Androidおすすめ
  • スマホ

スマホを2台持ちするメリット・デメリット|おすすめの組み合わせを紹介

スマホの2台持ちを検討している人のために、スマホを2台持つメリットやスマホ会社の組み合わせを紹介しています。2枚のSIMを入れることができるデュアルSIM対応スマホについても触れ、おすすめのデュアルSIM対応スマホを掲載しています。
docomo スマホを2台持ちするメリット・デメリット|おすすめの組み合わせを紹介

近頃、スマホの機能は驚くほど増えています。それに従って用途も増え、スマホが1つでは足りないなと感じる人もいるのではないでしょうか。

「仕事のやりとりは別のスマホでしたい」「趣味でスマホの容量がいっぱいになってしまって、もう1つスマホが必要だ」などと思っていても、実際に費用はどのくらいかかるのかなど、疑問は次々に出てきます。

ここでは、スマホを2台持つメリットやスマホ会社の組み合わせ、2台持ちにおすすめのスマホを紹介します。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

スマホの2台持ちがおすすめなケース

スマホを2台持っていた方が便利なケースを見ていきましょう。

仕事とプライベートで使い分けたい

スマホを仕事とプライベートで使い分けたいという人も多いのではないでしょうか。

仕事用とプライベート用を分けることで、スマホの用途が明確になり、プライベートのスマホに仕事のデータを持ち込まずに済んだり、メリハリをつける効果が期待できます。

アプリやデータを端末ごとに分けたい

趣味アプリなどでデータをたくさん使う場合は、使い分けるとより便利な場合があります。

1つのスマホは使える容量が限られているので、趣味などでアプリをたくさんインストールしていると、その他必要なアプリを入れられなかったり、写真を撮りたいときに撮れないなどがあります。

例えば、ゲームが好きでゲームアプリをたくさんインストールしている人の場合、1つのスマホでは容量がいっぱいで、写真やSNSアプリなど、他の用途にデータ容量を使えない場合があります。

容量がないからといって、1つアプリを消してまた消しての繰り返しは少し不便です。

スマホを2台もっていれば、一方は音声通話や連絡用、もう一方はゲームアプリ用と使い分けられます。

ゲーム以外でも、写真をたくさん撮る場合や動画アプリをたくさんインストールしたい場合など、通信と趣味に使い分けられます。

小さい子供と一緒に使いたい

小さい子供がいる家庭の場合、用事がある間は子供に動画を見せておくことがあるかもしれません。

子供の小さな手では、スマホを落としてしまうことが頻繁にあったり、間違えて仕事の連絡を開くなど誤操作をしてしまう可能性もあります。

もちろん子供がスマホで動画を見ている間は、自分はスマホを触ることはできないので、仕事ができない、連絡がとれないなどといったこともあるでしょう。

スマホを2台持てば、子供にスマホで動画を見せている間もスマホが使えるため、子供に誤操作をさせてしまう心配もなくなります。

スマホを2台持つメリット

スマホを使い分ける必要があるケースを踏まえて、スマホを2台持つメリットを見ていきましょう。

機能の使い分けができる

スマホを2台持つと機能の使い分けができます。例えば仕事とプライベートで分けた場合、一方で仕事の通話をしながら、一方で仕事の内容について調べたり、必要な資料を見たりできます。

趣味と通信で分ける場合も同様です。

一方でアプリを起動させながら、もう一方で通話をしたり、ゲームアプリなど容量の多いもの専用のスマホとして使い、通信で使うスマホは最低限の機能のみに絞って普段使いできます。

\半年間実質0円!/
LINEMO

使い方次第で料金を抑えられる

2台持つと必ずしも料金も2倍になるというわけではありません。

今までキャリアのスマホを使用していた人は、格安SIMを使って料金を安くする方法があります。

例えば、キャリアのプランを通話ができるシンプルなものにし、その分データ通信は格安SIMの大容量プランで対応する方法があります。

また、2台とも格安SIMスマホにして、片方を音声通話SIM、片方をデータSIMにして、用途に限定した安いプランを選択することで価格を抑えることは可能です。

今までキャリア携帯を利用していた人は、この方法を使えば今の料金よりも安く利用できる場合があります。

バッテリーが消耗しにくい

2台持っていれば、1台当たりの使用頻度は下がるので、1台だけで使用するよりもバッテリーの消耗は遅くなります。

バッテリーは日々の充電によって劣化していくものなので、数年使い続けるとバッテリーの持ちが著しく悪くなったり、電源がつかないということもあります。

しかし、用途に分けてスマホを使うとその分使用時間も短く、バッテリーの減りも少ないため、充電の回数も減り、バッテリーが長持ちします。

通信エリアが広がる場合もある

2台のスマホを持つことで通信エリアが広がる場合があります。

通信キャリアはそれぞれの通信回線を利用していて、異なるキャリアの格安SIMスマホを持つと、2会社分の通信エリアを利用できます。

例えば、キャリアで5G対応のスマホを持つ場合、現在では提供エリアはごく限られていますが、格安SIMの4G対応スマホと併用することにより、より広い範囲で通信できます。

より通信エリアが広るという面では、アウトドアをする人にとって便利でしょう。

万一の際の備えになる

万が一破損してしまったり、水没してしまっても、もう1台スマホを持っていれば、予備として利用できます。

1台だけでは操作ができなくなってしまい、故障の対応を調べられなかったり、その間に仕事ができないことがありますが、もう1台あれば通信連絡手段として使えます。

紛失してしまったときはアプリなどでもう片方のスマホで探すこともできたり、通信量が足りないときはデザリングすることもできます。

また、バッテリーの代わりになるスマホもあり、そうした機能を持つスマホを持っていれば、外出先で充電することも可能です。

スマホを2台持つデメリット

スマホを2台持つ際のデメリットも紹介します。

2台分の料金がかかる

メリットでも紹介したように必ず高くなるというわけではありませんが、今まで格安SIMスマホを利用していた場合は2台持つと、単純に2台分の料金がかかってしまいます。

しかし、大手キャリアのスマホを利用している場合は、格安SIMスマホへの乗り換えで料金が抑えられる場合がありますので、プランをしっかり検討して選びましょう。

管理するものが増える

2台持つと用途別に分けて使えるので便利ではありますが、その分データも2倍になります。

写真やアドレス帳など別々で登録すると手間がかかり、別のスマホ会社を使う場合は支払いも別のため管理が少し面倒かもしれません。

2台持ちにおすすめの組み合わせ

スマホを2台持ちたいけれど、どの組み合わせで持てばいいのかわからない…という人のために、おすすめの組み合わせを紹介します。

キャリア×格安SIM

現在大手キャリアのスマホを使っている人におすすめです。格安SIMを今まで使ったことが無く、使い勝手が心配な場合でも、お試しのような使い方ができます。

キャリアの料金に格安SIMが上乗せされるかたちになりますが、料金プランを選べば安くできます。

例えばキャリアスマホは通話用、格安SIMは通信用とし、キャリアで通話し放題プランを選びそれ以外のサービスは控えめにして、格安SIMスマホでデータ通信し放題のプランを選ぶという方法もあります。

こちらの記事では、スマホ代を節約できるおすすめの格安スマホをランキングでご紹介しています。

格安SIM×格安SIM

2台とも格安SIMにすると、比較的安くなることが多いです。

通話のプランが充実している格安SIM会社と通信し放題などのプランがある格安SIM会社を選べば、通話と通信と分けて利用できます。

格安SIM会社によって得意としているプランが違うので、お得な部分を組み合わせると、より便利に安く利用できます。

それ以外にも、違う格安SIM会社を利用して異なる回線を使えば、通信障害のリスクも緩和できます。

また、同じ格安SIM会社で契約すれば、されに費用が抑えられる場合もあります。

格安SIM会社によっては、LINEやYouTubeがカウントされないカウントフリー機能などもあるので、よく使うものやプランを検討して組み合わせることが重要です。

キャリア×キャリア

キャリアスマホとキャリアスマホで2台持ちする方法は最も費用が高くなりますが、格安SIMスマホを試してみて、使い勝手が合わなかった人におすすめです。

ドコモ・au・ソフトバンクなど、それぞれ違うキャリアのスマホを持てば、単純に通信エリアが2社分になるメリットがあります

どうしてもキャリアとキャリアで費用をできるだけ抑えたい人は、同じキャリアで2台目を購入すれば費用が抑えられる場合があるので、調べてみましょう。

楽天モバイルを使っている方は、楽天モバイル2回線目以降に無料キャンペーンは使えるのか解説した記事をご覧ください。

番外編 スマホ×ガラケー

スマホとガラケーやガラホで2台持ちをする方法もあります。

ガラホとは、見た目はガラケーのままでOSや回線がスマホと同じ端末のことを言います。ガラケーやガラホは、スマホより端末代金や月額料金が安いので、とくにスマホである必要がない人にはおすすめです。

ガラケーやガラホを通話用とし、2台目に格安SIMスマホでアプリなどを利用するという方法で費用を抑えられます。

スマホを2台持ちするポイント

スマホを2台持ちすると以下のようなお得なポイントがあります。

テザリングでWiFiルーター代わりに

2台のスマホでデザリングを行い、片方のスマホをルーター替わりに使用できます。

この方法を使えば、用途に応じた2台のスマホが持てる上、WiFiを新しく契約する手間が省けます。

格安SIMスマホには、WiFiルーターのように毎月無制限でデータ通信を行えるプランがある会社もあり、ルーターを別途契約するより安く済む場合があります。

ひとつのLINEアカウントを共用したい場合

2台のスマホを持ってもLINEは同じアカウントを共有したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

LINEのアカウントは電話番号に紐づいているため、複数のスマホで1つのLINEアカウントを利用することはできません。

どうしても2台とも同じアカウントを共有したいという人のために、「LINE Lite」というものがあります。LINE Liteは海外向けのアプリで、制限付きですが、LINEを複数の端末で利用できます。

しかし、海外向けということもあり、日本版のGoogleアカウントでは利用できず、海外のアカウントを作ってからGooglePlayにアクセスし、インストールすれば一手間かかりますが、利用できます。

2台持ちをせずにデュアルSIMを活用する方法も

「デュアルSIM」とは、1つのスマホに2つの異なるSIMカードを入れられる機能のことです。

外出時など2台持つのは面倒…という人には、2台持ちをせずにデュアルSIM対応のスマホを使うことをおすすめします。

2枚のSIMカードを1台のスマホで使う

デュアルSIMは2枚のSIMカードを1台のスマホに入れられるので、用途別に2つスマホを持ちたい場合も便利です。

例えば、仕事用とプライベート用で分けたい場合、デュアルSIM対応のスマホを使えば2つの電話番号を1つのスマホで切り替えて使えます。

これなら、常に仕事のためにもう一つのスマホを持ち歩かなければいけない、忘れた場合外出先で仕事の連絡が受けられないことも無くなります。

2つの回線を切り替えることなく、同時に着信ができる機能があるDSDSやDSDV対応のスマホもあり、手動でSIMを切り替えることなく電話を受けられるのでとても便利です。

また、1つを通話用、もう1つをデータ通信用として利用したい人は、音声SIMとデータ通信SIMをそれぞれ契約し、1台のスマホに入れることも可能です。

2台を管理しなくても良いことはもちろん、端末代金の節約にもなります。

キャリアスマホと格安スマホが1台で使える

格安SIMスマホの2台持ちでなくても、キャリアスマホと格安SIMスマホを1台で使うことも可能です。

キャリアスマホの特徴は、キャリアメールが使えることと、通話し放題のプランがあることです。

そのため、キャリアで通話し放題のプランを契約し、格安SIMスマホでデータ通信プランを契約して1台のスマホに入れて使うと、スマホ料金がお得になります。

キャリアメールを使う必要のある人や、よく通話をする人にはおすすめです。

デュアルSIM対応のおすすめ端末

デュアルSIMの特徴を踏まえて、デュアルSIM対応のおすすめの端末を紹介します。

DSDS対応の人気おすすめスマホは、こちらもご覧ください。

iPhone 11 Pro

iPhone 11 Proは、eSIM対応デュアルSIMスマホです。主な特徴は下記の表を見てください。

デュアルSIM対応以外にも、高性能なトリプルカメラを搭載し、バッテリー継続時間を長くさせるなど、スマホの機能を一段と広げたモデルとなっています。

主なスペックを表にまとめました。

  iPhone 11 Pro
ディスプレイサイズ 5.8インチ
端末サイズ 高さ144.0mm 幅71.4mm 厚さ8.1mm
重量 188g
ストレージ容量 64GB 256GB 512GB
SIMカードスロット

デュアルSIM

対応SIMサイズ nano-SIMとeSIM

AQUOS zero2 SH-M13

DSDV対応スマホです、DSDVとは、2枚のSIMカードの同時待ち受けが可能で、2枚とも4G回線を利用できる機能です。

DSDV対応であれば、手動で切り替えをすることなく電話を受けることができ、同時に4G回線を使えます。

主なスペックを表にまとめました。

端末名 AQUOS zero2 SH-M13
ディスプレイサイズ 6.4インチ
端末サイズ 縦158mm 横74mm 厚さ8.8mm
重量 約141g
ストレージ容量 256GB 8GB
SIMカードスロット SDSV対応
対応SIMサイズ nano-SIM ×2

スマホの2台持ちはそれぞれ用途を明確にしておこう

仕事用とプライベート用を区別したい、通信と通話で分けたいなど、スマホを2台持ちしたい理由は様々です。

ただ用途が決まっていない2台を持っているだけでは、単純に費用も倍になってしまい、便利とは言い切れません。

スマホを2台持つ場合は、必ず1つ1つの用途を明確にして、その上でキャリアや格安スマホ会社を選び、それぞれにあったプランを選ぶことが重要です。

また、2台持つのが面倒という人もいるでしょう。

その場合、2枚のSIMを入れられるデュアルSIM対応のスマホを選ぶことをおすすめします。中には手動で切り替える必要がなく、そのまま電話を受けられるスマホもあるのでとても便利です。

スマホ2台を上手く使い分け、より快適に利用しましょう。

公開日時 : 2021年07月27日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード