YouTubeで必要な通信速度はどのくらい?推奨速度や遅くて見られない場合の対処法を紹介

YouTubeの再生が遅く、視聴できない場合、回線の通信速度に問題があることが多いです。YouTubeの視聴に必要な通信速度が気になる人や、再生が遅くて見られない人のために対処法を解説します。また、プランを見直して通信速度の改善する方法も紹介します。
【公式】カシモWiMAX YouTubeで必要な通信速度はどのくらい?推奨速度や遅くて見られない場合の対処法を紹介

YouTubeで動画を快適に楽しみたいのに、読み込みが途中で止まってしまったり、そもそも再生できなかったりすることがあります。

そんな時、通信速度やブラウザやアプリに問題がある場合など、いくつかの要因が考えられます。

今回はYouTubeに必要な推奨通信速度を紹介するとともに、動画再生が遅くて見られない場合のケース別の対処方法を解説しましょう。

YouTubeの推奨通信速度

YouTubeは動画を再生しながら、バックグラウンドで未再生部分のダウンロードをしています。そのため、ダウンロード速度が再生速度を下回ると、再生中に動画が止まってしまいます。

そこで気になるYouTubeの推奨速度を見てみましょう。

YouTubeの推奨通信速度は、再生する動画の画質によって異なります。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1,080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD 360p 0.7Mbps
出典:YouTube

超高画質の4Kで動画鑑賞を楽しむには20Mbps必要です。まだ4Kでアップロードされている動画の数はそこまで多くありません。また、4Kディスプレイや大型のプロジェクターで視聴しない限り、4K画質の恩恵は受けにくいでしょう。

通常の高画質である1,080pでは5Mbpsあれば快適に視聴できます。また、スマホなどの小さい画面で480~720pの画質で再生するのであれば、1.1Mbps~2.5Mbpsの速度があれば問題ないでしょう

4Gなら通信速度は実効速度でも230Mbpsあたりが中央値と言われています。スマホ回線なら速度を気にせず動画視聴が可能です。

WiMAXなどのモバイルWi-Fiも、WiMAX2+なら30Mbps前後が見込めるので、回線速度を心配する必要はないでしょう。

もし通信速度が遅い回線を使用している場合でも、使用している回線の通信速度に応じて動画の画質を調整することで、「読み込みが遅い」「途中で再生が読み込みに追い付いて止まってしまう」という現象を避けられます。

YouTubeの画質ごとの使用データ量

画質に必要な推奨通信速度と並んで気になるのが、視聴に必要なデータ量です。

YouTubeの画質別使用データ量を比較してみましょう。

画質 15分の使用データ量 1時間の使用データ量 1GBで視聴できる時間
144p 30MB 120MB 8時間30分
240p 42MB 168MB 5時間30分
360p 81MB 324MB 3時間
480p 153MB 612MB 1時間40分
720p 267MB 1,068MB 55分
1080p 513MB 2,052MB 30分

高画質な720pでは約1時間前後で1GBのデータ通信量が消費されます。さらに高画質なフルHDの1,080pでは倍のデータ通信量が必要です。

スマホを使用して携帯電話回線で動画を視聴する場合は、画質を360p~480p以下に抑えて視聴しないと、毎月設定されている利用可能なデータ通信量の上限にすぐに到達してしまうのがわかります。

高画質な動画を視聴するには、Wi-Fiに接続できる環境を探したほうがよいでしょう。

YouTubeが遅くなる原因と対処法

YouTubeの再生が遅くなる原因は多くの場合は通信速度に問題がありますが、必ずしもそれだけとは限りません。

ここではYouTubeが遅くなる5つの原因と、原因別の対処法を解説します。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

【原因】ネット/スマホの通信速度が遅い

使用しているインターネット回線や携帯電話回線の速度が、YouTubeの推奨回線速度を満たしていないと、バックグラウンドでのダウンロードに時間がかかり、動画再生が重くなります。

【対処法】契約中のネット/スマホプランを見直す

契約している回線のプランを見直したり、乗り換えを検討したほうがよいでしょう。

ベストエフォートでは速い回線でも、自分の環境では遅いというケースはよくあることです。

回線速度は自分で改善できないものなので、契約プランを見直して、さらに速いプランに契約を変更したり、違う会社に乗り換えるのがおすすめです。

【原因】WiFiやスマホが速度制限にかかっている

WiMAXのようなモバイルWiFiやスマホの回線には、データ通信量に1ヶ月間で利用できる上限と、3日間で利用できる上限の2つが設定されています。

この上限のどちらかに達した場合、回線の利用速度に制限がかけられます。

制限速度は会社によって異なりますが、おおむね各社の上限は1Mbpsです。

これは低画質~中画質のYouTube動画を再生できる、推奨速度ぎりぎりになります。

【対処法】課金して速度制限を解除する

1ヶ月の上限に達した場合、速度制限は次の月まで続きます。解除するには、追加データを購入する必要があります。

携帯電話回線会社によって異なりますが、追加データ料金は0.5GBで550円(税込)前後が多いです。

追加したデータを使い切ると再び速度制限がかけられるので、必要なデータ量を追加しましょう。

3日間の上限の場合、課金で解除はできません。ただし、制限がかけられるのは夜間の帯域が混み合う時間帯だけなので、回線が重くなる時間を避けることで対処できます。

【原因】デバイスに問題がある

通信状況に問題がない場合、スマホやタブレット、パソコンに問題がある可能性があります。

YouTubeのような動画再生には、RAMメモリーやCPUを多く使用します。そのため、他のアプリでもRAMメモリーやCPUを使用していると、デバイスの動作自体が重くなってしまうのです。

他にもなんらかの理由でデバイスに不具合が生じているため、動画再生に支障をきたしている可能性もあります。

【対処法】再起動してみる

一度電源を切り再起動すると、OSやアプリに起きていた不具合が解消されることがあります。

また、長時間稼働させていると、デバイスにはさまざまなキャッシュが溜まっていきます。このキャッシュも再起動によって削除されるものが多いので、リセットの意味も兼ねて再起動するのは有効な手段でしょう。

一見なにも起きていないように見えていても、バックグラウンドの複合的な要因のしわ寄せを受けて動画再生が重くなっていることもあります。どうしても重さを感じるようなら再起動してみましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

【原因】ブラウザやアプリに問題がある

通信状況ではなく、再生するブラウザやアプリに問題があるケースもあります。

スマホやパソコンのRAMメモリーが不足していたり、不要なキャッシュが溜まっていると、動作が不安定になって再生が遅くなったり、途中で止まったりするのです。

【対処法】一度閉じてみる

一度、ブラウザやアプリの状態をリセットすると、RAMメモリーが解放されて動作が回復することがあります。

ブラウザやアプリを閉じて、再度起動してみましょう。

それでも動画の再生が遅くなる場合は、他に必要のないアプリが起動してRAMメモリーを圧迫していないか確認し、不要なアプリを停止してみてください。ブラウザの場合は、見ていないタブを閉じてください。

また、キャッシュをクリアすると動作が安定する場合があります。

【iPhone/iPadの場合】

キャッシュをクリアするにはアプリを一度削除し、再インストールする必要があります。

チャンネル登録やプレイリストなどはYouTubeのサーバに保存されています。再インストールして同じIDとパスワードでログインすれば、元通り視聴できます。

【Androidの場合】

「設定>アプリ>YouTube>キャッシュの削除」でアプリのキャッシュを削除できます。

スマホによってメニューの位置や手順が多少異なるので、使用しているスマホの設定画面を参照してください。

【原因】YouTubeに問題がある

YouTube側に問題が発生していることがあります。YouTube側で配信に問題が起きることは滅多にありませんが、なんらかの理由で障害が起きることはありえます。

また、YouTubeアプリのバージョンアップが原因で、動作が遅くなることがあります。

【対処法】YouTubeアプリのバージョンを確認

YouTubeのサーバ側の要求に対し、アプリのバージョンが古いと、動画を再生する動作が遅くなったり不安定になります。

その場合は、YouTubeアプリのバージョンアップによって解消できます。

バージョンアップでも状態が改善されない場合は、一度アプリを削除し、再インストールすると解決する場合があります。

プラン変更でYouTubeの通信速度を改善

YouTubeの動画再生が遅くなる原因の大半は、回線の通信速度が遅いことです。現在の契約からプラン変更して通信速度を改善すると、ほとんどの場合問題は解決するでしょう。

そこでおすすめのプラン変更方法を紹介します。自分の利用環境に併せて、適した方法を選択してください。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

スマホを5Gプランに変更する

スマホの契約を4Gのプランから5Gのプランに変更すると、3つのメリットが受けられます。

4Gのプランから5Gのプランに変更するメリット

  • キャンペーンによって、通信料金が安く抑えられることがある
  • 4G回線でもデータ利用が無制限になる
  • 5Gの電波が受けられる場所では超高速回線が利用できる

スマホのデータ利用が無制限になるので、実効速度230Mbpsの回線を使い放題で動画が楽しめます。

これは4K画質でも遅延を感じず快適に視聴できる速度です。

5Gに変更したときのメリットをもっと詳しく知りたい方はこちらをご一読ください。

5G回線WiFiルーターに変更

5G回線を利用できるWiFiルーターに変更すると、5Gの高速回線でWiFi環境が利用できます。

5Gの電波を受信できる環境はまだ限られていますが、利用できる環境であれば超高速回線で快適なインターネット環境を楽しめます。

利用料金も大きく上がるわけではありません。通常のギガ放題WiMAX2+などと比較して約600~800円程度の追加が発生する程度ですみます。

5G回線に対応したWiMAXを詳しく知りたい方はこちらをご一読ください。

新しく光回線を契約する

基本的に家でYouTubeを見る場合は、光回線を契約するのがおすすめです。

安定した高速回線が確保できるだけでなく、固定回線はデータ通信量に制限がないので、仮に4Kの動画を再生してもデータ量を気にする必要がありません。

在宅で仕事をする時間が増えて、BGMにYouTubeを利用する機械が多くなった人には、仕事に必要なインターネット回線の確保ができ、動画視聴も安定する光回線がおすすめです。

スマホの契約とセットにすると割引が適用される光回線も多く、導入にかかる初期コストをキャッシュバックするキャンペーンも頻繁に行われているので、費用を抑えて利用を開始できます。

こちらの記事では、インターネット回線比較ランキングを紹介しているので、ぜひご覧ください。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

まとめ

YouTubeが遅い原因のほとんどは回線速度の問題です。

画質を下げるなどの方法である程度は対処できますが、根本的な解決をするには、回線自体のプランを見直すのがよいでしょう。

この1~2年の間に、5G回線が利用できるプランや、通信量無制限のプランが増え、内容も充実しています。

契約した当初のままという場合は、プランを見直すとYouTubeの遅さだけでなく、通信回線にまつわる問題が一気に解決するかもしれません。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年08月20日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード