一人暮らしにはポケットWiFi!快適にネットを楽しむ方法

一人暮らしにポケットWi-Fiが必要な理由や、安く快適にインターネットを使う方法をまとめました。docomoやソフトバンク等と併用するおすすめの使い方や、Wi-Fi代・通信費を節約するコツもご紹介。Wi-Fiはいらない・必要ないと考えている方も必見です。
【公式】カシモWiMAX 一人暮らしにはポケットWiFi!快適にネットを楽しむ方法

現代社会においてネット環境は、生活から切り離せない存在となっています。

ちょっとした連絡をするにしても、電話ではなくチャットアプリやメールが主流です。

買い物も同様であり、ネットショッピングで生活に必要なものを買い揃えている方も多いことでしょう。そんなインターネットですが、接続には様々な方法があります。

これまでは固定回線を使用し、有線でパソコンなどに接続するスタイルが一般的でしたが、現在はWiFiを利用するのが基本です。

本記事では、一人暮らしで快適なWiFi環境を整えるためのコツについてご紹介したいと思います。

これから一人暮らしを始める方はもちろん、既に一人暮らしをしながら、ネット環境の見直しを検討している方の参考になれば幸いです。

一人暮らしにWiFiは必要?導入するメリット

家族全員でネット回線を使用する場合、多くの端末を一度に接続することになります。有線LANで対応するのは限界があるため、WiFiを利用するのが一般的です。

しかし、一人暮らしの場合は状況が少し変わります。ネットに接続するのはスマホ1台だけという方も多くいることでしょう。

キャリアと契約しているスマートフォンの場合、WiFiを利用しなくても、専用のモバイル回線でネットに接続することが可能です。そう考えると、一人暮らしにWiFiは必要無い気がしてしまいます。

ですが、一人暮らしでもWiFi環境を整えるメリットは決して少なくありません。これらの点について詳しくご紹介します。

通信量をカットして速度制限を回避

毎月月末になると、スマートフォンの速度制限にイライラしてしまう方も多いはず。

多くのキャリアでスマートフォンの契約プランに、毎月利用できるデータ通信量の制限が設けられています。

キャリアやプランによっても異なりますが、少ない場合は月に1GB程度で、多くても5GB程度が一般的です。それ以上のデータ通信が可能なキャリア・プランもありますが、かなり割高となってしまいます。

一見、十分なデータ量だと思われるかもしれませんが、動画や音楽などの再生やダウンロードを行っていると、あっという間に速度制限が発動してしまうのです。

仮に通信量をオーバーしたとしても、全くネットが使えなくなるわけではありません。しかし、相当不便に感じる速度制限がかけられます。

ちょっとしたメールの送受信はできても、webサイトの表示すら難しくなりますし、動画の再生はもはや絶望的です。最低限の機能・サービスのみ使用できる環境、と考えればわかりやすいかもしれません。

WiFi環境があれば、スマートフォンのデータ通信量を大幅に節約することが可能です。上手く活用できればデータ通信量をほぼ消費せず、快適にネットを利用できます。

なお、スマートフォン側をコンパクトなデータプランに変更することで、毎月の利用料金を節約することもできます。

WiFi環境がある恩恵は相当なもの。快適さを追求するのであれば、必ず契約しておきたいところです。

スマートフォン以外もネットに接続可能

WiFi環境があれば、スマートフォン・タブレット・パソコン以外のデジタルツールもネットに接続することができます。

わかりやすい例として挙げられるのがゲーム機です。今や、ネットに接続しなければ遊べないゲームさえ登場しています。SONYのPS4や任天堂のNintendo Switchをはじめ、ネット接続が前提となるゲーム機も少なくありません。

今日では、ネットを介して世界中のプレイヤーと協力プレイや・対戦プレイが楽しめるオンラインゲームも一般的となっています。

それだけでなく、アップデートで不具合が改善されたり、新要素が追加されたりするタイトルもあります。もはやネット環境ありきといえるでしょう。

これはテレビも同様です。テレビをネットに接続すると地上派放送だけでなく、VODサービスの動画コンテンツも大画面で楽しめるようになります。

無料で利用できるVODサービスも少なくありませんので、一度接続すると、楽しめる映像・動画コンテンツが一気に広がるのです。

WiFi環境があるだけで、生活がもっと便利で豊かなものとなります。これは一人暮らしであっても変わらず、WiFiを導入する大きなメリットといえるでしょう。

毎月の通信料が節約できる

データ通信量の節約が月額料金の節約に繋がるのはご紹介した通りです。

一方で、WiFiの回線コストを考えると、総合的な通信費が高くなる可能性を考えた方もいるでしょう。

事実、スマートフォンのデータプランはそのままに、追加でWiFi用の回線を契約すれば、それだけ毎月の通信費は高くなります。

そんな時こそ契約プランを見直しが必要です。上手くいけば、総合的な通信コストを下げられる可能性があります。

例えば、大手キャリアで大容量プランを契約し、毎月の利用料金が10,000円であったとします。WiFiを利用すれば毎月のデータ通信量を大幅にカットできますので、場合によっては1~3GBのデータ通信量でも十分に感じられるはず。

そこで、データ容量の小さい格安SIMなどに乗り換えれば、毎月の利用料金を2,000~3,000円程度にまで抑えることが可能です。

肝心のWiFi回線は、3,000~5,000円程度の回線を契約することになるでしょう。これらを合わせても、トータルの通信費は1ヶ月あたり5,000~8,000円程度。

上手くプランを選ぶことができれば、毎月の通信コストを半額程度に抑えられるわけです。快適なネット環境が手に入る他通信コストまで下がるのですから、そのメリットはかなり大きいといえるでしょう。

無料でWiFiを利用できることもある?

アパートなどの賃貸では、最初からWiFi環境が用意されていたり、無料で利用できたりするケースがあります。

これから住まいを新たに探しているという方は、WiFi環境の有無をチェックしておくとよいです。

ただし、無料WiFi対しての過度な期待は禁物です。ネット接続こそできても、通信速度が遅かったり、不安定だったりする可能性があります。

実情としては、無料WiFiの多くで通信が遅いという声が聞かれているのです。快適にネットを利用することができず、結局は回線の契約を済ませる人も少なくありません。

とりわけ注意したいのが、自宅で仕事をする方です。セキュリティの問題もありますので、無料WiFiではなく自宅の回線を用意した方が安全でしょう。

一人暮らしならモバイルWiFiがおすすめ!

WiFi環境を整えるためには、回線の契約が必要です。

この回線は大きく分けて2種類、固定回線モバイル回線があります。

基本的に固定回線の方が通信速度も速く、接続も安定するものです。一方のモバイル回線は、通信速度が遅くて不安定というのが一昔前のイメージでした。加えて電波を受信するエリアが狭く、場所によっては全く使えないケースも多かったのです。

しかし、今日ではモバイル回線の速度も大幅に向上しています。接続も以前に比べて安定しており、地方部の外れにいても圏外にはなりません。それに伴い、固定回線ではなく、常にモバイル回線を使用している方も増えているようです。

とはいえ、スマートフォンのモバイル回線には速度制限にかかる恐れがあります。定期的に動画などを視聴すると、たった数日で速度制限になることも少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、通信速度に悩まされないモバイルWiFiです。特に一人暮らしの方に人気の選択肢となっています。なぜ人気なのか、具体的な理由をチェックしてみましょう。

工事不要ですぐにネットが楽しめる

モバイルWiFiを契約するメリットとして、工事がいらない点が挙げられます。一人暮らしのマンションやアパートなどの場合、わざわざ固定回線の工事をするのはかなりの手間です。

当然、初期費用などのコストもかかります。工事不要で必要以上のコストも掛からないため、モバイルWiFiを選択する方が増えているのです。

引っ越しも簡単で低コスト

一人暮らしの場合、賃貸の契約が切れる度に引っ越す方も少なくありません。また、転勤などで数年おきに引っ越しをしている方もいることでしょう。

一度固定回線を契約すると、引っ越し先でも工事が必要となるため、時間とお金がかかるものです。その点、モバイルWiFiであれば、ルーターを持っていくだけで解決します。

もちろん面倒な手続きも不要であり、これまでと変わらず快適なネットライフを楽しむことができるのです。頻繁に引っ越す方ほど、モバイルWiFiの恩恵が感じられるでしょう。

モバイルWiFiならカシモWiMAXがおすすめ

契約してすぐにネットが楽しめる他、引っ越しの際も簡単に移動できるというメリットがあるのがモバイルWiFiです。

今や様々な会社からサービスが提供されていますが、具体的にはどういった観点でモバイルWiFiを選べば良いのでしょうか。

モバイルWiFiには、大きく分けて「ポケットWiFi」と「WiMAX」の2種類があります。

2つの違いは提供している会社の違いで、「ポケットWiFi」はワイモバイル社、「WiMAX」はUQコミュニケーションズ社が販売しています。違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

モバイルWiFiを選ぶのであれば、WiMAXがおすすめです。ポケットWI-Fiと比較して契約期間が短く、高速で使えるエリアが広いという特徴があるからです。

では、WiMAXの中でどの会社を選ぶかという点ですが、実は、WiMAXはどこもUQコミュニケーションズ社のWiMAX2+という回線を使っているため、どのサービスでも性能は変わりません。

どの会社もサービス性能が変わらないのであれば、月額料金や初期費用を含めたトータルの金額に着目することが、モバイルWiFi選びにおいて重要だと言えます。

初期費用を含めた利用料が安いモバイルWiFiは、カシモWiMAXです。

カシモWiMAXなら、ネットを使い放題のギガ放題プランであっても、初月月額1,380円~という業界最安級で利用できます。

他社で同じプランで契約した場合、通常4,000~6,000円前後かかってしまうのでかなりお得です。加えて、契約初月は無料で使うことができるので、初期費用が抑えられるのもポイントでしょう。

これからモバイルWiFiの契約を検討している方には、カシモWiMAXはとてもお得なサービスです。

カシモWiMAXについて詳しく見る

キャッシュバックや必須加入オプションがないシンプルな料金体系は、ユーザーが本当に必要としているシンプルな安さを実現しています。新R25では、その意図を説明しています。

▼今1番人気のポケットWiFiルーターについては、こちらの記事をご覧ください。おすすめのポケットWiFiルーターの選び方も解説しています。

すでに光回線を契約している方におすすめのWiFiルーター

ここでは、マンションにインターネットがすでに完備されている方や、もうすでに光回線を契約していて、あとはWiFiルーターだけという方に、おすすめのWiFiルーターをご紹介します。

これから契約するという方も、ここで紹介した回線を申し込んだ際に同時に手に入るWiFiルーターであれば十分ですが、自分でWiFiルーターを探したい場合はぜひチェックしてくださいね。

BUFFALO:WHR-1166DHP4

NEC:Aterm WG1200HS2

エレコム:WRC-1167GEBK-S

モバイルWiFiでネットを楽しもう!

今やネット環境は、私たちの日常生活に欠かせないものとなっています。

仮に一人暮らしであっても、WiFi環境がなければ不便に感じられることでしょう。通信速度などの快適さが違いますし、同時に速度制限を気にしなくていいのもポイントです。

そして、一人暮らしの方におすすめなのがモバイルWiFi。様々なキャリア・プランが用意されていますので、自身の利用方法や予算に合わせて選びましょう。

カシモWiMAXについて詳しく見る 【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年01月22日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター

関連キーワード