Androidおすすめ

スマホのWiFi設定方法まとめ|エラー時の対処法もご紹介

スマホでwifiを使用すると通信料金が節約できる等のメリットがあります。最近は街中でも、無料でwifi接続できるスポットがあります。便利なwifiですが、うまく繋がらない場合はどのような対処をすればよいのか、詳しく見ていきましょう。
IIJmio スマホのWiFi設定方法まとめ|エラー時の対処法もご紹介

最近は、自宅にWiFi環境がある家庭が増えてきており、自宅にいる時はスマホをWiFiに繋いで使用している方が多くいらっしゃいます。コンビニエンスストアや公共施設など、無料でお手軽にWiFiが使用できる場所も増えてきました。このように、WiFiは身近な生活に浸透し、かなり普及してきているといえます。

スマホをWiFi接続で使用すると、通信料金を節約できるというメリットがあります。節約だけではなく、スマホの料金プランで定められたデータ通信量をオーバーして速度制限の状態になっていても、WiFiに接続すれば快適にインターネットが楽しめるというメリットもあります。また、WiFiは無線で使用できるので、スマホやタブレットなどを持って移動もしやすいというメリットもあります。

そのようなことから、WiFiが利用できる環境では、なるべくスマホでWiFiを利用したいところです。

昨今、普及が進んでいるWiFiですが、接続しようとした時にうまく繋がらなかった経験はないでしょうか。そのような場合の対処法についてみていきましょう。この機会に、WiFiについての知識を深めて、うまく繋がらかった時の原因を確認する方法や対処法をマスターしましょう。

スマホでWiFiを使用するときの設定方法

スマホで、WiFiを設定する方法を見ていきましょう。iPhoneとAndroidで設定方法が異なるので、それぞれの設定方法を具体的に見ていきます。

まずはネットワーク情報を確認しよう

iPhoneで使用する場合も、Androidで使用する場合でも、スマホをWiFiネットワークに接続するためには、まず、使用したいWiFiのネットワーク情報を確認する必要があります。設定されているネットワーク名(SSID)とパスワードを確認しましょう。

多くの無線LANルーターは、本体の裏面などにネットワーク名が記載されています。また、既にパソコンやタブレットなど別のデバイスでWiFiに接続済みでしたら、そのデバイスからネットワーク名を確認できる場合もあります。

セキュリティで保護されたWiFiネットワークで、パスワードが必要な場合は、それも確認します。

ネットワーク名とパスワードを確認できたら、スマホでWiFiの設定をしていきます。iPhoneとAndroidで設定手順に違いがあるので、ここからは、それぞれの設定方法を詳しく見ていきます。

iPhoneでWiFiを使用するときの設定方法

設定画面でWiFiを選択する

まず、iPhoneのホーム画面から設定画面を開きます。そこからWiFiをタップして、WiFiの選択画面に移ります。

接続するWiFiネットワークを選択する

WiFiをオンにすると、現在の場所で利用できるWiFiのネットワーク名一覧が表示されます。最近はWiFiが使用できる場所が増えているので、数多くのネットワーク名が表示される場合もあります。選択する時に違うネットワークを選ばないように注意しましょう。

利用するのにパスワードが必要なWiFiネットワークは、ネットワーク名の右横に南京錠のアイコンが表示されます。さらにその右横には電波状況のステータスも表示されます。このなかから、接続したいWiFiのネットワーク名をタップします。

パスワードが必要であれば入力する

パスワードが設定されている場合は、そのパスワードを入力します。パスワードは、1文字でも間違っていると、WiFiが繋がらないので正確に入力しましょう。

パスワード入力後、「接続」をタップして設定完了です。パスワードが間違っていなければ、WiFiに接続されます。WiFiに接続中は、iPhoneのホーム画面上部のステータスバーにWiFiアイコンが表示されます。

AndroidでWiFiを使用するときの設定方法

設定画面からWiFiのメニューを開く

Androidの場合も、まず、スマホのホーム画面から設定画面を開き、WiFiを選択します。WiFiのメニュー画面は「接続」や「無線とネットワーク」という名称の項目に含まれている機種もあります。

接続するWiFiネットワークを選択する

WiFiをオンにして有効な状態にしてから、使いたいWiFiのネットワーク名を選択します。

パスワードが必要であれば入力する

セキュリティで保護されているWiFiネットワークの場合、パスワードを入力する必要があります。パスワードの入力を求められたら、WiFiルーターの裏に書いてある暗号キーを入力し、接続をタップします。パスワードの文字は、「●」で表示されます。今、入力している文字が分かりづらいので、入力間違いがないように慎重に入力していきましょう。パスワードがあっていれば接続完了です。

WiFiへの接続が完了すると、画面上部にWiFiのアイコンが表示されます。WiFiとの接続を切るまで、このアイコンは表示されています。

格安SIMとWiFiについてはこちらの記事で解説しています。格安SIMとWiFiを併用する方法についても紹介しているのでご覧ください。

LINEMO

スマホがWiFiに繋がらない時に確認すべきこと

スマホがWiFiにうまく繋がらない時は、その原因を追求するために確認すべきポイントがいくつかあります。原因が判明したら、適切な対処ができるので、WiFiがうまく繋がらない時は、まず原因を追求しましょう。ここでは、原因を追求するために確認すべきポイントを見ていきます。

機内モードがオンになっていないかを確認する

飛行機や映画館などで機内モードをオンにして、そのままになっているとWiFiは使用できません。機内モードは、スマホが発する電波が飛行機の計器類へ影響を与えてしまうため、そのようなことがないように、スマホが電源オンの状態でも、電波を出さないようにする設定です。

スマホは一度、電源を切ると、またオンにしても起動に時間がかかるので、いちいち電源オフにして、また電源オンにしてというのは効率が悪くて面倒くさいです。機内モードを使用すれば、スマホの電源を切らずに、メールや電話の着信は来ないようにできます。そのため、飛行機に搭乗する時だけではなく、公共の場などで機内モードをオンにして使用する方もいらっしゃるようです。

スマホがWiFiにうまく繋がらない時は、まず、機内モードがオフになっていることを確認しましょう。もし、機内モードがオンになっていたら、オフにすれば、WiFiが繋がる可能性があります。

パスワードが間違っていないかを確認する

入力したパスワードや、選択したネットワーク名が間違っていないか確認してみましょう。

現在、WiFiはだいぶ普及しているので、WiFiを接続する場所によっては、WiFiのネットワーク名を選択する画面で、数多くのネットワーク名が出てくることがあります。そのため、違うネットワーク名を選択してしまう可能性があります。正しくネットワーク名が選択されていることを確認しましょう。

パスワードの入力でよくある間違いが、初期パスワードから変更したパスワードになっているのに、それを忘れて初期パスワードを入力してしまっているパターンです。また、小文字のL(エル)と数字の1(イチ)など、見た目が似ている文字は間違って入力しやすいので、正しい文字が入力されていることも確認しましょう。

正しいネットワーク名が選択されていて、パスワードも間違っていなければ、それ以外の原因が考えられます。

スマホの基本ソフトが最新バージョンにアップデートされているかを確認する

スマホの基本ソフトが最新バージョンになっていることを確認しましょう。基本ソフトが最新バージョンになっていないことが原因で、WiFiが接続できない等の不具合が生じることもあります。不具合を解消するために、アップデートで修正されることがあるため、スマホの基本ソフトは常に最新のバージョンにしておくことが大切です。

iPhoneの基本ソフトのアップデートは頻繁にないので、最新バージョンがリリースされていても気づかずアップデートを忘れてしまうことがあります。アップデートで大幅に内容が変わっていることが多いので、確実にアップデートするようにしましょう。

Androidのアップデートは、その機種のメーカーから提供されます。それぞれのメーカーでアップデートのタイミングは異なります。

他のデバイスでも繋がらないかを確認する

スマホの他にタブレットやパソコンなど他のデバイスがある場合は、他のデバイスでもWiFiに接続できないかを確認してみましょう。他のデバイスで繋がるようであれば、ルーターなどのWiFi機器が原因ではなくて、スマホ自体に問題があると考えられますし、他のデバイスでも繋がらないようであれば、スマホに問題はなくて、ルーターなどWiFi機器の不具合の可能性があります。

電波を妨げるものが無いかを確認する

家電のなかには、電子レンジなど電波を妨げる商品があります。そのような商品が、スマホとルーターの間に置かれていないか確認しましょう。また、最近増えてきているBluetooth機器も電波の妨げになる場合があります。周辺にBluetooth接続のヘッドホンを使用している人がいないか等も確認しましょう。

もし、そのようなものがあった場合は、場所を移動して再度、WiFiが繋がるか確認してみます。

スマホがWiFiに繋がらない時の対処法

ここまでは、スマホがWiFiにうまく繋がらない時の確認ポイントについて見てきました。ここからは、実際にスマホがWiFiにうまく繋がらない時はどのような対処をすればよいのか、詳しく見ていきましょう。

WiFiを一度オフにしてみる

まず、WiFiの再接続を試してみましょう。以前はWiFiが繋がっていたのに、何かのタイミングで繋がらなくなったときに有効な対処法です。

スマホの設定画面でWiFiがオンになっている状態で、一度WiFiをオフにしてから再度オンにして、繋ぎなおしてみます。小規模なエラーであれば、WiFiを繋ぎ直すことで、不具合が解消されて、WiFiが繋がる可能性があります。

\ワイモバイルでスマホをもっとお得に!/

一度スマホの電源を切って再起動してみる

WiFiの再接続でも状況が改善しない場合は、スマホの再起動を試してみましょう。スマホの再起動は、WiFiに限らず、何かのアプリがうまく動作しない時の対処法として非常に有効な手段です。

一時的な不具合やエラーだった場合は、スマホを再起動させることによって、問題が解消される可能性があります。他に原因が考えられない場合は、一度電源を切って、再起動してみましょう。

なお、機種に関わらず、再起動はある程度の時間がかかる処理です。スマホを再起動する時は、そのタイミングを考えておこなうようにしましょう。また、再起動前に保存されていないデータは保存するなどの作業もしておきましょう。

WiFiの接続情報をリセットする

手間がかかって面倒くさい作業ですが、登録してあるWiFiの接続情報を一旦削除して、新たに設定し直しすことで繋がる場合があります。新たに設定する時に、ネットワーク名やパスワードを間違えないように注意しましょう。

ルーターの再起動を試す

WiFiルーターの配線を確認して、他の機器と正しく接続されていることを確認します。電源ケーブルがしっかりコンセントに差し込まれているかも確認しましょう。ケーブルが抜けていたら、あらためて接続し直します。

もし、配線に問題がなければ、ルーターの再起動を試してみましょう。ルーターの電源コードをコンセントから抜いて、1分後くらいに再度コンセントに挿します。もし、ルーターに電源スイッチがある場合は、スイッチを押します。この操作で、ルーターを再起動させることが可能です。

多くのルーターにはステータスランプがあり、そのランプで現在のルーターの状態やネットワーク接続状況がわかるようになっています。ルーターを再起動させて、各種ネットワークへの接続が完了するまでは数分かかるので、焦らずランプで状況を確認して、完了するまで待ちましょう。完了したら、あらためてスマホからWiFiが接続できるか試してみましょう。

DNSの設定を変更する

ここまで見てきた対処法を全て試して、ルーターにもスマホにも問題が見つからなかった場合、プロバイダ側のDNSサーバーに問題がある可能性があります。

DNSサーバーとは聞き慣れない言葉かもしれませんが、インターネット上のコンピュータのノード名とIPアドレスの相互変換を行うデータベースのことです。DNSの設定を変更することで、WiFiの不具合が改善することがあります。WiFiの設定画面で、DNSを「8.8.8.8」か「8.8.8.8,8.8.4.4」に設定して見ると良いです。

スマホがWiFiに繋がりにくい時はまずは順を追いながら確認しよう

スマホがWiFiにうまく繋がらなかった時の確認すべきポイントと対処法について見てきました。

スマホがWiFiに繋がりにくい時には、その原因を調べるために確認すべきポイントがいくつかあります。うまく繋がらない時は落ち着いてひとつずつ、そのポイントを順を追いながら見ていきましょう。確認をした結果、原因がわかれば、それに応じた対処が出来ます。WiFiを使う機会は多いので、この確認方法と対処法は覚えておいて損はないです。

スマホでWiFiを使用すると通信料金が節約できるので、WiFiが使用できる場所では積極的に使用していきたいところです。最近は、無料でWiFi環境を提供している店舗や公共施設も増えてきているので、うまく使えば、かなりの節約ができます。上手に使って、快適なスマホ生活を送っていきましょう。

さらに通信量を節約したい方は、スマホの通信量の節約方法まとめをご覧ください。

公開日時 : 2020年07月17日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード