Androidおすすめ
  • スマホ

【比較】5Gスマホ端末と料金プラン|ドコモ・ソフトバンク・au

2020年3月、いよいよ5Gサービスが提供開始されました。しかし料金や端末など実際どう違うのかあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。この記事は対応端末や料金を各通信事業者で比較しながら5Gサービスの現状を解説します。
新型ihone12噂 【比較】5Gスマホ端末と料金プラン|ドコモ・ソフトバンク・au

これまでも3Gから4G・4G LTEと移動体通信サービスが大きく変わるたびに、私たちの使い方・楽しみ方は大きく変わってきました。

通信サービスは成熟した感があり、今の4G LTEで十分満足だという人も思う人もいるのではないでしょうか。

ただし、それは3Gから4Gに移ったときも同じ、4G LTEの快適さ・楽しさを知らなかったに過ぎませんでした。

そう考えると5Gが私たちの生活にどう影響するのか、まだあまり想像できないですよね。

そこで、この記事では5Gサービスとは何か、現在販売されている端末と提供されている5Gサービスの現状を紹介します。

5Gスマホとは

ではまず、5G対応のスマホのメリットを、現在主流となっている4G LTE対応スマホと比較しながら探ってみましょう。

5Gでは何ができるのか?メリットは?

5Gは4G LTEに比べ、より高速で遅延の少ない、より多くの端末と同時接続できるという特徴があります。

これら「高速化」「多数同時接続」「低遅延」という特性には、次のようなメリットがあるとされています。

高速化・大容量化で大容量コンテンツが快適で身近に

家庭のテレビで普及が進んでいる「4K」「8K」とは、従来のものより画素数が多く非常に精細な画像を表示する規格です。

画素数が多いということは受信するデータ量が多いということです。

しかもそれをリアルタイムに更新し続ける動画となると大容量の上に高速での通信が必要です。

5Gはこれを実現できる技術で、普及すれば今まで難しかったこれらの超高精細動画が手軽に視聴できるようになります。

例えば、ライブやスポーツ会場の360度リアルタイム映像と音声は考えられないほどの大容量コンテンツです。

5Gは将来、これほどのコンテンツも身近にしてくれると考えられています。

多数同時接続がIoTの普及を加速する

最近は家電でも「WiFi対応」というスペックを見かけるようになりました。

エアコンなどによく見られますが、これは家電もインターネットを利用する「IoT(モノのインターネット)」の時代の到来を示しています。

5Gは1平方キロメートルあたり100万の端末と通信可能とされ、将来増えるであろうIoT対応端末を広くカバーすることが期待されています。

低遅延が通を屋外に広げる

こちらのデータが相手に送られ、それに反応した相手のアクションデータをこちらが受信するこの間には一定の時間がかかります。

4G LTEではおよそ10ms(100分の1秒)ですがそれが5Gでは1msに短縮されます。

これは私たちがいつも使うスマホの通信ではほとんど体感できない程度ですが、先に紹介した4K動画の視聴やオンラインアクションゲームとなるとわかりやすく現れてきます。

さらに自動車の自動運転や、遠隔地医療におけるロボットを利用した遠隔手術なら、まさに100分の1秒の変化にリアルタイムに対応しなくてはなりません。

これまでは光回線など一部の有線回線でやっと可能だった低遅延が、5Gが普及することで屋外で可能になります。

通信できる範囲内であればどこでも、高度な通信サービスが利用できるようになるのです。

4Gとの違い

もう少しわかりやすく4G LTEと直接数値で比較すると、次のようになります。

  4G LTE 5G
通信速度 最大1Gbps 最大20Gbps(20倍の速度で通信できる)
同時接続数(1平方kmあたり) 約10万台 約100万台(10倍多い端末と同時接続できる)
遅延時間 約10ms 約1ms(10分の1に短縮)

ただ、高速通信にしても低遅延にしても、私たちがいつも利用しているスマホでのWeb閲覧やLINE、通常画質の動画視聴程度であればご存知の通り4G LTEでさほど不便と感じることはありません。

つまり、5Gが可能にする通信と通信によるサービスは、私たちが見たことのないものであるということです。そんなコンテンツや通信を利用したサービスを実現すると期待されているのです。

5Gスマホの買い替え時期は必要?時期は?

