ソフトバンク光
  • インターネット

ミーティング前にZoomをテストする方法|音声やカメラの事前確認

Zoomでのミーティング前に、音声やカメラに問題がないか、テストをしておくことは重要です。備えあれば憂いなしですので、本番でトラブルなく会議に参加することができます。事前に確認し問題があればミーティング前に解決しておきましょう。
【公式】カシモWiMAX ミーティング前にZoomをテストする方法|音声やカメラの事前確認

Zoomミーティングが始まった途端「音声が聞こえない」「画面が映らない」というトラブルに見舞われ、あたふたするのは嫌ですね。

焦るだけではなく重要なことを聞き逃したり、ミーティング参加者に迷惑をかけることにもつながってしまいます。

そのようなトラブルを避けるには、ミーティング前にZoomをテストしておく必要があります。

この記事では音声やビデオカメラのチェック方法、テストできないときの対処方法などを紹介します。

テスト方法は難しくありません。事前準備をして、安心して本番に臨みましょう。

また、法人でポケットWiFiの契約を検討している方は、カシモWiMAXは法人プランを提供しております。詳細は公式フォームにお問い合わせください。

カシモWiMAXご法人相談窓口

ミーティング前にZoomをテストする方法

Zoomのテストを始めるには、まずZoomをインストールしておく必要があります。事前準備や、テストミーティングの全体的な手順をみていきましょう。

テストに参加するための前提条件

本番のZoom会議のスケジュールより前に、テスト会議に参加してZoomに慣れることが可能です。

なんの準備もなしに、Zoomを使用することはできません。前提条件としてZoomのクライアントである必要があります。

また本番までに、使用する予定のコンピューターにZoomをダウンロードしておかなければなりません。

デバイスにZoomをダウンロードをしていない場合も、テストミーティングの手順通りにしていけば、途中でダウンロードの方法が表示されます。

テストミーティングに参加する手順

テストミーティングに参加する方法は簡単です。手順を紹介するので、その通りに行ってみましょう。

  1. Zoomのテストミーティングにアクセスする
  2. 画面に青色で「参加」ボタンが表示されるので、クリックしてZoomを起動する
  3. Zoomをダウンロードしていない場合、数秒後にダウンロードが開始されます。※1
  4. テスト会議が始まるとスピーカーテストが始まるので、着信音が聞こえるかどうかの問いかけに「はい」「いいえ」で答える。もしくはドロップダウンメニューを使用して、音量を調整する
  5. 次にマイクテストが始まるので、マイクに話しかける。リプレイが聞こえるまで、「はい」「いいえ」で答える。もしくはドロップダウンメニューを使って再生音が聞こえるまで調整する
  6. マイクとスピーカーを調整後、オーディオ設定画面を閉じる
  7. コンピューターオーディオをそのまま使いたい場合は「コンピューターオーディオに参加する」をクリック※2

※1.ダウンロードが開始されない場合「こちらでダウンロードしてください。」と現れるので、青く書かれているダウンロードの文字をクリックし、ダウンロードしましょう。

自動でダウンロードファイルが開かない場合もあるので、その場合はコンピュータープロンプトに従ってください

※2.本番のミーティング時に、常に自動的にZoomがコンピューターオーディオにつながるようにしたい場合には「ミーティングへの参加時に、自動的にコンピューターでオーディオに参加」にチェックを入れます。

テストミーティングに参加するときの注意点

テストミーティングをするときに、気をつけたいことが2点あります。

1つはハウリングです。同じ部屋で複数のデバイスを使用する場合は、ハウリングが起こるためヘッドセットを使用しましょう。

2つめはヘッドセットのないスマホでテストミーティングをする際の設定についてです。スマホを使用する際には、「オーディオに接続しない」をオンにする必要があります。

参加してから気がついた場合は、「詳細」の「オーディオ切断」を選択してください。

マイクやスピーカーをテストする方法

マイクやスピーカーといった音声関係をテストする場合、パソコンとスマホでは手順が異なります。ここではそれぞれの方法を紹介します。

パソコン(Windows・Mac)の場合

Zoomにログインすると、ホームの画面の右上に設定を表す「歯車マーク」が現れます。

歯車をクリックし、次の画面で「オーディオ」をクリックしましょう。この画面でスピーカーとマイクのテストができます。

【スピーカーをテストする】

  1. 「スピーカーのテスト」をクリック
  2. サウンドが再生するので音声を確認・調整する

※音が聞こえない場合には出力音量を調整するか、プルダウンから別のスピーカーを選択します。

【マイクをテストする】

  1. 「マイクのテスト」をクリック
  2. オーディオ音により緑色の入力レベルバーが動くので、確認・調整をする

※「自動で音量を調整」にチェックを入れて調整することも可能です。

スマホ(Android・iOS)の場合

テストミーティングにアクセスし参加します。

またはZoomにサインインをして、ビデオカメラのマークの「ミーティング」を選択します。

  1. 「音声の録音」を許可しますか?と出るので、許可
  2. 「写真の撮影と動画の記録」を許可しますか?と出るので、許可
  3. 画面が映ります。タップすると下のほうに「オーディオ」マークが現れるので、斜めスラッシュが出ていなければOK

パソコンと異なり、スピーカーとマイクの細かい確認・調整用画面はありません。

ビデオカメラをテストする方法

ビデオカメラをテストする場合、Windows、Mac、Android、iPhoneでそれぞれ手順が異なります。自分が使うデバイスの手順に従って、ビデオカメラのテストを行いましょう。

また前提条件として、ZoomデスクトップクライアントやZoomモバイルアプリである必要があります。

Windowsの場合

ミーティング前に、Zoomでビデオカメラをテストできます。ここではWindowsの場合の手順をみていきます。

  1. Zoomクライアントにログインする
  2. 画面の右上に設定を表す「歯車マーク(Settings)」が現れるので、クリックする
  3. ビデオカメラのマーク「Video」のタブをクリックする
  4. カメラのプレビューが表示されるので、確認・調整を行う

またミーティングでビデオをテストすることもできます。その際の手順は以下の通りです。

  1. ビデオカメラのマーク「Start/Stop Video」の橫にある「^」マークをクリックする
  2. 「Video Settings」をクリックする
  3. ビデオ設定が開くので、カメラや設定を変更する

Macの場合

ミーティング前に、Zoomでビデオカメラをテストできます。ここではMacの場合の手順をみていきます。

  1. Zoomクライアントにログインする
  2. 画面の右上に設定を表す「歯車マーク(Settings)」が現れるので、クリックする
  3. ビデオカメラのマーク「Video」のタブをクリックする
  4. カメラのプレビューが表示されるので、確認・調整を行う

ミーティングでビデオをテストする際の手順は、以下の通りです。

  1. ビデオカメラのマーク「Start/Stop Video」の橫にある「^」マークをクリックする
  2. 「Video Settings」をクリックする
  3. ビデオ設定が開くので、カメラや設定を変更する

Androidの場合

Zoomモバイルアプリでも、インスタントミーティングを用いてビデオをテストできます。ここではAndroidの場合の手順をみていきます。

  1. Zoomアプリにログインする
  2. ビデオカメラのマーク「Start Meeting」をタップする
  3. ビデオをオンに切り替える
  4. 青色の「Start a Meeting」をタップする
  5. Zoomミーティングに初参加の場合、カメラとマイクのアクセス許可を出す
  6. ビデオが表示されるので、確認する

iPhoneの場合

Zoomモバイルアプリでも、インスタントミーティングを用いてビデオをテストできます。ここではiPhoneの場合の手順をみていきます。

  1. Zoomアプリにログインする
  2. ビデオカメラのマーク「Start Meeting」をタップする
  3. ビデオをオンに切り替える
  4. 青色の「Start a Meeting」をタップする
  5. Zoomミーティングに初参加の場合、カメラとマイクのアクセス許可を出す
  6. ビデオが表示されるので、確認する

Zoomでテストができないときの対処法

テストで問題がなければ安心です。しかし音声や画像に問題があるとわかったときには、トラブルを解決しなければなりません。ここではトラブルの解決方法をみていきます。

他の参加者の音が聞こえない場合

相手の音声が聞こえない場合には、相手のマイクがオフになっているケース、Zoomアプリのスピーカーがミュートになっているケース、オーディオ参加を許可していないケースが考えられます。

【パソコンの場合】

テストの通りにしているのに聞こえないのなら、以下の方法を確認しましょう。

  • イヤホンをつなぐ。イヤホンをつないで音が聞こえる場合には、PC仕様の問題で聞こえない可能性あり。
  • PCのスピーカーがミュートになっていないか確認する
  • 相手に「オーディオ参加」を許可してもらう
  • 相手にマイクの電源をオンにしてもらう

【スマホの場合】

以下の問題を確認しましょう。

  • デバイスのスピーカー音量を確認する
  • 「設定」画面からマイクのアクセス権限を確認し、「許可」にチェックが入っているか確認する
  • Zoomミーティング画面でスピーカーのマークにスラッシュが入っていたらミュート状態なので、タップしてスピーカーをオンにする
  • Zoomミーティング画面で、画面左下の「オーディオ参加」をタップして許可する

自分の音が他の参加者に聞こえない場合

他の参加者から「音が聞こえない」といわれた場合には、以下の方法を試してみましょう。

  • マイクのマークにスラッシュが入っていればミュート状態なので、タップしてスラッシュを消す
  • 「オーディオに参加」が表示されている場合、タップして出てきたポップアップの「コンピューターオーディオに参加する」ボタンをクリックする
  • パソコンのマイクの電源を確認する
  • パソコンにマイク機能がない場合もあるので、その場合は別のデバイスを使用する

音割れや音声の遅延が起こっている場合

音割れや音声の遅延がみられる場合、ネットワークに問題がある可能性が高いです。

自分か相手のネットワーク帯域幅が少なくなっているので、電波のいい場所に移動するか、有線LANに切り替えてみましょう。ネットワークに接続している他のデバイスとの接続を切ることもおすすめです。

画像や映像が映らない場合

画像や映像が映らない場合、デバイスのビデオドライバーが正しく設定されていない可能性があります。確認してみましょう。

またノートパソコンの場合ありえないと思いながらやってしまいがちなのが、ウェブカメラのカバーです。

カバーをかけられる機種や、後付けで貼っている場合があるので、カメラがカバーされていないかもチェックしてみてください

画面共有できない場合

開催者側から権限が付与されていないと、画面共有できません。画面共有できない場合にはそれを疑い、権限が付与されているのか開催者に確認してもらいましょう。

また発表者が画面共有を終了しない限り、他の人は画面を共有できません。画面共有の必要がない人には、速やかに画面共有を解いてもらう必要があります。

Zoomをテストしてトラブルなく本番に臨もう

テレワークやビデオ会議をするなど、働きかたも以前とはずいぶん変わってきました。

Zoomを利用してミーティングをするときにZoomに慣れていないと、本番で「音声が聞こえない」「画像が写らない」などのトラブルで、他の参加者に迷惑をかけてしまうことがあります。

Zoomを利用する際、特に初めてのデバイスで参加する場合には、テストをしてから本番に臨むとよいでしょう。

事前にトラブルを解決しておくことで、安心してZoomミーティングに参加できます。

公開日時 : 2020年10月20日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード