Androidおすすめ
  • スマホ

楽天モバイルの5G導入はいつから?対応端末・料金プラン・通信エリアを徹底解説

MVNOとしてサービスを提供してきた楽天モバイルが5Gの周波数帯も獲得しました。楽天モバイルで5Gが使える端末や、料金プラン、通信エリアについて徹底解説します。大手3大キャリアとの料金プラン比較で楽天モバイルの5Gをお得に使いましょう。
新型ihone12噂 楽天モバイルの5G導入はいつから?対応端末・料金プラン・通信エリアを徹底解説

これまで格安SIMを取り扱うMVNOとしてサービスを提供してきた楽天モバイルですが、独自の楽天回線を備え、5Gの周波数帯も獲得したことでドコモ・au・ソフトバンクと並んで4大キャリアの1つとなりました。

しかし、以前までの3大キャリアはすでに5Gサービスの提供を開始したものの、楽天モバイルではまだスタートしていないのが現状です。では、いつからスタートになるのでしょうか。

この記事では楽天モバイルの5G対応に関して、現在でわかっていることを総まとめで紹介します。

楽天モバイルの5G対応はいつから

近未来の5G

まずは楽天モバイルの5Gサービスの提供開始がいつになるのかを見てみましょう。

サービス開始は2020年9月を目処に延期

楽天は当初2020年6月でのサービス開始を目指していましたが、3ヶ月を目処に延期する見通しと発表しています。

この延期は、海外のサプライチェーンで行う予定だったソフトウェアの検証が、新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウン等で困難になったことが大きな理由です。

3ヶ月の延期のため、当初予定からするとサービス開始が2020年9月になるとみられますが、今後の動向次第ではさらなる延期の可能性も否定できません。

5月の四半期決算発表では5Gに関する情報について言及はありませんでした。インドにおけるロックダウンの解除を待っていたものの延長が決まり、2020年の9月を目途に開始が延期されました。

5G基地局の設置計画は変更なし

サービス開始は延期されますが、現時点では基地局の設置計画に変更はないとしています。

総務省へ申請した時点での計画としては、2024年度末までに基盤展開率56.1%に達する予定です。なお基盤展開率はこれまでの人口カバー率に変わる、5Gの通信エリアを評価する基準を指します。

56.1%という数字は、今回5Gの周波数帯を獲得したドコモ・au・ソフトバンクを含めた4社の中で最も小さな値であるため、全国展開後も楽天で5Gを利用できるエリアは限られそうです。

詳細は情報が入り次第追記いたします。

楽天モバイルの5Gの強み

大手三大キャリアと大きく異なるのは、楽天が仮想化と呼ばれる手法を用いていることです。

通常、基地局の制御装置などの準備のために専用の装置をたくさん用意する必要がありますが、楽天モバイルはそれらをサーバー上で再現しています。

コストを抑えつつ、拡張性もあるため、今後様々な企業と資本業務を提携する予定です。世界初の楽天モバイルの取り組みに目が離せません。

楽天モバイル5Gの対応エリア

楽天モバイル5Gの通信エリアは未確定ですが、参考として4G LTEの通信エリアを見ておきましょう。

現在の対応エリア

現時点の4G LTE対応エリアは、北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・沖縄の一部が楽天回線です。それ以外のエリアではパートナー回線を使用しています。

楽天回線の4G LTEエリアは2020年4月28日に北海道・新潟・大阪・沖縄の一部を追加、5月12日にも北海道の一部を追加するなど順次拡大中です。2021年までには人工カバー率70%に達すると目標を定めています。

今後の拡大予定

5Gに関する今後の展開としては、2024年度末までに基盤展開率56.1%に達することが目標です。

その段階的な計画では、2020年度末までに全国の区域における5Gの高度特定基地局の運用を開始するとしています。

基地局設置の5G用無線局(RU)の量産はNECが担っており、日本国内で開発・製造されています。これを用いた基地局の設置は東京から進めていく予定です。

楽天モバイル5Gの対応端末

楽天モバイルでは現在、Galaxy・Xperia・AQUOS・arrows・HUAWEI・OPPOのスマホを取り扱っています。そのため、これらのシリーズで5G対応機種が展開されれば、取り扱う可能性は高いといえます。

一方、一大キャリアにはなりましたが、iPhoneの最新機種は現状、ドコモ・au・ソフトバンクのみが取り扱っているため楽天モバイルが対応する可能性は未知数です。

5G対応端末の詳細は情報が入り次第追記いたします。

楽天モバイル5Gの料金プラン

現在、料金プランの発表はされていません。

料金プランの詳細は情報が入り次第追記いたします。

楽天モバイルのお申込みはこちら

4大キャリアの5Gプランを比較

スマホ画面に映し出された5G

楽天モバイルの5G導入は延期は発表されていますが、まだ何月何日から開始するかはっきりは決まっていません。

今すぐにでも5Gを使ってみたいという場合は、すでに5Gサービスを開始しているドコモ・au・ソフトバンクをチェックしてみてください。

それぞれのキャリアの5Gプランを比較してみましょう。

4大キャリアの5Gプラン料金比較表

キャリア 大容量プラン 使った分だけプラン
ドコモ

5Gギガホ 
最大6ヶ月4,480円から

5Gギガライト
1,980円から

au

データMAX 5G
最大6ヶ月3,460円から

ピタットプラン5G
1,980円から

ソフトバンク

メリハリプラン
最大6ヶ月3,480円から

ミニフィットプラン
最大6ヶ月間1,980円から

楽天

ドコモ・ソフトバンクは大容量プランでも月内の制限があり、無制限で使えるのはauのみです。楽天は4G LTEで無制限プランのみを展開しているため、auに次いでデータ無制限プランを展開する可能性大です。

逆に小容量のプランは存在しないため、5Gでもその形式がとられるかもしれません。

詳しい情報が入り次第更新します。

楽天モバイルを契約しても損はない

楽天5Gの料金プランやサービスの具体的な開始時期などは現在は告知されていません。詳しい情報は新型コロナウイルスの感染状況を見ながらの告知になりそうですが、4G LTEの料金で比較すると楽天がお得なキャリアであることが見えてきます。ここでは、大手3大キャリアと楽天モバイルの4G LTEの料金やプランの比較を見ていきましょう。

キャリア 大容量プラン(4Gプラン) 使った分だけプラン
ドコモ

ギガホ
最大6ヶ月3,980円から

ギガライト
1,980円から

au

データMAX 4G LTE
最大6ヶ月3,460円から

ピタットプラン4G LTE(新auピタットプランN)
1,980円から

ソフトバンク

メリハリプラン
最大6ヶ月3,480円から

ミニフィットプラン
最大6ヶ月間1,980円から

楽天

1年間無料
2,980円

なし

楽天UN-LIMIT2.0では、300万名を対象にプラン料金が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。さらにプランはデータ使い放題の1つのみで無料後も月額2,980円という格安に設定されています。

他のキャリアと比べて格安の4G LTEサービスを提供している楽天であることから、5Gサービスもお得な料金プランになることが考えられます。

また楽天モバイルは契約解除料が0円であること、海外66ヶ国でのデータ通信が月2GBまで無料であることも特徴です。

ただし4G LTEプランのデータ使い放題は楽天回線エリアで通信した分のみで、パートナー回線(KDDIとのローミング)エリアでは月に5GBが上限、超過後は最大1Mbpsになります。

5Gについてパートナー企業と連携するかは不明ではあるものの、生活圏が楽天回線エリア内であれば、楽天モバイルの利用を検討する価値は十分にあるといえるでしょう。

なお楽天モバイルはこれまで格安SIMを提供するMVNOとしての一面もありましたが、2020年4月8日をもって、ドコモ回線・au回線を用いたサービスの新規受け付けを終了しました

これに伴いデータSIMを利用中の場合は解約の上、楽天回線への新規申し込みが必要です。

楽天モバイルのお申込みはこちら

5Gへの乗り換えのタイミングはいつ

5Gへ乗り換え

楽天モバイルの5G対応が2020年9月以降になるため、5Gの利用が目的であるなら、楽天への乗り換えはまだベストなタイミングではありません

その一方で、5Gサービスの提供を開始したドコモ・au・ソフトバンクであっても、まだまだスポット的な運用にとどまっています。

どのキャリアを選択したとしても、現時点では日常的に5Gを使用できるわけではありません。5Gへの乗り換えは4社のプランおよびサービスが出揃ってからでも遅くはないでしょう。

なお5G・4G LTEを問わず楽天への乗り換えという意味では、自身の生活圏が楽天回線エリア内かどうかを確認してから検討することをおすすめします。

楽天モバイルのお申込みはこちら

楽天モバイルで5Gの世界をお得に体感しよう

インターネットでつながるガジェット

楽天モバイルのプランが明らかになっていない現状では確信をもって伝えられませんが、これまでの料金体系に基づけば、楽天モバイルは格安で5Gサービスを提供する期待値は高めです。

エリアが限られるという点は否めないものの、生活圏内と楽天回線エリアが合致すれば、お得に5Gの世界を体験できるでしょう。

また5Gになったからといって4G LTEが近い内に廃止されるというわけではなく、WiFi等の通信も継続使用できます。

4G LTEについて楽天モバイルでは1年間無料で通信できるキャンペーンを展開しているため、5Gが全国展開される日までお得に4G LTEを利用するのも選択肢の1つといえます。

▼楽天モバイルのキャッシュバックキャンペーンや具体的な料金プランなどはこちらの記事をご覧ください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年07月16日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード