Androidおすすめ
  • スマホ

ノッチなしスマホとは?購入前に知っておきたいメリットとデメリット

ディスプレイが大きく、周囲の枠がないデザインのノッチなしスマホが増えてきています。今までのデザインよりもスタイリッシュですが、実際の使い心地や操作性は良いのでしょうか。今回はノッチなしスマホのメリットデメリット、おすすめの機種を紹介します。
モバイル保険 ノッチなしスマホとは?購入前に知っておきたいメリットとデメリット

本体のギリギリのまでディスプレイがあり、スタイリッシュな印象を受ける「ノッチなし」「ベゼルレス」のスマホが増えています。

毎日使うスマホとして、操作性や使い勝手のよさは気になるところですね。

今回はノッチなしスマホがどのようなものなのか、メリットとデメリットについて、さらにおすすめのノッチなしベゼルレススマホを紹介します。

ノッチなしスマホとは

ノッチなしデザインスマホというワードを目にしますが、ノッチなしとはどのようなものか、詳しく解説します。

スマホ画面上部がないデザインのこと

スマホ上部には、イヤースピーカーとインカメラがあるものが一般的ですが、その部分が黒く切り抜かれている部分を「ノッチ」または「ノッチデザイン」と呼びます。

スマホ上部にある切り抜きデザインは、iPhone Xの採用をきっかけにモバイル業界でトレンドになっています。

ノッチ部分のデザインはどんどん小さくなっていて、パンチホール型やウォータードロップ型、ティアドロップ型などの種類があり、デザインの好みは人それぞれ異なります。

ノッチとディスプレイ以外の額縁のようになっている部分は「ベゼル」と呼ばれ、ベゼルが狭い方がスタイリッシュといわれています。

本体のぎりぎりまでディスプレイを広げることは高い技術が必要なので、それを体感できるデザインです。

スマホ業界では増加傾向にある

最近のスマホは、ベゼルレスやノッチなしの全面ディスプレイ化が進んでいます。

インカメラのホールはどうしても最後まで残ってしまっていましたが、スマホ各社が新しい技術を使って完全にノッチレスのスマホを開発しています。

ノッチもベゼルもなくなり、ディスプレイ越しに光を取り込んで撮影を行う技術で、よりすっきりとしたデザインのスマホが今後も開発されていくことに期待が持てます。

ベゼルレス・ノッチなしスマホのメリット

ベゼルレス・ノッチなしのスマホのメリットを紹介します。大きくわけると、スマホのサイズが変わらず大画面になること、臨場感がアップすることがあげられます。

スマホの大きさは同じでも大画面

手にもって操作するスマホは、ある程度の大きさにとどめないと使いにくくなってしまいます。しかし、その制限の中、できるだけ大きな画面にできるのがベゼルレス・ノッチなしのスマホです。

今までと同じサイズでも枠の部分が取り除かれることで、ディスプレイ画面を大きくすることができます。

スマホはただ電話をかけ、メールやメッセージのやり取りするためだけではなく、動画の視聴やゲームを楽しむためのツールとして用いられるようになり、ディスプレイの役割も大きくなっています。

そのため、本体のサイズは変わらなくても大画面になることはメリットが大きいといえます。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

動画やゲームの臨場感がアップする

ディスプレイの枠がなくなることで、今まで見えていなかった部分まで見られるようになり、動画やゲームの臨場感がアップするものメリットの1つです。

大きな画面でプレイできるのはもちろんですが、より詳細な表現やデザインを楽しめるようになります。

スマホで動画やゲームを楽しみたい人には、ベルゼレスのスマホがおすすめです。

ベゼルレス・ノッチなしスマホのデメリット

ベゼルレス・ノッチなしスマホにもデメリットはあります。どのようなデメリットがあるか確認しておきましょう。

誤作動を起こしやすい

ベゼルレスになったことによって、指が触れても操作に影響を及ぼさない枠の部分が無くなったのでご作動を起こしやすくなりました。

画面が広くなったために、片手での操作が安定せず、タブレット端末を使用するときのように両手で持って操作することが増えたと感じる人もいるようです。

スマホカバーなどで解決する場合もありますが、カバーで画面を遮るとベゼルレスのメリットを最大限には生かせません。

購入前に端末を触ってみて、自分の手の大きさで操作に支障が出ないか確認できると失敗が減るでしょう。

画面が割れやすい

ベゼル部分が無くなったことで、ディスプレイの保護力が低下してしまい、割れやすくなっていることもデメリットの1つです。

ベゼルは液晶の保護の役目があるので、その部分が極細になり無くなると強度低下は避けられない課題です。

各メーカーもこのことは認識しているので、強度を高める開発をしていますが、今のところベゼルありの強度を保つまでには至っていません。

手帳型のスマホケースや強化フィルムなどで強度の補強などの対策が必要です。

2020年発売のおすすめノッチなしスマホ

2020年発売のおすすめのノッチなしスマホを紹介します。画面が6.0インチ以上になり大きく見やすいものがそろっています。

機種名 価格(税込) 発売年月日 画面サイズ ディスプレイ
AQUOS zero2 87,912円 2020年1月30日 6.4インチ 有機EL
Xperia 10 II 41,976円 2020年7月25日 6.0インチ 有機EL
Galaxy S20 102,960円 2020年3月26日 6.2インチ 有機EL

格安SIM通信では、それぞれの端末で実機レビューを行っていますので、ぜひご覧ください。

AQUOS zero2

シャープの10億色有機ELを用いたディスプレイを搭載した、明るさと美しさを兼ねそなえたモデルです。

ハイレスポンスモードをオンにすると、高速表示と機敏なタッチ性能が可能な240Hz駆動の4倍速ディスプレイなので、ゲームを快適にプレイできます。

さらに充電中でも発熱を抑えるパラレル充電が採用されていて、充電をしながらでもゲームや動画視聴を安心して楽しめます。

ボディは軽くて高強度なマグネシウム合金フレームのため、約6.4インチの大画面ですが141gと軽量で持ち運びもストレスになりません。

Xperia 10 II

幅は手のひらにしっくりくる約69mmの持ちやすいサイズで、21:9の有機ELワイドディスプレイです。

動画を見ながらSNSをする、地図アプリを使いながらメッセージを送るなど、2つのアプリを同時に使うのに楽なマルチウィンドウです。

どんなシーンでもきれいに写せる3つのカメラで思い通りの写真を残せます。

さらに、音楽CDの約3倍から6倍の情報量のハイレゾ音源の再生が可能です。

伝送しても音の劣化がしにくいハイレゾワイヤレス対応なので、ワイヤレスヘッドホンやイヤホンでもクリアで表情豊かな音楽を楽しめます。

Galaxy S20

豊富な色彩できれいな画像を表現できる有機ELディスプレイは約6.2インチの画面で、8Kビデオの撮影が可能なノッチなしスマホです。

8Kビデオと30倍ズームでスポーツの撮影も感動をそのままに伝えられる映像を残すことが可能です。

5Gに対応しており、大容量のデータ通信ができます。

ディスプレイの書き換えをするリフレッシュレートは120Hzで、スクロールはスムーズにシームレスなスクリーン移動ができます。

高速で正確なタッチレスポンスができるので、感度の高いゲームプレイができます。

2019年発売のおすすめノッチなしスマホ

2019年に発売されたスマホの中からおすすめのノッチなしスマホを紹介します。

機種名 価格(税込) 発売年月日 画面サイズ ディスプレイ
HUAWEI nova 5T 60,602円 2019年11月29日 6.26インチ パンチホール
OPPO A5 2020 27,530円 2019年11月1日 6.5インチ 水滴型ノッチ
OPPO RenoA 36,530円 2019年10月18日 6.4インチ 有機EL
iPhone11 Pro 106,800円 2019年9月20日 5.8インチ 有機EL
AQUOS R2 compact SH-M09 59,640円 2029年2月21日 5.2インチ IGZO

HUAWEI nova 5T

AIが搭載された5つのカメラで、高解像、超広角、マクロ撮影、ボケ感のある写真など自分の思う通りの写真を撮ることができます。

最大4,800万画素のメインカメラによって、プロ級の表現力豊かな写真をスマホで簡単に撮影が可能です。

指紋認証センサーは側面に取り付けられており、瞬時かつ便利にロックを解除できるので、片手で使いやすい操作を実現しています。

超高速充電対応のバッテリーには、22.5WのHUAWEI SuperChargeシステムが搭載されており、わずか30分で50%の充電が可能です。

OPPO A5 2020

5,000mAhの大容量バッテリーに加えて、リバース充電機能が搭載されているのでスマホから手持ちのデバイスへの充電が可能です。

1,200万画素の4つのアウトカメラと、1,600万画素のインカメラであらゆる撮影シーンに対応できます。

ビデオには手ぶれ補正機能と内蔵のジャイロ機能で、歩きながらの撮影や動きのあるものを追って撮影しても揺れのない映像を残せます。

本体にはトリプルカードスロットが搭載されているので、microSDカードを追加してストレージを増やすのも簡単です。

OPPO RenoA

おサイフケータイ機能や防水防滴機能など、生活に欠かせない機能が充実しているスマホです。

タップから反応までを高速化する「タッチブースト」や、滑らかな映像を可能にする「フレームブースト」などスマホでゲームをストレスフリーで楽しめる機能も搭載しています。

2,500万画素のインカメラは、296ポイントの特徴をキャプチャしてAIによって分析し、800万パターンの中から自分にぴったりの補正を施してくれます。

64GBの大容量ストレージなので、音楽や動画写真やアプリなどたっぷり保存できます。

ディスプレイ指紋認証は、前モデルに比べてロック解除速度が28.5%もアップしているので、ロック解除の際もストレスフリーで操作できます。

iPhone 11 Pro

片手で操作しやすい約5.8インチのディスプレイは、有機ELのSuperRetinaXDRディスプレイを採用しています。

アウトカメラはトリプル12MPカメラで、超広角カメラ、広角カメラ、望遠カメラが搭載されており、4Kビデオ撮影が可能です。

撮ったビデオをトリミングする、ズームする、照明をあてるなど細かな編集もできます。

さらに、暗い店内や明るさの足りないところでもはっきりと撮影できる「ナイトモード」や、シャッターボタンの長押しで動画の撮影ができる「クイックテイク」機能が使えます。

操作をよりすばやく簡単にできる触覚タッチで、カメラアプリが立ち上がっていなくてもセルフィーが撮れます。

FaceIDの認証が30パーセント早くなり、認識できる角度も広がったため、ますます便利になっています。

AQUOS R2 compact SH-M09

美しさと見やすさが両立されているIGZOディスプレイです。

リッチカラーテクノロジーモバイル搭載で、鮮やかな色味でいきいきとしたリアルな映像を再現してくれます。自分で撮影した映像も、明部と暗部が自然に目で見たままに近い表現豊かに楽しめます。

セキュリティは、指紋センサー&顔認証のダブルロックで安心して使えます。

おサイフケータイにも対応しているので、スマホだけをもって身軽に外出したい方にもおすすめです。

さらに、ハイレゾ再生に対応しているので、スマホで音楽を聴きたい人も満足できるクリアな音質です。

ノッチなしスマホで大画面の迫力を体感しよう

画期的なノッチなしデザインのスマホによって、本体のサイズは変わらないのに、大画面で動画やゲームなどを楽しめるようになりました。

スタイリッシュなデザインのノッチなしスマホが、各メーカーから発売されています。

今後も増えることが予想されるノッチなしスマホの最大の魅力である、大画面で迫力のある映像をぜひ楽しんでください。

公開日時 : 2020年09月10日

kubota ― ライター
kubota ― ライター

ストリートカルチャーを愛してやまない。 趣味はダンスとスケートボード。

関連キーワード