Androidおすすめ

スマホの不具合の原因と対処方法|アプリやウイルスが問題?

iPhoneやAndroidといったスマホのトラブルは突然にやってきます。スマホはもはや生活必需品。画面がフリーズしたりバッテリーが充電されなかったりすると、日常生活や仕事に支障が出てしまいます。本記事ではスマホの不具合の原因や、不具合への対処法を解説します。
新型ihone12噂 スマホの不具合の原因と対処方法|アプリやウイルスが問題?

今やスマホは生活必需品。スマートフォンの不具合があるとそれだけで気分が落ち込んだり仕事や情報収集に支障が出たりします。

スマホの不具合には2種類あります。2種類とは、アプリの不具合とスマホ本体の不具合。

本記事では、スマホの不具合があったときの原因の探り方や対処方法を紹介します。

スマホ本体の不具合、原因はアプリにある?

スマホの不具合の原因がアプリかどうかを調べる方法があります。

それは「スマホをセーフモードで起動する」こと。

セーフモードは、スマホの起動に必要な最低限の機能やアプリのみで起動するモードです。

つまり、セーフモードが問題なく起動するなら、スマホの不具合はアプリが原因の可能性が高いのです。

セーフモードの起動方法はスマホメーカーによって異なるので、メーカーのサポートページで確認しましょう。

不具合の種類と考えられる原因は?

スマホをセーフモードで起動しても不具合の状況が変わらない場合、下記の原因で当てはまるものがないか確認しましょう。

当てはまる症状があった場合、下記に試したいことを紹介します。

  • アプリが開かない、起動しない
  • ストレージ不足と表示される
  • バッテリーを充電しているのに減る
  • タッチパネルの反応が悪い・遅い
  • 指紋認証が反応しない

アプリが開かない、起動しない場合の原因と試したいこと

アプリが開かない、起動しない場合の原因は、アプリがクラッシュ、つまり壊れていたり暴走していたりする可能性があります。

この場合は、一旦アプリを削除した上で再度インストールしてみましょう。

ただし、ゲームなどのデータは、クラウド上に保存されていない限り消えてしまいます。

ログインIDやパスワードのメモは忘れずに取っておきましょう。

ストレージ不足と表示される場合の原因と試したいこと

ストレージ不足と表示される場合の原因は、スマホに写真や動画、音楽といったデータをたくさん保存したことによります。

これ以上データの保存は困難なので、データはパソコンやSDカードにバックアップするか削除してしまいましょう。

ストレージを空けられれば、ストレージ不足の表示は解消されます。

なお、Androidスマホの場合は、「ストレージをクリーンアップ」という機能を持っている機種があります。

この機能を利用すれば、簡単にストレージを空けられます。

バッテリーを充電しているのに減る場合の原因と試したいこと

バッテリーを充電しているのに減る場合の原因は、特定のアプリが電池を多量に消費している可能性があります。

アプリが電池を多量に消費している場合は、設定の「バッテリー」から省エネオプションをオンにします。

(Androidスマホの場合。機種によって機能の名前が違います)

省エネオプションをオンにすることで、スマホがバッテリーを多量に消費しているアプリを特定してくれるのです。

もし、特定されたアプリが必要ないアプリならば削除してしまいましょう。

また、充電ケーブルや充電器が壊れているとバッテリーの充電が正しく行われません。

充電ケーブルを変えてみて正しく充電されるなら、充電器や充電ケーブルが壊れていることを疑いましょう。

タッチパネルの反応が悪い・遅い場合の原因と試したいこと

タッチパネルの反応が悪かったり遅かったりする場合、アプリが原因になっている可能性があります。

まずはスマホを再起動してみましょう。

再起動で不具合が解消しなければ、スマホのタッチパネル自体が故障している可能性もあります。

スマホのタッチパネルが故障している場合は修理に出すしかありません。

指紋認証が反応しない場合の原因と試したいこと

指紋認証が反応しない場合の原因は、タッチする指が汚れていたり濡れていたりすることかもしれません。

まずは指をキレイにして再チャレンジしてみましょう。

また、登録している指紋を一度削除し、再度指紋を登録するのも1つの手です。

上記を試しても不具合が治らない場合は修理に出すことも検討しましょう。

スマホ本体の不具合を解決したい!原因別の対処方法を紹介

スマホ本体の不具合が出た場合、アプリが原因の場合と、物理的にスマホが壊れている場合があります。

アプリが原因の場合は下記を試してみましょう。

下記を試しても解決しない場合は、スマホは修理に出すしかありません。

アプリが原因の不具合の場合の対処法

アプリが原因で不具合が起きている場合は、スマホの再起動やセーフモードでの起動を試してみましょう。

特定のアプリがクラッシュしたり暴走してしまったりしている程度なら、スマホの再起動で解決することがあります。

もし再起動でも解決しない場合はセーフモードでの起動を試します。

機種によってセーフモードの起動方法が異なるため、あらかじめ調べてからとりかかりましょう。

セーフモードで問題なく起動するなら、特定のアプリが原因の可能性が高くなります。

不要と思われるアプリを順番に消去していきましょう。

いったんアプリを削除すると、ゲームデータなども消去されます。

ゲームへのログインIDやパスワードは忘れずメモしておきましょう。

ちなみに、アプリのアイコンをタップしても起動しない場合は、アプリの「権限」が不足していて起動しない可能性もあります。

設定で、アプリの権限が適切に許可されているか確認しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

キャッシュを削除するデータやアプリを削除する

スマホの不具合、とまではいかなくても、動作が非常に遅くなったりカクカクしたりすることがあります。

原因の1つはスマホのストレージに空きが少ないこと。

ネット閲覧のブラウザアプリは、キャッシュと呼ばれるデータを大量に溜め込みます。

定期的に設定の「ストレージのクリーンアップ」機能で削除しましょう。

また、動画や音楽もストレージを圧迫する原因。不要な動画や音楽はどんどん削除してストレージに余裕をもたせましょう。

そして、最後の手がOSのアップデートです。

新しいアプリの場合、古いOSでは動作しないことがあります。

OSをアップデートすることで、新しいアプリでも動作することが見込めるのです。

スマホの不具合を相談できるおすすめの修理店

ここまでの対処をしてもスマホの不具合が解消しなければ、スマホの修理を修理業者に相談してみるのもよいでしょう。

スマホ修理のプロに見てもらうことで、スマホの不具合が解消できるかも知れません。

また、スマホの「万が一」に備えて加入しておくとよいスマホ向けの保険も紹介します。

iCracked(アイクラックト)

iCrackedは、2010年にシリコンバレーで創業した、世界最大級のスマートフォン・タブレット修理事業者です。

日本には2015年に上陸した後、全国に50以上の店舗を展開しています(2020年7月現在)。

iCrackedは総務省の登録修理業者に登録しているほか、Googleの正規サービスプロバイダという信頼できる要素が揃っています。

また修理で預けたスマホは、スタッフが目の前で修理してくれるという安心感も。

スマホはプライベートな情報が満載ですからこれは嬉しい配慮と言えるでしょう。

ちなみに、修理を依頼して修理が発生しなくても点検作業に3,000円かかりますが、再来店の場合は無料になる手厚いアフターフォローもあり。

WEB予約をしておけば、待ち時間なく即日修理ができます。

iCrackedは独自の研修センターを持ち、スタッフは厳しい研修と検定を経て店舗に配属されます。

高い技術を持ったスタッフが、目の前で修理してくれる様子を見るのは面白い経験になるのでは。

iCrackedでiPhoneを修理する

モバイル保険

モバイル保険は、さくら少額短期保険株式会社が運営している保険サービスです。

ポイントは年間10万円まで何回でも補償サービスを受けられること。

AppleCare+や携帯キャリアの補償と違い、限度額内であれば何度でも利用可能なのも嬉しいポイントです。

また、1つの契約に対して3端末が補償対象として登録できるのも特長です。

WiFiやBluetoothといった、無線でつながる機器であれば、スマホのほかに2つ登録できるのです。

例えばBluetoothヘッドホンや携帯ゲーム機、スマートウォッチも含まれます。

さらに、古い端末から新しい端末へ買い替える場合でも登録を切り替えるだけで補償が継続可能。

また、スマホの故障や破損にはマイページから簡単に保険金申請ができます。

スマホを壊してしまった場合には、スマホ修理業者の「リペアパートナー」に持ち込めばキャッシュレスにて修理を受けられるメリットも。

月額の保険料は700円。3つ機器が登録できるのでガジェットを複数持っている人なら要チェックです。

モバイル保険を申し込む

justInCase

スマホ保険は、株式会社justInCaseが運営している保険サービスの1つです。

中古スマホやSIMフリースマホでも加入でき、故障や破損の修理費用の補償を受けることができます。

保険に加入したスマホを安全に使用すると、保険料が約30%割引になるユニークな割引があります。

また3ヶ月の保険契約期間以内なら、修理費用の上限額(機種により最大で141,800円)まで何度でも修理費用の補償を請求できるのです。

月額料金も356円から(機種により違う)で加入できるため、利用しやすい保険サービスといえるでしょう。

加入は全てオンラインで完結しているのも嬉しいポイントです。

スマホ保険を申し込む

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月01日

千歳悠 ― ライター
千歳悠 ― ライター

関連キーワード