ドコモでiPhone XSを使うには?購入方法と契約の流れを解説

iPhone XSをドコモで予約・購入したい方はこちら。機種変更・新規契約・乗り換えの方向けに、ドコモでのiPhone XSの予約・購入方法や、最新情報をまとめました。発売日に手に入れたい方、店舗での受け取りが難しい方はドコモオンラインショップでの予約が確実です。
【公式】カシモWiMAX ドコモでiPhone XSを使うには?購入方法と契約の流れを解説

いまではドコモから多くのiPhoneが販売されています。iPhone XSをドコモで利用したいと考えた際に必要な情報を紹介します。

まず結論からいうとドコモではiPhone XS、XS Maxどちらも在庫なしの状態で販売が終了しています。

しかしドコモショップだけでなく、ほかの方法でiPhone XSを手に入れドコモで契約するという方法があります。その方法について詳しく紹介します。

またドコモではほかにもiPhone機種をたくさん販売しているため、販売中のiPhoneについて紹介します。

iPhone XSの購入方法

ドコモショップで購入しないと端末が使用できないという不安があるかもしれませんが、ドコモはSIMロックが解除されているSIMフリーの端末であれば、別の場所で購入して持ち込みすることで契約が可能です。

まれにSIMロック解除端末でも正常に使用できない端末がありますが、iPhoneの場合はSIMロック解除をしてしまえば問題なく利用できます。

そこでこの項目ではドコモショップでは購入できないiPhone XSを購入する方法を紹介します。iPhone XSは主に中古店で購入する方法と、ネットショップで購入する方法があります。

中古店の中には回線制限されている端末を売っているお店もあり、ある程度の見極めが必要です。ここでは中古スマホ販売店のなかでもおすすめのイオシスについて紹介します。

中古スマホ販売店イオシス

イオシスは中古スマホを販売するショップです。実店舗も東京の秋葉原や大阪、名古屋、福岡など全9店舗あり、20年以上前から続いているお店です。

店舗が近くにある人は直接足を運んで現物を確認できます。またネットでも販売しているため、近くに店舗のない人でも購入できます。

イオシスのネット販売の特徴として、営業日の当日朝10時までに決済が完了すると即日出荷してくれるというスピーディーさがあります。早ければ翌日には受け取りができるので急いでいる人にもおすすめです。

品質も優れていて、中古品ではありますが、きれいな状態のものを手に入れられることもポイントです。

中古品は主に未使用品、中古A、B、Cのランクに分かれており、ランクや容量によって値段がことなりますが、XSのAランクであれば、64GBで64,800円、256GBで72,000円程度です。

また購入したものが不良品だった場合の保証もついていて、新品を購入した際は保証期間6カ月、中古品でも保証期間3カ月です。

イオシスでiPhone XS・iPhone MAXを購入する

ネットショップ(ECサイト)

iPhone XSは楽天市場や、Yahoo!ショッピング、ヨドバシカメラのヨドバシ.com、ビックカメラのビックカメラ.comでも購入ができます。

楽天カードを持っている人は楽天市場で購入することでポイントが貯まりますし、Yahoo!ショッピングならTポイント、家電量販店ならそれぞれの店のポイントを貯めることができます。

そのため自分の持っているカードで購入先を決めるのもおすすめです。

SIMフリー端末を使用する際の注意点

SIMカードを契約する通信事業者が、使用するSIMフリーのスマートフォンで動作するのかを確認しておきましょう。

スマートフォン端末とSIMカードは、互いに周波数帯や通信方式に対応していないと使うことができません。

購入する前に契約する通信事業者の公式ページにある「動作確認済み端末検索」をチェックすることをおすすめします。

SIMフリー端末の多くは海外製なので、おサイフケータイ、ワンセグ、防水、防塵、緊急地震速報日本独自の機能に対応していないこともあります。

これらの機能を重視する方は、SIMフリー端末を購入するよりもキャリアのスマートフォンをSIMロック解除して利用するほうがおすすめです。

ドコモでSIMフリー端末の機種変更をする方法

ドコモの回線を新規契約する場合やすでにドコモと契約している人は、SIMフリー端末の持ち込みだけで大丈夫です。

持ち込み機種変更の手続きは、以前はドコモショップのみでしたが、今はドコモオンラインショップからSIMのみの契約もできるようになりました。

ただし持ち込みした端末が、現在の端末に使っているSIMカードとサイズが違う場合は、再度SIMカードを発行しなければなりません。

SIMカード発行手数料の2,000円がかかり、この場合はドコモショップのみでの手続きとなります。

店舗へ行くときは事前に来店予約をしてから店舗へ行くと、優先的に案内してもられるので待ち時間の発生が少なくおすすめです。

オンラインショップのSIMカード購入方法と手続きの流れ

ここではさらに詳しく、ドコモオンラインショップでSIMカードのみを購入して契約する手続きについて説明します。準備に必要なものやSIMカードの購入方法、SIM到着後の流れを紹介します。

SIMカード購入方法と手続きの流れは下記のとおりです。

  1. 契約に必要な書類を準備
  2. 料金を選択する
  3. SIMカードの購入
  4. SIMカード到着後、本体にセット
  5. 開通手続き
  6. 端末の設定

最初にドコモオンラインショップでの手続きをスムーズに行うために、下記のものを事前に準備しておきましょう。

  • 本人確認書類(契約者の名前や生年月日、現住所が確認できるもの)
  • クレジットカードまたは銀行口座
  • MNP予約番号(乗り換えの人のみ)

料金プランの選択とSIMカードの購入

SIMカードのみを購入したときの料金プランは下記の3つです。自分の使用目的や今の使用データ容量を目安に選ぶとよいでしょう。

ギガホ 毎月30GBまで定額で利用可能
ギガライト 毎月1~7GBまでの間で使った分に応じて支払う
データプラス タブレット・ルーターなど2台目を使う時のプラン

SIMカード(ドコモUIMカード)も3種類のタイプがあります。利用する端末のSIMカードのサイズに合わせて選択してください。

ドコモnanoUIMカード タテ12.3mm×ヨコ8.8mm
ドコモminiUIMカード タテ15mm×ヨコ12mm
ドコモUIMカード タテ25mm×ヨコ15mm

SIMカードが届いた後の利用方法

購入がしたSIMカードが届いたらiPhoneを使用する前にSIMカードを装着します。簡単な設定で利用を開始することができます。

【SIMカードの取り付け方法】

  1. SIMカードトレイにある穴に取りだしツールなど先端が細長いものを差し込み、トレイが飛び出すまで押し込む
  2. トレイを引き出しSIMカードをいれる
  3. SIMカードをいれたらトレイを戻す

【開通の手続き手順】

SIMカードを装着したら開通の手続きを行います。こちらもドコモオンラインショップから行うことができます。

  1. 「お申し込み履歴」をクリック
  2. ログインまたが「受付番号」「連絡先電話番号」「暗証番号」を入力
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック
  4. 内容を確認し、「ご注文を確定する」をクリック

端末の設定をする

開通の手続きまで終わったら、iPhoneの設定をしていきます。

  1. 「ブックマーク」を開く
  2. 「My docomo(お客様サポート)」から「設定」を選択
  3. 「iPhoneドコモメール利用設定」を選択
  4. 「ドコモメール利用設定サイト」を選択
  5. 「ネットワーク暗証番号」を入力して「次へ進む」を選択
  6. 注意事項を確認後「次へ」を選択
  7. 「許可」を選択しプロファイルのダウンロードが完了したら「インストール」を選択
  8. 構成プロファイルをインストール
  9. 「完了」を選択

以上ですべての手続きと設定が完了です。

ドコモで機種変更する!

ドコモオンラインショップで購入できるiPhone

ドコモでは新しいiPhone端末が販売されており、ドコモのオンラインショップでiPhoneを購入・機種変更したい人は新しいモデルのiPhoneを検討してみるのもおすすめです。

ここではドコモオンラインショップで購入できるiPhoneを紹介します。

iPhone SE(第2世代)

iPhone X以降のiPhoneではホームボタンが廃止され、Face IDが使用されていました。

iPhone SEではホームボタンが復活し、Touch ID機能などiPhone 8以前の操作方法に戻っています。

性能に関しては、iPhoneの中で1番性能が高いといわれているiPhone 11と同じA13Bionicチップを使用しています。

そのため格段にCPUの処理速度やGPUの描画性能がアップしており、カメラではポートレート機能を使った撮影できます。

【料金】

容量 端末料金
64GB 57,024円
128GB 62,568円
256GB 75,240円

【スペック】

サイズ 高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm
重量 148g
ディスプレイ 4.7インチ
容量 64GB、256GB、512GB
防水、防塵 IEC規格60529にもとづくIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)
カメラ 広角1,200万画素
生体認証 Touch ID使用 指紋認証
システムチップ A13 Bionicチップ

iPhone 11

iPhone 11が前モデルであるiPhone XRから最も進化したのはカメラ機能です。

iPhone 11は超広角レンズをプラスしたデュアルカメラシステムを使用しています。

iPhone XRでは「人」の撮影限定だったポートレートモードも、iPhone 11ではその制限はなく、様々な被写体でポートレート撮影を使用できます。

「ナイトモード」を利用すれば光が少ない夜間でもキレイに撮影できます。

【料金】

容量 端末料金
64GB 87,120円
128GB 95,040円
256GB 106,920円

【スペック】

サイズ 高さ150.9mm×幅75.7mm×厚さ8.3mm
重量 194g
ディスプレイ 6.1インチ
容量 64GB、128GB、256GB
防水、防塵性 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深 2メートルで最大30分間)
カメラ デュアルカメラ 1,200万画素(超広角/広角)
生体認証 Touch ID使用 指紋認証
システムチップ A13Bionicチップ

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Proはバッテリー性能が優れています。

前モデルであるiPhone XSに比べて、バッテリー持続時間がiPhone 11 Proは約4時間長くなり、外出先で普段どおり使用しても、約8時間でおよそ半分減る程度です。

【料金】

容量 端末料金
64GB 126,720円
256GB 142,560円
512GB 166,320円

【スペック】

サイズ 高さ144.0mm×幅71.4mm×厚さ8.1mm
重量 188g
ディスプレイ 5.8インチ有機ELディスプレイ
容量 64GB、256GB、512GB
防水、防塵性 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深 4メートルで最大30分間)
カメラ トリプルカメラ 1,200万画素(超広角/広角/望遠)
生体認証 Face ID使用 TrueDepthカメラによる顔認識
システムチップ A13Bionicチップ

ドコモで機種変更する!

自分に合ったドコモのiPhoneを選ぼう

iPhone XSはドコモでは販売終了しているため、どうしてもiPhone XSを利用したい場合、ドコモですぐに契約できません。

しかし中古販売店や家電量販店、ECサイトなどで端末を購入することでドコモの回線を利用できます。手続きも店舗、オンラインショップどちらでも手続きが可能なので、自分のライフスタイルにあわせて選べます。

またドコモでは様々なiPhoneが発売されています。

iPhone XSよりも性能が優れたものや、新しい割にはXSと変わらないほどの端末料金で販売されているiPhoneもあるので、機中変更を考えている人は、販売中のiPhoneのスペックや端末料金を比較して検討してみるのもおすすめです。

公開日時 : 2018年09月12日

sato ― ライター
sato ― ライター

格安SIMでスマホ代を節約中。大学時代は軽音サークルでベースを担当。カフェラテの摂取量に定評のあるカフェイン中毒。