Androidおすすめ
  • スマホ

「ながらスマホ」の罰則強化|処罰対象や処罰内容・防止策を徹底解説!

携帯電話やスマホを使用しながら車両を運転する「ながらスマホ」による交通事故の件数が近年増加しています。それにより道路交通法が改正され「ながらスマホ」の罰則が強化されました。処罰対象となる行為や処罰の内容「ながらスマホ」防止策を解説します。
新型ihone12噂 「ながらスマホ」の罰則強化|処罰対象や処罰内容・防止策を徹底解説!

「ながらスマホ(ながら運転)」とは運転中にスマホやカーナビを見たり、操作したり、通話をすることです。

携帯電話やスマホはとても便利ですが、運転中に「ながらスマホ」をするとわき見運転になり、周囲に対しての注意力が低下してしまいます。

10年前と比べ「ながらスマホ」を原因とした事故件数は約2倍増加しており、社会問題化しています。これを受け2019年12月1日に道路交通法が改正され、罰則が強化されました。

この記事では処罰の対象となる行為や処罰の内容、「ながらスマホ」を防ぐための対策を解説します。

ながらスマホに対する厳罰化の詳細

厳罰化の対象は、自動車と原動機付自転車です。この改正で「ながらスマホ」をした場合の違反点数、罰則、反則金が改定されました。ここでは改正前と改正後でどう変わったのかを紹介します。

自動車のながらスマホの処罰内容

自動車、自動車と原動機付自転車の「ながらスマホ」に対する処罰について紹介します。厳罰化前と厳罰化後を比較してみると、かなり厳しく改正されたことがわかります。

  項目 改正前 改正後

交通の危険(携帯電話の使用等により交通の危険を生じさせた場合。主に以下のような行為)

通話(保持)
画像注視(保持)
画像注視(非保持)

違反点数 2点 6点
罰則 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金 1年以下の懲役または30万円以下の罰金
反則金 小特等 6,000円

反則金の適用なし。非反則行為としてすべて罰則を適用

二輪  7,000円
普通  9,000円
大型  12,000円

保持(携帯電話の使用等。具体的には以下の行為)

通話(保持)
画像注視(保持)

違反点数 1点 3点
罰則 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金
反則金 小特等 5,000円 小特等 12,000円
二輪  6,000円 二輪  15,000円
普通  6,000円 普通  18,000円
大型  7,000円 大型  25,000円

「ながらスマホ」が原因で交通事故などの危険を生じさせた場合、改正前は「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」でした。しかし改正後は「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」へと引き上げられました。

また法改正前は軽微な違反であれば、反則金を払うことで刑事罰は適用されませんでした。

しかし、法改正後は「交通の危険」に対して反則金の適用はなくなり、すべて刑事罰が適用されます。違反点数も6点となるため、即免許停止処分を受けます

自転車に対しても厳罰化が求められている

軽車両にあたる自転車にも道路交通法が適用されます。自転車が道路交通法に違反した場合「5万円以下の罰金」が科せられます。

自動車の「ながらスマホ」は罰則が強化されましたが、自転車の「ながらスマホ」に対する罰則に変化はありません。

しかしながら、自転車の「ながらスマホ」が原因の死亡事故も発生しています。自転車においても、交通の危険を生じさせる「ながらスマホ」に対しての厳罰化が求められています。

ながらスマホはどんな行為が処罰対象?

具体的に「ながらスマホ」のどのような行為が処罰の対象となるのか詳しく紹介します。

自動車のながらスマホの処罰対象

自動車の「ながらスマホ」の処罰対象となる行為は次の通りです。

  • 運転中にスマホや携帯電話を通話のために使用すること
  • 運転中にスマホ、携帯電話、タブレットを手に持ち画像を注視すること

「注視」とは表示された画像を見続ける行為のことです。一般的に2秒以上見ると「注視」とされます。2秒以内ならよいわけではなく、運転中にスマホなどを見るという行為はしてはいけません。

これらの行為は交通の危険が生じたかどうかに関係なく、処罰の対象となります。

自転車のながらスマホの処罰対象

自動車と同様、「ながらスマホ」は自転車でも禁止されています。道路交通法で自転車での「ながらスマホ」について「スマホを操作しながら自転車を運転する行為」を禁止しています。

自転車でも「ながらスマホ」が危険であることに変わりはありません。通話しながらや、スマホを操作しながらの運転は重大な事故を引き起こす可能性が高いため、車と同程度の注意をもつことが大切です。

ハンズフリーなら通話してもよい?

運転中にスマホを手に持って通話する行為は、処罰の対象となることを解説しました。ではハンズフリーで通話するなら問題ないのでしょうか。

iPhone格安SIM通信アンケート

多くの都道府県がハンズフリーを認めてはいない

道路交通法では、運転中に携帯電話やスマホを手に持って操作すること、通話すること、画面を見ることを禁止しています。

では手に持たず、ヘッドセットやイヤホンを使用して通話をするハンズフリーであれば違反にはならないのでしょうか。

結論からいうと、道路交通法違反にはなりません。しかし都道府県の条例により安全運転義務違反で取り締まりを受けることがあります

東京都をはじめ、多くの都道府県でハンズフリー通話は認められていません

たとえば東京都と神奈川県の条例では「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で」運転することを禁止しています。

自分では周りの音が聞こえていたとしても、周りの音が聞こえていないと判断されると警察に止められる可能性があります。

安全運転義務違反と判断された場合、違反点数2点、反則金として大型車が12,000円、普通車が9,000円、二輪車が7,000円、原付が6,000円の行政処分を受けます。

自転車運転中のイヤホンも要注意

道路交通法では、自転車運転時のイヤホン使用について明確に禁止としていません。しかし各都道府県で独自に、自転車のイヤホン使用に関して規則を設けています

主要3都府県である東京都、大阪府、福岡県の自転車のイヤホンについての規則を解説します。

都府県名 禁止内容 罰金
東京都 イヤホンの使用自体は禁止されていない。ただし、周囲の音が聞こえない状態での自転車の運転は禁止。 5万円以下の罰金
大阪府 イヤホン使用などで、安全運転に必要な音が聞こえない状態での自転車運転は禁止。音量にかかわらず、違反となる可能性あり。 5万円以下の罰金
福岡県 イヤホンを使用し、大音量で音楽などを聴きながら周囲の音が聞こえない状態での自転車の運転は禁止。 反則金等の記載なし

このように、「周囲の音が聞こえない状態での自転車の運転は禁止」としている自治体が多いようです。

ながらスマホを防ぐための有効な対策

「ながらスマホ」を防ぐには、運転中はスマホを一切無視するのが一番です。しかし通知がくるとどうしても気になって確認してしまうという人も多いでしょう。

ここではながらスマホを防ぐための対策について紹介します。

運転中はスマホの通知機能を停止する

通話以外でもメールやLINEなど、通知がくると無意識にさわってしまう人は、運転中の通知を停止する機能を使うのがおすすめです。

iPhoneには「運転中の通知を停止」という機能があります。設定するとiPhoneで音がしなくなり、画面が暗いままになります。メッセージが届いた場合、相手にこちらが運転中である旨の自動返信が届きます。

    【iPhoneの設定方法】

  1. iPhoneのホーム画面より「設定」をタップ
  2. 「コントロールセンター」を選択
  3. 「コントロールをカスタマイズ」へ進む
  4. 「運転中の通知を停止」とタップして設定完了

公共モードを設定する

運転中など通話を控えたいときに着信した場合、発信者にガイダンスで応答する公共モードという設定があります。

公共モードを設定すると、着信があっても音が鳴りません。相手には電話に出られない旨のガイダンスで応答します。不在着信の履歴は残りますので、運転後に確認してかけ直せます。

iPhoneには公共モードがないので、Androidのみ設定が可能です。

    【Androidの設定方法】

  1. ホーム画面より「設定」をタップ
  2. 「通話設定」を選択し、「ネットワークサービス」をタップ
  3. 「公共モード(電源OFF)設定」をタップ
  4. 「公共モード(電源OFF)開始」をタップして設定完了

※機種によって設定方法が多少異なる場合があります。

機内モードを設定

機内モードを設定するとすべての通信が遮断されるため、メールや電話等を使用できなくなります。

スマホの電波が影響する可能性のある飛行機や病院などでも電源をオフにすることなく電波を発しない状態にできます。

    【Androidの設定方法】

  1. ホーム画面の「設定」をタップ
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「機内モード」をONにして設定完了

※機種によって設定方法が異なる場合があります。

    【iPhoneの設定方法】

  1. ホーム画面の「設定」をタップ
  2. 「機内モード」をオンにする

Driving Detectiveのアプリを使う

『Driving Detective』は移動速度から運転中と判断し、スマホの通知を停止するアプリです。このアプリを使用することで、「公共モード」や「機内モード」のON/OFFを切り替える手間がかかりません。

『Driving Detective』は通知をすべてブロックするか、優先度の高いアラートはそのままにするかを選べます。

なおこのアプリはAndroid版のみのリリースで、iOSには対応していません。

Driving Detective
Driving Detective
開発元:Vasil Vasilev
無料
posted withアプリーチ

ながらスマホ対策は公共モードやアプリを使おう

ながらスマホはとても危険な行為です。

「自分は大丈夫。」「ちょっとだけなら。」という気持ちが思わぬ事故につながります。人の命、自分の命を守るためにも運転中は通知や着信があっても無視することが大切です。

事故を起こしてから「しなければよかった」と後悔しても時間は戻りません。

どうしても気になってしまう人は、運転中にスマホの通知や着信が気になることのないよう、あらかじめスマホの設定をしたり、アプリを使用して「ながらスマホ」をしない環境を作りましょう。

緊急連絡のときはその場で取らずに、路肩に寄せ車両を完全に停止し、安全を確保してから折返し連絡しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月25日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード