• インターネット

Zoomの録画機能が便利|録画方法や再生方法・共有する方法を紹介

オンライン会議システムとして代表的なZoomの機能は、商談やイベントのオンライン化だけではありません。この記事では、Zoomの録画機能の特徴や使い方を紹介しています。再生や共有といった録画機能を把握し、利用状況に応じて使いこなしましょう。
【公式】カシモWiMAX Zoomの録画機能が便利|録画方法や再生方法・共有する方法を紹介

社会情勢の変化により、ZoomやSkypeといったオンライン会議システムを導入する企業が増えています。

仕事の都合でミーティングに参加できない場合、録画したい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Zoomの録画機能の特徴や使い方を紹介していきます。これからZoomを導入して効率的な使い方を目指している人は、この記事を読んで役立ててください。

Zoomの録画方法

オンライン会議システムのZoomは、PCだけでなく、タブレット端末やスマホといった様々なデバイスで利用できます。

そのため、ミーティングが録画できれば、自宅にPCがないメンバーがいても手持ちのデバイスで録画や視聴できるのが魅力です。ここでは、Zoomの録画方法を紹介していきます。

手動で録画する方法

Zoomの録画方法は、主に手動と自動の2種類です。録画機能の操作は、どちらの方法でもホストユーザーに限られます。

  1. Zoomにサインイン
  2. ミーティングをスタート
  3. 「レコーディング」をクリック
  4. 「このコンピュータにレコーディング」をクリック
  5. 画面上に「レコーディング」が表示

録画がスタートすると画面上に「レコーディング」が表示され、一時停止や停止といった操作が追加でできる仕組みです。

録画の一時停止と録画再開

録画中に一時停止したいときは「一時停止」、完全に停止したいときは「停止」をクリックします。

一時停止後に「再生」をクリックすると、録画が再開される仕組みです。一時停止前後のビデオファイルは、録画再開後も1つにまとめられます

一方で完全に停止した場合は、録画の再開後に新たなビデオファイルが作成されるため、同じミーティングでも2つのビデオファイルにわかれてしまいます。

自動録画機能で録画する方法

ミーティングのスタートとともに録画をオンにしたい場合、自動録画機能を使うと便利です。

次のようにあらかじめ設定ページで自動録画を選んでおくと、手動ではなく自動で録画がスタートします。

【自分がホストユーザーの場合】

  1. Zoomにサインイン
  2. 「マイミーティング設定」もしくは「ミーティング設定」をクリック
  3. 「記録」タブの「自動記録」に進む
  4. 設定を「有効」にする

ミーティングの終了時には画面にデータ保存の有無が表示されるため、必要に応じて選ぶとよいでしょう。

スマホやiPhone・iPadでの録画方法

PCがない場所でミーティングを録画する場合、スマホやiPhone、iPadといったデバイスでも操作できるので便利です。

  1. Zoomアプリを開く
  2. ミーティング中に「詳細」をタップ
  3. 「クラウドにレコーディング」をタップ
  4. 画面上に「レコーディング」が表示

このように、基本的にはPCの録画方法と同様ですが、スマホなどのデバイスで操作するには有料ユーザーでなければなりません。

Zoomで録画したデータの保存先・再生方法

ミーティングの録画はPCをはじめとする様々なデバイスで操作できますが、データの保存方法によっては使えるデバイスが限られます。

ここでは、Zoomで録画したデータの保存先や再生方法を紹介していきます。

PCへの保存・再生方法

Zoomで録画したデータを保存する方法は、ローカル保存とクラウド保存の2種類です。

このうち、PCに直接保存するのはローカル保存と呼ばれており、保存できるのはPC内のフォルダやUSBです。

Windowsの場合は初期設定ではドキュメントが保存先ですが、次の手順で場所を変更できます。

  1. Zoomにサインイン
  2. 「設定」をクリック
  3. 「一般」を開く
  4. 「レコーディングしています」をクリック
  5. 「ローカル録音」の「変更」をクリック
  6. 保存先のフォルダを指定
  7. 「OK」をクリック
  8. 「ミーティング終了時の録音ファイルの場所を選択します」にチェックを入れる

PCに保存したデータは、保存先の「zoom_0.mp4」ファイルをクリックしてビデオツールを起動すると再生できます。なお、ローカル保存は無料ライセンスでも使えます。

クラウドでの保存・再生方法

PCに直接データを保存できるローカル保存と異なり、クラウド保存はクラウドのストレージに保存する方法です。

クラウド保存は有料ライセンスに限定されており、次のようなメリットがあります。

  • データの共有
  • 英語で文字起こしできる

この方法で保存するとデバイスの容量を圧迫しない一方で、ストレージに上限があるので注意しましょう。保存と同様に、サーバー上でデータの再生が行えます。

  1. Zoomにサインイン
  2. 「マイ録画」をクリック
  3. 「クラウド録画」タブを開く
  4. 再生したいフォルダを開く
  5. データをクリック

iPhoneやスマホ、iPadといったPC以外のデバイスは、PCのように直接保存できません。そのため、これらのデバイスでは、ここで紹介した方法で保存や再生を行いましょう。

Zoomで録画したデータを共有する方法

ミーティングに参加できないメンバーがいた場合や内容を議事録として残したい場合、Zoomで録画したデータを共有できると便利です。

ここでは、Zoomで録画したデータを共有する方法を紹介していきます。

クラウドでの保存の場合は共有ができる

PCに直接データを保存するローカル保存の場合、残念ながらデータの共有はできません。記録されたファイルをDropbox、Googleドライブ、YouTubeなどにアップロードすることは可能です。

クラウド保存は、パスワード付きの共有リンクの発行ができるため、パスワードとリンクをメンバーに伝えれば共有できます

そのため、メンバーとデータを共有したい場合は、クラウド保存できる有料ライセンスの取得がおすすめです。

Zoomアプリを使う

複数人とデータを共有したい場合、Zoomアプリを使うと便利です。

  1. Zoomアプリを開く
  2. 「マイ記録」をタップ
  3. トピックタイトルから共有したい動画を選ぶ

アプリのダウンロードは無料ですが、iOSは8.0以降、Androidは5.0以上の機種にしか対応していません。

ZOOM Cloud Meetings
ZOOM Cloud Meetings
開発元:zoom.us
無料
posted withアプリーチ
iPhone格安SIM通信アンケート

パスワードを設定する

クラウド保存したデータを視聴するユーザーを限定したい場合、次のような手順でパスワードを設定しておくと安心です。

  1. Zoomアプリを開く
  2. 「マイ記録」をタップ
  3. トピックタイトルから共有したい動画を選ぶ
  4. 「共有リンク」をタップ
  5. 「アクセスパスワードを有効化」にチェックを入れる

他のメンバーに情報が漏れてはならないミーティングなら、必ずパスワードを設定するようにしましょう。

Zoomで録画の許可・禁止する方法

ミーティングの内容によっては、録画したくない場合もあるのではないでしょうか。このような場合、Zoomの設定で録画の許可や禁止の操作が行えます。

ここでは、Zoomで録画の許可や禁止設定する方法を紹介していきます。

Zoomで録画の許可と禁止ができる

メンバーがミーティングを録画する場合、ホストの許可を得る必要があり、許可を得なければ録画ができない仕組みになっています。

そのため、録画したくないミーティングがある場合は、あらかじめ録画を禁止に設定しておくとよいでしょう。また、ホストが録画できない場合は、メンバーに録画を許可しておくと任せられます。

ミーティングのホストに許可をもらう

ホストからの許可を得ていないメンバーが録画しようとした場合、「レコーディング」をクリックするとミーティングのホストに録画の許可を得てほしい旨のメッセージが表示されます。

ここで「OK」をクリックすると、ホストに許可を願い出る形になります。

しかし、ホスト側には通知機能がないため、あらかじめメールやチャットで知らせておくようにしましょう。

ホストは録画の許可をする

ミーティングの録画許可依頼を受けたホストは、Zoomの画面をギャラリービューにしておくと許可しやすいので便利です。

ギャラリービューの画面で録画を許可したいメンバーを選び、「レコーディングの許可」をクリックすることで録画の権限を与えられます。

また、「ミュート解除」の右側にある「…」をクリックすることでも、レコーディングの許可が与えられます。

Zoom録画の禁止方法

録画したくないミーティングや録画の許可を与えたくないメンバーがいる場合、Zoomには録画を禁止するといった記録権限を割り当てられるので安心です。

  1. ミーティング中に「参加者の管理」をクリック
  2. 「参加者」の中から録画の許可を与えたくないメンバーを選ぶ
  3. 名前の横の「詳細」をクリック
  4. 「レコーディングの禁止」をクリック
  5. 参加者に通知される

なお、すでにミーティングの録画をスタートしているメンバーについても、同様の手順で権限を無効にできます。

Zoom録画の注意点

ミーティングの録画はZoomを活用すると便利ですが、無料ライセンスではクラウド保存が使えないといった点に注意しなければなりません。

また、動画を共有する際にパスワードを設定しないと、予想外のメンバーにミーティング内容を知られてしまうリスクがあります。この他に、次のような点に注意が必要です。

失敗してしまうことがある

Zoomは難しい操作や設定をしなくてもミーティングの様子を録画できますが、すべてをきちんと録画できるとは限りません。

たとえば、「レコーディング」をクリックしてミーティングをスタートし、ミーティングの終了とともに録画を終了させたものの、実はミーティングが続いていたというケースが考えられます。

ミーティングが終了したと思っても、誰かの発言でそのまま続く可能性もあるため、手動で録画する際にはミーティングが終了するタイミングに注意しましょう。

このような失敗を防ぐためには、あらかじめ自動記録設定しておくと安心です。

容量に注意する

「Zoomで録画したデータの保存先・再生方法」の「クラウドでの保存・再生方法」で紹介したように、クラウド保存を利用するにはZoomの有料ライセンスが必要です。

無料プランには元々クラウド容量がなく、次のように有料ライセンスでもプランによって容量が異なります。

有料プラン名 クラウド容量
Pro(プロ) ライセンス数×1GB
Business(ビジネス) ライセンス数×1GB
Education(エデュケーション) ライセンス数×0.5GB
Enterprise(エンタープライズ) 無制限

このように、ほとんどのプランはライセンス数に応じてクラウド容量が異なることがわかります。

有料ライセンスでも、Enterprise(エンタープライズ)以外はクラウド容量に限度があるため、長時間の録画に対応できない可能性があります。

また、クラウド容量をオーバーすると、これまでに録画したファイルが消えてしまうことも懸念されます。そのため、ミーティングを録画する際にはクラウド容量の空きを把握しておくことが大切です。

Zoomの録画を上手に活用しよう

Zoomはオンラインでのミーティングやイベント開催だけでなく、録画機能も備えられています。ミーティングに参加できないメンバーがいても、後から視聴できるので便利です。

また、他のメンバーに録画許可を与えられるため、仕事などの都合でホストが録画できないときにも役立つことでしょう。

しかし、クラウドのストレージに保存できたり動画を共有できたりするのは、有料ライセンスに限定されています。

ライセンス数に応じてクラウド容量は割り振られますが、ホストが1人の場合は0.5~1GBだけです。そのため、録画のデータが増えることが予想される場合は、ホストを増やすといった対応が求められます。

動画共有など様々な使い方ができるZoomを活用し、仕事の効率アップに繋げてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事ではZoomでミーティング前にマイク・カメラをテストする方法を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月24日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード