AirPodsの音質は良い・悪い?音質改善・設定方法・便利な使い方を徹底解説

AirPodsの音質は良い・悪いのか、AirPodsの音質改善・設定方法・便利な使い方を徹底解説します。AirPodsの音質は悪いのか、ワイヤレスイヤホンと比較した音質や音質改善方法をご紹介します。AirPodsの特徴や接続方法を知りたい方も必見です。
ワイモバイル新プラン AirPodsの音質は良い・悪い?音質改善・設定方法・便利な使い方を徹底解説

スマホの普及に伴いスマホで音楽を聴く人も多く、その際にコードが邪魔になったことはないでしょうか。

コードのデザインを楽しんでいる人もいますが、今はスタイリッシュでスマートなワイヤレスイヤホンが好まれる傾向にあります。

Appleからは、AirPodsというワイヤレスイヤホンが登場しています。AirPodsについて詳しく解説をしていきます。

\初回限定3ヶ月無料!/

AirPodsとはどういったものなのか

AirPodsとはどういったものなのでしょうか。AirPodsの特徴やメリットをご紹介したいと思います。

Appleの製品すべてにつながる

AirPodsは、Appleのすべての製品につなげて使うことができる機器です。

iPhoneやiPad、iPodtouchで音楽やラジオを聞いたり、iPhoneを出すことなくAirPodsのみで通話したりすることができ、ApplewatchがあればiPhoneがなくても手ぶらで音楽を聴くことができます。

ランニングやウォーキングをしながら音楽を聴きたい人には、ありがたい機能でしょう。

白くシンプルなワイヤレスイヤホン

AirPodsのデザインは、白いシンプルなものになっています。白く丸い部分のイヤホンに耳を装着し、そこから白い筒がやや長く伸びています。

この耳から伸びた白い筒が、発売当初は「うどんのようだ」などと酷評する声もありましたが、発売された今となってはかっこよく見えるという声に変化しています。

再生の切り替えもスムーズ

パソコンで音楽や動画を再生するときは、パソコン内蔵のスピーカーで聞く人が多いと思いますが、これをBluetoothのヘッドフォンなどで聴く場合、再生機器の切り替えが必要です。

AirPodsはこの機器の切り替えがスムーズにできます。iPhoneとApple Watchには同時につながりますし、MacやiPadで聞きたい場合はそれらの機器からAirPodsを選ぶだけです。

特殊なチップによる高音質

イヤホンで1番気になるところは音質だと思います。ワイヤレスだと少々不安なものですが、実際はどうなのでしょうか。

AirPodsはW1チップという部品を使用し、強く安定した無線音質で高い音質を作り出しています。

燃費のよい充電性

イヤホンは外で使うことが多いものです。そのときに不安なのが充電の持ちですが、AirPodsの充電はどのくらい持つのでしょうか。

AirPodsは、1回の充電で5時間持たせることができます。充電器は卵のようなサイズの小さなケースになっており、AirPodsをしまうことで充電します。

ケースを持ち歩けば1日の内で何回も充電できますし、急いでいるときは15分ケースに入れるだけで3時間使用することができます。

センサーにより自動でオンオフ

ワイヤレスイヤホンはON・OFFの設定が面倒ですが、AirPodsは光学センサーが内臓されています。

イヤホンが耳に付いていることを感知し、専用ケースから取り出すと自動的にONになり、曲を聴いている最中に片耳でも外すと自動的に一時停止になります。これはiPhoneでも他のApple機器でも同じです。

ジョギングをしても落ちない

ワイヤレスイヤホンを使うにあたって心配な点は、落としてしまわないかです。

使ってみた人の声を見てみると、AirPodsを付けた状態でジョギングをしても落ちなかったという声があります。

ただ、服を脱ぐときは落ちてしまったようです。多少のことでは落ちないようですが、着替えのときは外した方がよいようです。後述する「Purest」を装着することなどもAirPodsの外れ防止になります。

AirPodsをより使いやすくするには

ワイヤレスで使いやすいAirPodsですが、ここからはさらに便利な使い方を見ていきましょう。

ペアリングはとっても簡単

ワイヤレスで音楽を聴くためには、音源となるiPhoneやiPadとペアリングし、音を飛ばして出力先のイヤホンやステレオに流さなければなりません。

AirPodsはこのペアリングを簡単に行うことができます。iPhoneを例に説明しましょう。

まずは、充電ケースに入ったAirPodsとiPhoneを用意します。iPhoneをホーム画面にし、AirPodsのケースを開いてiPhoneの前にかざします。

iPhoneに設定画面のペアリングウィンドウのアニメーションが表示されるので、あとはその「接続」をタップするだけです。とても簡単にできて便利ですね。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

充電確認もかざすだけ

持ち運びが可能な充電器ケースを常備しているAirPodsでも、今現在の電池残量は気になるものです。AirPodsの電池残量はどのように見ていけばよいのでしょうか。

実は、ペアリングと同じようにiPhoneにAirPodsを入れた充電ケースをかざすと、簡単に今現在のAirPodsと充電ケースの電池残量を確認することができます。

また、AirPodsと充電ケースの電池残量はスマホ画面のIOS画面でスマホの電池残量のように目で見て確認することもできます。充電を確認するには、ケースにAirPodsが片方でも入っていなければいけません。

Siriを起動させ様々なことを

AirPodsはiPhoneを出すことなく、片方どちらかのイヤホンをトントンとダブルタップするだけで、今かかっている曲の再生停止や次の曲にスキップさせたり、Siriを起動させたりすることができます。

Siriによって音楽のプレイリストも変更することができますし、様々なことができてしまいます。

「〇〇さんに電話して」とSiriに頼んで、iPhoneを出すことなく電話ができたり、「〇〇までの道順を教えて」と話しかけることでSiriがマップを起動させ、道順を教えてくれたりします。

センサーはオフにすることも可能

AirPodsは、センサーによって、耳に装着しているか外れているかがわかるようになっていると先述しました。

このセンサーによって、片耳を外すと音楽が一時停止し、両耳を外すと自動的に音声はOFFになり、耳に装着しても再生されずに音源となるiPhoneなどのスピーカーから再生されます。このセンサーを無効にする方法があります。

切り替えるには、「設定」から「Bluetooth」を押し、「AirPodsのアイコン」へ移動し、「自動耳検出」のスイッチをOFFにすればよいだけです。

こうすることによって、両耳を外しても音楽はAirPodsからのみ再生されます。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

名前を付けて本名を隠せる

iPhoneなどを使ってAirPodsの登録した場合、iPhoneで登録した名前の「〇〇」として登録されます。これを本名にしている人が多く、そのままにしておくと簡単に本名がバレてしまいます。

iPhoneがあれば、自分のiPhoneでなくとも簡単にAirPodsの表示アニメーションが出てしまい、接続を押すと、最初に登録した「〇〇のAirPods」という本名が出てしまいます。

このようなことを防ぐために、AirPodsに名前を付けるという方法があります。「設定」から「Bluetooth」を選択し、現在の(この場合本名になっている)名前のAirPodsを選択します。

名前を選択して好きなニックネームを入力し、「完了」を押すとAirPodsにニックネームを登録することができます。

接続距離はどのくらいなのか

AirPodsはワイヤレスイヤホンですが、どのくらい離れていても音声を感知するものなのでしょうか。ここからは、AirPodsの接続距離について見ていきたいと思います。

隣に行っても音楽は聴ける

AirPodsを装着して音楽を聞いたまま掃除や作業をしている際に、iPhoneから少し離れて物を取りに行くときもあります。

AirPodsはワイヤレスイヤホンですが、iPhoneから離れていても音楽を聴くことは可能なのでしょうか。AirPodsは、こういった場合の接続距離にもある程度対応しています。

検証した人の声では、同じ階であれば、扉を閉めた離れた部屋でも問題なく聞けたということです。

また、iPhoneを家に置いたまま玄関の外に出て、扉を閉めても問題なく聞けたという声もあり、一般的な一軒家であれば、部屋にiPhoneを置いたまま他の部屋に移動しても音楽は聴けるでしょう。

真下は上下でも可能

離れた距離に移動したり、扉を閉めた違う部屋に行ったりしても、AirPodsは音楽を聴くことが可能であることが分かりました。

では、1階と2階など、分かれた階の場合はどうなのでしょうか。調べてみると、木造2階建ての上下であっても、iPhoneの真下の距離であれば問題なく音楽は聴けたということです。

ただし、1階にiPhoneがあり、AirPodsを装着して2階の離れた部屋に行った場合などでは音楽は聞こえなかったということです。

しかし、一瞬聞こえなくなっても、すぐ戻れば音楽はもう一度聞こえるようになるようです。作業などには支障はなさそうですね。

環境によっても接続は変化する

移動は木造の家の中だけではありません。ビルの中を移動することもあるでしょうし、AirPodsを使って大きな公園の中を移動することもあるでしょう。

AirPodsの接続距離はどのように対応しているのでしょうか。AirPodsの接続距離は、環境によって大きく変化すると考えてよいでしょう。

コンクリートなどのビルが通信に与える影響は、木造とは当然違ってきますので、木造では扉を閉めても聞けたAirPodsも、コンクリートの扉では聞こえなかったということもあるかもしれません。

また、公園などの広い場所では50m離れた距離でも聞こえました。同じコンクリートも、扉のない広い倉庫のような場所であれば、離れても聞こえるかもしれません。

Appleは100mは可能と発表

ここまで、AirPodsの接続距離の様々な検証結果を見てきました。では実際のところ、Appleはどのくらいの距離までつながることが可能と発表しているのでしょうか。

Appleは、AirPodsの接続距離は100mと発表しています。公表していませんが、AirPodsのBluetoothはClass1というもので、最大100mまで電波が届くといわれているものです

しかし、実際検証してみると100mほどの長い距離では電波が届かなかったという声もあり、実際のところは扉のない広い場所であれば50mほど届くと考えてよいでしょう。

AirPodsの音質はよいのか

イヤホンで音楽を聴くとき、なによりも重要なのが音質です。ワイヤレスイヤホンの音質はまだ発展途上ですが、AirPodsで音楽を聴く場合、よい音は聞こえるのでしょうか。

また、イヤホンを付けて外で歩く場合、周りの音が完全に聞こえないと危険です。遮音性はどうなっているのでしょう。ここではAirPodsの音質と遮音性を見ていきたいと思います。

聞きやすさを重視しており疲れにくい

まずは、AirPodsの音質から見ていきましょう。AirPodsの音質はそこまで悪いものではないというのが、使用した人の感想です。

フラットな音質となっており、低音から高音まで幅広く自然な音が流れ、聞きやすさを重視した作りとなっています。

音量を上げれば、好みの音楽を迫力のあるサウンドで楽しむこともできますし、耳元でずっと聞いていても疲れにくいものとなっています。さらに、先述のAirPodsのイヤホンとしてのお手軽な使いやすさもポイントとなっているでしょう。

付けたまま会話ができる遮音性

次に、AirPodsの遮音性を見ていきましょう。iPhoneを買うときに付属しているEarpodsは遮音性が低いです。

AirPodsは同じくAppleの製品なので、イヤホンを付けていても普通に人と会話ができるくらいの遮音性の低さといえます。

付けながら歩いていても、人とぶつかるなどの危険も回避しやすいですし、車の運転も可能です。AirPodsを付けたまま、十分安全に作業ができる遮音性といえるでしょう。

よりよい音質を求めるならPurest

AirPodsの音質は良いですが、よりよい音質で聴ける方法があります。

AirPodsに装着する「Purest」を使用すると音質が強化されるのです。Purestとはどういったものか見ていきましょう。

EarPodsにもAirPodsにも使える

Purestとは、イヤホンにはめるキャップのような形状のものです。色は3色展開となっており、これをイヤホンに付属するだけで音質が大幅に向上します。

(株)ソリッドアライアンスが6月6日に出したものです。なお、PurestはAirPodsだけでなく、iPhoneに付属しているEarpodsにも使うことができます。

パイプオルガンの仕組みを利用

Purestは音質が向上することは説明しましたが、一体どういった構造で音質が向上するのでしょうか。

Purestは、パイプオルガンの構造を利用した仕組みとなっています。この仕組みによって、イヤホン内部の共鳴管が高音を滑らかに伸ばしているのです。

低音もきれいに聞けるサンドボード

では低音はどうなのでしょうか。Purestを使った人の声を見てみると、低音がよく聞こえるようになったという声が多く見られます。

先述した共鳴管は高音だけでなく、当然低音も快適に響くようになっています。

さらに、耳に装着する部分に外部サウンドボートと呼ばれる機能が付いていることで、出口で音を共振させ、低音をきれいに聞くことが可能です。

使いやすさと高い音質を兼ねたAirPods

AirPodsは、数あるワイヤレスイヤホンの中でも圧倒的な使いやすさです。

音質と使いやすさの両方を兼ね揃えているという点で、高い評価を得ています。

これからワイヤレスイヤホンを購入しようと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2018年08月29日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード