[2021年]自宅テレワークの快適デスク環境!おすすめグッズ・椅子・ネット環境

自宅でのテレワーク、疲れやすいと感じることはありませんか?そのようなときはデスク環境を見直してみましょう。本記事では、自宅テレワークを快適にするためのデスク環境や便利アイテム、おすすめのネット環境を紹介しています。
【公式】カシモWiMAX [2021年]自宅テレワークの快適デスク環境!おすすめグッズ・椅子・ネット環境

多様な働き方が推奨されている中、自宅でのテレワークを始めた方も多いのではないでしょうか。

自宅でテレワークをする際には、デスク環境を整えると、快適に仕事ができるため業務効率が向上します。

今回は、自宅テレワークに適したおすすめのデスクやあると便利なアイテム、インターネット環境を紹介していきます。

テレワーク環境に必要なもの

テレワークをする際には、最低限必要なものや、あるとスムーズにテレワークが行えるものがあります。

ここでは、テレワーク環境に必要なアイテムをいくつか紹介します。

【必須】パソコン

テレワークをする上で、インターネットに接続可能なパソコンは必須のアイテムです。

会社から支給されているパソコンを自宅で使う場合は、テレワークを始める前に自宅のネット環境に接続できるかを確認しておきましょう

また、ソフトウェアのアップデート中はパソコンが使えなくなってしまいます。

予期しないアップデートを防ぐために、アップデートの設定を自動から手動に切り替えるか、業務開始前にアップデートを確認・実行しましょう。

こちらの記事では、ビジネスマンにおすすめの格安・高機能パソコンを紹介しているので、安くパソコンを購入したい方は、参考にしてください。

【必須】インターネット環境

テレワークをするためには、インターネット環境を充実させておく必要があります。

光回線を利用してインターネット環境を自宅に作るか、自宅以外の場所でも仕事ができるように持ち運びができるモバイルWi-Fiを利用しましょう。

スマホのデザリングを利用して、パソコンを4G回線でインターネットに接続する方法もあります。

すでにインターネット環境がある場合でも、ビデオ会議や大容量のデータを送受信するときに支障のない、安定した通信速度がでるかを確認しましょう

不正アクセスやウイルス感染のリスクがないように、セキュリティ対策が万全かどうか見直すことも重要です。

こちらの記事では、光回線のメリット・デメリットや、おすすめのプロバイダを紹介しているので、参考にしてください。

【あると快適】デスク

会社とは違い、自宅には作業に適したデスクがない場合もあります。

長時間労働に向いていない高さのデスクを使い続けると、体が痛くなり仕事に集中できない原因になります。

あらかじめ自分に合ったものを選ぶか、高さを調節するなど工夫してみましょう。

【あると快適】椅子

テレワークになると、長時間椅子に座っていることが多くなります。

自分に合っていない椅子に座っていると背中や腰が痛くなり、集中力が続かず業務効率の低下に繋がってしまいます。

テレワークをするときは疲れにくい椅子を利用するか、クッションなどを使って調節しましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

【あると快適】モニター

業種にもよりますが、ノートパソコンのみで仕事をしていると作業領域の少なさから業務効率が悪くなってしまいます。

ノートパソコンで仕事をするときには、外付けモニターを利用すると画面を2つに分けて操作できるため、より効率的に作業できます

また、1日中下を向いて小さな画面を見続けていると体に負担がかかってしまい疲労がたまります。それを防ぐためにも、外付けモニターの活用は有効的です。

外付けモニターには、高さ調節ができるものや画面が回転するものなど、様々な種類があるので用途に合ったものを選びましょう。

ノートパソコンと繋いで利用するためにHDMI端子があるものを選ぶと、映像と音声の両方を送受信できるため無駄な配線がなくなりシンプルになります。

こちらの記事では、モニターの選び方や、おすすめのモニターを紹介しています。モニターの購入を検討している方はご覧ください。

【あると快適】マウス

ノートパソコンにはタッチパッドが搭載されているため、マウスは必要ないという方も多いかもしれません。

しかし、細かなコントロールができるマウスを取り入れることで、テレワーク中の作業効率が大幅に向上します

右クリック・左クリック・ホイール以外にもいくつかボタンがついている多ボタンタイプのマウスや、ワイヤレスに対応した無線のマウスなどがあるので、作業しやすい好みのものを選ぶといいでしょう。

こちらの記事では、おすすめのマウスをタイプ別に紹介しているので、参考にしてください。

【あると快適】キーボード

キーボードもノートパソコンに搭載されていますが、テレワークで外付けの静音性が高いキーボードを取り入れることでメリットがあります

テレワーク時のコミュニケーションツールとして、ビデオ会議を利用することが多くなります。

ノートパソコンに内蔵されたキーボードでは、ビデオ会議の際にノートパソコンのマイクがキーボードを叩く音を拾ってしまうことがあります。

発言時以外はミュートにするなどの工夫はできますが、ミュートにできないときでも静音性の高い外付けキーボードを使うと、キーボードを叩く不快な音が相手に伝わることを防げます。

また、外付けのフルキーボードならテンキーが右側に搭載されるため、数値入力を連続して行う業務で役立ちます。

こちらの記事では、おすすめのキーボードを紹介しているので、キーボードの購入を検討している方はご覧ください。

【あると快適】マイク付きイヤホン・ヘッドホン

ノートパソコンに内蔵されているマイクやスピーカーは、基本的に音質がいいものではありません。

ビデオ会議をするとき、環境音や生活音が入り込んでしまったり音量が不安定になってしまうと、重要なことを聞き逃すなど仕事に支障をきたす可能性があります。

そのような事態を防ぐために、テレワークでのビデオ会議の際にはマイク付きのイヤホンまたはヘッドホンの使用をおすすめします

周りの音が気になる場合は、ノイズキャンセリング機能が搭載されたものを使うと集中して作業が行えます。

ワイヤレスタイプや有線タイプなど、自分に合ったものを選んで使用してみましょう。

こちらの記事では、マイク付きおすすめイヤホンを紹介しているので、参考にしてください。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

自宅テレワークのおすすめネット回線

自宅でテレワークをする際には、安定したネット回線を利用しないと仕事に支障をきたしてしまうことがあります。

この章では、通信速度が速く安定しているネット回線を紹介します。

また、法人での契約を検討している方は、ポケットWiFiの方がおすすめです。

カシモWiMAXなら、法人専用プランも承れていますので、詳しくは公式フォームにお問い合わせください。

カシモWiMAXご法人相談窓口

テレワークにおすすめなのは光回線

自宅でのテレワーク時に光回線を導入するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 通信速度が速い
  • インターネット通信が安定している
  • 通信量が使い放題

モバイルWi-Fiやデザリングの利用に比べて、圧倒的に通信速度が速いため大容量の通信を行った場合でも、通信が止まることがほとんどありません。

また、インターネット通信が安定していることから、ビデオ会議の際に途切れてしまうようなトラブルを防ぐことができます。

光回線には一部速度制限を設けている業者もありますが、「1日に30GB以上のアップロードを3日以上行った場合」のような条件なので、一般的な使い方をしていれば速度制限にかかることはなく、実質通信量が使い放題です。

このような理由から、テレワークには光回線がもっとも適したネット環境と言えます。

おすすめの光回線を徹底比較した記事は、こちらをご参考にしてください。

料金を安く抑えたいなら「auひかり」がおすすめ

フルコミット 出典:フルコミット

「auひかり」は、KDDI株式会社が提供しているインターネットサービスです。

スマホとセットで利用するとお得になる「auスマートバリュー」や、月額料金が安くなる割引特典が充実していることが特徴です。

auひかりの月額基本料金は以下の通りです。

月額基本料金
戸建て住宅 5,650円(税込)
集合住宅・マンション 4,180円(税込)

プロバイダ料金込みの価格なので、わかりやすく良心的です。さらに、開通月は無料で利用できます。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

魅力的なキャッシュバックキャンペーン

出典:フルコミット

現在、auひかりでは高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

auひかりのみの契約でも50,000円、auひかりとひかり電話を両方契約すると60,000円キャッシュバックされます。

キャッシュバックにはオプションの加入が条件に含まれる光回線が多い中、auひかりはオプションなしでキャッシュバックがもらえます。インターネット開通の翌月に振り込まれるため、すぐに受け取ることが可能です。

また、他社からauひかりに乗り換える場合、違約金を最大30,000円還元してくれます。上乗せで違約金が方には、さらに最大25,000円がキャッシュバックされます。

つまり、違約金を最大55,000円まで保証してくれるので、乗り換え時の違約金がほぼかからないと言ってもいいでしょう。

この2つのキャッシュバックキャンペーンは併用できるため、キャッシュバック60,000円+違約金還元55,000円で最大115,000円もらえるということです。

このお得な高額キャッシュバックキャンペーンは、見逃せません!

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

自宅テレワークのおすすめデスク環境

自宅で快適に仕事をするためには、デスク環境を整えることも重要なポイントです。

ここでは、自宅でテレワークを行うときにおすすめのデスクを紹介します。

スタンダードデスク

まずは、カラーバリエーションやサイズなど種類が豊富なスタンダードデスクです。

オフィスで使われてるような、収納スペースがあるものやキーボードスライダーがついているものもあるため、オフィスと同じデスク環境が自宅で作れます。

デスクに配線穴や配線トレーがついているものを選ぶと、デスク周りの配線がすっきりします。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

L字型デスク

L字型デスクは、通常のデスクよりも作業スペースを広く使うことができるので、外付けモニターを利用してのパソコン作業に向いています。

収納スペースがあるものや、2つのデスクを自由に組み替えられる分離タイプなど、用途やシーンに合わせて豊富な種類が取り揃えられています。

L字型デスクを選ぶときのポイントは奥行きです。縦・横どちらも幅を取ってしまうので、奥行きが広すぎるものを選んでしまうと圧迫感が出てしまいます。

限られたスペースの中でスマートにL字型デスクを置きたい場合は、奥行きが40cm程度のものでも十分快適に作業できます。

ロースタイルデスク

机の高さが低く床に座って作業できることが特徴のロースタイルデスクは、椅子を用意する必要がなく狭い部屋でも圧迫感がないことがメリットです。

脚が折りたためるロースタイルデスクは、楽に収納できてテレワーク以外の時間は部屋を広々と使えるので人気があります。

デスクのサイドに収納棚が設置されているものや、キーボードスライダーがついているものなど、テレワークに適したロースタイルデスクもあるので、通常のデスクよりも省スペースで設置したいという方におすすめです。

スタンディングデスク

長時間座り続けることは体に悪影響を及ぼすため、欧米では多くの企業が取り入れているスタンディングワーク。最近では、日本でも新しいワークスタイルとして注目されています。

スタンディングワークは、作業効率の向上や姿勢を正せることによって体の負担を軽減できるというような効果が期待できます。

立ったままパソコン作業ができるスタンディングデスクを選ぶ際には、自分の身長に合った高さのものを選ぶことがもっとも重要です。基準として、肘とデスクの距離が0~10cm以内がよいとされています。

立ちっぱなしも足首への負担や脚の疲れにつながるため、スタンディングデスク用のハイチェアとの併用もおすすめです。

昇降型デスク

自宅でスタンディングワークを始めるとき、特に高さを変える必要がなければ固定式でもよいですが、初めての導入なら昇降型デスクがおすすめです。

高さを一定の範囲で調整できるので、立ったり座ったり気分によって変えられます。

昇降型デスクの高さ調整方法は、手動式・ストッパー式・ガス式・電動式の4種類です。ガス式と電動式はレバーを引くだけで簡単に高さを調整できます。

また、自宅にあるデスクに載せて使える卓上タイプのデスクもあります。高さを調節できたり、折りたためるものもあるため持ち運びやすく収納に優れています。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

まとめ

自宅でのテレワークを快適にするためには、デスク環境を見直して整えることが大切です。

疲れにくいデスクや椅子を取り入れて、ストレスのないネット環境を作ることで、集中力がアップしてスムーズに仕事ができます。

今後もテレワークを新しい働き方として導入する企業が増えていくと思われますので、この機会にデスク環境を改善してみましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年12月31日

miku ― ライター
miku ― ライター

学生時代はずっとベースを弾いていました。最近は暇さえあれば映画鑑賞。時間がゆっくりと流れる映画が好きです。