ソフトバンク光

ウルトラワイドモニター初心者におすすめの選び方を解説

「ウルトラワイドモニターの購入を考えているけれど、どれを選んだらわからない」このような疑問に答えます。モニターには様々な種類があるので、自分の使い道に合ったモニターを選ぶ基準から、用途別のおすすめモニターや、一緒に購入すると便利なアイテムの紹介まで行います。
【公式】カシモWiMAX ウルトラワイドモニター初心者におすすめの選び方を解説

モニターを使ってゲームをしている、PCで仕事をするのにたくさんのブラウザを開く人は、一度はウルトラワイドモニターの購入を考えたことがあるのではないでしょうか。

画面が横に大きくなることで敵の発見が速くなり、ゲームの結果に大きく左右されることから、モニター選びはとても大切です。

仕事で利用する場合、大画面で編集作業をしたり、複数の作業を一つの画面で行えるので、作業効率が上がります。

様々な用途に合ったウルトラワイドモニターの紹介を中心に、選ぶときのポイントも含めて説明します。

ウルトラワイドモニターの特徴

ウルトラワイドモニターは、通常のモニターより横に広く、ゲームや映画鑑賞で利用する人に人気のモニターです。製品次第で種類や形状が違うので、その点も踏まえて紹介していきます。

横幅が広く大画面で楽しめる

画面の縦横比が21:9と横に長いという特徴を生かして、画面上に複数の情報を一気に表示させたり、大画面で迫力のある映像を楽しむことができます。

ウルトラワイドモニターは特にゲーム目的で使用されることが多く、画面が横に長いので敵を一早く発見できるという利点があります。

ある程度スペースが必要なモニターなので、購入前に自分の使用スペースに収まるか確認しておくことが大切です。

湾曲タイプのモニターはゲーム向き

通常のPCモニターと同じく、画面が平らなモニターを平面タイプ、画面が少し内側に曲がっているモニターを湾曲モニターといいます。

平面タイプは、広い画面を使って効率良く作業を進められるため、オフィスワークやクリエイティブな作業をするのにおすすめです。

湾曲タイプは、映画観賞やゲームに最適です。内側に湾曲しているので、平面モニターと比べて視野角が気にならずに画面全体が見えます。

注意点として、湾曲モニターには形状ならではのデメリットがあります。

画像を加工したりする際に見え方が変ってしまう可能性があることや、画面横から第3者が回覧するのに向いていないため、編集作業や複数人で使用するのに不向きとされています。

光沢のあるモニターと無いモニターがある

モニターには2種類あり、表面に光沢があるグレア液晶と光沢がなく光の反射が少ないノングレア液晶があります。

グレア液晶は、表面の光沢のおかげで色鮮やかに映像を見られるので、映画鑑賞やゲームに向いています。

しかし光沢で鮮明に見える反面、光の反射を受けやすいため、照明や外の光の影響で画面に自分の顔が映り込んでしまうことがあります。

ノングレア液晶は、グレア液晶と比べて映像の鮮やかさは劣りますが、外部からの影響受けにくいので、左右されずに使用できます。また、光が反射しづらいので目に優しいという利点もあります。

▼iPhone格安SIM通信ではおすすめのPCゲームをご紹介しています。ぜひご一読ください。

ウルトラワイドモニターの選び方

ウルトラワイドモニターを選ぶ際に「何を基準に選べばよいのかわからない」という人に向けて、ウルトラワイドモニターを選ぶときのポイントについて説明します。

値段を基準に選ぶ

ウルトラワイドモニターの価格帯は、3万円台の製品から20万近くの製品まで様々です。応答速度やリフレッシュレートなど、モニターの性能によって値段が左右されることもあります。

値段の基準は画面の大きさや性能の高さと比例します。また、ゲームで使用する場合は早い動きに対応するため、ある程度性能の高いモニターが必要になるので価格が上がる傾向にあります。

使用用途に沿ったモニターを選ぶ

ゲームや映画鑑賞なら湾曲モニターが向いており、オフィスワークで使うなら平面モニターが使いやすいなど、用途に応じて適切なモニターを選ぶとよいでしょう。

また、ゲームのように画面上の動きが早い場合は、応答速度の速さやリフレッシュレートの高さを優先するとよいです。

事務作業で使う場合は、ブルーライト軽減機能やフリッカーフリーなど目に優しい機能を優先するなど、使用用途に必要な機能の優先順位を知ることが大切です。

自分の環境で使用可能なサイズを選ぶ

ウルトラワイドモニターの特徴でもある大画面は、使用場所によってはデメリットになってしまう可能性があります。

モニターと目の距離に応じてサイズを選ばないと、目が疲れてウルトラワイドモニターの持ち味を生かせなくなることがあるので注意が必要です。

ゲームにおすすめのウルトラワイドモニター4選

ゲームをするのに向いている、大画面で湾曲タイプのモニターを中心に紹介します。

商品名 値段 サイズ 解像度 形状
I-O DATA GigaCrysta LCD-GCWQ341XDB 75,690円(税込) 34インチ 3440×1440 平面タイプ
HKCゲーミングモニター C340 59,999円(税込) 34インチ 3440×1440 湾曲タイプ
LG ゲーミング モニター 34UC70GA-B 67,819円(税込) 34インチ 2560×1080 湾曲タイプ
LG ゲーミングモニター 34GL750-B 61,381円(税込) 34インチ 2560×1080 湾曲タイプ

I-O DATA GigaCrysta LCD-GCWQ341XDB

通常の応答速度は14msですが、「オーバードライブ機能」という応答速度を速くする機能を利用することで、応答速度2msを可能にしています。

画面のちらつきを防ぐ「フリッカーレス」機能使用できるため、一瞬の動きが勝敗を左右するゲームに欠かせない機能が備わっています。

モニターは平面タイプで、視野角が広いADSパネルを使用しています。

そのため、複数名で画面を見るのにも優れています。

HKCゲーミングモニター C340

リフレッシュレートが100hzと高いため、従来のモニターと比べて滑らかな映像を実現できます。

リフレッシュレートが低いと映像がブレてしまうことがあるので、ゲーム目的でモニターを購入する方は意識することをおすすめします。

湾曲タイプでブルーライトを押さえる機能も付いているので、大画面で長時間ゲームをプレイする人に向いています。

LG ゲーミング モニター 34UC79GA-B

周りの環境に左右されず、動きの多いゲームをストレスなく楽しみたい人におすすめの商品です。リフレッシュレートが144hzと高速なので、映像のブレを気にすることなく使用できます。

また、ノングレア液晶なので外光の影響を受けにくいことや、暗いシーンでも映像が見えやすくなる「ブラックスタビライザー機能」が搭載されている点も魅力の1つです。

LG ゲーミングモニター 34GL750-B

ゲームをする上で役に立つ機能を豊富に揃えているのが特徴で、次のようなゲームをする上で有効な機能を搭載しています。

  • DASモード:画面の出力するまでのラグを抑える
  • ブラックスタビライザー:暗いシーンでも視認性が上がる
  • クロスヘア:画面の中心に十字マークが現れ、敵を狙いやすくする

リフレッシュモードも144hzと申し分なく、様々なゲームで活用できるモニターです。

仕事におすすめのウルトラワイドモニター3選

オフィスワークで使用する場合、モニターの場所が限られるケースが多いため、比較的標準サイズに近いモニターを中心に紹介します。

商品名 値段 サイズ 解像度 形状
LG 25UM58-P 25インチ 42,929円(税込) 25インチ 1920×1080 平面タイプ
LG ウルトラワイド液晶モニター 29WK600-W 52,246円(税込) 29インチ 2560×1080 平面タイプ
LG モニター ディスプレイ 29UM59-P 41,000円(税込) 29インチ 2560×1080 平面タイプ

LG 25UM58-P 25インチ

ウルトラワイドモニターの中ではサイズの小さい25インチなので、モニターを置くスペースが限られている人におすすめです。

デスクワークの悩みの1つでもある目の疲れを軽減するブルーライトを軽減する機能も搭載されているため、長時間のオフィスワークにもおすすめです。

LG ウルトラワイド液晶モニター 29WK600-W

オフィスワークでウルトラワイドモニターを使用したい方の中には、大画面を利用して複数のタスクを同時に行いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

こちらの商品は、視野角の広いIPSパネルを使用しているので、画面が広くても色彩の見え方を均一に保つことができるので、画面いっぱい利用して作業を行いたい人におすすめです。

HDRという、明るさの幅を広く表現できる技術を使用していることから、画質が鮮やかなため画像や動画編集などのクリエイティブな仕事も可能です。

LG モニター ディスプレイ 29UM59-P

「スクリーンスプリット」という、画面を分割表示させることで2つの作業を同時進行できる、オフィスワーク向けの機能が付いています。

ブルーライト軽減機能とフリッカーセーフ機能の搭載により目にも優しく、ノングレア液晶なので外光に影響を受けづらいことから、長時間モニターを利用する人におすすめです。

コスパ重視の人におすすめのウルトラワイドモニター3選

比較的低価格で購入可能なものと、価格以上の性能を持っているモニターを紹介します。ウルトラワイドモニターを初めて購入する人におすすめです。

商品名 値段 サイズ 解像度 形状
LG ゲーミング モニター 29UM69G-B 34,627円(税込) 29インチ 2560×1080 平面タイプ
LGディスプレイ 34WL500-B 39,915円(税込) 34インチ 2560×1080 平面タイプ
JAPANNEXT JN-VG34100UWQHDR 49,980円(税込) 34インチ 3440×1440 平面タイプ

LG ゲーミング モニター 29UM69G-B

ウルトラワイドモニターの中では低価格の3万円台でありながら、ゲーム機能からオフィスワークで役に立つ機能まで搭載されている高性能ゲーミングモニターです。

ゲームの師匠になる映像の残増感を抑える「1ms Motion Blur Reduction」という機能をはじめ、次のようなゲーム機能を搭載しています。

  • AMD FreeSyncテクノロジー
  • ブラックスタビライザー
  • DASモード

また、ブルーライト軽減機能とフリッカーセーブ機能など目の負担を軽減する機能も充実しているため、長時間の作業にも向いているモニターです。

LGディスプレイ 34WL500-B

視野角の広いIPSパネルを使用しており大画面のため、複数人での映画鑑賞や動画鑑賞に優れています。34インチで3万円台というコストパフォーマンスの良さも魅力の1つです。

また、HDRに対応しているので、従来の映像(SDR)をより鮮明に見ることができることや、目に優しいブルーライト軽減機能、フリッカーセーフ機能も使用できることから、長時間利用する人にもおすすめです。

JAPANNEXT JN-VG34100UWQHDR

VAパネルを使用しているのでコントラスト比が高く鮮明な映像を表現できる反面、視野角が広い方ではないため、1人で集中してゲームやクリエイティブな仕事がしたい人におすすめのモニターです。

モニターの応答速度が5msでリフレッシュレートが100hzなので、ストレスなくゲームを楽しむのに申し分ない性能であり、解像度も高いことからデザイン作業にも向いています。

ウルトラワイドモニターと一緒に購入すると良いアイテム

大画面のウルトラワイドモニターをより便利に使用するためのアイテムを紹介します。モニターの配置場所で困っている方やモニター周りが片付かない人におすすめです。

モニターアームでモニターの位置も自由自在

モニターアームとは、モニターの後部と机をつなぐ器具のことで、使用すると可動域が大きく広がり、モニターの位置を自由に移動できるので場所を取らず利用できます。

モニターアームを購入する際は、下記の2つをチェックする必要があります。

  • モニターアームの取り付け方
  • モニターアームの動き

モニターアームにも種類があり、それぞれ取り付け方や動きが違うため、購入前に確認しておきましょう。

LOUTYTUO モニターアーム B07X9JMDHP

壁に取り付けるタイプのモニターアームになり、13インチから31インチまで対応可能なので、ウルトラワイドモニターも取り付けられます。

上下へ大きく動かすことはできませんが、前後左右に自由度高く動かせるため、友人や同僚に画面を共有したり、壁掛けなのでモニター下を自由に使用できます。

値段 3,280円(税込)
耐久度 18kg
特徴 2つの関節を使用しており、アームの固定が可能

スペースを作るならモニター台

モニター台を活用することで、次のような3つの利点があります。

  • 目線が高くなり姿勢が良くなる
  • モニター周辺の整理が容易になる
  • 作業効率が上がる

モニターだけの配置だと、高さが足りず目線が下の状態で作業することになるのですが、モニター台を利用することで目線が高くなり、前傾姿勢にならず作業することが可能になります。

また、モニター台を使用することでモニター台の下に収納場所ができるため、キーボードを閉まったり周辺器具を収納することもできます。

中にはUSBポートやスマホスタンドが付いているモニター台もあるため、自分の使用方法に合ったモニター台を選ぶことで、作業効率のアップにも繋がります。

頑丈で多機能な「Fy-Light モニター台 B07PMJ71ST」

最大60kgの重さに耐えられる強化ガラスを使用した製品のため、大画面で重量のあるウルトラワイドモニターも安心して利用できます。

また、モニター台の右横に入力用のUSBポートが3つ、出力用のUSBポートが1つあるため、スマホとのデータ通信ができるのも魅力の1つです。

値段 3,170円(税込)
耐久度 60kg
サイズ 幅565mm×奥行210mm×高さ90mm

大画面でゲームや仕事を快適に行おう

ウルトラワイドモニターの醍醐味である大画面は、迫力のある映像を楽しめたり、複数作業を同時進行できたりと利点が多い反面、使用場所に合ったサイズを選ばないと使いづらく感じるので、注意が必要です。

モニターの使い道次第でモニターの向き不向きがあるため、適切な製品を選ぶためにもモニターの種類や選ぶときのポイントは押えておくことをおすすめします。

ウルトラワイドモニターのことを理解して、自身の使い道に最適な商品を見つけましょう。

公開日時 : 2020年06月27日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード