Androidの最新バージョン「Pie」について徹底解説

Androidの最新バージョン9.0P、コードネームPieが発表されました。androidユーザー待望の新バージョンですが、その概要や便利になった点、どのような新機能が追加されたのかなどを詳しく見ていきましょう。
【公式】カシモWiMAX Androidの最新バージョン「Pie」について徹底解説

全世界から注目されていたAndroidのOSの最新バージョンが正式発表されました。特にAndroidユーザーにとっては気になるニュースですが、最新バージョンになってどのようなことが変わったのでしょうか。また以前より便利になった点はあるのでしょうか。

本記事では、今回正式発表された最新バージョンの概要や追加された新機能、最新バージョンでできるようになったことなどを詳しく見ていきます。この機会にぜひ、Androidの最新バージョンについての情報をいち早く入手しましょう。

Androidの最新バージョンの基本情報

まず、今回発表されたAndroidの最新バージョンAndroid 9の基本情報について、正式発表の内容をもとにして順を追って見ていきましょう。

正式名称はAndroid 9 Pie

Androidの最新バージョンは9.0Pで、コードネームはPieといいます。

今まで、Androidのコードネームはお菓子など食べ物の名前がつけられてきました。新バージョンのコードネーム名称については、インターネット上でさまざまな噂が飛び交い、頭文字がPということからか、一部では「ピスタチオ」という名称が有力な説として語られてきていましたが、正解は「Pie」でした。

正式リリースは2018年8月7日

2018年3月、GoogleはAndroid Pを先行発表しました。続いて、正式版が2018年の6~9月にリリース予定であると発表しました。

正式配信までに5つのデベロッパープレビューが公開され、2018年8月7日、遂にAndroid 9.0 Pieがリリースされました。

対応機種はPixel端末など

現時点での対応機種は、ベータプログラム参加機種であるPixel端末とEssential Phoneです。今後、このほかのベータプログラム参加機種にも配信され、時期はまだはっきりと判明していませんが、Android One端末などにも順次配信されていく予定です。

Essential Phoneは、日本では通常販売されていない機種のため、聞き慣れない名前かもしれませんが、日本国内での使用もできるスマートフォン端末です。日本国内に住んでいても、アメリカの通販サイトなどを利用して購入することが可能です。

最新のAndroid 9の特徴

ここでは、AndroidのOS最新バージョンであるAndroid 9はどのような特徴を持っているのか、詳しく見ていきましょう。

AIが自分にぴったりの使い勝手を実現

最近話題のAIですが、Android 9にも遂にAIが搭載されました。このため、利用者のスマホの使い方の傾向を学習して、それぞれに合った使い方をAIが提案してくれます。

AIの搭載は、Android 9の大きな特徴のひとつであり、注目される点です。より一層、快適にスマホを利用できるようになることが期待されます。

セキュリティが強化された

セキュリティが強化されたこともAndroid 9の特徴の一つです。スマートフォンには、個人情報が多数含まれているので、便利な機能とはまた別にセキュリティ機能も重要です。また、世界的にセキュリティの重要度は増しており、Android 9においても、今回それが強化されたことは評価に値するのではないでしょうか。

Android 9では、改ざんされにくいハードウェアを採用して、機密情報を保護するハードウェアセキュリティ機能を提供します。このため、今まで以上に強固なプライバシー保護に対する対処が可能となっています。

Android 9で変わったこと

最新バージョンのAndroid 9では、どのような部分が変わったのでしょうか。Androidユーザーであれば気になるであろうAndroid 9での変更点について詳しく見ていきましょう。

操作ボタンがホームボタンに統一された

Android 9では、バーチャルホームや最近のアプリのボタンが無くなりました。

その代わり、ホームボタン一つで様々な機能を使えるようになり、操作性がシンプルになるとともにより向上しています。従来のAndroidから操作性が大幅に変わりました。今まで使用していたボタンが無くなっているため、最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば以前よりも便利で使いやすいのではないでしょうか。

マナーモード機能が強化された

Android 9では、プライバシーに配慮してマナーモードが強化されています。従来のマナーモードでは、アラート音をミュートするだけでしたが、今回のバージョンから、ポップアップ通知も隠すことができるように変更されました。

このため、第三者に待受画面を覗かれて、ポップアップ通知の内容を読み取られる危険性がなくなりました。ポップアップ通知のなかにもプライバシーに関わる内容が含まれていることがあるため、そのような点を気にされていた方には嬉しい機能強化です。

絵文字が新しくなった

Android 9では、新たな絵文字の追加と一部の絵文字の変更が行われました。

人物の絵文字には赤毛の人物とスーパーヒーローが追加され、それぞれの性別と5つの肌色で利用可能になりました。また、ジェンダーニュートラルな家族とカップルの絵文字が追加されました。これらの絵文字の追加により、より幅広い表現が可能となっています。特にメールやメッセンジャーなどで、絵文字を多用する方には嬉しい追加と変更ではないでしょうか。

アプリの並べ替えが便利に

アプリドローワーの機能も改良されました。このため、最新バージョンのAndroidでは、今までより簡単にアプリの並べ替えができるようになっています。アプリの並べ替えを頻繁におこなわれる方には嬉しい改良点です。画面上のアイコンが増えてくると、目的のアプリを探すのに時間がかかることもあるため、たくさんのアプリをインストールされている方にも嬉しい改良点ではないでしょうか。

また、ユーザーの操作履歴から頻繁に使用されるアプリを学習して、画面最上部に表示するようになりました。このため、頻繁に使用するアプリはすぐタップしやすくなり、より効率的に操作ができます。

Android 9の便利な新機能

最新バージョンであるAndroid 9には、便利な新機能が複数搭載されました。早く試してみたいところですが、まずはどのような新機能が搭載されたのか詳しく見ていきましょう。

機械学習を使った節電機能

ユーザーのアプリの使用頻度や使用周期などをAIが学習して、あまり使わないと思われるアプリのバッテリー消費を抑えることなどにより、バッテリーのエネルギーを効率よく使用できるようにする「アダプティブバッテリー」という節電機能が追加されました。

ユーザーは特に意識することなく、今までどおり普通にスマホを使用していても、従来よりバッテリーが長持ちにするようになります。このため、長時間スマートフォンを利用するヘビーユーザーには嬉しい機能です。

次の操作を提案してくれる機能

ユーザーが実行するべき次の操作を提案してくれる「アプアクション」という機能も追加されました。ユーザーのアクションから、次の行動を予測して、提示してくれます。例えば、スマートフォンにイヤホンを接続すると、音楽のプレイリストを表示したり、電話を案内してくれるということです。

「次、どう操作すればいいんだっけ?」という時には、大変助かりそうです。どのくらい期待通りの操作を提案してくれるのかは実際に使用してみないとわかりませんが、うまく機能すれば、かなり便利ではないでしょうか。

スマホの使い過ぎを防ぐ機能

Android 9には、アプリやデバイスの利用時間を制限するアプリタイマーなどの機能を採用しました。携帯の1日の利用時間や、どのアプリを長く利用しているかといった情報をまとめてダッシュボードに表示させることも可能です。

例えば、アプリを使用できる時間を設定しておいて、残り時間が迫ると「あと5分」という警告を表示させることも可能です。現代では老若男女問わず、スマホの利用時間が増えてきています。作業に集中して、ついつい長時間スマホを使いすぎてしまう方には重宝する機能です。またゲームに夢中になってしまうお子様のご利用にも効果がありそうな新機能です。

安眠のための画面調節機能

寝る前にスマホを見る習慣がある方は多いのではないでしょうか。就寝前にスマホの明るい画面を見続けることは、安眠を妨げる原因となることが科学的にわかっています。Android 9は、このようなことにも配慮したようです。

安眠を妨がないために、あらかじめ寝る時刻を設定しておくと、その時間が近づいたら、自動的にスクリーンがモノトーンになる「デジタルウェルビーイング」という機能を搭載しました。特に用事がなくても、ついつい就寝前にスマホを見てしまうという方にも有用な機能です。モノトーンのスマホ画面というのは見たことがありませんが、目に対する刺激は低そうです。さらにブルーライトをカットするフィルターがオンになるという目に優しい新機能も追加されています。

今後追加予定のスライス機能

AndroidのGoogle検索バーにキーワードや単語を入力することにより、それに対応して承認を受けたアプリを表示できる「スライス」とい

う機能が追加される予定です。

この機能はまだリリースされておらず、今後また詳細な追加情報が出てくるかもしれません。現段階で、この機能は秋頃に公開されると言われています。

Android 9対応が見込まれるおすすめスマホ

ここからは、最新バージョンのAndroid 9へ対応が見込まれているスマホについて、具体的に見ていきましょう。

今後、Android 9へのバージョンアップをしていく機種は続々出てくることが予想されますが、ここから見ていく機種は、現時点でAndroid 9へバージョンアップすることが見込まれている日本での利用が可能なスマートフォンです。

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 Plus

モトローラ社の最新版のG6は、公式サイトにもAndroid新OSへのアップデートが記載されており、新OSへのアップデートが確実に見込まれるスマートフォンです。

Huawei P20 SIMフリースマートフォン

人気ブランドHuaweiのP20のSIMフリー版は、2018年9月にAndroid 9.0アップデートする予定となっています。

HTC U12 + SIMフリースマートフォン

Twitter上での表明でしたが、HTC社もU12+, U11+, U11, and U11 liffeのバージョンアップを表明しています。

Android 9の最新情報をチェックしよう

いかがでしたでしょうか。

Androidの最新バージョンであるAndroid 9、コードネームPieについて、特徴や変更点などを詳しく見てきました。現時点で、さまざまな新機能が搭載されることがわかっており、実際にどのくらい便利なのか、また使用感は良くなったのか期待が高まります。新機能を早く試してみたいというAndroidユーザーの方も多いのではないでしょうか。

Android 9については、今後もさまざまな情報が発表されることが予想されるので楽しみにしておきましょう。ぜひ、Android 9の最新情報はこまめにチェックするのがオススメです。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年09月07日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード