新型折りたたみiPhone2021年に登場?発売日・価格・ディスプレイ縦横予想

Appleから折りたたみ式のiPhoneが発売されると噂されています。2020年秋にiPhone 12の発表があると予想されていますが、折りたたみ式iPhoneの発売はいつになるのでしょうか。発売日や価格、ディスプレイのデザインなど、リーク情報や過去のデータに基づいて解説しています。
新型ihone12噂 新型折りたたみiPhone2021年に登場?発売日・価格・ディスプレイ縦横予想

今後Appleから発売されるであろう新作iPhoneのデザインやスペックについて、様々な情報が飛び交っています。

その中でも、海外の有識者による「2021年に折りたたみ式のiPhoneが発売される」という説が有力になってきているようです。

折りたたみ式のiPhoneはどのようなディスプレイになるのでしょうか。また、発売日はいつ頃と予想されているのでしょうか。

リーク情報や過去のデータを元に、新作iPhoneの情報を解説していきます。

折りたたみ式のiPhoneが登場?

2020年秋頃に、Appleから「iPhone 12」シリーズが発表されるのではないかと予測されている一方で、折りたたみ式のiPhoneの開発も行われていると噂されています

折りたたみスマホは他のメーカーから発売されているものがいくつかありますが、日本国内でのシェア率が高いiPhoneからも折りたたみスマホが発売されると予想され、大きな注目が集まっています。

Appleは折りたたみデバイスの特許を取得

Appleが、折りたたみデバイスに関する新たな特許を取得したことが判明しました。

過去にもAppleでは折りたたみiPhoneの特許を申請していたことがあるため、以前より折りたたみ可能なスマホに高い関心を持っていることは確かでしょう。

Appleが今回取得した特許は「ヒンジ(蝶番)」の技術です。

折りたたみスマホにおいてヒンジは、ディスプレイ同士を繋ぐ部分のことで、このヒンジには開閉時に大きな負担がかかります。Appleは、ヒンジ部分に柔軟性や強度をもたせる技術を取得しました。

この特許取得が折りたたみ式iPhoneのデザインに大きくかかわってくると予想されます。

ほかにも、最新iPhoneやApple製品を紹介している記事がありますので、ぜひご参考にしてください。

新型折りたたみ式iPhoneの発売日はいつ?

新型折りたたみ式iPhoneの発売日については、様々な説が浮上しています。

海外の有識者によるリーク情報や、過去のiPhone発売データに基づいて、新型折りたたみ式iPhoneの発売日を予想してみました。

2020年にiPhone 12シリーズ「iPhone 12 Flip」として発売か

Appleはここ数年一部例外はあるものの、9月上旬に新型iPhoneを発表し、9月中旬~下旬にかけて販売されています。しかし、今年に限っては「iPhone 12シリーズ」の発表、発売は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、例年より1ヶ月遅れの10月になると発表がありました。

この「iPhone 12」シリーズのうちの1つに折りたたみ式iPhoneが入ってくるのではないかと言われています。

その理由として、折りたたみ式iPhoneに「iPhone 12 Flip」と仮称がつけられていることが挙げられます。

特許を取得していることなどから折りたたみ式iPhoneの開発は進んでいると思われますので、2020年に発売される可能性は十分にあるでしょう。

2021年にiPhone 13シリーズとして発売か

Appleは毎年iPhoneの新作モデルを発表しています。そのため、2020年の「iPhone 12」シリーズに続いて、2021年には「iPhone 13」シリーズが発売されると予想されています

「iPhone 13」のコンセプト動画や画像はすでに出回っていて、情報がリークされています。

その「iPhone 13」シリーズに折りたたみ式iPhoneが入ってくるのではという説もあります。そうなると、2021年9月頃に発表・発売の可能性が高いと言えますね。

どちらかと言うと、こちらの説の方が有力なようです。

新型折りたたみ式iPhoneの価格予想!お値段いくら?

iPhoneは以前のモデルと比べると、最近のモデルはディスプレイが大きくなり、処理能力も向上しているため、本体価格が10万円を超えることも珍しくなくなりました。

そのため、折りたたみ式iPhoneが横開き型の大画面になる場合、かなり大きなディスプレイが搭載されることや、高い処理能力が求められることから、価格設定が高くなるのではないかと考えられます。

auから2020年2月に発売されたサムスン電子の折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」の端末価格が約18万円なことから、折りたたみ式iPhoneの価格も約15万円~20万円と想定されます。

▼Galaxy Z Flip

出典:au

今までになかったタイプの新型iPhoneで、タブレットとスマホを両方購入したと考えれば高くはないかもしれませんが、なかなか手を出しづらい値段になるかもしれません。

新型折りたたみ式iPhoneのディスプレイ!コンセプト動画・画像

新型折りたたみ式iPhoneのデザインの予想は「横折り型」と「縦折り型」の2パターンあります。

コンセプト動画や画像とリーク情報から2つの説を紹介します。

2つのディスプレイを繋げた「横折り型」デザイン

まずは、2つのディスプレイを繋ぎ合わせた「横折り型」デザインになるという説です。

Apple製品のリーク情報に詳しいJon Prosser氏が「2つの別々のディスプレイがヒンジ(蝶番)で繋げられた機構」と発言しているため、この説が浮上しています。


この2つのディスプレイはデバイスが2つ並んでいるようなデザインではなく、1枚のディスプレイのように見えるデザインになるのではないかと言われています。

iPhoneは6インチ以上のモデルが増えてきているため、横折り型になった場合かなりの大画面スマホになるのではないでしょうか。

タブレットの代わりになるような使い方もできますし、iPhoneを縦向きではなく横向きにすることで片面をキーボードとして使うことができるかもしれません。

従来のモデルを半分に折りたたむ「縦折り型」デザイン

もう1つは、従来のiPhoneのモデルを半分に折りたたむ「縦折り型」デザインになるという説です。


「ガラケー」と呼ばれる「フィーチャーフォン」を彷彿とさせるデザインですね。

スマホの画面サイズがどんどん大きくなっていく中、小型化されたスマホは持ち運びにも便利で、使い勝手がよさそうです。

横折り型デザインのコンセプト動画も公開されています。

こちらは、2019年10月25日に発売された「Galaxy Fold」に似ていますね。

角ばったフラットデザインに?

iPhoneと言えば、本体の側面が手にフィットする丸みを帯びたデザインが特徴的ですが、折りたたみ式のiPhoneは、iPhone 5やiPhone SE(第1世代)のような角ばったデザインになると予想されています。

海外の有識者によると、この新作iPhoneのデザインの変化は有力な情報となっているようです。

iPhone 6以降、目立った変更がなかったiPhoneのデザインが刷新されるとなると、期待が高まりますね。

ノッチがなくなると予想

新型折りたたみ式iPhoneでは、ノッチがなくなると言われています

iPhone Xから全面ディスプレイ化されたことにより、ホームボタンが廃止され画面上部にノッチが搭載されるようになりました。

最近ではiPhoneの象徴にもなっているこのノッチが、折りたたみ式iPhoneでは搭載されないと予想されているのです。

では、顔認証はどのようになるのでしょうか。

全面ディスプレイではなくなり画面上部にFace IDが搭載されるという説、スマホを折りたたんだときの外側にFace IDが搭載されるなど、これについても様々な噂があります。

また、本体サイドにTouch IDが搭載される、他にも画面内にTouch IDが搭載されるという説など、iPhone X以降なくなっていた指紋認証が復活するのではという情報もあるようです。

折りたたんだまま通知を確認できる

折りたたみ式iPhoneは、折りたたんだ状態のまま通知が確認できるようになると予想されています。

横折り型、縦折り型どちらの場合も折りたたんだときの外側にディスプレイが搭載されるのではないかと言われています。

なので、従来のiPhoneのロック画面と同じように通知が確認できたり、日時が表示されるようになるようです。

もしかしたら、外側のディスプレイでSNSをチェックできたり、Webサイトを見れるなどホーム画面と同じような操作もできるようになるかもしれませんね。

新型折りたたみスマホのメリット

従来のスマホの形状と異なる革新的なデザインの折りたたみスマホには、従来のスマホにはないメリットがいくつかあります。

大画面スマホを小型化

折りたたみスマホは小型タブレットとほぼ同じ大きさの画面サイズでも、半分のサイズで持ち運びできることが最大のメリットと言えるでしょう。

スマホは、持ち運びに適していて利便性も高いです。しかし、より多くの情報を収集したい場合や、効率的に作業をしたい場合には物足りなく感じてしまいます。

折りたたみスマホは大画面ディスプレイを搭載しながら、カバンの中でもかさばることのない小型化を実現しているので、様々な用途に合わせて使うことができます。

アプリを複数起動できる

画面が大きいため、複数のアプリを同時に起動して使うことが可能になります。

たとえば、地図アプリで目的地を確認しながら、メッセージアプリで待ち合わせ相手と連絡をとったり、YouTubeで動画を再生しながらウェブサイトを閲覧できるようになります。

折りたたみ式のiPhoneでは、このようなヘビーな使い方をしてもサクサクとした操作性を実現してくれることを期待したいですね。

新型折りたたみスマホのデメリット

使い方の幅が広がり便利になるように感じる折りたたみスマホですが、デメリットもいくつか挙げられます。

分厚くて重い

スマホを2つに折りたたむことになるため、基本的に本体は分厚くなります。

また、横折り型折りたたみスマホの場合従来のスマホの2倍のディスプレイを搭載することになるため、それなりに重くなってしまいます。

軽量ボディのスマホが好みの方には不向きかもしれません。

バッテリー持ちが不安

スマホのバッテリー消費のうち、約3割がディスプレイに消費されていると言われています。

折りたたみスマホは従来のスマホよりもディスプレイが大きいため、必然的にバッテリー消費か激しくなります

バッテリーが長持ちするということは考えにくいため、外出時にはポータブル充電器も一緒に持ち運んだ方がよさそうです。

値段が高額になってしまう

本体が大きくなることにより、搭載されるディスプレイも大きく、さらに高い処理能力が求められるため、価格設定が高くなってしまうようです。

実際、折りたたみ式iPhoneも約15万円~20万円と想定されているので、今までのモデルのよりも高めの価格が予想されます

しかし、折りたたみスマホがあればタブレットは不要と考えるならば、スマホとタブレットをどちらも購入するよりは安く済みます。

新作折りたたみiPhoneは買いか?

今回は、いろいろな噂が飛び交っている折りたたみ式のiPhoneについて解説しました。

iPhoneとタブレット両方持ち運ぶのが面倒で1つにまとめたいという方や、最新の技術が搭載されたスマホが欲しいという方にはおすすめの端末になりそうです。

折りたたみスマホは、まだあまり種類がないためデザインやディスプレイ、価格についての情報は様々でしたが、実際に発表される日が待ち遠しいですね。

現在、2021年の発売が最も有力とされているので、実際に手にすることができるのはもう少し先になりそうです。

折りたたみ式iPhoneが発売されるまで、コスパ最強の最新スマホ「iPhone SE(第2世代)」を使ってみるのもおすすめです。

使用しているiPhoneの状態が気になる方やトラブルが見受けられる方は、ぜひ以下の記事を読んでiPhoneの買い替えを検討してみてくださいね。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年08月05日

miku ― ライター
miku ― ライター

学生時代はずっとベースを弾いていました。最近は暇さえあれば映画鑑賞。時間がゆっくりと流れる映画が好きです。

関連キーワード