ソフトバンク光
  • インターネット

YouTube チャンネル作成方法・初期設定の方法を紹介

YouTube初心者に向けて、アカウントの違い、YouTubeチャンネル作成方法や、チャンネル登録者数を上げるために必要な初期設定の方法を紹介しています。また、チャンネルを分けて新しく作る方法や管理者を追加する方法にも触れ、YouTubeチャンネル作成に必要なことを記載しています。
【公式】カシモWiMAX YouTube チャンネル作成方法・初期設定の方法を紹介

YouTubeは、有名人だけでなく誰もが自分チャンネルを持ち、YouTuberとしてオリジナルの動画を配信できます。

YouTubeは今や観るものであり、作るものでもあります。

ただ好みの動画を作り、個性を配信するだけでなく、チャンネル登録者数が増えれば、広告収入でお金を稼げるようになります。

うまくいけば、YouTubeの広告収入のみで生計を立てていけるかもしれません。

ここでは、自分もYouTubeチャンネルを運営してみたいという、YouTubeチャンネル作成初心者のために、YouTubeチャンネル作成方法や必須の初期設定方法、複数のチャンネルを持つ方法など、これからの運営に役立つ情報を紹介しています。

YouTubeチャンネルとYouTubeアカウントの違い

]

YouTubeチャンネルを作るには、YouTubeアカウントが必要です。

YouTubeアカウントはGoogleのアカウントと紐づけて作成するもので、名前もそのままで登録され、ほぼGoogleアカウントそのものです。

そのアカウントのボックスの中に、YouTubeチャンネルを作っていくというイメージです。

そのため、YouTubeアカウントがなくては、チャンネルは作成できません。

また、アカウントを持っているだけでは、チャンネルを持っていることにはなりません。別途手順で作る必要があります。

ブランドアカウントとデフォルトアカウントの違い

YouTubeアカウントには「ブランドアカウント」と「デフォルトアカウント」があります。

この違いを知ることで、チャンネル運営のしやすさが変わってきます。

ブランドアカウントとデフォルトアカウント

ここでは、この2つのアカウントの違いを説明します。

ブランドアカウント

チャンネル名に自分の名前を出さずに、好きな名前でチャンネル名を登録できます。

HikakinTVやFischer’s-フィッシャーズ-などの有名YouTuberなども、ブランドアカウントでチャンネルを運営しています。

ブランドアカウントは有名にならないと取得できないわけではなく、アカウントを作成しログイン後、チャンネルを作る際に誰でも選べる選択肢です。

これからYouTubeチャンネルを運営していきたい場合や広告収入で稼ぎたい場合は、この方法をおすすめします。

デフォルトアカウント

Googleアカウントで登録した名前をそのままチャンネル名に使う方法です。

有名YouTuberや芸能人でこの方法を使っている人はあまりいませんが、公開範囲限定してチャンネルを作る場合や、Googleアカウント自体が公式の場合はこの方法でチャンネルを作ってもよいかもしれません。

その他、Googleアカウントを登録するときにフルネームで登録していない場合や、身内だけにチャンネルを見てもらうためのものなら、デフォルトアカウントでチャンネルを作っても問題ありません。

ブランドアカウントを使うメリット

ブランドアカウントでチャンネルを作るメリットを紹介します。

個人情報を晒さずにチャンネルを持てる

なんといっても、本名を公開せずにチャンネルを運営できるのがよいところです。

YouTubeアカウントはGoogleアカウントと紐づけられているので、アカウント作成時は必然的にGoogleアカウントで登録した名前がYouTubeアカウントとして登録されます。

もしデフォルトアカウントを使って本名でチャンネルを持っていたら、知っている人に見つかってしまい、気軽に動画を投稿できなくなります。

会社で副業が禁止されている場合は、見つかると運営できなくなるかもしれません。

その点、ブランドアカウントでチャンネルを作れば、好きな名前のアカウントでチャンネルを持てます。

YouTubeで動画を配信する企業や、チャンネル運営をしっかりしていきたい人には、自分の好きな名前で登録できるのは大きなメリットです。

チャンネルの詳細がわかる方がチャンネル登録されやすい

YouTubeでチャンネル運営をして広告収入を得ることが目的に含まれている場合、チャンネル登録者数を増やす必要があります。

もし、チャンネル名が本名のままだと、どんなチャンネルか明確にわからず、チャンネル登録者数は増えづらいです。

ブランドアカウントでチャンネルを作成すれば、チャンネル名でチャンネルの詳細を明確にでき、どんな動画を配信しているのか視聴者に伝わるので、チャンネル登録者数も増えます。

また、1つのチャンネルにたくさんのジャンルの動画が入っていると、視聴者はわかりづらいので、動画が増えてきたら、いくつかのチャンネルに分けて使うことをおすすめします。

無料!YouTubeチャンネルの作成方法

YouTubeチャンネルの作成はもちろん無料です。ここでは、上で紹介した、ブランドアカウントでチャンネルを作成する方法を紹介します。

YouTubeチャンネルはGoogleアカウントが必要

YouTubeチャンネルを作るには、YouTubeアカウントを作る必要があり、YouTubeアカウントはGoogleアカウントと紐づけられています。

そのため、Googleアカウントを作ったことがない人は、Googleアカウントを作成してください。

既存のGoogleアカウントがある場合、YouTubeチャンネルを作るために使うアカウントにログインしてください。

ブランドアカウントを使ってチャンネルを作成する方法

パソコンからYouTubeチャンネルを作成する方法を見ていきましょう。

Googleアカウントにログイン後、パソコンから行ってください。ログインはYouTubeホームの右上「ログイン」からでも行えます。

  1. 画面右上のアカウントアイコンをクリック
  2. 「チャンネルを作成」をクリック
  3. 「始める」をクリック
  4. 「カスタム名を使う」をクリック
  5. チャンネル名を入力し作成をクリック

上の方法で、ブランドアカウントでチャンネルを作成できます。

その後に出てくる画像のアップロードなどはスキップしてかまいません。

スマホ版YouTubeアプリからはブランドアカウント作成ができない

YouTubeスマホ版アプリからはブランドアカウントでチャンネルを作成できません。そのため、パソコンからアクセスして作成しましょう。

作成したチャンネルをスマホから管理したいときは、YouTube Studioというアプリをダウンロードすれば、チャンネルの管理がスマホで気軽にできます。

YouTube
YouTube
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

チャンネルの初期設定でYouTubeの動画投稿を快適に

チャンネルを作成したら次は、チャンネルを運営して盛り上げていく準備をしましょう。

アイコンやチャンネルアートなど視覚に訴えるもの、チャンネル詳細などのデフォルトの設定について説明します。

アイコンの設定

アイコンは動画投稿のときやチャンネルのページで表示される画像のことです。メイン画像なので慎重に検討しましょう。

アイコン設定方法を見ていきましょう。

  1. 右上のアカウントアイコンをクリック
  2. チャンネルをクリック
  3. チャンネルアイコンをクリック
  4. 「編集」をクリック
  5. 写真をアップロードし、「完了」をクリック

上の手順でチャンネルのアイコンが設定できます。

アイコンは大きく表示されないので、細かすぎるものやカラフル過ぎるものは避けて、シンプルな方がよいでしょう。

800×800ピクセルが推奨とされています。詳しい注意点などはYouTube公式のヘルプセンターで確認してください。

チャンネルアートの設定

チャンネルアートとは、チャンネルページにアクセスしたときに上部に大きく表示される画像のことです。

チャンネルアートの設定方法を見ていきましょう。

  1. 右上アカウントアイコンをクリック
  2. チャンネルページにアクセス
  3. 「チャンネルアートを追加」をクリック
  4. 「パソコンから写真を選択」をクリック
  5. 画像を選んだら左下の「選択」をクリック

上の手順でチャンネルアートを設定できます。

チャンネルアートはパソコンやスマホなどデバイスごとに表示サイズが異なりますが、すべてに適切に表示されるには、2560×1440ピクセルの画像が推奨されています。

チャンネルアートを設定することで、チャンネルとしての信頼度も増します。また、範囲が狭いアイコンよりも個性を出せる場所なので、設定することをおすすめします。

チャンネルの説明

チャンネルの説明とは、視聴者がチャンネルにアクセスしたときに、どのような動画を配信しているか解説するものです。

説明文の入力の仕方を見ていきましょう。

  1. 右上のアカウントアイコンをクリック
  2. チャンネルページにアクセス
  3. 「チャンネルをカスタマイズ」をクリック
  4. 「概要」をクリック
  5. 「チャンネルの説明」をクリック
  6. チャンネルの説明を入力し、「完了」をクリック

上の手順でチャンネルの説明文を入力できます。

説明文があると、サムネイルや動画名、チャンネル名では伝えられないことも伝わるので設定するようにしましょう。

デフォルトの設定

動画アップロードした際の毎回の手間を省くため、デフォルトの設定もしておきましょう。

デフォルト設定の手順をみていきましょう。

  1. 右上のアカウントアイコンをクリック
  2. 「クリエイターツール」をクリック
  3. 画面左の「チャンネル」から「アップロード動画のデフォルト設定」をクリック
  4. 「アップロード動画のデフォルト設定」をクリック
  5. 必要箇所を入力したら「保存」をクリック

上の方法でデフォルトの設定ができます。特に設定しておいた方がよい箇所は下の6つです。

  • プライバシーで公開範囲を選択
  • カテゴリでチャンネルのカテゴリを選択
  • 説明に各動画の詳細欄にデフォルトで載せたいブログやSNSのURLなどを入力
  • タグはチャンネルの運営と特徴が決まったら入力
  • 収益受け取りや広告フォーマットにチェック
  • 動画の言語入力

上以外の項目は動画更新に慣れてきた後で入力しても構いません。

デフォルトの設定をすることで、毎回の更新の手間が省け、時間短縮になります。

複数のYouTubeチャンネルを持つ方法

いくつも動画をアップロードしていくと、どうしてもチャンネルが見にくくなったり、個々の内容にばらつきがでてきます。

「ゲーム配信」や「メイク配信」など、何か1つのジャンルに特化した方が視聴者がチャンネル登録しやすく、チャンネル登録を継続してくれる可能性が高いでしょう。

また、1つのチャンネルの動画を視聴すると、おすすめ欄に別のチャンネル動画が表示されるように設定でき、再生回数が上がることもメリットです。

そのため、動画の内容が多様になってきたら、新しいチャンネルを作ることをおすすめします。

ここでは、新しいチャンネルの作り方やチャンネルの切り替え方法を紹介します。

新しいチャンネルの作り方

新しいチャンネルの作り方を見ていきましょう。

  1. 右上のアカウントアイコンをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「概要」をクリック
  4. 「新しいチャンネルを作成」をクリック
  5. 作成するブランドアカウントを入力し、「作成」をクリック

上の手順で新しいチャンネルが追加されます。

チャンネルの切り替え方法

チャンネルを作ったらチャンネルを切り替える方法を見ていきましょう。

  1. 右上の人のアカウントアイコンをクリック
  2. 「アカウントを切り替える」をクリック
  3. 使用するチャンネルが登録されているアカウントをクリック

チャンネルを複数の人で管理する方法

YouTubeにアップロードしていく動画が多くなったり、本格的にチャンネル運営をしていくと1人では管理しづらくなってしまうかもしれません。

ここでは、複数の人数で役割分担をしてチャンネルを運営したい人のために、他の人を管理人として追加する方法を紹介します。

  1. 右上のアカウントアイコンをクリック
  2. 管理者を追加したいチャンネルで「設定(歯車マーク)」をクリック
  3. 管理者欄の「管理者の追加と削除」をクリック
  4. 「権限を管理」をクリック
  5. 右上の人を追加するマークをクリック
  6. メールアドレスを入力し、役割は「管理者」を選択
  7. 招待をクリック
  8. 招待された人にはメールが届き、招待に応じ、「承認」をクリック

上の方法で管理者として登録されます。

企業でYouTubeチャンネルを運営している場合や、友達同士でチャンネルを盛り上げたい場合なども、この方法で追加してみてください。

YouTubeチャンネルを作って本格的に運営しよう!

YouTubeチャンネルの作成方法や、初期設定の方法、新しいチャンネルの増やし方など、これからYouTubeチャンネルを運営していくにあたって必要な情報を紹介しました。

YouTubeチャンネルには、デフォルトアカウントとブランドアカウントがありますが、好きな名前を選べて個人情報が守られるブランドアカウントでチャンネル作成する方法をおすすめします。

チャンネルを作成したら、アイコンやチャンネルアート、説明文を設定しましょう。

チャンネル登録者数を増やすためには必要な手順です。動画投稿時のデフォルトの設定をしておけば、毎回の手間が省けて便利です。

チャンネルに動画が増えて、内容にばらつきが出てきたら、新しいチャンネルを作りましょう。

チャンネル登録者数の確保や継続に役立ちます。1人で管理しづらくなってきたら、管理人を追加することもできます。

今回紹介した情報はYouTubeをこれから運営していく上で役立ちます。手順を確認して、自分のYouTubeチャンネルを盛り上げましょう。

YouTubeのサムネイルの作成についてはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

公開日時 : 2020年07月20日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード