iPhoneの動画編集アプリおすすめ16選|動画編集のコツも紹介

最近はYouTubeなど動画制作が身近になっていて、スマホで動画撮影するYouTuberもいます。今回は、iPhoneで動画編集をしたいという方に向けて、おすすめの動画編集アプリを紹介します。プロ級の動画を制作したい方や初心者でも簡単に動画を制作したい方など、タイプ別に紹介します。
楽天モバイル20220722 iPhoneの動画編集アプリおすすめ16選|動画編集のコツも紹介

写真だけでなく、動画もスマートフォンで気軽に撮影する近年では、YouTuberが急激に増え、YouTubeに投稿する動画もスマートフォンで撮影しているYouTuberも多くいます。

今回は、iPhoneで気軽に動画編集をしたいという方に向けて、iPhoneで使えるおすすめの動画編集アプリと動画撮影のコツを紹介していきます。

タイプ別に紹介しているので、ぜひ自分に合ったアプリを試してみましょう。

\お得にスマホを契約しよう!/

動画編集アプリの選び方

まずは、動画編集のアプリを選ぶ前にどんなところに気をつけるべきか、選び方のポイントを紹介します。

動画の再生時間の確認をする

アプリによって動画の制作可能時間は異なります。

よくあるパターンは、無料のアプリは制作時間が短く、有料版や課金をすることによって、無制限に制作できるというものです。

「そこまで長い動画は作らない」と思っていても、意外と編集をしてみると、規定の時間内に入りきらなかったということはよくあります。

無料アプリでも制作時間が無制限のアプリもあるので、制作時間に制限がないアプリを選ぶことをおすすめします。

動画と静止画の両方編集できるアプリを使う

動画編集アプリには3パターンあります。

  • 静止画の写真を繋ぎ合わせてスライドショーのように動画を制作するアプリ
  • 動画しか編集できないアプリ
  • 静止画と動画のどちらも編集できるアプリ

静止画と動画のどちらも使えるアプリであれば、編集の幅も広がり、制作する動画自体にもメリハリがついて、見やすくなります。

操作が心配な方は、最初に静止画のみのスライドショーを制作し、慣れたら動画を組み合わせるとよいでしょう。

アプリのロゴが入らないか確認

動画のアプリには、「ウォーターマーク」というアプリのロゴが隅に入るものもあります。

無料アプリにはロゴが入るが、有料ではロゴが入らないというパターンもあります。

今までは無料アプリの場合はロゴが入るものが多数ありましたが、最近では無料でもロゴが入らないアプリもあるので、チェックしてみてください。

花火大会や夜景など画面が暗い動画を撮影していると、ロゴが目立ってしまうこともあり、撮影場所を選ぶことになってしまうので、ロゴが入らないアプリがおすすめです。

動画撮影のコツ

動画を編集するアプリも重要ですが、元の撮影する動画がもっとも重要です。

撮影自体がうまくできていないと、いくら良いアプリでも最大限に機能が発揮できない場合もあります。

そこで、ここでは動画編集をするための動画撮影のポイントを紹介します。

iPhoneは横向きがおすすめ

iPhoneで動画を撮影したとき、「横向きで撮影したはずが、あとで確認したら縦向きになっていた」という経験はありませんか。

実はiPhoneの特性上、iPhoneの傾きが中途半端な状態で録画ボタンを押すと、画面の向きがきちんと切り替わっていないことがあります。

まずは、撮影したい向きに画面が切り替わっているかというのを確認しましょう。

また、撮影した動画をどこかに公開などする予定の場合は、パソコンで見られることを想定して横向きで撮影すると、キレイに見えるでしょう。

iPhoneは機内モードに設定

動画撮影しているときによくあることは、電話やメール、LINEなどが届くことです。

通知があると、撮影は中断してしまい、動画が途切れてしまいます。

そういったことが起きないように、撮影するときは「機内モード」に設定しておくと通知を受け取ることはありません。

また、撮影後は機内モードの解除をしないと、相手から連絡が取れなくなるので、気をつけましょう。

スマートフォン用の三脚を使う

手振れのある動画はキレイではないので、振れないように三脚を使うと安定した動画が撮影できます。

また、動画を見るときに手振れのある映像を見ていると、車酔いのような現象が起きてしまうので、しっかり画面を固定した動画を撮影しましょう。

三脚が使えない、持っていない場合は、スマートフォンを両手でしっかり持ち、ヒジを軽く曲げ、脇を締め、腕をしっかり固定させてください。

ただし、撮影する場所が暗い場所だと手振れが起こりやすいので、撮影するものによって三脚はマストアイテムになるかもしれません。

照明をあてる

動画を撮影するときにクオリティの差がでるのは、照明です。

通常のオフィスなどは天井の蛍光灯が照明になりますが、上からのみの光は被写体に影を作ってしまい、顔色が悪く見えてしまいます。

時間帯よっては窓からの自然光を利用すると、とてもキレイに撮影できます。

しかし、常に自然光がある場所で撮影できるとは限らないので、そういった場合は、ポータブルの照明を利用してください。

長時間照明を使用する場合は、かなり電力を消耗するので、アダプタが付属しているタイプを使うと安心です。

外付けマイクを使用する

次に動画撮影のクオリティへ大きく影響するのが音声です。

iPhone本体のマイクだけだと、話し声はかなり小さくなってしまうので、何を話しているか聞き取りにくくなってしまいます。

また、周囲の音もかなり拾ってしまうので、無音の動画で良いという以外は外付けマイクをおすすめします。

最近では有線のマイクだけでなく、無線で使えるマイクも販売しています。

値段は有線よりやや高額で10,000円以上しますが、カメラとの距離を気にしないで動画を撮影できるので非常に便利です。

なるべくズームは使わない

iPhoneで動画を撮影中にズームにすると、画面を触ることになるので、手振れが発生してしまいます。

また、ズームにすればするほど画像は粗くなってしまうので、基本的にズームは使用しないようにしましょう。

ズームをしたい場合は、一度録画を一時停止して、カメラを近づけてから撮影した方が、後々編集したときキレイにでき上がります。

本格派からYouTube用まで!目的別おすすめ動画編集アプリ

おすすめ動画編集のiPhoneのアプリを紹介します。

目的別で紹介しますので、ご自身の目的に合わせてチェックしてみてください。

初心者でも操作が簡単なアプリ

動画の編集アプリは今まで使ったことがない方や操作に不安がある方におすすめのアプリです。

【無料】FilmStory – ムービー作成&動画編集&動画加工

好きな画像を選択するだけで、初心者でも簡単に動画が作れます。

かわいいフォントの字幕機能やBGMなども付けられるので、思い出アルバム的な動画制作におすすめです。

FilmStory  - ムービー作成&動画編集&動画加工
FilmStory – ムービー作成&動画編集&動画加工
開発元:Metaps Inc.
無料
posted withアプリーチ

【無料】Quik – GoProビデオエディタ

アウトドアやスポーツシーンの撮影で有名な「GoPro」から登場したアプリです。

選んだ音楽に合わせて、自動で動画を編集してくれるので、細かい操作は必要ありません。

用意されてあるテンプレートに沿って編集するので、オリジナリティ感は出にくいですが、手軽におしゃれな動画が制作できます。

Quik - GoProビデオエディタ
Quik – GoProビデオエディタ
開発元:GoPro, Inc.
無料
posted withアプリーチ

初心者でも簡単にスタンプや音楽がつけられるアプリ

初心者だけど、自分で音楽やスタンプなどを付けたい方におすすめのアプリです。

テンプレートではなく、少しこだわりたい方にはぴったりです。

【無料】Splice

「GoPro」が提供しているアプリです。

操作は非常に簡単ですが、トリミングやフィルターなどの基本操作は搭載済みです。

挿入できるテキストのフォントは少ないですが無料で使えるアプリ内蔵の音楽と効果音の種類が豊富なのが特徴的です。

さらに、iTunesの音楽も使用でき、音声を録音して使用することもできます。

音楽のリズムと動画が同期されていて、動画と音楽の再生スピードを自動で調整してくれます。

Splice - ビデオ編集
Splice – ビデオ編集
開発元:Bending Spoons Apps IVS
無料
posted withアプリーチ

【無料】VLLO(※有料版あり)

動くスタンプやアニメーションがつけられるアプリです。

動くスタンプなどを動画に使用することで動画にメリハリがつき、魅力的な動画になります。

有料版ではテキストを1文字ずつ色変更ができる機能や動画の彩度を調節できる機能なども追加されています。

かわいい動画を制作したい方にはおすすめです。

VLLO ブロ - 簡単に動画編集できるVLOGアプリ
VLLO ブロ – 簡単に動画編集できるVLOGアプリ
開発元:vimosoft
無料
posted withアプリーチ

【無料】 InShot(※一部有料スタンプあり)

シンプルな機能で簡単におしゃれな動画が制作できるアプリです。

アプリ内のスタンプが豊富で、ポップな動画を制作したい方にはおすすめです。

またアプリ内から直接Instagramに投稿できるので、Instagram用の動画を制作したい方には非常に便利なアプリです。

InShot - 動画編集&動画作成&動画加工
InShot – 動画編集&動画作成&動画加工
開発元:InstaShot Inc.
無料
posted withアプリーチ

プロ並みの本格動画編集におすすめアプリ

本格的に動画を編集したい方におすすめのアプリです。

細かい操作や設定などでオリジナリティ溢れる動画が制作できます。

【無料】Enlight Videoleap(※有料版あり)

基本的な機能のほかに露出の編集や4K・60fpsに対応など、多彩な機能が使えます。

日本語フォントは少ないですが、文字の縁取りをするなど文字加工もできます。

多機能なため、使い慣れるまでに時間が必要ですが、色々チャレンジしてみたい方にはおすすめです。

無料期間が終了する24時間前に有料版の購入をキャンセルしないと自動的に購入されてしまうので、無料期間だけ利用したい方は気をつけてください。

Enlight Videoleap:簡単動画作成・動画編集
Enlight Videoleap:簡単動画作成・動画編集
開発元:Lightricks Ltd.
無料
posted withアプリーチ

【無料】Adobe Premiere Rush(※有料版もあり)

パソコン用の画像加工ソフトやイラスト制作ソフトで馴染みのある方も多いかもしれませんが、Adobeの動画編集アプリです。

アプリは無料で利用できますが、無料の場合動画の書き出しは3回までです。

またクラウドストレージは2GBまでとなっています。

書き出しを無制限にしたい、クラウドストレージを100GB以上したい方は有料版を購入してください。

Adobe Premiere Rush: 動画作成 & 編集
Adobe Premiere Rush: 動画作成 & 編集
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

【有料】LumaFusion 3,680円

iPhoneやiPadなどのiOS搭載機器でプロ顔負けの本格的な動画編集ができるアプリです。

もともと用意されているフィルターなどもありますが、自分で細かく編集することができます。

また動画編集アプリでは珍しい解像度やフレームレート、コーデックの設定も自分でできます。

LumaFusion
LumaFusion
開発元:Luma Touch LLC
¥3,680
posted withアプリーチ

YouTube用の動画におすすめアプリ

YouTubeに投稿したい方におすすめのアプリです。

パソコンとスマートフォンの同期が可能だったりと連携機能が充実しています。

【無料】iMovie

わざわざダウンロードしなくてもiPhoneに標準搭載されているアプリです。

操作が非常にシンプルで現役YouTuberでも愛用者が多数いるそうです。

アプリ内蔵音楽もジャンル別に80種類あり、iTunesの楽曲や録音音声も使用できるので、音楽などにこだわりがある方にはおすすめです。

iMovie
iMovie
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

【無料】Magisto(※課金あり)

iPhoneだけでなく、パソコン用のソフトもあるアプリです。

操作が非常に簡単で、テーマとメロディを選択すれば、プロが作ったようなおしゃれな動画が制作できます。

無料版の再生時間は1分15秒までとなっていますが、アプリ内で課金をすれば無制限になります。

Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー
Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー
開発元:Vimeo, Inc.
無料
posted withアプリーチ

【無料】Clips

「iMovie」と同様Apple純正のアプリです。

機能は「iMovie」よりさらに簡単で、動画や写真にアニメーションやスタンプを追加できます。

また、動画撮影時に録音した音声が字幕として表示されるので、YouTubeで字幕を付けたい方にはぴったりな機能です。

ただし、後から字幕の追加や編集はできないので、気をつけてください。

Clips
Clips
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

動画を結合するのにおすすめアプリ

iPhoneで撮影した複数の動画を1つに結合した場合におすすめのアプリです。

様々なシーンをまとめたいときに便利です。

【無料】Video Merger(※無料トライアル期間は7日間)

複数の動画を1つにするアプリでかなり操作が簡単なアプリです。

動画を合わせること以外にも、トリムや音楽、透かしなども簡単に追加できます。

保存した動画はSNSなどにも簡単に投稿できます。

ただし、無料トライアルは7日間しかないので、気をつけてください。

ビデオマージャー: 動画を結合, 動画結合
ビデオマージャー: 動画を結合, 動画結合
開発元:SmoothMobile, LLC
無料
posted withアプリーチ

【無料】BeeCut

初心者でも簡単に動画を結合できるアプリです。

動画の出力も480p(ハイスピード)・720p(ハイスピード)・1080p(HD)と選べるのも魅力的なポイントです。

すべて無料で動画編集できるので、気軽に動画を結合したい方にはおすすめです。

BeeCut-動画編集アプリ
BeeCut-動画編集アプリ
開発元:Apowersoft Limited
無料
posted withアプリーチ

動画と静止画が利用できるアプリ

動画を静止画の両方が編集できるアプリです。

編集の幅も広がるので、様々な見せ方をしたい方にはおすすめです。

【無料】Adobe Spark Video

動画と静止画を組み合わせて、簡単にスライドショーが制作できるアプリです。

テキストや音楽、テーマなどを設定するだけで、簡単にプロ級の動画が完成します。

結婚式の思い出写真のスライドショーにも活用できます。

Adobe Spark Video
Adobe Spark Video
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

【無料】VideoShow(※一部有料課金あり)

無料版はテーマを選択するだけで簡単に動画が作れますが、手作業で細かく設定して制作することもできます。

有料アイテムは3日間だけ無料で使用することができるので、試しに使ってみてから購入を検討できます。

VideoShowには3タイプのアプリがあるので、自分が欲しいタイプをしっかり確認してからダウンロードしてください。

  • 買い切りタイプのPRO版
  • アプリ内アイテム課金の無料版
  • 無料版をコンパクトな機能にして完全無料にしたLITE版
VideoShow  - 多機能ビデオ編集ソフトウェア
VideoShow – 多機能ビデオ編集ソフトウェア
開発元:Shanghai Enjoy Information Technology Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

【無料】VivaVideo(※有料版もあり)

ボタンに機能名なども一緒に表示されるので、操作に迷わないアプリです。

また美肌カメラ機能が搭載されており、自撮りをするときに肌をキレイに見せたい女性には嬉しい機能です。

さらにアプリ内にはコミュニティ機能があるので、ほかの人がどんな動画を作っているのか参考にできます。

気をつけたいポイントはアプリ内課金で「VIP」と表示されているアイテムがありますが、こちらも課金せずに使用していると保存できないので、無料版ではアイテムは気をつけて選択してください。

VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工
VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工
開発元:QuVideo Inc.
無料
posted withアプリーチ

目的に合った動画編集アプリを見つけよう

「動画編集アプリ」と一言に言っても、アプリによって特徴がバラバラです。

遊び感覚で動画を制作したい方、プロ級の本格的な動画を制作したい方、YouTubeに投稿する動画を制作したい方など目的は人によって異なります。

どんな動画を作りたいかをしっかり定めてからアプリを選ぶとスムーズに選択できるでしょう。

遊び感覚で動画を制作するときは「iMovie」がおすすめです。操作も簡単なのに、おしゃれな動画が制作できます。

ぜひ、皆さんも自分に合った動画編集アプリを見つけてください。

写真にモザイクやぼかしをかけられるアプリの紹介を「[2020]モザイク&ぼかしをかけるアプリおすすめ|iPhone・Android用」で行っています。ぜひ参考にしてください。

公開日時 : 2020年06月10日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード