Appleの新製品を紹介|iPhone SE/12・iPad Pro・MacBook Air・AirPods Pro

Appleの新製品が知りたい方のためにAppleから発売されているiPhoneやiPad、Macなどの新製品を紹介します。あわせて2020年夏以降に発売される商品の噂についても言及しています。Appleの新製品情報が知りたい人は必見です。
新型ihoneSE予約方法 Appleの新製品を紹介|iPhone SE/12・iPad Pro・MacBook Air・AirPods Pro

スマホやパソコンでApple製品を利用している方も多いのではないでしょうか。ここでは発表されるたびに話題になるAppleの新製品を紹介します。

また、2020年の夏以降に発売される予定の商品の噂も紹介します。「Appleの新製品が知りたい」と情報を集めている人や、スマホ・パソコンの買い替えを検討している人などは、参考にしてください。

2020年4月発売の新製品iPhone SE

iPhone SEは2020年4月に発売されました。

カメラはしっかりと細かいところまで描写できる「シングル12MPカメラ」を採用しています。超広角は搭載されていませんが、6種類のエフェクトが利用できることも特徴です。

また耐水性能にも優れており、最大水深1メートルで最大30分間耐えることができます。ディスプレイはIPS液晶・Retina HDディスプレイです。

OSは最新のiOS13で、Apple Payにも対応しています。さらにワイヤレス充電に対応し、ホームボタンがあり、指紋認証が使えることも特徴に挙げられるでしょう。

iPhone SEの価格

「iPhone SE」の価格は次の通りで、もっとも安いのは64GBの44,800円のです。これまでのiPhoneは新機種では10万を超えることもあり高額だったことを考えると、コスパもよいといえます。

容量 価格
64GB 44,800円
128GB 49,800円
256GB 60,800円

「Apple Trade In」という下取りサービスを利用すると、新しいiPhoneの価格から下取り額分が割引されます。

最大下取り額の詳細は次の通りです。なお画面割れなどがあると下取り価格は安くなります。

デバイスの種類 最大下取り額
iPhone XS Max 40,000円
iPhone XS 37,000円
iPhone XR・iPhone X 28,000円
iPhone 8 Plus 23,000円
iPhone 8・iPhone 7 Plus 16,000円
iPhone 7・iPhone 6s Plus 9,000円
iPhone 6s 6,000円

iPhone SEと新型iPhone SEとの比較

新型と従来の「iPhone SE」の違いは次の通りです。

  新型iPhone SE(第2世代) iPhone SE(第1世代)
ストレージ容量 64GB
128GB
256GB
16GB
64GB
カラー ブラック
シルバー
(PRODUCT)RED
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
サイズ 138.4×67.3×7.3mm 123.8×58.6×7.6mm
ディスプレイ・重さ 4.7インチ・148g 4インチ・113g
解像度 1,334×750ドット 1,136×640ドット
認証方法 指紋認証 なし

新型の方が選べるカラーが少ないものの、ストレージ容量は大きく、その他スペックも優れています。

各キャリアでiPhone SE(第2世代)を安く購入する方法についても確認してみてください。

2020年3月発売の新製品iPad Pro

新型「iPad Pro」は、2020年3月25日に発売されました。前作は2018年11月でしたので、1年以上ぶりの新作です。

「A12Z Bionic」というプロセッサになっており、3Dのデザインや4Kビデオの編集などを楽しめるタブレットです。

12MP広角カメラと10MP超広角カメラを搭載しており、高性能なカメラで撮影可能です。

また、3D認識用のLiDARスキャナも搭載され、AR体験を満喫できることも特徴として挙げられるでしょう。

静音性に優れている「Magic Keyboard」に対応し、iPadOS 13.4によって、2つのアプリを同時に起動して作業を進められます。仕事で使用したい人におすすめのiPadだと言えるでしょう。

iPad Proの価格

「iPad Pro」の価格は次の通りです。

  11インチ 12.9インチ
128GB 84,800円~ 104,800円~
256GB 95,800円~ 115,800円~
512GB 117,800円~ 137,800円~
1TB 139,800円~ 159,800円~

11インチと12.9インチがあり、ストレージ容量も4種類から選べます。

5月に発売したキーボード「Magic Keyboard」は価格は11インチで31,800円、12.9インチで37,800円です。

旧モデルとの比較

新型「iPad Pro」と旧モデルを比べると、見た目や使用感はほとんど変わっていません。

「Liquid Retina」ディスプレイを搭載し、最大10時間のバッテリー容量で、カラーは「グレー」と「スペースグレー」です。

大きな変更点は、プロセッサです。旧モデルは「A12X Bionic」でしたが、新型から「A12Z Bionic」に変わりました。

またカメラも2眼レンズを搭載するようになりました。

ストレージ容量も変更点で、旧モデルは64GB~でしたが、新型は128GB~と大容量ストレージに変更されています。こうした旧モデルとの比較の詳細は次の通りです。

  旧モデル 新型
プロセッサ A12X Bionicチップ A12Z Bionicチップ
ストレージ 64GB~1TB 128GB~1TB
カメラ 広角 12MP f1.8 29mm 広角 12MP f1.8 29mm
超広角 10MP f2.4 15mm
無線LAN 11ac対応 11ax(Wi-Fi 6)対応
重さ 12.9インチ:631g~
11インチ:468g~
12.9インチ:641g~
11インチ:471g~
バッテリー 12.9インチ:36.71Wh
11インチ:29.37Wh
12.9インチ:36.71Wh
11インチ:28.65Wh

2020年3月発売のMacBook Air

2020年3月発売の「MacBook Air」は、最大2倍のパフォーマンスを発揮するプロセッサを搭載し、ボディが100%再生アルミニウムで作られているパソコンです。

キーボードはシザー構造が採用され、ホコリが入りにくく、打ちやすさを感じられるでしょう。2560×1600の高解像度ディスプレイで、画面が見やすいことも特徴に挙げられます。

さらに指紋認証センサーも搭載され、手軽にロックを解除できます。バッテリーの駆動時間も長くなり、5V出力の充電器などに対応しています。

2020年モデルは、2020年3月27日に発売されました。2019年7月9日に発売された2019年モデルは、販売終了となりますが、整備済製品などで入手できる可能性はあります。

MacBook Airの価格

「MacBook Air」の価格は次の通りです。

種類 価格 分割払い
1.1GHzデュアルコアCore i3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
256GBストレージ
Touch ID
104,800円 24回払いで月4,803円~
1.1GHzクアッドコアCore i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
512GBストレージ
Touch ID
134,800円 24回払いで月6,178円~

このようにプロセッサ・ストレージ容量によって価格が異なります。

MacBook Air2019年モデルとの比較

MacBook Air2019年モデルと新型を比べると、本体カラーがスペースグレイやゴールド、シルバーであったり、バッテリー容量49.9Whであったりすることは同一です。

13.3インチのディスプレイやインカメラなどにも、変更点はありません。変更点の詳細は次の通りです。

  2019モデル 2020モデル
CPU Core i5 2コア 1.6GHz Core i3 2コア 1.1GHz
Core i5 4コア 1.1GHz
Core i7 4コア 1.2GHz
GPU UHD Graphics 617 Iris Plus Graphics
ストレージ 128GB
256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
2TB
メインメモリ 8GB 2,133MHz LPDDR3 8GB 3,733MHz LPDDR4X
キーボード バタフライ構造キーボード Magic Keyboard
Bluetooth 4.2 5.0
内蔵スピーカー ステレオ ワイドステレオ「Dolby Atmos」再生に対応
サイズ 30.41×21.14×0.41~1.56cm 30.41×21.14×0.41~1.61cm
重量 1.25kg 1.29kg

大きな変更点は、キーボードがMagic Keyboardになったことと、高性能なCPUのスペックが選べるようになったことです。

2019年10月発売のAirPods Pro

「AirPods Pro」は、2019年10月28日に発売しました。前作は、2019年3月20日に発売されたため、およそ半年ぶりの新製品です。

マイクで周囲の音を取り込み、それを打ち消す音をイヤホンから出して余計なノイズを消し去る「アクティブノイズキャンセリング」を搭載しています。

また「外部音取り込み」機能もあるため、わざわざイヤホンを取り外さなくても問題ありません。耳の穴に差し込むカナル型も採用され、音漏れしにくくなりました。

IPX4相当の耐汗・耐水性能を備えています。バッテリーも音楽再生で約4.5時間使用可能です。

またAndroidスマホでも利用でき、「S」「M」「L」の好きなサイズに変更することも可能です。

AirPods Proの価格

「AirPods Pro」は27,800円で販売されています。またAppleでは、名前や電話番号などを刻印できるサービスも無料で提供しています。

さらに3,400円の「AppleCare+ for ヘッドフォン」に加入すれば、2年間の保証とサポートが受けられます。

AirPodsとの比較

AirPodsには第一世代と第二世代があります。それぞれを「AirPods Pro」と比較してみましょう。

  AirPods第一世代 AirPods第二世代 AirPods Pro
イヤホンサイズ 40.5×16.5×18.0mm 40.5×16.5×18.0mm 30.9×21.8×24.0mm
イヤホン重量 4g 4g 5.4g
イヤホンタイプ インナーイヤ型 インナーイヤ型 カナル型
ケースサイズ 53.5×44.3×21.3 mm 53.5×44.3×21.3 mm 45.2×60.6×21.7 mm
ケース重量 38g 40g 45.6g
充電方法 Lightningコネクタでの有線充電 Lightningコネクタでの有線充電
ワイヤレス充電マット(Qi対応)
Lightningコネクタでの有線充電
ワイヤレス充電マット(Qi対応)
再生時間 最大5時間 最大5時間 最大4.5時間
連続通話時間 最大2時間 最大3時間 最大3.5時間
Siriへのアクセス ダブルタップ ダブルタップ
「Hey Siri」と話しかける
ダブルタップ
「Hey Siri」と話しかける

カラーバリエーションは「ホワイト」のみとなっており、変更はありませんが、「AirPods Pro」だけノイズキャンセリングに対応しています。

またイヤホンタイプもインナーイヤ型からカナル型に変更されました。

2020年夏以降に発売されるApple新製品の噂

2020年夏以降に発売されるApple新製品の噂は、次の通りです。

  • iPhone12は2020年秋に発売か
  • コロナウイルス感染症の影響で延期される可能性も

それぞれの詳細を紹介します。

iPhone12は2020年秋に発売か

2020年の秋に、「iPhone12」が発売されるという噂があります。現時点での「iPhone12」の噂されるスペックや特徴は次の通りです。

デザイン iPad Proコンパクト化したデザイン
カラーバリエーション ネイビーブルーを追加
ディスプレイ 5.4インチ1機種、6.1インチ2機種、6.7インチ1機種
すべてのモデルが有機ELディスプレイ など
モデムチップ 5G通信に対応
カメラ イメージセンサー式手ブレ補正
LiDARスキャナ搭載 など
プロセッサ A14 Bionic など
ストレージ容量 128GB以上

このようにカメラ性能の向上やディスプレイ品質の改良、5G通信対応が期待されています。

コロナウイルス感染症の影響で延期される可能性も

2020年の前半には、次の新製品の登場が予想されていました。

  • 新型MacBook Pro・Air
  • ハイエンドヘッドフォン
  • 忘れ物防止タグ など

しかし新型コロナウイルス感染症の影響により、夏以降も発売が延期される可能性もあります。

Appleの新製品情報を常にチェックしよう

まとめとして各商品の情報を簡単におさらいしましょう。

2020年4月に発売された「iPhone SE」は、シングル12MPカメラが採用され、指紋認証にも対応して、第1世代よりもスペックが優れています。

2020年3月に発売された「iPad Pro」は、「A12Z Bionic」というプロセッサになっており、3Dのデザインや4Kビデオの編集などを楽しめるだけではなく、AR体験も満喫できるでしょう。

2020年3月に発売された「MacBook Air」は、最大2倍のパフォーマンスを発揮するプロセッサを搭載し、ボディが100%再生アルミニウムで作られ、シザー構造のキーボードで扱いやすいです。

2019年10月発売の「AirPods Pro」は、余計なノイズを消し去る「アクティブノイズキャンセリング」を搭載し、「外部音取り込み」機能もあり、前作の「AirPods」よりも高機能です。

2020年夏以降に発売されるApple新製品は、カメラ性能の向上や5G通信対応などが期待されている「iPhone12」と言われていますが、コロナウイルス感染症の影響で延期される可能性も考えられるでしょう。

Appleの新製品4つと夏以降に販売される商品1つの合計5つを紹介しました。買い替えを検討している人はぜひ進化し続けるApple商品を体験してみはいかがでしょうか。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年06月30日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード