iPhoneでQRコードを読み取るには?|おすすめ専用アプリも紹介

スマホやタブレット端末でQRコードを読み取る場合、専用アプリをダウンロードする必要があります。ここでは、iPhone端末を使ったQRコードの読み取り方、及び読み取れない場合の原因や対処方法のほか、おすすめQRコード専用アプリを紹介していきます。
新型ihone12噂 iPhoneでQRコードを読み取るには?|おすすめ専用アプリも紹介

QRコードをスマホやタブレット端末で読み取るには、通常、QRコード専用アプリをダウンロードする必要があります。

最近ではキャッシュレス化の影響もあって、QRコードを使った決済ができるお店も増えており、少しずつ需要も高まっています。

しかし、これまでQRコードを利用したことがなく、実際に使い方が分からないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、iPhone端末を使ったQRコードの読み取り方や、QRコードが読み取れない場合の原因や対処法について、詳しく解説していきます。

おすすめQRコード専用アプリも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

QRコードとは

QRコードとは1994年に自動車部品メーカー「デンソー」の子会社、「デンソーウェーブ」が開発した日本発の技術です。

バーコードの場合、情報が横並びになっているため「一次元コード」と呼ぶのに対し、QRコードは縦と横の2方向の情報が記録できることから「二次元コード」と呼ばれています。

これまで、バーコードに書き込める記録は「英数字で約20字」程度でしたが、QRコードでは「数千文字」の記録ができるほか、カナや漢字を使えるようになりました。

また、QRコードには3隅に配置されている「切り出しシンボル」があり、スマホ端末のカメラをかざすと、どんな方向からでも情報を高速で読み取ることが可能です。

世界的にも普及が進んでいて、現在ではチラシやポスター・交通機関・レジの電子決済など、幅広く利用されています。

iPhoneでQRコードを読み取る方法

これまで、iPhone端末を使ってQRコードを読み取るには、「QRコードアプリ」のダウンロードが必要でしたが、iOS11以降の端末では「カメラ機能」を利用して読み取ることができます。

ここでは、iPhoneでQRコードを「カメラから読み取る方法」と、「アプリから読み取る方法」について詳しく解説していきます。

カメラから読み取る(iOS11以降)

iPhone端末のiOS11以降より、「標準カメラ」を使って、QRコードを読み取れるようになりました。

iOS11以降のスマホやタブレット端末を使って、QRコードを読み取ってサイトにアクセスするには、まずホーム画面から「カメラ」アプリをタップして起動します。

続いて、カメラが起動したら、読み取りたいQRコードを画面に近づけてスキャンしてください。

読み取りに成功すると、iPhoneの標準アプリ「Safari」が起動し、読み取ったリンク先のWebサイトが表示されますので、タップしたらサイトへのアクセスは完了です。

アプリから読み取る(iOS11以前)

iOS11以前のスマホやタブレットを利用してQRコードを読み取るには、QRコード専用アプリをダウンロードしなければなりません。

QRコードアプリは、「App Store」からダウンロードできますが、App Storeを利用するにはApple IDが必要となります。

Apple IDを作成したらApp Storeを検索して、利用したいアプリのダウンロード画面で「入手」をクリックしてください。

ダウンロードが完了したら、端末のホーム画面にQRコードアプリが表示されますので、タップして起動します。

次に、利用するアプリによって表示されるメッセージは異なりますが、たとえば「QRコードを写してください」と表示されたら、読み取りたいQRコードに端末を向けてスキャンします。

QRコードの読み取りに成功すると、URLが画面に表示されますので、iPhone標準ブラウザの「Safari」を選択すると、Webサイトへのアクセスが完了します。

画面に表示されたQRコードを読み取る方法

パンフレットやパソコンに表示されたQRコードは、iPhone端末の標準カメラ、またはQRコードアプリを利用すれば、簡単に読み取れます。

これに対し、スマホ端末の画面上に表示されたQRコードを読み取る場合、他の端末を借りるなど、手間がかかってしまう作業を行っている人も多いのではないでしょうか。

実は、iPhoneの「Safari」や「LINE」アプリを使えば、他の端末を準備しなくても、画面上に表示されたQRコードを読み取ることが可能です。

ここでは、SafariやLINEアプリを利用して、画面上のQRコードを読み取って、Webサイトにアクセスするための手順について詳しく解説します。

Safariを使う

iOS11以降のスマホやタブレット端末の場合「Safari」を利用すると、画面上に表示されたQRコードを読み取れます。

SafariでQRコードを読み取るには、QRコードの画像を長押しするか、または3D Touchで画像を押し込むか、どちらかの方法を選びます。

次に、メニュー画面が表示されたら一番上の項目にある「”ドメイン名”」をタップすれば、Webページを開くことができます。

もしも、使っている端末がiOS11以前の場合、次の項目で説明する「LINE」を使った方法を使えば、QRコードが読み取れますので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEを使う

LINEといえば、友人や家族同士のコミュニケーションツールとして広く利用されていますが、友達追加の際に使用する、QRコードを使って読み取ることができます。

画面に表示されたQRコードを読み取るまた、には、まずQRコードの画像を保存するか、スクリーンショットを撮影してください。

次に、LINEアプリを起動して「ホーム」「トーク」「ニュース」タブにある、QRコードをタップして、画面右上に表示される「ライブラリー」ボタンを押します。

すると、保存した画像の一覧が表示されますので、保存または撮影したQRコードを選択してクリックしましょう。

読み取りが成功したら、画面上部にURLが表示されますので、タップしてWebサイトにアクセスできたら完了です。

iPhoneおすすめQRコード専用アプリ

Google ChromeやTwitterといった、多くのユーザーが利用しているアプリには、QRコードを読み取る機能が付いています。

まずは、これらの操作方法について詳しく見ていきましょう。このほか、iOS11以降のスマホやタブレット端末にも取り入れたい、QRコード専用おすすめアプリを紹介します。

Google Chrome

これまで、Webサイトやカタログ・パンフレットなどに表示されるQRコードを、スマホやタブレットなどで読み取るには「QRコード専用アプリ」を使うのが一般的でした。

しかし、Googleのブラウザアプリ「Chrome」のiOS版がアップデートされたことにより、iPhone限定ですがChromeを使ってQRコードを読み取ることができます。

Chromeを使ってQRコードを読み取る方法として、「3D Touch機能」「キーボード上部のアイコン」「Spotlight検索」の3パターンがあります。

まず、3D Touch機能の場合、ホーム画面でChromeアプリを強く押し込むと、「QRコードをスキャンします」と表示されますのでタップしてください。

カメラが起動したら読み取りたいQRコードを枠内に収めると、すぐにURLが表示されますので、タップすれば新しいページが開けます。

次に、キーボード上部のアイコンですが、Chromeのトップ画面で「検索またはURLを入力」にカーソルを合わせると、文字入力のキーボード上部にある「スキャンボタン」から読み取れます。

最後にSpotlight検索ですが、iPhoneのホーム画面を下にスワイプして、検索欄に「QR」と入力すると、Chromeアイコンが表示され、タップすればQRコードが読み取れますので知っておきましょう。

Google Chrome - ウェブブラウザ
Google Chrome – ウェブブラウザ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Twitter

Twitterのアカウントフォローに使われている、QRコード読み取り機能は、通常のQRコードを読み取ることもできます。

まず、Twitterアプリを起動して、ホーム画面左上にある「自分のアイコン」をタップすると、アカウントコードが表示されます。

続いて、アカウントコード画面の右下にある、QRコードのアイコンをタップすれば、カメラに切り替わり、QRコードが読み取れます。

ただし、TwitterのQRコード読み取り機能を利用するには、自分のアカウントを作成する必要があるので注意しましょう。

Twitter ツイッター
Twitter ツイッター
開発元:Twitter, Inc.
無料
posted withアプリーチ
iPhone格安SIM通信アンケート

クルクル

QRコードの生みの親でもある、株式会社デンソーウェーブが開発したQRアプリで、コードを認識するスピードや精度が高いといった特徴があります。

専用QRコード「フレームQR」を読み取れば、簡単にWiFiに接続できます。

また、クルクルチャンネルに登録すると、チャンネルを開設している店舗の割引情報やクーポンがもらえますので、うまく活用しましょう。

クルクル - QRコードリーダー
クルクル – QRコードリーダー
開発元:arara inc.
無料
posted withアプリーチ

アイコニット

アイコニットは、3,100万人が利用している無料のQRコードアプリで、バーコード入力するとAmazonや価格.com、楽天市場などの商品検索ができます。

QRコードを読み取る機能だけではなく、URLやテキストからQRコードを作成できますので、文字情報をQRコードに変換して送ることも可能です。

また、QRコードを読み取ることで楽天ポイントを貯められるので、楽天カードユーザーの方は利用してみてはいかがでしょうか。

QRコードリーダー・バーコードリーダー アイコニット
QRコードリーダー・バーコードリーダー アイコニット
開発元:MEDIASEEK Inc.
無料
posted withアプリーチ

QRコードfor iPhone

iPhone専用のQRコードアプリで、立ち上げるとすぐにカメラが起動するほか、少ない操作でQRコードが読み取れるのが特徴のアプリです。

そのため、撮影モードや登録などの機能がなく、シンプルな作りとなっていますが、一度読み取ったら自動で履歴を保存する機能があるため、同じQRコードを何度も読み取る必要がありません。

とくに、iOS11以前のスマホやタブレット端末を利用している場合、QRコードがすぐに読み取れる、「QRコードfor iPhone」はおすすめです。

QRコードリーダー PRO
QRコードリーダー PRO
開発元:DAIICHI KIKAKU
無料
posted withアプリーチ

QRコードを読み取れない原因と対処方法

iPhoneでQRコードをうまく読み取れない場合、スマホやタブレット端末の故障だけではなく、様々な原因が関係して、読み取れなくなってしまうことがあります。

ここでは、QRコードが読み取れない原因や対処法について解説しますので、1つずつ確認してみましょう。

iOSのバージョンが最新になっているか確認する

QRコードが読み取れない原因の1つに、iOSのバージョンが古いままの状態になっている可能性が考えられます。

この場合、最新バージョンにアップデートすれば、QRコードを読み取れることがありますので、確認してみましょう。

スマホまたはタブレット端末のホーム画面から、「設定」をタップして「一般」という項目に進み、「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

次に、「ダウンロードとインストール」と表示されたらタップして、新しいバージョンへのアップデートを行ってください。

アップデートが完了したら端末本体の再起動を行い、もう一度カメラやアプリを起動して、QRコードの読み取ることができたら成功です。

QRコードが汚れている

QRコードは多少の破損や汚れなら読み取れますが、3隅にある「四角部分」のいずれかが汚れていると、QRコードが読み取りにくくなります。

また、紙などに表示されたQRコードが、しわになっていたり曲がっていたりすると、読み取りにくい原因となりますので、きれいに伸ばして正面から読み取ってみてください。

ちなみに、QRコードの汚れが原因で読み取れない場合は、開発元のデンソーウェーブが提供する、QRコード「クルクル」がおすすめです。

QRコードを読み取る環境が原因

光の無い暗い場所ではQRコードが読み取りづらいので、窓際や照明などの明るい場所に移動して、QRコードを読み取るようにしましょう。

反対に、光の反射が強い場所でも、QRコードが読み取れない原因となりますので、反射の少ない場所に移動するなどして読み取りを行ってみてください。

QRコードのスキャンがオフになっている

iPhone 11以降のスマホでアップデートを行った場合、カメラアプリのQRコード読み取り機能がオフになってしまうことがありますので確認しましょう。

ホーム画面にある「設定」をタップしたら、項目画面に切り替わるので「カメラ」を選択して、「QRコードのスキャン」をオンにします。

続いて、ホーム画面に戻り「カメラアプリ」を起動したら、撮影モード使ってQRコードを画面の枠内に収めると、自動で読み取りが開始します。

このとき、画面の上部に「○○をSafariで開く」と表示されたら、読み取り機能がオンになっていることが確認できるでしょう。

アプリが正常に起動していない

カメラアプリを再起動してもQRコードが読み取れない場合は、iPhone端末の本体を再起動することで解決することがあります。

iPhone本体横にある「スリープボタン」を長押しすると、画面に「スライドで電源をオフ」と表示されますので、ボタンを右にスライドします。

電源がオフになったらiPhone端末の電源を入れ、カメラアプリを起動して、もう一度QRコードを読み取ります。

非常にシンプルな方法ですが、これだけでQRコードを読み取れる場合があるので、ぜひ試してみてください。

Appleサポートに相談する

様々な対処法を行ってみてもQRコードが読み取れない場合は、端末に不具合がある可能性も考えられますので、Appleサポートに相談してみましょう。

ただし、Appleサポートを利用するには、アプリをインストールしてからApple IDでログインしなければなりません。

ログインできたら、不具合に該当する項目を選んで、画面に従って具体的な症状を選択すると、「サポートオプション」画面に切り替わりますので、チャットまたはメールでの相談が可能です。

もちろん、お急ぎの場合は電話からの相談もできますので、下記の連絡先に直接問い合わせてみましょう。

【アップルサポート】

営業時間
  • 月~金:9:00~19:00
  • 土・日:9:00~17:00
電話番号 0120-277-535(通話料無料)
海外からの場合 (81) 3-6365-5492(通話料有料)

iPhoneのQRコードをうまく活用しよう

iPhone端末ではiOS11以降、カメラアプリでQRコードを読み取れるようになったことから、QRコードアプリをダウンロードする必要がなくなりました。

しかし、突然QRコードが読み取れなくなることもありますので、カメラアプリ以外のQRコードアプリを、ダウンロードしておくことをおすすめします。

また、読み取るスピードが速かったり、ポイントを貯めることができるものなど、おすすめのQRコードアプリがたくさんありますので、うまく活用していきましょう。

iPhoneの便利なアプリを「ジャンル別おすすめiPhoneアプリ18選|便利に使うためのアプリ整理方法も紹介」で紹介していますのでぜひご覧ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年06月08日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード