繋がらない場合の対処法を3つ紹介していきます。

ケーブルが抜けていないか確認する

eo光の設定をしてもネットに繋がらない場合、LANケーブルが抜けていないか確認してみましょう。きちんとLANケーブルを挿したつもりでも、奥まで挿さっていない可能性があります。

eo光多機能ルーターの無線機能を使用する場合は、次の機器同士を接続するLANケーブルは2本です。

  • 回線終端装置の「PC」ポートとeo光多機能ルーターの「WAN」ポート
  • eo光多機能ルーターの「LAN」ポートとパソコン

LANケーブルは複数あるので1本ずつ確認し、緩みがあるなら再度挿しなおしてみましょう。

機器の再起動を行う

eo光の設定をしてもネットに繋がらない場合、接続した機器の再起動を行ってみましょう。機器の電源をオフにする際には、次の順序で行います。

  1. パソコンやスマホといった接続機器
  2. eo光多機能ルーター
  3. 回線終端装置

機器の電源をオンにする際には、30秒ほど待ってから電源オフと逆の手順で行います。手順を誤ると機器が故障する原因になるため、十分に注意しなければなりません。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

通信障害が起きていないか確認する

eo光の設定をしてもネットに繋がらない場合、通信障害が発生していないか確認してみましょう。気象条件など様々な原因で、光回線に通信障害が発生することがあります。

通信障害が発生すると、一時的にネットが繋がらなくなる可能性があります。

通信障害の発生状況を知りたい場合は、eoユーザーサポートページの「障害情報・メンテナンス情報」をチェックしてみましょう。

なお、eoユーザーサポートページにアクセスするためには、IDとパスワードが必要です。

eo光の設定に困ったらサポートに問い合わせる

申し込みや問い合わせは、eoサポートダイヤルで受け付けています。公式サイトでは問い合わせ窓口の混雑状況予想が公開されているので、確認してから連絡するとよいでしょう。

eoサポートダイヤルの電話番号と受付時間は、次の通りです。

電話番号 eo光電話/LaLa Cal:151
固定電話/携帯電話/PHS:0120-919-151
その他の電話:050-7105-6333
受付時間 9:00~21:00(年中無休)

eo光電話や固定電話から連絡する場合は、通話料がかかりません。

電話サポート

設定方法に困った場合、設定サポートサービスが利用できます。電話サポートなら、無料で何度でも対応してくれるので安心です。

電話サポートへの連絡は、どの電話からかけても電話番号は同じです。

電話番号 0120-34-1010
受付時間 9:00~21:00(年中無休)

訪問サポート

宅内工事当日から2ヶ月以内は、初回に限り無料で訪問サポートを依頼できます。ただし、サポート内容によっては、追加料金が発生する可能性があるので注意しましょう。

サポート内容は、専門スタッフが自宅を訪問した上での初期設定です。ホームタイプとマンションプタイプ(イーサーネット方式)の場合は、宅内工事の完了後に電話で申し込みできます。

マンションタイプ(VDSL方式・光配線方式)の場合は、宅内工事日の日程調整で連絡した際に案内があるので、その際に申し込む必要があります。

リモートサポート

ホームタイプの場合、宅内工事当日から2ヶ月以内は初回に限り、無料でリモートサポートを依頼できます。サポート内容は専門のオペレーターによる遠隔操作で、様々な問題を解決してくれます。

基本設定とオプションサービス設定は無料ですが、それ以外のサポートは有料になるので注意しましょう。

マンションタイプの場合は初回でも無料ではなく、月額200円でリモートサポートを利用できます。サポート内容によっては、月額料金以外に別途料金が発生する場合もあります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

eo光の設定は難しくない

光回線の回線工事が終わっても、即インターネットを利用できるわけではありません。回線工事後は、回線終端装置やeo光多機能ルーター、パソコンなどの機器の配線やWi-Fiの接続設定を自身で行う必要があります。

インターネット環境を早く整えたい場合は、回線工事後の各種設定手順をあらかじめ把握しておくことが大切です。

市販のルーターの設定は複雑ですが、eo光多機能ルーターなら自動的に接続してくれるのでおすすめです。できるだけ手間をかけずに設定作業を済ませたいなら、eo光多機能ルーターを契約しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では、インターネットの契約や切替えをご検討中のお客様の電話相談を受け付けております。

相談後は、お客様のご希望があった場合にのみご連絡いたしますので、しつこい連絡や勧誘の心配はございません。

何度でも相談無料・加入の強要は一切ございませんので、インターネットに関してお困り方はぜひお電話ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年11月21日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード