JCOM_iPhone7

オンラインイベントに便利なZoomウェビナー詳細|使用方法や料金プランを解説

Zoomはオンラインミーティングや飲み会だけでなく、オンラインイベントでも活躍します。この記事では、Zoomのオンラインイベントに特化したシステム「ウェビナー」の特徴や基本的な使い方などを紹介しています。オンラインによるライブ配信やプレゼンを検討している人は必見です。
【公式】カシモWiMAX オンラインイベントに便利なZoomウェビナー詳細|使用方法や料金プランを解説

オンライン会議システムの代表格ともいえるZoomは、仕事の打ち合わせや飲み会といった使い方だけでなく、各種イベントの開催やライブ配信でも利用できます。

100~10,000人と人数の多いイベントにも対応できるため、全国の事業所を対象とした研修や講演会など、利用できるシーンが広いのが魅力です。

この記事では、Zoomウェビナーの特徴や基本的な使い方などを紹介していきます。これから各種イベントやライブ配信を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

Zoomウェビナーとはどんなシステム?

Webとセミナーの造語であるウェビナーは、文字通りセミナーや講演会といったイベントをオンラインで開催できるシステムで、マーケティングオートメーションにも対応しています。

パソコンだけでなく、タブレットやスマホといった幅広いデバイスに対応しているため、環境にあわせて使い分けできるので便利です。

ここでは、Zoomウェビナーの特徴を3つにわけて紹介していきます。

オンラインイベントの開催に特化したシステム

Zoomウェビナーは、オープン型やクローズ型といった開催方法に関わらず、幅広いオンラインイベントに特化したシステムです。

社員研修やセミナーといった比較的人数が多いイベントにも対応しており、利用できる基本的な機能は次のように様々です。

  • HDビデオと音声
  • オンデマンド視聴
  • レポート作成と分析
  • ライブ配信
  • 高品質なホスト管理

ビデオ参加は最大100人、閲覧限定出席者は100~10,000人に対応しているため、人数にあわせた機能の使い分けも可能です。

イベントの内容に対して参加者が質問したい場合はアクション機能で手を挙げ、パネリストがチャット機能で回答するといった使い方もできます。

ホスト側の一方的なイベントにならないため、より多くの参加者と交流できる点が魅力だといえるでしょう。

ウェビナーの利用にかかる料金

Zoomの利用には無料プランと有料プランが提供されており、ユーザーのニーズにあわせて選べる仕組みです。

無料プランの最大参加者数は100人で、画面共有やチャットといった基本的な機能が利用できます。1対1の通話時間は無制限ですが、3人以上になると40分までに制限されます。

一方で有料プランの最大参加者数は100~500人で、無料プランの基本的な機能に加えて、3人以上の通話時間に制限がなく録画のクラウド保存できるなど、利用できる機能が多くなります。

比較的少人数のオンライン会議や飲み会だけの利用であれば、無料プランでも十分だといえます。ウェビナーは有料プランの追加アドオンとなるため、まずはZoom自体の有料プランへの加入が必要です。

ミーティングの基本的な料金プランは、次の通りです。

プラン 月払い 年払い
Pro(プロ) 1ホストにつき2,000円 1ホストにつき20,100円
Business(ビジネス) 10ホスト27,000円 10ホスト26万9,000円
Enterprise(エンタープライズ) 要問い合わせ 要問い合わせ
Zoom Rooms 1ルームにつき6,600円 1ルームにつき67,000円

ウェビナーを利用するためには、有料プランのPro、Business、Enterprise、Zoom Roomsのいずれかのアカウントを取得後、さらに参加者数に応じたプランへの申し込みが必要です。

参加者数 月払い 年払い
100人 1ホストにつき5,400円 1ホストにつき53,800円
500人 1ホストにつき18,800円 1ホストにつき18万8,200円
1,000人 1ホストにつき54,700円 1ホストにつき45万7,000円
3,000人 1ホストにつき13万3,100円 1ホストにつき133万600円
5,000人 1ホストにつき33万4,700円 1ホストにつき334万6,600円
10,000人 1ホストにつき87万2,300円 1ホストにつき872万2,600円

ウェビナーとミーティングの機能の違い

オンライン会議や飲み会といったミーティングの場合、カメラやマイクといった機能が利用できます。次の表では、ミーティングとウェビナーで利用できる機能の違いを紹介しています。

  ミーティング ウェビナー
カメラやマイクの操作 すべての参加者 ホスト
パネリスト
視聴のみの参加
参加者一覧の閲覧 すべての参加者 ホスト
パネリスト
最大利用者数 100~500人 100~10,000人
画面共有
チャット
質疑応答
ライブ配信 Workplace by Facebook Facebook
Workplace by Facebook
YouTube
Custom Streaming Service
録画や録音
ブレークアウトルーム

このようにミーティングとウェビナーでは、最大利用者数やライブ配信で使える機能が大きく異なることがわかります。

ミーティングは視聴のみの参加はできません。その一方でウェビナーは最大10,000人までの視聴のみの参加ができるため、より大規模なイベントの開催を予定している場合におすすめです。

また、ウェビナーは質疑応答機能が搭載されているため、実際に施設などで開催したセミナーと同じ感覚でイベントが開催できるのが魅力です。

Zoomウェビナーを使う3つのメリット

前述したように、Zoomによるウェビナーを利用するためにはミーティングの有料プランへの加入と追加アドオンが必要です。

最大利用者数が多いほどコストはかかりますが、ウェビナーを利用すると次のような3つのメリットがあるため、魅力を感じたなら申し込みしてみましょう。

コストを節約したセミナーの開催が可能

首都圏を中心に、近年では駅チカで便利な会議用のレンタルスペースが数多く登場しています。しかし、利用したいタイミングで、ちょうどよい規模のスペースが借りられるとは限りません。

レンタルスペースの利用には、時間や規模に応じたレンタル料だけでなく設営にコストがかかります。一方でウェビナーの場合、スペースを借たり設営する必要がないため、コストを削減できるのがメリットです。

また、開催場所によっては遠方の参加者は交通費や時間をかけて出向く必要がありますが、ウェビナーならどんなに遠方でも自宅やカフェといった好きな場所から気軽に参加できます。

利用しやすい形でコンテンツの配信

ウェビナーはライブ配信だけでなく、すでに録画した内容を再生する形でも配信できます。そのため、参加者側の都合で配信時間が確保できなくても、好きな時間に視聴できるのがメリットです。

たとえば、会社説明会の場合、本来であれば本社に出向いて決まった時間に開催されますが、録画型なら就活生の好きなタイミングで参加できます。

また、対面型の配信ならチャット機能が利用できるため、気になることがあればいつでも質問できるのでホストと参加者の双方にとって便利です。

邪魔が入らないからセミナーに集中できる

ミーティングでZoomを利用する場合、ホストと参加者の双方がビデオとマイク機能を使えるため、その都度発言できるのが特徴です。

しかし、講演会やセミナーといったイベントによっては、参加者による発言などが他の参加者の集中力を遮る可能性があります。

ウェビナーならホスト側が操作しない限り、参加者は音声や映像を流せないため、セミナーに集中しやすいのがメリットです。

Zoomウェビナーを使うための準備

ライブ配信やオンラインイベントを検討している場合は、利用開始前にZoomへの会員登録や参加者数の設定などの準備が必要です。ここでは、Zoomウェビナーを使うために必要な準備を3つ紹介していきます。

ホストは有料の会員登録

ウェビナーを利用するためには、まずはイベントを主催するホストが次の手順でZoomに会員登録し、無料アカウントを取得する必要があります。

【無料アカウントの作成手順】

  1. Zoomのサイトにアクセス
  2. 「サインアップは無料です」をクリック
  3. 生年月日を入力
  4. 「続ける」をクリック
  5. メールアドレスを入力
  6. 「サインアップ」をクリック
  7. 確認用メールが送信される
  8. メールを開いて「アクティブなアカウント」をクリック
  9. 氏名とパスワードを入力
  10. 「続ける」をクリック
  11. 「手順をスキップする」をクリック
  12. 無料アカウント取得

無料アカウントの取得後は、次の手順でプランを購入します。

【プランの購入手順】

  1. ログイン
  2. メニューから「Billing」を選ぶ
  3. 「Plan Selection」を選ぶ
  4. 「Upgrade Account」を選ぶ
  5. プランを選ぶ
  6. 「Upgrade」を選ぶ
  7. ホスト数を選ぶ
  8. 支払いタイプを選ぶ
  9. アドオンを追加
  10. 「 Continue」をアップ
  11. 販売先と請求先情報を入力
  12. 「Upgrade Now」を選ぶ
  13. 注文商品の一覧が表示
  14. 「Confirm」を選ぶ
  15. プランの購入完了

なお、サインインはGoogleやFacebookのアカウントも利用できます。

ウェビナーに参加できる人の登録設定

無料アカウントの取得とプランの購入が終わったら、次にウェビナーの参加者を登録します。ホストは自動か手動のどちらかを選べますが、参加者が多い場合は自動に設定しておくと便利です。

  1. ログイン
  2. 「マイウェビナー」をクリック
  3. 「招待状」タブを開く
  4. 「承認」から「編集」を選ぶ
  5. 「登録」タブを開く
  6. 承認の「自動承認」、または「手動承認」を選ぶ
  7. 「全てを保存」をクリック
  8. 承認設定完了

なお、一度登録した参加者をホスト側で無効に切り替えることも可能です。

ウェビナーのスケジュールの設定手順

ライブ配信やイベントを開催する場合、スケジューリングしておくと便利です。

ウェビナーのスケジュール設定は、あらかじめ登録が必要な場合とそうでない場合があります。

たとえば、参加者の承認や質問の追加といったカスタマイズした登録内容をもとに情報収集したい場合は、スケジュール設定が必要です。

ここでは、登録が必要なウェビナーのスケジュール設定の手順を紹介していきます。

【登録が必要なウェビナーの場合】

  1. ログイン
  2. 「Schedule A Webinar」をクリック
  3. 各項目のスケジュールを設定
  4. 「全て保存」をクリック
  5. スケジュール設定完了

スケジュール設定できる項目は、次の通りです。

  • トピック
  • 説明
  • 開催日時
  • 所要時間
  • タイムゾーン
  • 定期開催ウェビナー
  • ホストビデオ
  • パネリスト など

登録が不要なウェビナーの場合、参加者のサインアップは必要なく、事前アンケートで追加情報の収集ができます。

一方の登録が必要なウェビナーの場合、Webサイトへの訪問数や広告の閲覧数を記録できるため、マーケティングツールとしての機能を発揮します。

Zoomウェビナーの基本的な使い方

ウェビナーを使うための準備が整ったら、実際にセミナーを開催してみましょう。ここでは、Zoomウェビナーの基本的な使い方を3つ紹介していきます。

セミナーの開始や参加方法

ホスト側は「Webinar」タブや「Meeting」タブからスケジューリングしたものを選び、「Start」をクリックしてセミナーを開始します。

カレンダーに追加しているウェビナーの場合、リマインダーに表示されているリンクをクリックすることでもセミナーが開始できます。

参加者側は特別な操作は必要なく、ホストから通知されたURLをクリックしてセミナーに参加できる仕組みです。

セミナーのホスト側の操作

ウェビナーでは、ホスト側の操作で次のような機能が利用できます。

機能 できることと特徴
画面共有 ホストやパネリストによる操作画面を参加者の画面に映し出せる
研修会やセミナーといった資料を使ったイベントに最適
ファイル共有ソフトの併用でさらに利便性が高くなる
ホワイトボード機能 ホストやパネリストが書いた画像や文字を参加者に表示できる
黒板やホワイトボードと同じ感覚で使えるため、オンライン学習に最適
レポート取得 登録者や出席者のアンケートをレポート化できる
項目は視聴時間や離脱率など多数
得られた結果を分析することで次回の開催に役立つ
Q&A・アンケート イベント開催中にホスト側と参加者側がやり取りできる
一方的にならず、コミュニケーションを活性化できる

この他には、イベントやセミナーの内容に応じて参加者の登録フォームをカスタマイズできる機能も利用できます。

セミナーの参加者側の操作

ウェビナーでは、各種セミナーの参加者側の操作で次のような機能が利用できます。

機能 できることと特徴
オーディオ設定 スピーカーやマイクのテスト
スピーカーやマイクの音量調節
コメント 他の参加者の質問に対して「いいね!」とコメントできる
既存の質問への回答
チャット ホストやパネリストに対してメッセージを送信できる
挙手 ホストやパネリストの質問に対して挙手できる
「手を降ろす」で挙手を解除できる

Zoomウェビナーを使う際の注意点

ウェビナーでイベントやセミナーを開くと、従来は実際の会場がメインだった社内研修会や就職説明会といった行事がオンライン上で行えます。

しかし、通信トラブルといったオンラインならではの問題も懸念されるため、万が一のトラブルに備えて注意点を確認しておきましょう。

ここでは、Zoomウェビナーを使う際の注意点を3つ紹介していきます。

回線切れを避けるため通信環境の改善

通信環境が安定しやすい固定回線を利用していても、回線トラブルが起こらないとは限りません。特に通信速度が遅い場合は画像がカクついたり、フリーズしたりする可能性も考えられます。

通信が切断されてしまうといった最悪なケースも想定されるため、Zoomでウェビナーを利用する際にはあらかじめ通信環境を改善しておきましょう。

また、イベントやセミナー中はそのほかの通信を控えたり、高速のルーターに変えたりして、もしものときに備えておきましょう。

有料セミナーは決済方法を用意する

各種イベントやセミナーを無料で開催する場合は問題ありませんが、有料の場合は参加者の決済方法を別途用意する必要があります。

なぜなら、Zoomには参加料を徴収するシステムは用意されていないからです。

口座振込といった後払いの方法もありますが、スムーズな決済を目指すのであればクレジットカードやQRコードといったキャッシュレス決済が便利です。

たとえば、Stripe社が提供するサービスStripeと連携すると、クレジットカード決済が設定できます。申し込み時にオンライン決済できれば、参加者にとってもメリットが大きいといえるでしょう。

スムーズなセミナー進行のため役割分担

実際に会場を借りて開催するセミナーに比べると、ウェビナーは設営が不要なのでスタッフの人数は大幅に減らせます。

しかし、スムーズにセミナーを進行していくためには、きちんと役割分担しておくことが大切です。たとえば、操作担当やインターネット環境の管理、参加者として挙動確認するといった役割があげられます。

オンラインなので複数の役割を1人でもある程度こなせますが、不具合をチェックするために挙動確認する人を割り振っておいた方がよいでしょう。

Zoomウェビナーを使ってオンラインイベントを成功させよう

ウェビナーは100~10,000万人と比較的大規模なイベントにも対応できるため、急な開催で会場を抑えられないときにも便利です。

画面共有やホワイトボードといった機能が利用できるため、資料を用いた研修会や勉強会にも適しているといえます。

また、Webサイトへの訪問数や広告の閲覧数を記録できるマーケティングオートメーションに対応しているため、自社商品の販売戦略にも役立ちます。

有料プランのアドインなので多少コストはかかりますが、Zoomウェビナーを使いこなしてオンラインイベントを成功させましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年07月16日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード