Androidおすすめ
  • スマホ

Googleレンズとは?おすすめの使い方や使用時の注意点を紹介

GoogleレンズとはAIを利用した画像検索サービスのことです。画像データから文章を認識して翻訳したり、写っているものを検索したりすることができます。ここでは便利なGoogleレンズについての紹介と使い方を解説していきます。
新作iPhone 13情報と予約方法 Googleレンズとは?おすすめの使い方や使用時の注意点を紹介

当初Googleレンズのサービスは提供されていたものの、対応端末が少ないことで広がりを見せませんでした。

現在はサービスの提供範囲が広がりAndroid端末やiPhoneでも利用ができます。また日本語対応もされ、使い方の解説やヘルプページも利用しやすくなりました。

この記事ではGoogleレンズとはどういった機能なのか説明していきます。使い方についても紹介していきます。

Googleレンズとは?Googleレンズでできること

GoogleレンズはAIを活用した画像検索サービスです。

自分で撮影した写真やスクリーンショット、ダウンロードした画像などの被写体や周囲にあるものの情報を認識して、画像検索やテキスト情報の読み込みなどが行えます。

AIによる画像分析で、写っている場所、製品情報やテキストなどのさまざまな物を自動で認識させることが可能です。

読み込まれた情報を元に、検索した結果の詳細情報を表示させたり、画像中のテキストを翻訳して表示させたりと様々な操作ができる機能です。

Googleレンズは画像しか情報が無く、名称などが思い出せないときなどに非常に便利です。なお、記事で紹介する内容は動画でもまとめています。

画像内のテキストを取り込むことが可能

Googleレンズは画像内にテキストが含まれている場合、テキストを認識して情報を取り込むことができます。

さらに、その取り込んだテキスト情報をタップすることでそのままGoogle検索で検索したり、テキストをコピーしてメモ帳やSNSなどに貼り付けて利用できます。

また認識したテキストを自動で翻訳して画像に表示させたり、名刺などで電話番号やメールアドレスなどのデータを取り込んでそのままデータをアドレス帳に登録するなど様々なことに活用可能です。

使える言語は100以上

Googleレンズで認識できる言語は100以上あります。英文を日本語に翻訳するのはもちろんのこと様々な言語を認識、翻訳でき非常に汎用性が高いです。

100以上の言語で使えますから、旅行などで困ることはまずないでしょう。

スポット情報が検索できる

画像内に観光施設や店舗が写っている場合には、画像を元に簡単に検索することが可能です。

それによって営業時間、口コミ評価などの詳細情報を簡単に入手できます。

さらにはそのままGoogleマップを開けるので現地まで案内してもらうこともできます。

書籍やメディアの検索ができる

書籍やCD、DVDなどのメディアを撮影することで詳細情報を確認ができます。

商品として販売されているものは、ほぼ間違いなく検索結果が表示されます。

タイトルや価格、レビューなどの詳しい情報を簡単に確認できるのはもちろんのこと、商品を販売しているサイトにそのままアクセスしてスムーズに購入できます。

コードのスキャンができる

商品のバーコードやQRコードを読み取ることもできます。バーコードを読み込むことで商品の詳細ページを表示させたり、Googleから購入できるサイトを表示することも可能です。

バーコードは商品によって固定なので、非常に高い精度での検索が可能です。

またQRコードを読み込むための専用のアプリをインストールする必要もなくなります。

Googleレンズの対応端末の紹介

とても便利なGoogleレンズですが、どの機種でも使えるわけではなく、対応している機種のみで利用できます。

ここではGoogleレンズが使える端末を紹介していきます。

Pixelシリーズには標準搭載されている

Googleが自社開発しているPixelシリーズの「Google Pixel 3」以降の端末にはGoogleレンズが標準搭載されています。

なお「Google Pixel 2」の端末でもOSやアプリをアップデートすれば利用可能です。

\初回限定3ヶ月無料!/

現在はほとんどの端末で使用可能

以前はPixelシリーズの端末や一部のAndroid端末のみでしか利用できませんでしたが、現在はほとんどのAndroid端末とiPhone端末で利用できます。

Googleレンズを起動するためのアプリをアップデートしても、Googleレンズのアイコンが表示されない場合は対応していない端末になるため気をつけましょう。

Googleレンズの起動方法

ここでは実際にGoogleレンズを使うために必要なアプリと、それぞれのアプリ内でのGoogleレンズの起動方法を説明していきます。

対応機種別の起動方法

GoogleレンズはOSや端末によって使えるアプリと起動方法が異なります。

Googleレンズが利用できるアプリは5種類あり、対応機種とアプリの関係は以下のようになっています。

  カメラアプリ Googleアシスタント Googleフォト Googleレンズ Googleアプリ
Pixelなどの一部のAndroid ×
Android6.0以降のスマホ × ×
Android6.0以前のスマホ × × × ×
iOS端末 × × ×

カメラアプリから起動する場合

Pixelシリーズを含め、いくつかのAndroid端末のカメラアプリでGoogleレンズの利用が可能です。

Googleレンズを利用するにはカメラアプリを起動して、その他のボタンを選択して、その中にあるGoogleレンズのアイコンを選択することで利用できます。

Googleレンズのアイコンは四角の中に●があるアイコンです。

友だち追加でお得なキャンペーン情報をゲット!
LINE友だち追加

Googleアシスタントから起動する場合

スマホに向かって「OK Google」と声をかけるか、端末を軽めに握る(アクティブエッジ)か、ホームボタン長押しすることでGoogleアシスタントを起動します。

アシスタントの左下にあるGoogleレンズのアイコンをタップして起動させます。

GoogleアシスタントからGoogleレンズを起動した場合、カメラを向けた対象物をそのまま検索できます。

Googleフォトから起動する場合

Googleフォトアプリを起動して、Googleレンズを利用したい写真やスクリーンショットなどの画像を選択します。

画像が表示された画面にアイコンが表示されるので、それをタップするとGoogleレンズを起動して画像検索ができます。

Androidは専用アプリ、iPhoneはGoogleアプリでも使える

AndroidではGoogleレンズのアプリが提供されています。アプリを起動するだけでGoogleレンズを使えます。

iPhoneではGoogleアプリでの利用も可能です。Googleアプリを起動して、表示された画面の中にあるGoogleレンズのアイコンをタップして利用します。

\話題のスマホをすぐ予約!/
iPhone格安SIM通信アンケート

簡単!Googleレンズの使い方

それではGoogleレンズの具体的な利用方法を説明していきます。

ここでは利用しやすいGoogleフォトの設定方法と使用方法について紹介します。

Googleフォトをインストールする

スマホにGoogleレンズを利用できるアプリがインストールされていない場合は、まずGoogleフォトアプリをインストールしましょう。

通常のアプリと一緒で、Google PlayやApp Storeからインストールすることが可能です。

Google フォト
Google フォト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

設定の確認を行う

Googleフォトのアプリを起動し、画像を選択します。選択した画像が表示されたときにGoogleレンズのアイコンが表示されていない場合、アプリが最新のバージョンになっていない可能性があります。

Googleレンズのアイコンが表示されなかった場合、GoogleフォトでレGoogleレンズの機能を利用するために最新バージョンにアップデートされているかを確認します。

最新のバージョンになっていなければ、インストールの時と同様にGoogle PlayやApp Storeから最新バージョンにアップデートできます。

写真を選択する

アプリの準備ができたら実際にGoogleレンズを使ってみましょう。

まずはGoogleフォトを開いて、検索したい写真やスクリーンショットなどの画像を選択します。画像が表示されたら、Googleレンズのアイコンをタップすることで解析が開始されます。

解析が完了すると詳細情報が表示されます。

周囲にある対象物にカメラを向ける

GoogleレンズをGoogleアシスタントや一部のカメラアプリから起動した場合には、写真を撮らずに画面に写っているものをそのまま検索可能です。

各アプリからGoogleレンズを開いて、検索したい対象物にカメラを向けて検索を開始するアイコンをタップすると解析が開始されます。

画像検索を行う

スマホかタブレットでGoogleの画像検索を利用した時は、その結果の画像をGoogleレンズを利用してさらに検索することができます。

画像検索結果の中から、さらに検索したい画像を選択します。表示された画面にあるGoogleレンズアイコンをタップすると再びその画像を対象に画像検索を開始します。

そのようにして検索結果に関する情報をどんどん得ることができます。

\初回限定3ヶ月無料!/

Googleレンズの活用シーン

簡単で便利に使えるGoogleレンズですが、どのようなときに活用できるのでしょうか。

シーン別に具体的な例をみていきましょう。

海外のレストランでメニューが読めないとき

海外旅行などに行って、レストランのメニューが読めないときに利用できます。メニューを撮影して文字を認識させることで、メニューが自動的に翻訳されます。

また書かれているメニューがどのような料理なのかを、情報として表示させることもできます。

欲しい商品の情報が知りたいとき

欲しい洋服や家具などを見つけたときに、商品名などがわからなくても写真だけで様々な情報を表示できます。

似たような商品の情報を表示する事もできるので、商品の比較などが簡単にできます。

商品を検索することで販売しているショップを表示して、どこで購入すると安く手に入るのかなどの情報や、レビューを見る事で商品の使い方や使い心地などの情報を入手する事も可能です。

そのまま販売しているサイトを通じて購入することもできます。

動物や植物の種類がわからないとき

日常で見つけた何気ないもの、道端に咲いている花や公園で見かけた犬など、見た目しかわからないときに利用できます。

これも、名前などがわからなくてもスマホのカメラを向けるだけで簡単に調べられます。

植物や動物の種類を簡単に調べて特定することが可能です。

植物を詳しく調べたい場合は、無料で使える植物図鑑のおすすめアプリも使ってみましょう。

Googleレンズを利用するときの注意点

ここまではGoogleレンズの利用方法や便利な点、活用方法を説明してきました。

Googleレンズは便利な一方で、いくつか注意しなくてはならない点もあります。その注意点を説明していきます。

検索機能が使用できるのは静止画のみ

Googleレンズの検索機能は静止画像に対してのみ使用できます。撮影した動画を利用して検索することはできません。

また不適切な画像に対しては正しく動作しないようになっています。

Googleレンズのアイコンがない場合はアップデートを行う

アプリのバージョンが古いなどの理由によって、Googleレンズのアイコンが表示されていない場合は利用できません。アプリのアップデートを試してみましょう。

アプリはGoogleフォト、アシスタント、カメラアプリの順にアップデートを行うとよいでしょう。

また、アップデートを行ってもGoogleレンズのアイコンが表示されない場合、使っている機種・端末がGoogleレンズに対応していない可能性があります。

生活の中でGoogleレンズを活用しよう

Googleレンズでは画像から情報を得るだけではありません。

そこからグーグルマップを使って実際の場所へ行けたり、類似のものを知ることができたり、翻訳したりと使い方次第で万能なツールになります。

ぜひGoogleレンズの使い方をマスターして、日々の生活をもっと便利で快適なものにしていきましょう。

iPhoneでGoogleレンズを使う方法は、こちらをご覧ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年07月05日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード