• Wi-Fi

速度が速いポケットWiFi・インターネット回線はこれ!おすすめ機種や光回線を紹介

WiFiの速度が速いかどうかは、ルーターの性能と回線速度、そのほか様々な条件で変わります。また、理論上の速度よりも実際に計測した速度(実効速度)で選ぶことも大切です。この記事では、おすすめの速度の速い光回線とポケットWiFiの実効速度を比較します。
【公式】カシモWiMAX 速度が速いポケットWiFi・インターネット回線はこれ!おすすめ機種や光回線を紹介

WiFiの速度は一律で決まっているわけではなく、WiFiルーターの性能や接続しているインターネット回線の速度、使用状況によって変化します。

また、同じ通信速度でも用途によって速い、もしくは遅いと感じられることもあります。

そのため、WiFiの速度を速くしたい場合は、用途に応じた推奨速度を把握し、ルーターだけでなく回線や使用状況の見直しが必要です。

この記事では、WiFiの速度を測る単位をはじめ、用途別の上り・下りの推奨速度、光回線とポケットWiFiを利用した場合のそれぞれの平均速度を詳しく解説します。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

WiFiの速度の平均・速い基準はどれくらい?

まずはWiFiの速度を測る単位とWiFiの速度の特徴を把握した上で、光回線を利用したWiFiと、WiMAXや4G/LTE回線を利用したWiFiの、それぞれの平均速度と速い基準を確認しましょう。

WiFiの速度を測る単位

WiFiの速度は「bps」という単位で測ります。「bits per second」の略で、1秒間に送信できるデータ容量を表したものです。

また、1,000bps以上の速度の場合は次のように表記します。

単位 Kbps Mbps Gbps
表記 kilobit per second megabits per second gigabit per second
換算 1kbps=1,000bps 1Mbps=1,000kbps 1Gbps=1,000Mbps

下り速度と上り速度の違いは?

回線速度は上りと下りに分けられ、上りはアップロード(送信)、下りはダウンロード(受信)を指します。

写真や動画をSNSにアップするときには上りの速度、Webサイトの閲覧や動画視聴は下りの速度が重要です。用途別の推奨速度は次の通りです。

メール・SNSの受信 下り 128Kbps〜1Mbps
メール・SNSの送信 上り 1Mbps
Webサイト・SNSの閲覧 下り 1Mbps〜10Mbps
SNSの写真投稿 上り 3Mbps
SNS・動画サイトへの動画投稿 上り 10Mbps
動画視聴(4K) 下り 20Mbps
動画視聴(HD 1,080p) 下り 5Mbps
動画視聴(SD 480p) 下り 1.1Mbps
オンラインゲームアプリのプレイ 上り・下り 10~30Mbps
PCでオンラインゲームをプレイ 上り・下り 100Mbps~

テキストデータはデータ量が大きくないため、メールやSNSの受信であれば、低速な128Kbpsでも利用できます。

一方、写真や動画の投稿はデータ量が大きいため、快適に利用するためには3Mbps~10Mbps程度の速度が必要です。

オンラインゲームは送受信を同時に行うことから、上り・下りともに快適な速度が求められます。

WiFiの速度は、インターネット回線の速度や、回線と接続するルーターの性能に左右されます。

光回線の場合

光回線の一般的な最大速度は1Gbpsです。超高速サービスを展開している回線事業者には、10Gbpsのプランもあります。

【最大速度10Gbpsを提供している光回線の一例】

  • フレッツ光クロス
  • NURO 光 10G
  • auひかり ホーム10ギガ
  • SoftBank 光 ファミリー・10ギガ
  • ドコモ光 10ギガ

ただし実際、WiFiの速度は光回線の最大速度が出るわけではありません

最新世代の「WiFi6(IEEE802.11 ax)」に対応したホームルーターをONUに接続した場合でも、近距離での使用で900Mbpsほどの速度です。

900Mbpsであれば、リモートワークや動画を観たり作業をしたりなど、一般的な使用に関しては十分な速度です。

また、実際の速度(実効速度)は回線の混雑状況やWiFiルーターの設置場所、ルーターに接続している端末の台数など様々な条件で変動します。

とくに、マンションやアパートなどの集合住宅では、同じ建物内の住民が一斉にインターネットを使用すると混雑し、速度が低下することがあります。

ポケットWiFiの場合

ポケットWiFiは、WiMAX(WiMAX2+)回線と、4G/LTEまたは5G回線を利用している場合に分けられ、速度も異なります。回線ごとの最大速度は次の通りです。

回線 下り最大速度 上り最大速度
WiMAX(WiMAX2+) 440Mbps 30Mbps
4G/LTE(ドコモ PREMIUM 4G) 1.7Gbps 131.3Mbps
5G(ドコモ) 4.1Gbps 480Mbps

一般的なポケットWiFiの平均的な速度は30~40Mbpsほどで、5G対応のポケットWiFiでは100Mbpsを超えるものもあります。

ただし、ポケットWiFiも光回線と同様に、条件や環境によって実効速度は変化します。

例えば、周りに遮へい物があって電波が遮られたり、電子レンジなど同じ周波数帯の家電製品が近くにあることで電波干渉を起こしたりするなど、速度低下を招く原因になります。

光回線の速度を計測する方法

使用している光回線の実効速度は、インターネット上の「スピードテスト」で計測できます。Googleをはじめ、様々な企業がサービスを提供しているので、検索して試してみましょう。

操作は簡単で、スピードテストを行っているページ内で「速度テストを実行」や「測定開始」などのボタンをクリックするだけです。上り・下りそれぞれの実効速度が表示されます。

測定するサイトやサービスによって表示される速度が異なりますが、100Mbps以上の速度が表示されれば、高速と判断できます。

ただし、諸条件によって速度が変化するため、一定の時間帯だけ遅く感じられるといった事情があれば、時間を変えて再度計測してみましょう。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

光回線10社比較|速度の速いおすすめ事業者・プロバイダ

ここではみんなのネット回線速度の速度レポートを元に、実際の通信速度が速い光回線を紹介します。

回線の種類 下り平均速度 上り平均速度
NURO 光 478.93Mbps 412.59Mbps
コミュファ光 463.25Mbps 310.11Mbps
eo光 457.01Mbps 300.46Mbps
TNCひかりdeネット 440.24Mbps 258.27Mbps
NCV光 439.77Mbps 350.98Mbps
キャッチネクスト 393.56Mbps 261.89Mbps
スターキャット光 378.54Mbps 317.22Mbps
auひかり 377.47Mbps 270.6Mbps
メガ・エッグ 光 375.68Mbps 237.61Mbps
CNS光
(ケーブルネット鈴鹿)
355.78Mbps 287.83Mbps

参照元:みんなのネット回線速度:7月15日時点

NURO光

出典:NURO光

NURO光はフレッツ光が使用していない光ケーブル(ダークファイバー)を利用し、独自のONUを用いることで、通常プランでも下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsの速度を実現している回線です。

実効速度でも、下り平均478.93Mbps、上り平均412.59Mbpsという速さです。また、通常プランとは別に「NURO 光 10G」というプランも展開しています。

プラン NURO 光 NURO 光 10G
下り最大速度 2Gbps 10Gbps
上り最大速度 1Gbps 10Gbps
無線最大速度 1.3Gbps 4.8Gbps

NURO光のエリアは一部地域に限定されますが、現在エリア拡大中です。2021年7月時点でサービスを展開しているエリアは次の通りです。

  • 北海道
  • 関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
  • 東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
  • 中国:広島県、岡山県
  • 九州:福岡県、佐賀県

市区町村ごとにも対応エリアと非対応エリアがあるので、NURO光を導入する際は公式サイトで対応エリアを確認しておきましょう。

下り最大2Gbpsの「NURO光」の料金プランは次の通りです。

NURO 光 G2Tプラン 3年契約 5,200円(税込)
NURO 光 G2Dプラン 2年契約 5,700円(税込)
NURO 光 G2プラン 契約期間無し 7,836円(税込)

NURO 光 for マンションの料金プランは次の通りです。

NURO 光 for マンション M2Tプラン 3年契約 2,090円(税込)〜
NURO 光 for マンション M2Dプラン 2年契約 2,530円(税込)〜
NURO 光 for マンション M2プラン 契約期間無し 2,970円(税込)〜

【NURO光公式】詳細はこちら

コミュファ光

コミュファ光は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県を対応エリアとする「中部テレコミュニケーション」のサービスです。実効速度の平均は下りが463.25Mbps、310.11MbpsとNURO光に次ぐ速さです。

通常の1Gプランのほか、10Gホーム EX、5Gホーム EXというプランを展開しています。

さらに、10Gホーム EX、5Gホーム EXプランではONUにWiFi6の無線通信を標準搭載しており、個別にルーターを買わなくても高速WiFi通信が可能です。

プラン 1Gホーム 5Gホーム EX 10Gホーム EX
下り最大速度 1Gbps 5Gbps 10Gbps
上り最大速度 1Gbps 5Gbps 10Gbps
無線最大速度 0.9Gbps(WiFi5) 2.4Gbps(WiFi6) 2.4Gbps(WiFi6)

また、10ギガタイプのプランをゲーマー向けにカスタマイズした「ファストコネクトオプション」も展開しています。

これは優先的に回線を使えるというサービスで、月額料金770円(税込)の追加料金がかかるものの時間帯に関係なく遅延やラグの少ない通信を行えることが特徴です。

1Gホーム 2年契約 3,980円(税込)〜
5Gホーム EX 2年契約 4,780円(税込)〜
10Gホーム EX 2年契約 4,980円(税込)〜

コミュファ光のお申込みはこちら

eo光

eo光(イオ光)は、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の一部を対象にした光回線サービスです。通常の1ギガコースのほか、一部エリアでは5ギガコースと10ギガコースも展開しています。

実効速度の平均は下り457.01Mbps、上り300.46Mbpsです。

なお、5ギガコースと10ギガコースの標準提供ルーターは、WiFi6に対応しています。

プラン 1ギガコース 5ギガコース 10ギガコース
下り最大速度 1Gbps 5Gbps 10Gbps
上り最大速度 1Gbps 5Gbps 10Gbps
無線最大速度 1Gbps 2.4Gbps(WiFi6) 2.4Gbps(WiFi6)

eo光の月額料金は次の通りです。

1ギガコース 1年契約 3,248円(税込)〜
5ギガコース 1年契約 3,760円(税込)〜
10ギガコース 1年契約 4,330円(税込)〜

【eo光公式】詳細はこちら

TNCひかりdeネット

静岡市内でケーブルテレビを提供する「トコちゃんねる静岡」の光回線事業です。最大10Gbpsのプランと1Gbpsのプランを展開しています。

実効速度の平均は下り440.24Mbps、上り258.27Mbpsです。1GbpsのプランではWiFi機能が標準提供されているので、ルーターを購入する手間がかかりません。

注意点としては、光回線単体で申し込める料金設定がないことが挙げられます。

auスマホとセットの「ケーブルプラス電話」またはソフトバンク系スマホとセットの「ひかりdeトークS」というスマホと連携したプランしか提供されていません。

プラン 1Gbpsプラン 10Gbpsプラン
下り最大速度 1Gbps 10Gbps
上り最大速度 200Mbps 1Gbps
無線最大速度 記載なし 1Gbps

月額料金は次の通りです。

1Gbpsプラン+ケーブルプラス電話 1年契約 6,743円(税込)
10Gbpsプラン+ケーブルプラス電話 1年契約 7,843円(税込)
1Gbpsプラン+ひかりdeトークS 1年契約 6,710円(税込)
10Gbpsプラン+ひかりdeトークS 1年契約 7,810円(税込)

【TNCひかりdeネット】詳細はこちら

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

NCV光

NCV光は北海道の函館市・北斗市・七飯町を対象とした光回線サービスで、1Gbpsのプランを提供しています。

北海道内の複数のプロバイダが共有する札幌のアクセスポイントを経由せず、専用回線で東京のアクセスポイントに通すため、他回線の混雑の影響を受けません。

実効速度の平均は、下り439.77Mbps、上り350.98Mbpsと高速です。また、セットのWiFiルーターを選べるというメリットもあります。

プラン 1Gbpsプラン
下り最大速度 1Gbps
上り最大速度 1Gbps
無線最大速度 867Mbps

月額料金は次の通りです。

光インターネット(WiFiつき) 1年契約 4,950円(税込)
光インターネット(メッシュWiFiつき) 1年契約 5,280円(税込)

【NCV光】詳細はこちら

ポケットWiFi10機種を比較|速度の速いポケットWiFiはこれ!

ポケットWiFiはWiMAXまたは、4G/LTE、5G回線を利用しており、外出中も使えるのがメリットです。みんなのネット回線速度レポートを元にした、各会社から販売されている端末の速度は次の通りです。

端末名 販売サービス 下り平均速度 上り平均速度
Wi-Fi STATION SH-52A ドコモ 196.91Mbps 15.18Mbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi WiMAX 61.28Mbps 16.52Mbps
Pocket WiFi 802ZT ソフトバンク 52.68Mbps 13.35Mbps
Pocket WiFi 603HW ワイモバイル 37.96Mbps 6.32Mbps
Pocket WiFi 803ZT ワイモバイル 36.56Mbps 6.44Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W06 WiMAX 35.51Mbps 5.01Mbps
Pocket WiFi 304ZT ソフトバンク法人 34.06Mbps 10.1Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX06 WiMAX 33.88Mbps 6.01Mbps
Pocket WiFi 809SH ソフトバンク法人 24.87Mbps 8.99Mbps
Rakuten WiFi Pocket 楽天モバイル 17.03Mbps 12.02Mbps

参照元:みんなのネット回線速度:7月15日時点

ダウンロードに影響する下りの速度が速いのは、ドコモのWi-Fi STATION SH-52Aです。次いで、WiMAXのGalaxy 5G Mobile Wi-Fi、ソフトバンクのPocket WiFi 802ZTとなります。

比較した機種の中から下り速度の速い5つの機種を詳しく紹介します。

Wi-Fi STATION SH-52A【ドコモ】

回線 5G・4G/LTE
下り最大速度 4.2Gbps(5G)
1.7Gbps(4G/LTE)
上り最大速度 480Mbps(5G)
131.3Mbps(4G/LTE)

ドコモが提供する「Wi-Fi STATION SH-52A」は、5G対応のポケットWiFiです。5Gエリア外では4G/LTEに自動で切り替わり、日本国内の広いエリアで使用できます。

さらに、ドコモは4G/LTEでも高速な「PREMIUM 4G」というサービスを展開しているため、5Gエリア外でも安定した速さで利用できるのが特徴です。

実効速度の平均は下り196.91Mbps、15.18Mbpsと、今回紹介している10選の中では下りの速度が格段に速い数値を示しています。

WiFi6に対応しており、無線接続時の最大速度は1.2Gbpsと高速です。また、有線接続用のLANポートも内蔵しています。

最大18台まで端末を接続できるため、外出中だけでなく自宅でゲーム機やAIスピーカーなど様々な機器と接続したいときにも役立つでしょう。

【ドコモ公式】詳細はこちら

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi【WiMAX】

回線 5G・4G/LTE・WiMAX2+
下り最大速度 2.2Gbps(5G)
上り最大速度 183Mbp(5G)

5G・4G/LTEだけでなく、WiMAX2+にも対応しているポケットWiFiです。5Gエリア内では、最大2.2Gbpsの高速通信を利用できます。

ただし、WiFi6には対応していません。実効速度の平均は下り61.28Mbps、上り16.52Mbpsです。

同時接続台数は10台で、バッテリーが5,000mAhと大容量なので、外出先でも複数の端末を使いたい人におすすめです。また、ディスプレイが大きく、電池残量や電波状況を確認しやすいというメリットもあります。

【カシモWiMAX】5G詳細はこちら

Pocket WiFi 802ZT【ソフトバンク】

回線 4G/LTE
下り最大速度 838Mbps
上り最大速度 46Mbps

ソフトバンクの「Pocket WiFi 802ZT」は4G/LTE対応のポケットWiFiです。

5G対応の端末と比べると理論上の最大速度は低い値ですが、実効速度の平均値は下りが52.68Mbps、上りが13.35Mbpsなので、日常使いでは十分使用しやすい速度といえます。

同時接続可能な台数は16台です。別売りのクレードルを使用すれば、有線でLAN接続もできます。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

Pocket WiFi 603HW【ワイモバイル】

回線 4G/LTE
下り最大速度 612Mbps(AXGP+TDD-LTEエリア)
350Mbps(FDD-LTEエリア)
上り最大速度 37.5Mbps(FDD-LTEエリア)
13Mbps(AXGP+TDD-LTEエリア)

ワイモバイルの「Pocket WiFi 603HW」は4G/LTEに対応しているほか、海外でも使えるLTE/AXGP/3Gの国際ローミングにも対応しています。海外旅行や出張が多い人におすすめです。

ただし、理論値の下り最大612Mbpsは全国主要都市の一部エリアのみ対応で、そのほかのエリアでは下り最大350Mbpsです。

実効速度の平均は、下り37.96Mbps、上り6.32Mbpsなので、動画視聴は問題ありませんが、SNS・動画サイトへの動画投稿では少し遅く感じられるかもしれません。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

Pocket WiFi 803ZT【ワイモバイル】

回線 4G/LTE
下り最大速度 838Mbps
上り最大速度 46Mbps

下り・上りともに理論上の最大速度は先述の「Pocket WiFi 603HW」より高速ながら、実効速度では下回る結果となりました。実効速度の平均は下り36.56Mbps、6.44Mbpsです。

3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、約12時間の使用が可能です。同時接続可能台数は16台で、別売りのクレードルを使えば有線LAN接続できます

また、国際ローミングにも対応しているので海外でも国内と同じように通信できます。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

WiFiの速度に関するQ&A

最後に、WiFiの速度に関するよくある質問と回答を紹介します。時間帯や使う場所、場面によって速度が遅くなると感じたことがある人は参考にしてください。

時間帯によって速度が異なるのはなぜ?

回線の種類を問わず、インターネットの利用者が多くなる18時~22時の混雑時間帯は速度が低下しがちです。その理由を細分化すると、次のようなことに分けられます。

  • 回線自体が混雑している
  • プロバイダが混雑している
  • マンションやアパートの住民が一斉にインターネットを使用している

フレッツ光や大手キャリアの4G/LTE回線などは利用者が多いため、アクセスが集中すると速度が遅くなります。

インターネット回線自体が混雑している場合は、回線を変えない限りは問題が解決しません

また、回線自体は混雑していなくても、プロバイダが混雑しているケースもあります。

たとえば、フレッツ光のプロバイダにはOCN 光やぷらら光などがありますが、こうしたプロバイダごとのユーザーのアクセスが集中している場合です。この場合、プロバイダを変えることで解決する可能性もあります。

また、回線やプロバイダが混雑していなくても、集合住宅の場合は同じ建物内の住民が一斉にインターネットを利用することで遅くなる場合があります。これは、同一の回線を共同で使用しているからです。

接続台数が多くなると速度は遅くなる?

WiFiルーターには同時接続可能台数が設定されていますが、接続可能台数内であっても接続する端末が多いほど速度が遅くなります

同時接続可能台数が多い端末なら、複数台接続しても速度をキープしやすいので、多くの機器を使用する人は同時接続可能台数も重視しましょう。

あるいは、中継器を使用してルーターに直接アクセスする機器を減らすというのも改善方法の1つです。

なお、接続台数は多くなくても、周囲に電子レンジや音響機器などの電波を発する家電がある場合は、電波干渉によって速度が低下しているかもしれません。

家電の密集する場所からルーターを移動させると、改善する可能性があります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiの速度は回線・プロバイダ・ルーター選びで決まる

  • WiFiの速度の単位は「bps」で表す
  • 上り・下りに必要な速度は用途に応じて異なる
  • 光回線の速度はインターネット上で計測できる
  • インターネット接続の速度は回線で決まる
  • WiFi接続時の速度はルーター性能が影響する
  • 速度が遅いときは回線・プロバイダ・ルーターを見直す

高速な光回線・ポケットWiFiの紹介も含め、WiFiの速度を左右する要素を詳しく解説しました。

WiFiが遅いと感じられるときの原因は1つではありません。使用している回線、プロバイダ、ルーターの性能をそれぞれ確認し、速度低下の原因を探りましょう

プロバイダやルーターを変えても速度が出ない場合は、回線の乗り換えもおすすめです。今回紹介した光回線やポケットWiFiを参考にしつつ、用途や場所に応じて最適な回線を選びましょう。

公開日時 : 2021年08月13日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード