• インターネット

テレビ会議サービスGoogle Meetの使い方|参加・招待方法を解説

Googleのテレビ会議サービス「Google Meet」が無料で使えるようになりました。初めて使う人向けに、Google Meetでの会議に参加する簡単な方法や、ホストとして主催し招待する手順を紹介しています。また、GoogleカレンダーやGmailとの連携についても記載しました。
【公式】カシモWiMAX テレビ会議サービスGoogle Meetの使い方|参加・招待方法を解説

テレビ会議をしたいとき、便利なのがGoogleの会議サービスです。会社の会議はもちろん、プライベートでのオンライン飲み会や、1:1での気軽な通話まで、誰でも簡単に利用できます。

2020年春からは、より多くの人が利用できるように無料で「Google Meet」の提供を開始するなど、今までとはやや使い勝手が異なる部分も出てきています。

新サービスのGoogle Meetを中心に、テレビ会議を開催し参加する方法や、有料プランについて詳細にまとめました。

テレビ会議サービス「Google Meet」とは

「Google Meet」は、名前の通りGoogle社が提供するテレビ会議サービスです。マイクやカメラを用意すれば、インターネットを経由し、パソコン、スマホ、電話を通して自由に通話ができます。

Google Meetはもともと、後述する「G Suite」ユーザー向けの有料サービスでした。

しかし、新型コロナの影響でテレワークが普及し、テレビ会議の需要が世界的に増加したことを受け、Google Meetの無料化が決定したのです。

Google Meetの機能を強化する有料サービス「G Suite」

Google Meetを利用するとき、一緒に加入すると便利なのが「G Suite」です。

G Suiteにはカレンダーやメール、テレビ会議、ファイルの保存や共有、データ保護など、ビジネスに必要なツールが1つになっています。

G Suiteに加入すると、電話での会議参加が可能になったり、Googleアカウントを持っていないユーザーを会議に招待したりなど、無料版にはない追加機能を使えるのが魅力です。

G Suiteの料金プランは3段階あります。

  G Suite 未加入 Basic Business Enterprise
月額料金 無料 680円 1,360円 3,000円
最大参加人数 100 100(※250) 150(※250) 250
電話での参加 ×
会議の録画 × ×(※○) ×(※○)
ライブ ストリーミング × ×(※○) ×(※○) ○(ドメイン内最大10万人)
会議時間 60分まで(※制限なし) 制限なし 制限なし 制限なし

テレワークの需要拡大を受け、2020年9月30日までは、G SuiteのBasic・Businessプランも追加料金なしでEnterpriseと同じ機能が利用できます。

また、G Suite未加入であっても、期間中は会議時間の制限時間なしで利用可能です。プラン内で一時的に変更がある部分は、表に「※」で示しています。

Google ハングアウトやハングアウトMeetとの違い

Googleの提供するテレビ会議サービスには、Google Meetの他にも「Google ハングアウト」と「ハングアウトMeet」があります。名前が似ているため、混同しやすいです。

3つのサービスの違いは実は簡単で、「Google ハングアウト」と「ハングアウトMeet」を統合したのが「Google Meet」です。

統合メッセージサービスのGoogle ハングアウトが最初にリリースされ、次にハングアウトMeetが登場しました。Google ハングアウトはハングアウトMeetに統合されることも決定済みです。

その後、ハングアウトMeetはGoogle Meetに名前を変更して、無料で提供されるようになりました。

Google ハングアウト=Google Meetと見ることもできますが、名称の変更や無料化に伴い、参加人数の上限やチャットメッセージの送信など、機能も大幅に変わっています。

  Google Meet Google ハングアウト
参加人数 100人 25人
対応プラットフォーム Android
iOS
Chrome
Mozilla Firefox
Apple Safari
Microsoft IE11(要プラグイン)
Microsoft Edge
Google Meet ハードウェア
Chromebox for meeting
Chromebase for meetings
Android
iOS
Chrome ブラウザ
Apple Safari
Microsoft IE11(要プラグイン)
Google Meet ハードウェア
Chromebox for meetings
Chromebase for meetings
ビデオ会議への参加方法 ブラウザorアプリ経由
Google カレンダー
Gmail
会議へのURLやコード
電話からのダイヤルイン
Google Meet ハードウェア
Chromebox for meetings
Chromebase for meetings
ブラウザorアプリ経由
Google カレンダー
Gmail
Google Meet ハードウェア
Chromebox for meetings
Chromebase for meetings
Outlook 2007、2010、2013 プラグイン
ビデオ会議中のチャット ブラウザorアプリ経由 Web経由のみ
外部の参加者の招待方法 共有リンクを任意の参加者に付与 カレンダーの権限と招待を併用
電話での参加 G-Suite加入が必要 不可
電話番号へのダイヤルアウト ほとんどの国からの米国とカナダへの通話をサポート 米国とカナダ間の無料通話
録画 G-SuiteのEnterprise加入が必要 不可
Reporting API 50種類を超えるレポート指標 17種類のレポート指標
モバイルでのプレゼンテーションの表示 アプリを通し高解像度で表示、ピンチ操作でのズームに対応 低解像度
会議のURL 固定 変更可能

Google Meetはハングアウトの上位互換と考えて差し支えありません。今からGoogleのテレビ会議を利用する人は、Google Meetを使っておきましょう。

Google Meetの特徴

Google Meetでは、SkypeやZoomなど他の会議サービスと同様に、音声通話、ビデオ通話、チャット、画面共有などが可能です。テレビ会議をするのに必要な機能は一通り揃っています。

GoogleカレンダーやGmailから会議を作成できる

Googleカレンダーに会議の予定を登録する際、一緒にテレビ会議への招待リンクの作成や、参加予定のメンバーへの通知などができます。

わざわざGoogle Meetのトップページに飛ばなくても、カレンダーを見て会議の予定時刻になったら、「今すぐ参加」をクリックするだけでよいので便利です。

また、Gmailにも会議への参加ボタンが付属しているため、会議の主催や連絡がGmailの画面ですべてできます。

普段からGoogleアプリを使い慣れている人なら、覚えることが少なく、直感的に利用できるでしょう。Googleのサービスを通すことで、Googleアカウントを持ったメンバーの管理がしやすいのもメリットです。

100人まで会議に参加可能

Google Meetでは無料会員のままでも、同時に100人で会議ができます。

G Suiteに加入している場合、一番安いBasicプランでは参加人数は変わりませんが、Businessにグレードアップすれば150人まで参加できるようになります。

また、G Suiteの最上級プランであるEnterpriseなら、最大250人まで参加可能です。なお、2020年9月30日までは、G Suiteユーザーなら誰でも最大250人までの会議を体験できます。

ウェブブラウザのみで完結する

パソコンからのアクセスの場合、Google Meetを使うのにアプリのインストールは不要です。

パソコンの使い方に詳しくない人でも、URLをクリックした後はボタン1つで参加できるため、覚えやすいでしょう。ブラウザの対応状況は次の通りです。

  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Microsft Edge
  • Apple Safari

この他、プラグインを入れればInternet Explorer 11でも動作します。なお、この機能はあくまでパソコンからのアクセスの場合なので、スマホで参加する場合はアプリをインストールする必要があります。

有料会員なら録画ができる

G Suiteの最上級プランであるEnterpriseに加入していれば、会議の録画・録音が可能です。また、チャットのやりとりも保存できます。

録画されたデータはマイドライブ内に保存されるので、あとで好きなときに見返したり、参加できなかった他のユーザーと共有したりできるのが魅力です。

録画できるのはホストのみで、録画している旨は参加者にも自動的に通知されます。

この録画機能は本来Enterprise会員のみの特典ですが、2020年9月30日まではBusiness、Basicといった下位プランの会員にも開放されているのがポイントです。

残念ながら、G Suiteに加入していない一般のGoogleユーザーは利用できません。

Googleならではの強固なセキュリティ

Googleの提供するサービスだけあって、セキュリティ対策が万全なのも魅力です。会議コードや会議でのデータは、すべて暗号化された上で通信されます。

また、基本的にはGoogleアカウントを持っていないと利用できないのも、セキュリティを高めるのに役立っています。会議へ参加するメンバーはすべてホストが管理でき、状況に応じてミュートや削除なども可能です。

たとえ参加URLが流出しても、会議の内容を不特定の誰かに見られる可能性はないため、安心といえます。

Google Meetで会議を主催する方法

では、具体的にGoogle Meetの使い方について解説します。まずはホストとして会議を主催するケースから見てみましょう。

事前準備として必要なもの

Google Meetを使うにあたって、用意しておきたいのは次の3つです。

  • Googleアカウントor G Suiteアカウント
  • GoogleカレンダーやGmailなど(任意)
  • Google Meetアプリ(スマホからの利用の場合)

Google Meetを利用するには、原則としてGoogleアカウントが必要です。また、G Suiteユーザーの場合は、G Suiteにログインしてから会議を行いましょう。

Gmailやカレンダーから会議に参加できることから、あらかじめGmailやカレンダーも持っておくと便利です。スマホの場合はアプリの導入が必須となるため、あらかじめダウンロードしておいてください。

Google Meet
Google Meet
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
iPhone格安SIM通信アンケート

直接Google Meetからテレビ会議を始める

まずは、Gmailやカレンダー経由ではなく、直接ブラウザを通して会議を始める手順を紹介します。

  1. ブラウザからGoogle Meetのトップページにアクセス
  2. 「ミーティングを開始」をクリック
  3. 会議の画面が表示されるので「今すぐ参加」をクリック
  4. 「ユーザーを追加」画面で招待したいユーザーを選択もしくは入力
  5. ユーザーに招待URLが送信される

「参加に必要な情報をコピー」を押して、URLをクリップボードにコピーし、メールなどに貼りつけて参加者に送ることもできます。Gmailアドレス以外を使っているユーザーへも、もちろん送信可能です。

Googleカレンダーからテレビ会議を始める

次に、カレンダーに予定を記入しておき、予定時刻にテレビ会議を始める方法を紹介します。

  1. Googleカレンダーを開き、任意の日付や時間帯に予定を作成する
  2. 「Google Meetのビデオ会議を追加」をクリック
  3. 「ゲストを追加」をクリック
  4. 会議に参加するゲストの名前またはメールアドレスを入力
  5. 「保存」をクリック
  6. 「送信」をクリックすると、ゲストに通知が届く

予定時刻になったら、カレンダーの予定から会議を開きましょう。

Gmailからテレビ会議を始める

カレンダーを使わず、Gmailからテレビ会議を始める方法もあります。

  1. Gmailを開く
  2. 受信トレイや送信済みトレイなどがあるサイドバーから、「会議を開始」をクリック
  3. 会議の画面が表示されるので「今すぐ参加」をクリック
  4. 「ユーザーを追加」画面で招待したいユーザーを選択もしくは入力
  5. 「招待状を送信」をクリック
  6. ユーザーに招待URLが送信される

ユーザーを追加画面では、正確なアドレスや名前がわからない場合、一文字だけでも入力すれば該当するユーザーが一覧で出るので便利です。

Google Meetでの会議に参加する方法

次に、ホストが別にいて、ホストの主催する会議に参加する方法を紹介します。参加方法も数種類あるので、好みの方法を選択しましょう。

用意するもの

参加者側が用意しておきたいのは次の3つです。

  • Googleアカウントor G Suiteアカウント
  • メールアドレスなどホストとの連絡手段
  • Google Meetアプリ(スマホからの利用の場合)

招待される側であっても、原則としてGoogleアカウントが必要です。G SuiteユーザーはG Suiteアカウントに、それ以外のユーザーはGoogleアカウントにログインしておきましょう。

また、ホストから招待URLを受け取るために、事前にメールアドレスなどをホストに通知しておくとよいでしょう。

スマホやタブレットを利用する場合は、あらかじめGoogle Meetアプリをダウンロードしてインストールしておくとスムーズです。

Google Meet
Google Meet
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

メールやチャットで送られてきたURLを使って参加する

メールやチャットでURLが送られてきた場合、テレビ会議へ参加する手順は、次のようにとても簡単です。

  1. 招待URLをクリックする
  2. 今すぐ参加をクリックする

このように、URLをクリックした後は、画面の流れに従っているだけですぐに参加できます。

電話から会議に参加する

固定電話や携帯電話の番号からも、会議に参加できます。

ただし、これには条件が必要です。ホストがG Suite ユーザーで、なおかつダイヤルイン機能を有効にしていると、G Suiteユーザーが会議のURLを生成する際に、参加用電話番号が表示されます。

ホストから参加用電話番号を通知されていれば、その電話番号に電話し、PINコードと#を入力することで会議に参加可能です。

電話番号から会議に参加できるのは、会議の15分前から会議の終了までに限られます。

また、ブラウザやアプリから参加する場合と違い、電話を利用する際の通話料金がかかるため、長時間の会議が見込まれる場合は気をつけた方がよいでしょう。

電話から会議に参加するときは、「6」でミュートのオンオフが切り換えられるので、覚えておくと便利です。

Google Meet専用ハードウェアを利用して参加する

Googleが販売している、Google Meet専用のハードウェアを使って会議に参加することもできます。ハードウェアなので、スピーカーやカメラ、リモコンなどが付属しているのが特徴です。

このハードウェアは、例えば会議室に数名が集まり、会議室内で別の会社と、1つの大きな画面を通してテレビ会議するときなどに役立つでしょう。Google Meet専用ハードウェアからの参加手順は次の通りです。

  1. リモコンで会議のリストから参加したいものを選択
  2. デバイスに会議コードかニックネームを入力する

Googleアカウントを持っていない場合は?

原則としてGoogle Meetの利用にはGoogleアカウントが必要ですが、一部例外もあります。それが、ホストがG Suite ユーザーである場合です。

G Suite ユーザーとしての権限で会議を主催すると、招待URLから非GoogleユーザーがURLをクリックした場合、ホストに通知が送られます。ホストが許可すれば、Googleユーザーでなくても会議に参加可能です。

残念ながら、ホストがG Suite ユーザーでない場合や、あるいはホスト本人については、Googleアカウントなしでは参加できません。

アカウント作成は無料で簡単にできるので、ログインを求められたときに「アカウントを作成」を選んで作成しておくとよいでしょう。

Google MeetはGoogleユーザーに最適なテレビ会議ツール

Google MeetはGoogleユーザーなら無料で使える、便利なテレビ会議ツールです。Gmailやカレンダーからワンクリックで参加でき、主催する場合でも直感的に扱えます。

セキュリティ対策もしっかりしているので、企業で使うのにもぴったりです。参加人数上限が気になったり、録画機能を使ったりしたい場合は、G SuiteのEnterprise会員になるという手もあります。

無料試用もある他、2020年9月30日までは、Enterprise相当の機能がG Suiteユーザーなら誰でも使えるようになっているので、今が始めどきです。

Google Meetで快適なテレビ会議を体験してください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月24日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード