MacBookの最新モデル徹底比較|価格・スペックから自分に合うものを見つけよう

2019年と2020年に発売されたMacBook ProとMacBook Airの全モデルのスペックを比較しています。現在に販売されている全モデルを比較しているため、MacBookのどのモデルを購入しようか迷っている人は必見です。
【公式】カシモWiMAX MacBookの最新モデル徹底比較|価格・スペックから自分に合うものを見つけよう

MacBookは、Appleが販売しているノート型パソコンとして、幅広い年代から高い人気を集めています。

MacBookには高い処理能力をもつMacBook Proと、軽量でコスパの高いMacBook Airの大きく分けて2種類があります。

それぞれスペックやおすすめできる人が異なるため、今回は最新MacBook AirとProのスペックを徹底比較しています。

ProとAirの比較だけでなく、それぞれの2020年モデルと2019年モデルも比較しますので、自分に合ったMacBookを探しているという人はぜひ参考にしてみてください。

最新MacBook AirとProを比較

MacBookを購入するなら、最新機種が欲しいという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、2020年に発売されたMacBook AirとMacBook Pro13インチの上位モデルと下位モデル、そして2019年11月発売のMacBook Pro16インチの4種類のスペックを比較します。

価格を比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルの価格は以下の通りです。

モデル名 価格
MacBook Air(2020) 256GBモデル:104,800円~
512GBモデル:134,800円~
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 256GBモデル:134,800円~
512GBモデル:154,800円~
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 512GBモデル:188,800円~
1TBモデル:208,800円~
MacBook Pro 16インチ(2019) 512GBモデル:248,800円~
1TBモデル:288,800円~

価格はインチサイズやデータ容量、CPUなどのスペックによって異なります。

性能が高くなるにつれて価格も上がっているため、一番ディスプレイが大きくスペックも高いMacBook Pro 16インチが一番高いです。

また同じモデルでもデータ容量が多いモデルの方が高いため、そこまで容量を使う予定はないという場合は、データ容量が少なめの安いモデルを購入するのもおすすめです。

サイズと重さを比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルのサイズや重量は以下の通りです。

モデル名 画面サイズ 高さ 奥行き 重量
MacBook Air(2020) 13.3インチ 1.61cm 30.41cm 21.24cm 1.29kg
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 13.3インチ 1.56cm 30.41cm 21.24cm 1.4kg
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 13.3インチ 1.56cm 30.41cm 21.24cm 1.4kg
MacBook Pro 16インチ(2019) 16インチ 1.62cm 35.79cm 24.59cm 2.0kg

上記の表からもわかるように、MacBook AirとMacBook Proの13インチは同じ画面サイズではありますが、重量は1.29kgと1.4kgと少し異なり、MacBook Airのほうが軽くなっています。

重量が少ないだけでなく、本体のデザインもMacBook Airは傾斜のあるウェッジデザインになっているため、非常に持ち歩きやすくなっています

MacBook Proの16インチは、画面サイズが他のモデルよりも大きいため、その分0.6kgほど重くなっています。

容量(ROM・RAM)を比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルのRAM容量は以下の通りです。

モデル名 RAM容量
MacBook Air(2020) 8GB
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 8GB
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 8GB
MacBook Pro 16インチ(2019) 16GB

RAMは、一時的な作業を記憶する役割を果たすメモリのことを指すため、容量が多いとその分作業の処理スピードが早くなります。

MacBook Pro 16インチはRAM容量が他のモデルの倍となっているため、その分作業効率が高くなると言えるでしょう。

なお、どのモデルも購入時にRAMを増設することが可能なので、RAMの容量をできるだけ多くしたいという場合は、購入するときに増設するのがおすすめです。

CPUを比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルのCPUは以下の通りです。

モデル名 CPUの形式 シングルコアスコア マルチコアスコア
MacBook Air(2020) 第10世代 Core i7 (1.2GHz) 1221 3018
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 第8世代 Core i7-8557U
(1.7GHz)
1028 4106
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 第10世代 Core i7-1068NG7
(2.3GHz)
1374 4843
MacBook Pro 16インチ(2019) 第8世代 Core i9-9980HK
(2.4GHz)
1179 7097

MacBook AirやMacBook Pro 13インチのエントリーモデルよりも、上位モデルやMacBook Proの16インチのほうがCPUは高くなっています。

GPUを比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルのGPUは以下の通りです。

モデル名 GPUの種類
MacBook Air(2020) iGPU
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) iGPU
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) iGPU
MacBook Pro 16インチ(2019) iGPU
dGPU

基本的にはどのモデルも内蔵グラフィックチップであるiGPUで処理を行っています。

しかし、MacBook Proの16インチだけは、iGPUだけでなく、外部グラフィックチップであるdGPUも搭載しており、作業の状況などに応じて自動で2種類のGPUを使い分けています。

そのため、GPUの性能のよさを重視するなら、MacBook Proの16インチが一番おすすめといえるでしょう。

Touch IDとTouch Barの有無を比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルのTouch IDとTouch Barの詳細は以下の通りです。

モデル名 Touch ID Touch Bar
MacBook Air(2020) ×
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020)
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020)
MacBook Pro 16インチ(2019)

Touch IDはキーボード右上部分に配置された指紋認証センターのことを指し、これはどのモデルにも搭載されています。

しかし、従来のファンクションキーの代わりに使われているディスプレイであるTouch Barは、MacBook Air以外の3モデルにしか搭載されていません

Touch Barがついているかを重視するなら、MacBook Proを選びましょう。

バッテリーを比較

Macbook AirとMacBook Proの各モデルのバッテリー容量と駆動時間は以下の通りです。

モデル名 バッテリー容量 駆動時間
MacBook Air(2020) 49.9Wh 11時間
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 58Wh 10時間
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 58Wh 10時間
MacBook Pro 16インチ(2019) 100Wh 11時間

MacBook Pro13インチモデル2種類のバッテリー駆動時間は10時間で、MacBook AirとMacBook Pro 16インチ(2019)がそれよりも1時間長く11時間となっています。

しかし、MacBook Proはカタログで記載されている時間よりも持ちが短いと言われているため、バッテリーの持ちのよさを重視するならMacBook Airがおすすめです。

Thunderbolt 3ポートを比較

モデル名 Thunderbolt 3ポート数
MacBook Air(2020) 2
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 2
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 4
MacBook Pro 16インチ(2019) 4

MacBookには、モデルの種類は関係なくすべてにThunderbolt 3ポートが搭載されており、違いはいくつポートが搭載されているかという点です。

MacBook AirとMacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020)にはThunderbolt 3ポートは2つ、MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020)とMacBook Pro 16インチ(2019)には4つついています。

MacBook Airの2020年と2019年の比較

ここでは、MacBook Airの2020年3月と2019年7月に発売された2種類を比較します。

なお、2019年モデルは、2018年モデルのアップデートモデルとなっています。

価格を比較

モデル名 価格
MacBook Air(2020) 104,800円〜
MacBook Air(2019) 119,800円〜

同じMacBook Airですが、価格は2019年モデルよりも、最新の2020年モデルのほうが安く設定されています。

サイズと重さを比較

モデル名 画面サイズ 高さ 奥行き 重量
MacBook Air(2020) 13.3インチ 1.61cm 30.41cm 21.14cm 1.29kg
MacBook Air(2019) 13.3インチ 1.56cm 30.41cm 21.14cm 1.25kg

画面サイズや高さ、幅などのサイズは全く同じですが、重量だけは2020年モデルの方が40g重くなっています。

iPhone格安SIM通信アンケート

CPU・GPUを比較

モデル名 CPU GPU
MacBook Air(2020) 第10世代 Core i7 (1.2GHz) Iris Plus Graphics
MacBook Air(2019) 第8世代 Core i5 (1.6GHz) UHD Graphics 617

MacBook Air2020年モデルは第10世代Intel Careプロセッサ(Ice Lake)を採用しており、2019年モデルと比べると最大2倍ものパフォーマンスを誇っています。

また、GPUも最新のIris Plus Graphicsを搭載しているため、最大80%も向上しています。

キーボードを比較

モデル名 キーボードの種類
MacBook Air(2020) Magic Keyboard
MacBook Air(2019) バタフライ構造キーボード

MacBook Airの2019年モデルは、キーボードの薄さが人気を集めているバタフライ構造キーボードです。

それに比べて最新の2020年モデルは2枚の金属を合わせたシザー構造のMagic Keyboardを採用しています。

Magic Keyboardはソフトな打ち心地で、バタフライ構造キーボードよりも故障しにくいのが特徴です。

バッテリーを比較

モデル名 バッテリー容量 駆動時間
MacBook Air(2020) 49.9Wh 11時間
MacBook Air(2019) 49.9Wh 12時間

バッテリ容量は同じですが、駆動時間は2019年モデルの方が長いのがわかります。

これは2020年モデルのプロセッサが高性能のため、その分バッテリーの消費が激しくバッテリーの持ちが悪くなったからと考えられます。

MacBook Pro(13インチ)の2020年と2019年を比較

ここでは、MacBook Pro13インチの2020年と2019年に発売されたモデルの違いを見ていきましょう。

なお、2020年5月4日に発売されたMacBook Pro(13インチ)は上位モデルとエントリーモデルの2種類があるため、2020年に発売された2種類と2019年に発売された2種類を合わせた3種類のMacBook Pro(13インチ)を比較します。

価格を比較

モデル名 価格
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 134,800円~
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 188,800円~
MacBook Pro 13インチ(2019) 139,800円~

MacBook Proの2019年モデルと2020年モデルを比べると、価格が安くなったのがわかります。

2020年モデルはストレージが2倍になるなどのスペック面での向上があるのにもかかわらず、2019年よりも価格帯が安いため、コスパが高いと言えるでしょう。

サイズと重さを比較

モデル名 画面サイズ 高さ 奥行き 重量
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 13.3インチ 1.56cm 30.41cm 21.24cm 1.4kg
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 13.3インチ 1.56cm 30.41cm 21.24cm 1.4kg
MacBook Pro 13インチ(2019) 13.3インチ 1.49cm 30.41cm 21.24cm 1.37kg

画面サイズや幅と奥行きなどのサイズ感は、3種類ともほど同じと言えます。

重量だけは少しだけ異なり、2020年モデルの2種類が2019年モデルよりも0.03kgだけ重くなっています。

しかし、サイズと重さにはほぼ変わりません。

CPU・GPUを比較

モデル名 CPU GPU
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 第8世代Core i5 @1.4GHz Iris Plus Graphics 645
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 第10世代Core i5 @2.0GHz Iris Plus Graphics
MacBook Pro 13インチ(2019) 第8世代Core i5 @2.4GHz Intel Iris Plus Graphics 655

CPUは2020年のエントリーモデルと2019年モデルは第8世代のプロセッサーを、2020年の上位モデルは最新の第10世代のプロセッサーを搭載しています。

第10世代のプロセッサーは第8世代と比べると、処理性能は最大2.8倍あるため、処理スピードは速くなっています。

また2020年上位モデルはGPU面でも他の2モデルよりも優れており、最大で80%の向上を実現しています。

キーボードを比較

モデル名 キーボードの種類
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) Magic Keyboard
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) Magic Keyboard
MacBook Pro 13インチ(2019) バタフライ構造キーボード

2019年モデルはキーボードの薄さが特徴のバタフライ構造を搭載していましたが、2020年モデルは最新のシザー構造を搭載しています。

Magic Keyboardはバタフライ構造キーボードと比べると、タイピング音が静かだったり壊れにくかったりという特徴があります

新しくなったバタフライ構造キーボードについての解説やおすすめのカバーについての記事がありますので、ぜひあわせてお読みください。

バッテリーを比較

モデル名 バッテリー容量 駆動時間
MacBook Pro 13インチエントリーモデル(2020) 58Wh 10時間
MacBook Pro 13インチ上位モデル(2020) 58.2Wh 10時間
MacBook Pro 13インチ(2019) 58.2Wh 10時間

ここで比較しているMacBook Proのバッテリー容量はほとんど差がなく、駆動時間もすべて最大10時間と同じです。

バッテリーの持ちのよさには差がないため、どれを購入してもバッテリーの持ちは同じと言えるでしょう

MacBook Airがおすすめできる人

MacBook AirはMacBook Proと比べると、軽量でバッテリーの持ちがよく持ち歩きがしやすかったり、価格が安くて購入しやすかったりと、メリットがたくさんあります。

しかし、性能の面ではMacBook Proと比べると少し劣ってしまうため、デザインや動画編集などの作業をするとなるとデメリットを感じてしまうでしょう。

MacBook Airの特徴を踏まえて考えると、MacBook Airがおすすめできる人の特徴は以下の通りです。

  • 外出先でMacBookをよく使う人
  • インターネットや資料作成をメインに行う人
  • 性能よりも価格の安さを重視する人
  • デザイン制作や動画編集などを行わない人

MacBook Proがおすすめできる人

MacBook ProはMacBook Airと比べると、全体的なスペックが高いです。

13インチの小さめのモデルでも処理能力の高いプロセッサーを搭載しているため、デザイン作業や動画編集、プログラミングなどの作業をするときでも素早く処理してくれます

MacBook Proの特徴を踏まえた、MacBook Proがおすすめできる人の特徴は以下の通りです。

  • デザイン作業や動画編集をメインに行う人
  • プログラミングを行いたい人
  • 外出先よりも自宅で使うことが多い人
  • 価格よりもスペックの高さを重視する人

MacBook Proの13インチと16インチのスペックや価格を比較した記事がありますので、ぜひあわせてお読みくださいね。

使い方に合わせてMacBookを選ぼう

パソコンと女性

Appleが最新モデルとして販売しているMacBookには、13インチと16インチのMacBook Proと、13インチのMacBook Airがあります。

それぞれ特長が異なるため、全モデルを比較することで、自分が求めているスペックや特徴を持つMacBookを見つけられるでしょう。

どのMacBookを選べばよいか迷っているという人は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年10月18日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード