モデムとルーターの違いは?見た目の違いや通信規格・ルーターの選び方を徹底解説

一見すると似ているモデムとルーターの違いを、通信機器に詳しくない人にもわかりやすく解説します。後半ではルーターの通信規格・回線との組み合わせ・選び方まで紹介します。純粋に違いを知りたい方はもちろん、通信環境を改善したいと考え中の人も必見です。
【公式】カシモWiMAX モデムとルーターの違いは?見た目の違いや通信規格・ルーターの選び方を徹底解説

モデムとルーターはインターネットに欠かせない気はしても、それぞれの役割はとくに意識せずに使っているという人も多いでしょう。

この2つは形状こそ似ているものの、実は全く異なる働きをしています。

この記事では、モデムとルーターの違いから、ルーターの細かな種類と選び方まで詳しく解説します。

モデム・ルーターとは?それぞれの違い

モデムもルーターも、パソコン等のインターネット接続には欠かせない機器ですが、その役割は異なります。

また見た目も似ているようで違いがあるため、この区別をはっきりさせておきましょう。

モデムとルーターの違い・見た目的な違い

写真の右側にあるのがモデム、左側がルーターです。形状については機種によって異なり、モデムの方が点灯するランプ数が多いのが一般的で、PPP・ACTといったアルファベットが多数記載されています。

モデムとは

モデムは、家の壁から出ている回線に接続する装置です。電話回線やケーブルテレビの回線のアナログ信号と、パソコンが理解できるデジタル信号とを相互に変換します。

モデムだけでもパソコンが理解できる信号に変換できるため、モデムとパソコン1台をLANケーブルで有線接続するなら、ルーターがなくてもパソコンでインターネット通信が可能です。

なお電話・ケーブルテレビ回線の場合は「モデム」ですが、光回線では「ONU」という機器を用います。役割としては同じで、信号の違いによって名称が変わるだけです。

ルーターとは

ルーターは、複数の通信機器を接続できるようにするためのものです。

複数の端末が通信を求めている状態のとき、ルーターはどのルートで転送をすればよいかを判断します。これにより、本来パソコン1台しか接続できないモデム・ONUを通して多数の端末を通信可能とする仕組みです。

そのためルーターはモデム・ONUと接続することが必須ではありません。

無線通信の4G LTEや5Gの電波を拾えるルーターであれば、その電波を利用して複数の端末をインターネット接続できるように、送受信の交通整理をしてくれます。

ハブとは?

モデム・ルーターに関連するワードに「ハブ(hub)」というものがあります。

直訳すると「中心」という意味で、IT用語では中継機器を指し、インターネット接続に関しては「スイッチングハブ」と同義です。

スイッチングハブは、LANケーブルでインターネットに接続する機器が多いときの、タコ足配線的な役割を持つ機器です。ルーターの有線接続可能なポートが少ないときの、ポート増設用という位置付けです。

なおスイッチングハブ自体は、信号の変換や交通整理の機能を持っていません。

そのためスイッチングハブをモデム・ONUに接続しても、複数端末の転送ルートを判断できないためインターネット接続はできません。

ルーターの通信規格と周波数帯

モデム・ONUは回線を契約したプロバイダが指定するため、こちらで選択することはできません。

ここからは、ユーザーの任意で購入できるルーターについて詳しく説明します。

ルーターの通信規格と、それに対する最大通信速度(理論値)、周波数帯は次の通りです。

ルーターの通信規格 最大通信速度(理論値) 周波数帯
11ax 9.6Gbps 2.4/5GHz
11ad 6.7Gbps 60GHz
11ac 6.9Gbps 5GHz
11n 300Mbps 2.4/5GHz
11g 54Mbps 2.4 GHz
11a 54Mbps 5GHz
11b 11Mbps 2.4 GHz

通信規格は7種類ある

通信規格は使用する電波の種類を規定したものです。世界中の人が自由きままにさまざまな周波数帯の電波を使用すると収集がつかなくなるため、国際的あるいは国内において決められています。

スマホやタブレットなどをルーターと通信するときは、無線LAN(Wi-Fi)を使います。「IEEE802.11ac」などと表記されるもので、現時点の通信規格の種類は7種類です。

無線LAN規格は歴史とともに進化を遂げており、それに伴って通信規格名のアルファベットも変化していきました。最新規格は「11ax」で6世代目にあたることから「Wi-Fi6」と名づけられています。

ちなみに、第1世代のアルファベットなし「IEEE802.11」は現在使われておらず、11aと11bが第2世代であるため、現在の規格が第6世代です。

なお11adはこの世代の移り変わりとは異なる存在で、抜きん出て高い周波数帯を使用しています。11acと同程度の速さで混線が少ないことがメリットでしたが、普及が進まない内に11axが登場しました。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

周波数帯は3種類ある

周波数帯に着目すると、その種類は大きく分けて3種類であることがわかります。それぞれの周波数帯ごとのメリット・デメリットをまとめました。

周波数帯 メリット デメリット
2.4GHz

障害物の影響を受けにくい
屋内・屋外ともに使用できる

電子レンジ・ワイヤレスキーボード・マウス・Bluetooth等の電波干渉を受けやすい

5GHz

同じ周波数帯を使う家電等が少なく電波干渉を受けにくい
比較的高速

比較的障害物に弱い
60GHz 比較的高速 電波の直進性が強く、障害物に遮られやすい

無線LAN規格は下位互換であるため、上位規格の製品を使えば端末に応じて通信規格を切り替えて使えます。ただし、11adを採用している商品はルーター・端末ともに少なく2.4GHzと5GHzが主流です。

自宅でホームルーターを使用する方法は2つある

自宅でルーターを使用するには、光回線を使うONUに接続するか、ルーター自体が4G LTEや5Gを使って外部と通信を行うホームルーターを取り入れるかの2種類の方法があります。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

ルーターを購入して光回線を引く方法

速さと安定性の両立を求める人は光回線がおすすめです。

パソコンで本格的なオンラインゲームを楽しみたい人、大量のデータの送受信を伴う在宅ワーカーなどが該当します。

自宅に光回線が通っていない場合は、契約したいプロバイダに連絡してみましょう。プロバイダと回線事業者は異なっていますが、プロバイダ側が工事等の手配をしてくれます。

ただし必ずしも光回線イコール高速とはいえません。光回線は大きく分けて、戸建タイプとマンションタイプの2種類があり、この違いが速度に関係してきます。

戸建タイプは1本の光ファイバーケーブルを、その家庭だけで独占できるため高速ですが、マンションタイプは複数戸で共有することになるため、戸建タイプと比べると遅くなりがちです。

またマンションでは設計の問題で室内まで光ファイバーケーブルを通すことができず、それ以前の電話回線を流用しているケースもあります。

工事費用や月額料金は安くないため、自宅や引っ越し先の回線の状況はよく確認しましょう。

またプロバイダにもよりますが、光回線契約で得られるのはONUのみであるため、ルーターは自分で別途購入が必要です。

工事不要のホームルーターをレンタルする方法

自宅でインターネットを使うのは主にスマホで、それほど大きなデータの送受信はないという人におすすめなのは、4G LTEや5Gの電波を利用するホームルーターです。

住居に回線を通す必要がないため工事費用がかからず、コンセントにつなぐだけで使用できるという利便性もあります。そのため長期出張などで一定期間だけ住む場所でも気兼ねなく使用できます。

ただし電波状況によっては通信が不安定になったり、通信するデータ量によって制限がかかることもあるため、契約前に諸条件をしっかり確認することが大切です。

モバイルルーターならカシモWiMAXがおすすめ

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

デスクトップPCや大型ゲーム機を使用しておらず、スマホ・タブレット・ノートパソコン等のモバイル端末がメインであればモバイルルーターがおすすめです。

カシモWiMAXなら業界最安値級の、月額1,518円(税込)からモバイルルーターを利用できます。モバイルルーターの端末代金は0円、エリア指定がないため自宅でも外出先でも使用可能です。

また申し込みから最短当日発送されるのですぐに届くのもポイントです。通信回線はKDDIグループのUQ WiMAXのため、エリアカバー率・速度ともにトップクラスです。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

自宅メインならソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

据え置き型のホームルーターを探している人は、ソフトバンクエアーがおすすめです。 最大64台同時接続可能なため、IoT家電が多くても問題なく通信できます。

データ容量・速度制限なしで使えて、基本料金5,368円(税込)です。 またキャンペーン期間中であれば、この金額よりもさらに安く使える可能性もあります。

ソフトバンクエアーは契約先によってキャンペーン内容が大きく異なります。 とくにキャッシュバック金額は申込先により数万円もの差があるるので、契約先選びの際はチェックしたいポイントです。

こちらの記事ではソフトバンクエアーのキャッシュバック特典を比較解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談
iPhone格安SIM通信アンケート

ネット遅い原因と対処法は

自宅にWi-Fiルーターを導入したにも関わらず、通信速度が遅い場合、通信事業者に連絡する前にまずは自分でできる対処法を試してみましょう。

もし改善しなかったとしても、どんな対処法を試したかを通信事業者に伝えることで、原因を発見しやすくなる可能性があります。

速度低下の原因と改善方法についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

なお家が広い場合や家具家電が多い場合は、単純にルーターからの電波が端末に届いていない可能性があります。家の中の一部だけ電波が入りにくいといった場合には中継器を使ってみましょう。

ルーターからの電波を中継器が受取り、そこから発信しなおすことで家中をカバーできる可能性が高まります。

WiFi中継器についてはこちらの記事で詳しく解説しています。おすすめの中継機も紹介していますので、通信速度に悩んでいる方はあわせて参考にしてみてください。

ルーター端末を購入する際の選び方

最後にルーター端末を選ぶときのポイントは次の6つです。

チェック項目 チェックポイント
データの転送速度 Wi-Fi4以上の規格に対応しているもの
同時接続台数 接続台数に余裕があるとデータ通信の順番待ちが起こりにくい
IPv6に対応しているか 対応の通信サービス機器であれば、快適に通信することができる
ワンタッチ接続機能がついているか Wi-Fiルーターにタッチするだけで接続できる
セキュリティ 最新規格のセキュリティ規格に対応しているもの
アンテナのタイプ 2階や3階建ての家:外付けタイプ
ワンフロアの家:内蔵タイプがおすすめ

さらに詳しくそれぞれの項目について紹介していきます。

データの転送速度

データの転送速度にはそれぞれWi-Fi 4、Wi-Fi5といったWi-Fiの規格があります。数字が大きくなるほど最新でより高速です。

今はまだ11n(Wi-Fi 4)、11ac(Wi-Fi5)までの世代が主流です。そのためWi-Fi 4以上の規格であれば問題なく使用できます。

しかし5Gの登場に関連して、最大速度が9.6Gbpsの11ax(Wi-Fi6)対応ルーターが続々と増えてきています。

ただしルーターがWi-Fi6対応であっても、通信端末側がWi-Fi6に対応していなければ下位互換となり、この速度では利用できません。

そのため通信端末側がWi-Fi6に対応した機種であればWi-Fi6を選択し、未対応の機種であればWi-Fi 4、Wi-Fi5のルーターを選ぶとよいでしょう。

同時接続台数

接続台数に余裕があるとデータ通信の順番待ちが起こりにくいため、接続台数は多いほうがおすすめです。

ホームルータータイプは50台以上に同時接続できるのもが多くあるものに対して、モバイルルーターの同時接続台数は5台~16台と少なめです。

一人暮らしや、接続台数の少ない家庭であればモバイルルーターでも問題ありませんが、家族が多い場合は全員でスマホやパソコン、ゲーム機など何台の通信機器を利用しているかを確認してから選びましょう。

IPv6に対応しているか

IPv6は従来のIPv4に発生した問題に対処するために生まれた、新しいプロトコルです。

パソコン・スマホ・タブレットなどの通信機器には、それぞれの識別番号を示すIPアドレスが設定されており、その管理をIPV4というプロトコルが行っています。

しかし、IPV4が管理できる43億個のIPアドレスの空きが枯渇してきたため、ケタ違いな量を管理できるIPV6が生まれたという経緯です。

IPv6に対応している機種を使っている場合は、ルーターもIPv6対応のものにすることで快適な通信が期待できおすすめです。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

ワンタッチ接続機能がついているか

端末との接続をワンタッチで行える機能が付いているか否かは、手間を減らすためには欠かせないポイントです。

一般的なルーターの場合、端末を接続するためにはルーターに記載されているIDを確認し、暗号化キーを入力しなければなりません。

スマホ1つ分であれば大した手間ではありませんが、使用している全ての端末で入力するのは手間がかかります。バッファローの「AOSS」やNECの「らくらく無線スタート」といった機能があるものがおすすめです。

セキュリティ

第三者の無断利用を防ぎ、安全に使うにはセキュリティも欠かせないポイントです。ルーターのセキュリティにはいくつかの規格がありますが、最新のWPA3規格の商品をおすすめします。

WPA3それ以前のWPA2の脆弱性をクリアし、自動入力で総当たりしてくる不正なログインをブロックする機能も備えているのが特徴です。各段に強固になったWPA3で安全な通信環境を守りましょう。

アンテナのタイプ

ルーターのアンテナは、外側に伸びている外付けタイプと、本体に内蔵されているタイプとに分かれます。

外付けタイプは端末を使用する方向にアンテナを傾けられるため、階が異なる場所に置いても使用できる可能性が高めです。

一方の内蔵タイプは見た目がすっきりとコンパクトなのが魅力ですが、外付けタイプと比べると電波を飛ばす力は劣るため、ワンフロアでの使用に向いています。

モデムとルーターの違いを把握して適切な選択を

モデム・ONUとルーターは、担っている役割が異なる機器です。

そのため、どちらか一方がハイスペックなだけでは、通信速度や安定性を思うように発揮できません。

光回線・4G LTE・5Gといった回線の選択、中継器を導入するか否かも含め、各機器の役割の違いをしっかりと把握し、自分が求める通信環境にフィットする組み合わせを検討しましょう。

またルーター端末を購入する際は、本記事の選び方をぜひ参考にしてみてください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では、インターネットの契約や切替えをご検討中のお客様の電話相談を受け付けております。

相談後は、お客様のご希望があった場合にのみご連絡いたしますので、しつこい連絡や勧誘の心配はございません。

何度でも相談無料・加入の強要は一切ございませんので、インターネットに関してお困り方はぜひお電話ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月19日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!