OCN光

MacBook Pro新型モデルを徹底解説|おすすめ周辺機器も紹介

2020年に発売されたMacBook Proの新型モデルについて解説します。スペックや価格表から、従来モデルとのスペックの比較、レビューチェックや購入方法、同時購入しておくと便利な周辺機器についても紹介します。
【公式】カシモWiMAX MacBook Pro新型モデルを徹底解説|おすすめ周辺機器も紹介

「MacBook Proの新型モデルは何が優れているのかわからない。」という方も多いのではないでしょうか。MacBook ProはApple製品の中でiPhoneなどと同等の人気を持つ、ラップトップ型のパソコンです。

2020年5月4日に発売された新型モデルは従来モデルと比較しても、プロセッサなど性能が大幅にグレードアップしています。

ここでは新型モデルのスペックやストレージ、価格からレビューチェック・購入方法を紹介していきます。

MacBook Pro 新型モデルの価格やスペック一覧

MacBook Pro 新型モデルの価格やスペック、ストレージ等を一覧表で比較していきます。

モデル名 MacBook Pro 2020(新型モデル)
価格 148,280円(税込)〜
プロセッサ(オプション) 第8世代 Core i5 1.4GHz(第8世代 Core i7 1.7GHz)
第10世代 Core i5 2.0GHz(第10世代 Core i7 2.3GHz)
ストレージ(オプション) 256GB SSD(512GB、1TB、2TB SSD)
512GB SSD(1TB、2TB SSD)
512GB SSD(1TB、2TB、4TB SSD)
1TB(2TB、4TB SSD)
メモリ(オプション) 8GB(16GB)
16GB(32GB)
キーボード シザー構造 Magic Keyboard
バッテリー駆動時間 ブラウジング:最大10時間
スタンバイ:最大30日
サイズ(高さ×幅×奥行き) 1.56×30.41×21.24cm
重量 1.4kg
カラー シルバー/スペースグレイ

従来モデルと比較してもコスパが良い

従来と同様にコネクタが2つの新型モデルは、148,280円(税込)〜となっています。新型にはコネクタが4つのモデルもあり、その価格は207,680円(税込)〜です。

MacBook Pro 2019モデルの標準価格は153,780円(税込)なので、従来のモデルと比較すると、標準プロセッサやストレージが多く、オプションが豊富であるにも関わらず価格が安くなっています。

ディスプレイの大きいMacBookが必要ない人なら、コストパフォーマンスの良い新型モデルがおすすめです。

第10世代のプロセッサを選択可能

新型モデルでは、最大で第10世代のクアッドコアプロセッサが選べるので、あらゆる作業が高速化され、動画編集などもスムーズに行なえます。

またグラフィック性能も向上したので、動作が高速化するだけでなく、今までにないMacBook Proの美しいグラフィックを体験できます。

新しいグラフィックとクアッドコアプロセッサによって、従来と比べると80%もパフォーマンス速度が上がりました。

ストレージはオリジナルモデルでも256GBからなので、従来モデルと比べても2倍の容量を搭載しています。

オプションも充実しているため最大4TBのストレージに変更すると、写真や動画を始めとする大容量のデータも動作不良等を起こすことなく管理できます。

シザー構造のMagic Keyboard

従来モデルまで採用されていた「バタフライ構造キーボード」から、シザー構造の「Magic Keyboard」へと変更されました。

バタフライ構造キーボードはキーストロークが浅い、超薄型キーボードで打ち間違いや指へのダメージも大きい欠点がありました。

またキーの支点が1枚しかなくハの字になっているため、ホコリが溜まると反応しなくなる問題も多く報告されていました。

シザー構造はバタフライ構造の欠点を改善したモデルで、2枚の金具がXの形でキーを支えるため、安定したタイピングを実現します。

また、Magic Keyboardはキーストロークが深くなっているので、タイピングの感触もしっかりしており、打ち間違い・キーが反応しない故障なども改善されています。

分離型のタッチディスプレイ

iPhoneや従来のMacBookに搭載されていた「Touch ID」に加えて、タッチディスプレイである「Touch Bar」もついています。

新型モデルは、分離型のTouch BarでEscキーが独立しており、物理的なキーとなって復活したのが特徴です。

EscキーがTouch Bar内にあった従来までのモデルでは、操作によって消えてしまったり隠れてしまうので設定が必要であったり、不便な部分もありました。

Escキーはダウンロードやページアップロード時に使用するため、普段よくこのキーを使う人にとってこの変更は嬉しいアップデートです。

コネクタが2倍に増加

新型モデルのコネクタは超高速のUSB-Cポートで、従来同様の2つのポートと新モデルから搭載された4つのポートが選べます。

新モデルから搭載された超高速な動作を実現するUSB-Cポートは、データの転送から充電やビデオの出力までたった1つで完結するのが魅力です。

また従来モデルまではThunderbolt 2でしたが、新型モデルでは接続速度が2倍にもなるThunderbolt 3が搭載されており、ダウンロード等にかかる時間も短縮され、作業の効率化に繋がります。

MacBook Pro 新型モデルのレビューチェック

ツイッターなどに投稿されている新型モデルのレビューを紹介してください。スペックなどについて書かれているものをピックアップしてください。

打ちやすいキーボード

モデル自体の厚みは従来モデルよりも増していますが、やはりその分キーボードの打ちやすさが改善されています。Escキーに加えて、Touch IDが独立しているのも使いやすいポイントです。

スピーカーの性能も従来モデルより優れている

キーボードの変化が大きいようですが、その他にもグラフィックと併せてスピーカーの性能も上がっています。

届いたMacBook Proによっては不具合もある

こういった「不具合が生じた」という投稿は少数ではありますが、いくつか見受けられました。動画編集アプリとの互換性が悪い場合やOSにトラブルが発生している間に、こうした不具合が生じる可能性もあります。

MacBook Pro 新型モデルはこんな人におすすめ

MacBook Pro 新型モデルは、次のような人におすすめです。

  • 持ち運びやすいラップトップが欲しい人
  • 13インチの大きさで動画編集など大容量のデータを使う作業がしたい人
  • 高スペックかつコストパフォーマンスを重視する人
  • USBのポートが4つ必要な人
  • 従来モデルのキーボードで不具合が生じて困っている人

MacBook Proは今までも13インチのモデルが発売され、持ち運びやすさは人気の理由の1つとしてありました。

しかし新型モデルでは持ち運びやすいだけでなく、高性能かつ大量のストレージを選択できるため、プログラミングや動画編集も容易にできます。

今までにない高スペックを実現しているのにも関わらず、標準モデルは従来よりも安価なためコストパフォーマンスにも優れています。

新型モデルからUSBポートは2つよ4つが選べるようになり、必要に応じて選択できるため従来モデルでは不十分だった方にはおすすめです。

また従来のMacBook Proを使っていた人であれば、キーボードが打ちやすくなり、故障しにくくなった改善もおすすめのポイントです。

コンパクトでありながらも、MacBook Proの13インチ史上最高のスペックを持っているため、コストパフォーマンス重視の人や、動画編集などでMacBookを使う人など幅広いユーザー向けのモデルです。

MacBook Pro 新型モデルの購入方法

新型モデルのMacBook Proは、Apple公式サイト・AppleStoreもしくはAmazonなどの通販サイトから購入するのがおすすめです。ここではAppleとAmazonでの価格や保証について紹介します。

Appleから購入する

Appleで購入すると、1年間の製品保証と90日間のテクニカルサポートがついてくるAppleCareに加入できる他、MacBook限定の保証も選べます。

MacBook限定のAppleCare+for Macに加入すると、AppleCareが購入後1年のところが3年に延長されます。

画面等の修理は12,900円(税込)/1回になり、他にも37,100円(税込)/1回でサービスが受けられ、チャットサポートも優先的に対応してもらえる保証です。

それだけでなく、学生や教職員は割引価格で購入でき、新型MacBook Proの標準モデルなら136,180円(税込)〜販売されています。

Appleは買取サービスもあり対象のMacBookを下取りに出すと、最大で78,000円で買い取ってもらえて新機種も割引になります。

Amazonから購入する

Amazonでは、新型のMacBook Proが188,880円〜から販売されています。

商品単体での購入もでき、AppleCareと一緒に購入するプランもあるので、AppleCareに加入したい人は後者のプランで注文するのがおすすめです。

しかしAppleCare+for MacはApple公式のみ加入可能なので、1年間保証のAppleCareしか購入できない点には注意しましょう。

またAmazonのキャンペーン対象でもあるので、クラシックカードに新規入会すると2,000ポイントと2,000円割引価格で購入できます。

MacBook Proと同時購入におすすめの周辺機器

MacBook Proと一緒に買っておくと便利な周辺機器、「USB-C ハブ」「超小型充電器」「キーボードカバー」のおすすめ商品を紹介します。

USB-Cハブ:QGeeM

充電ポートを含む計7つのポートがついており、超高速データ転送が可能でSDカードリーダーやHDMIなど、接続できる機種も豊富です。

MacBook Proから、テレビなどの大型メディアに接続しても、遅延などがほとんど泣く高画質な映像を楽しめます。

7つのポートがついていますが、サイズは9.8cm×4.5cm×1.4cmとコンパクトなので外出先でも持ち運びやすく便利です。

素材はアルミ合金で保護性や耐熱性にも優れているため、長時間作業をしても熱からの損傷などを受けにくく長く使えます。

USB-C ハブはMacBook Proを購入する際の、同時購入がおすすめなアイテムの中でも1番おすすめです。

なぜなら1つあるだけでUSBポートが増え、特にMacBook ProはUSB-Cタイプなので、USBメモリなどを利用する際に用意しておくと便利なためです。

超小型充電器:RAVPower

世界最小の小型充電器で重量は105gしかなく、MacBookに付属の充電器と同等の性能を持っています。

出力パワーは最大で61Wなので、スマートフォンの充電はもちろん、MacBook Proなどのラップトップ型パソコンの充電にも対応可能です。

本体にはLEDランプがついているため、電源が入っていることをひと目で確認でき、プラグも折りたたみ式なので、持ち運ぶ際プラグが破損してしまうこともありません。

購入後18ヵ月間の保証がつき、製品登録をすると期間が12ヵ月追加されます。

キーボードカバー:moshi CrearGuard

厚さ0.1mmと薄型で、タイピングをする指にフィットする素材が魅力です。

本体が薄いだけでなく、精度の高いモールディングを実現しているため、カバーをしていてもタイピングには何の悪影響もなく使えます。

また万が一液体をこぼしてしまった場合でも、水で洗えるため、何度でも貼り直せます。

MacBook Proの新型モデルではMagic Keyboardが採用されていますが、ホコリは必然的についてしまいます。そのためMacBook自体を長く使うためにも、キーボードカバーは用意しておくのがおすすめです。

カバーケース:tomtoc

13インチのMacBook Proが収納でき、カバー内側は360°保護の衝撃吸収パッドでできているため、端末を全面的に守ってくれます。

また四つ角には「コーナーアーマー」という特殊構造が採用されているため、万が一の落下の衝撃からも守ってくれます。

カバー外側は撥水加工されており、前ポケットには充電器やその他コードが収納できるので、これ1つでMacBook周辺機器の持ち運びに便利です。

その他のMacBookProケースについてこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

コンパクトでスマートな新型モデルを使いこなそう

MacBook Proの新型モデルは今までにない高速な動作を実現し、13インチというコンパクトサイズでも、大容量のデータを要する作業がスムーズにできます。

また従来モデルと比較しても安価で購入できるので、これからMacBook Proを買いたい人にもおすすめのモデルです。

ストレージやメモリはオプションで変更できるので、MacBookの用途に応じて熟考し、ぴったりのモデルを購入しましょう。

またおすすめの周辺機器があれば作業が効率化するだけでなく、コンパクトなMacBook Pro 新型モデルの良さを最大限に引き出してくれるため、同じタイミングで購入するのがおすすめです。

公開日時 : 2020年10月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード