「iPhone11」と「iPhone XS」の違いを比較|値下げの可能性も、どちらが買い?

iPhone 11とiPhone XSについて特徴とスペック面において比較を紹介します。処理性能やカメラ性能、バッテリー性能、価格など気になる箇所を重点的に紹介していきます。新iPhoneがどのような進化を遂げているのか、ぜひ参考にしてください。
JCOM U26学割 「iPhone11」と「iPhone XS」の違いを比較|値下げの可能性も、どちらが買い?

2019年9月20日から発売が開始されたiPhone XRの後継機である「iPhone 11」。

2020年秋に発売が予想されるiPhone 12(仮)の発売もあり、2万円近い価格の値下げも秒読まれています。しかし、A13チップ搭載による処理速度の高速化や防水性能の大幅向上ないろんな面で前モデルより進化。

昨年発売された高スペックモデルである「iPhone XS」と比較をしても負けず劣らぬ端末です、そこで今回はiPhone 11の進化を実感すべく、それぞれの端末の特徴を比較していきます。

iPhone11 iPhone XSの主な違いや特徴

最初に、iPhone11とiPhone XSを比較した結果をまとめました。

  • CPUなど基本スペックはiPhone11の方が上
  • iPhone11は液晶ディスプレイ、iPhoneXSは有機ELディスプレイ
  • iPhone11は「広角+超広角」、iPhone XSは「広角+望遠」
  • iPhone11は、バッテリー容量増加・処理効率アップにより駆動時間が大幅に増加
  • iPhone11は防水性能が向上
  • iPhone 11は「Wi-Fi 6」に対応

詳しい内容について、紹介していきます。

iPhone11がおすすめな人

出典:apple
  • 最新チップ搭載 重たい作業をする
  • カメラ性能を重視する
  • デザインやカラーにこだわりたい

iPhone 11は、スマートフォンの中で最大級に速いチップ「A13 Bionic」を搭載しており、A12と比べて処理性能は最大20%速くなったことで高速化・効率化が実現されています。

また、GPUが最大20%高速化したことで消費電力を大幅に削減しています。そのため、iPhone 11はXRに比べ駆動時間が1時間、増加しています。

カメラに至っては、iPhone 11は超広角と広角カメラを持つデュアルカメラシステムを搭載、より広い画角と大きな焦点面により今までとは一味違う高品質な撮影が可能となりました。

また、iPhone XRでは不可能だった人物以外のポートレート撮影が可能に。他にも、明るさの足りない暗い場所でもきれいに撮影できる「ナイトモード」や シャッターを長押しするだけで、写真モードのままビデオが撮れる「QuickTake」など機能性が大きく向上していることがわかります。

デザインも晴れやかに、iPhone 11は、全6色のカラーバリエーションを揃えているため、自分好みのiPhoneを手に入れることができます。

iPhone 11はiPhone 12(仮)発売後に値下げの可能性も?

なお、iPhone 11はiPhone 12(仮)発売後に「価格が549ドル(約58,800円)になる」と値下げも噂されています。

iPhone 12(仮)発売後に価格やスペックに満足いかないという方は検討してみるのもありでしょう。

iPhone XSがおすすめな人

出典:docomo
  • 望遠側のカメラが欲しい方
  • 有機ELディスプレイで写真も動画も高精細
  • 3D Touchが必要な方

iPhone XSは、望遠カメラを持つデュアルカメラシステムを搭載し、遠くの被写体をより鮮明に撮影することができます。

さらに、iPhone XSは、有機ELディスプレイを採用しており、より自然で鮮やかな色合いを表現することができます。しかもこの有機ELは、液晶ディスプレイよりもバックライトを必要としない分、電力の消費を抑えることができバッテリー節約にも効果的です。

操作性においては、iPhone XSは、画面に加えられた圧力の大きさを感知し、プレビュー画面を表示したり機能に応じたメニューを表示したりすることができる「3D Touch」を利用することができます。

iPhone 11シリーズでは「3D Touch」が廃止されたため、「3D Touch」を使ってキーボードや多くのアプリを使いたい方はiPhone XSをおすすめします。

iPhone11 iPhone XSのスペック比較

iPhone XS/11のスペックを比較していきます。

サイズ・重量

iPhone XS iPhone 11
高さ・幅・厚さ (高さ)143.6 mm
(幅)70.9 mm
(厚さ)7.7mm
(高さ)150.9 mm
(幅)75.7 mm
(厚さ) 8.3 mm
重さ 177g 194g

iPhone XSとiPhone 11のサイズを比較すると、iPhone XSの方が小さく軽量となっています。

ディスプレイ・解像度

iPhone XS iPhone 11
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL) 6.1インチ(液晶)
解像度 2,436×1,125 1,792 x 828

  • 液晶(LCD):バックライトで画面を明るくする。黒の表現が苦手
  • 有機EL(OLED):バックライトを必要としない分、より自然で鮮やかな色合いを表現でき、省電力。黒も得意

サイズに伴い、ディスプレイのインチ数もiPhone XSの方が小さくなっています。その差は0,3インチですが、実はサイズ以上に大きな差があります。

iPhone11は液晶ディスプレイですが、iPhoneXSは有機ELディスプレイです。

一般的には、有機ELディスプレイのほうが優れています。

有機ELディスプレイは自光する分、より自然で鮮やかな色合いを表現でき、省電力で美しい映像などを楽しむことができます。

iPhone格安SIM通信アンケート

デザイン・カラー

iPhone XS iPhone 11
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ブラック
グリーン
イエロー
パープル
レッド
ホワイト
カラーイメージ

iPhoneXSは、iPhone11よりも全体的にコンパクトで、ベゼルも細くてデザインとして洗練されています。iPhone11は、黒いベゼルがかなり目立っていてやや野暮ったい印象となっています。

iPhone 11はパープル、イエロー、グリーン、ホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの6色展開に対して、iPhoneXSは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの全3色。

iPhone 11はフレームにアルミニウム、背面はガラス素材を採用。また、パープルやイエロー、グリーン、レッドの色味としては、iPhone XRよりもやや薄く、抑えめの発色が特徴となっています。

iPhoneXSはフレームにステンレススチール、背面はガラス素材が採用されています。iPhone XSのカラーは大人っぽく落ちついた印象を受けます。

カメラ性能

機種名 iPhone XS iPhone 11
アウトカメラ性能 12MP
デュアルカメラ搭載
(広角、望遠)
12MP
デュアルカメラ搭載
(広角、超広角)
インカメラ性能 7MP
(1080p HDビデオ撮影可)
12MP
(4Kビデオ撮影可)

スペック面を見てみると、iPhone XSのインカメラの画素数が7万画素なのに対し、iPhone 11ではアウトカメラと同じ12万画素に向上しています。

その他、機能面において多くの違いがあります。

超広角レンズ/望遠レンズ

出典:apple

iPhone 11は、13mmの超広角撮影を実現するレンズを搭載しており、より肉眼に近い広がりのある写真を撮ることが可能です。

iPhoneXSには望遠レンズがついています。これにより、最大2倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームを使った撮影が可能です。遠くの被写体をより鮮明に撮影することができます。

ポートレートモード

出典:apple

iPhone 11とiPhoneXSでは搭載しているレンズが異なるので動作の違いはありますが、両方ともポートレート撮影に対応しています。

iPhone 11は、被写体を限定しないポートレートモードに対応しており、人物以外(ペットなど)のポートレート撮影が可能となっています。

ナイトモード

出典:apple

iPhone 11では、新しい機能として「ナイトモード」があります。

この機能のより、明るさの足りない暗い場所においてもフラッシュ無しに美しい写真を撮ることができます。

電源・バッテリー

iPhone XS iPhone 11
ビデオ再生(ワイヤレス) 最大14時間 最大17時間
オーディオ再生(ワイヤレス) 最大60時間 最大65時間

iPhone11の方がバッテリー性能が高くなっています。

AppleはiPhone XSのバッテリーについて「iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間」、iPhone 11のバッテリーについて「iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間」と発表しています。

処理速度

機種名 iPhone XS iPhone 11
搭載チップ A12 Bionicチップ A13 Bionicチップ

iPhone XSに搭載されているプロセッサーはA12 Bionic、iPhone 11に搭載されているものはA13 Bionicになります。

A12からA13に進化するにあたり、処理性能の効率化・高速により、省電力・省通信が実現されたほか、アプリ起動は約20%の高速化が行われています。

A13 Bionicは、アプリの起動、カメラ性能、バッテリー性能において大幅な向上をもたらしています。

2020年秋に発売が予想されているiPhone 12(仮)はA14 Bionicへの進化が期待されています。こちらは、MacBook Pro並みのスペックの高さになるとも言われます。ただ、正直なところスマホで扱えるアプリや処理を考えると現行最新のA13 Bionicでも十分だと編集部では考えます。

iPhone 12(仮)に関する最新情報は随時更新していますのでよければこちらも併せて参考にしてみてください。

iPhone11 iPhone XSの料金比較

iPhone11とiPhone XSの販売価格を以下の表にまとめました。

iPhone 11 iPhone XS
au ※1 64GB:90,720円
→ 実質負担金 53,935円
128GB:96,480円
→ 実質負担金 56,810円
256GB:109,440円
→ 実質負担金 63,250円
64GB:79,920円
→ 実質負担金 49,680円
256GB:143,280円
→ 実質負担金 80,845円
512GB:168,480円
→ 実質負担金 93,495円
ドコモ※2 64GB:87,120円
→ 実質負担金 58,080円
128GB:63,360円
→ 実質負担金 56,810円
256GB:106,920円
→ 実質負担金 71,280円
ソフトバンク※3 64GB:89,280円
→ 実質負担金 54,640円
128GB:96,480円
→ 実質負担金 56,810円
256GB:109,440円
→ 実質負担金 63,250円
64GB:124,320円
→ 実質負担金 71,520円
256GB:77,760円
→ 実質負担金 48,240円
512GB:168,480円
→ 実質負担金 93,600円

※1 かえトクプログラム適用時の価格です。
※2 スマホおかえしプログラム適用時の価格です。
※3 トクするサポート+適用時の価格です。
※上表の価格は2020年9月14日時点のものです。
※各店の取り扱い状況・価格は変更されることがあります。

auの残価設定型スマホ購入プログラム

2020年2月21日に、auが新たな新サービスとして受付を開始しました。これは残価設定型と呼ばれるスマホ購入においてのシステムで、国内の通信事業では初めての試みです。

残価設定型とは購入したものの数年先の価値を表して残価を事前に設定しておき、残価分を除いた金額を分割で支払うしくみです。

かえトクプログラムを箇条書きで説明すると次のとおりです。

  • 2年後の端末価値で価格設定される
  • 残価を除く金額を23回で分割
  • 支払い回数は24回払いのみ
  • 分割の最終回目には選択肢3つから方法を選ぶ

スマホおかえしプログラムの適用条件

スマホおかえしプログラムを利用するにはいくつかの条件があります。

適用条件は3つ

  • 対象の端末を36回払いで購入すること
  • 利用期間内に端末をドコモに返却すること
  • 端末購入時にプログラムに加入すること

スマホおかえしプラグラムは全ての端末で適用できるわけではありません。対象となっているのは、いわゆるハイスペックスマホと呼ばれる高額な端末です。それらの端末を36回払いで購入したときのみ、プログラムに加入することができます。

トクするサポート・トクするサポート+の加入条件

トクするサポート+の適用条件は、大きく2つにまとめることができます。

  • 対象機種を48回払いで購入すること
  • 購入時に「トクするサポート」/「トクするサポート+」を申し込むこと

大切なのは、端末購入時点でトクするサポート・トクするサポート+に申し込むことです。

購入後に申し込むことはできないので、購入前に加入するかどうかをしっかり考えておきましょう。

適用条件・注意点

トクするサポート・トクするサポート+で端末を安く買うには、プログラム加入後どうすればいいのでしょうか?

トクするサポート加入月を1ヶ月目として、25ヶ月目以降に以下全ての条件を満たすことが必要です。

  • 次回機種変更時に対象のソフトバンク端末を購入すること
  • 旧端末を機種変更の翌月末までにソフトバンクに返却し、査定を完了させること
  • 月額料金や機種代金の未払いがないこと
  • 新機種購入時点で本プログラムを解約・解除・終了していないこと
  • 24ヶ月分のプログラム利用料を全額支払っていること

購入方法|ドコモオンラインショップで購入がおすすめ

オンラインショップでの購入は、店舗での購入よりも安くつくことが一番のメリットです。また、オンライン独自のキャンペーンに加入しながらも実店舗でのキャンペーンに参加できるので、よりお得に利用することができます。

iPhone XS/ iPhone 11のどっちを買うべき?

ディスプレイの性能およびサイズの好みを除いては基本的にはiPhone 11の方が優秀だと言い切れるのではないでしょうか。

そのため、新しく買うならiPhone 11をおすすめします。

その他歴代のiPhone比較についてまとめてありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

最新iPhoneも検討している方は、最新iPhoneの情報とお得購入方法をまとめた記事をご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月29日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!