5G通信は、これまでの4G LTEとは電波の周波数帯も仕組みもまったく違います。

大量のデータを受信できてもリアルタイムに処理できるCPUやRAMが必要ですし、バッテリーも大容量の方がよいでしょう。

そのため、現在多くのユーザーが利用している4G LTEまでに対応したスマホは5Gでは利用できません。

5G対応のスマホを手に入れなくてはならず、実際に販売されている端末も非常に少ないのが現状です。

これは電波を発信する基地局についても同じで、まったく違う施設を設置しなくてはならず、それには長い時間や莫大なコストがかかります。

そのためどの通信事業者もサービス開始時点での5Gサービスエリアは非常に狭く、4G LTEサービスと併用してカバーしているのが現状です。

5Gが全国へ広まるためにはまだ数年かかるといわれていること、対応端末がまだ少ないことを考えると、特に必要がなければそれらがしっかり整備されてから検討してもよいでしょう。

ただ、どうしても使ってみたいなら、今は各社さまざまなキャンペーンを実施しています。端末代金以外の負担を少なくできる間に買い換える方がおトクです。

ドコモで機種変更する!

格安スマホの5G導入はいつから?

5Gにそれほどのメリットがあるとしても、まだサービスエリアが狭いなら利用するユーザー数はかなり少ないだろうことはかんたんに想像できます。

となれば、大手キャリア回線を借りてサービスを提供している格安SIM事業者にとって5Gサービスは、まだまだビジネスとして広く展開することはできないでしょう。

2020年4月から通信事業者の仲間入りを果たした楽天モバイルは、5Gサービスをやや遅れて2020年6月頃提供する予定としています。

どちらも対応スマホや料金プランなど5Gに関する情報は発表されていません。

新型iPhoneは5Gに対応する?

日本でユーザーの多いiPhoneも、新しく発表された第2世代iPhone SEを含め、ラインナップ全シリーズが5Gに対応していません。

iPhoneは毎年秋ごろに新シリーズが発表されてきました。2020年9月もiPhone 12(仮称)の発売が期待されていますが、新型コロナウイルスの影響で半年から1年ほど遅れるのではないかといわれています。

いずれにしろ、次のシリーズから5Gに対応するだろうと予想されています。

もし現時点でiPhoneの購入を検討しているのであれば、iPhoneの選び方を徹底解説した記事をご覧ください。

iPhoneは種類が多いので、しっかりと比較して自分にぴったりのiPhoneを見つけましょう。

また、iPhoneとAndroidの違い歴代iPhoneの比較情報もまとめましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

iPhoneとAndroidのどちらにするか迷っている方は、iPhoneとAndroidのそれぞれの便利機能や魅力を紹介した記事をご覧ください。

ドコモの5G導入と対応スマホ

ここからは、3大キャリアの5G導入状況を1社ずつ解説します。まずはドコモから、現在の5G対応スマホのスペックを紹介しましょう。

ドコモの5G対応機種

ドコモは現在、2つの5G対応スマホをラインアップしています。どちらも定番となっているGalaxyとAQUOSでスペックはもちろん価格も高めとなっています。

  Galaxy S20 5G SC-51A AQUOS R5G SH-51A
価格 10万2,960円 11万1,672円
カラー Cosmic Gray/Cloud White/Cloud Blue Black Ray/Aurora White
ディスプレイサイズ 約6.2インチ 約6.5インチ
CPU Snapdragon865 Snapdragon865
ROM / RAM 128GB / 12GB 256GB / 12GB
アウトカメラ 約1200万画素・約1200万画素・約6400万画素 1220万画素・約4800万画素・約1220万画素 ToFカメラ
インカメラ 約1000万画素 約1640万画素
充電容量 4000mAh 3730mAh
重さ 約163g 約189g
生体認証 指紋・顔 指紋・顔
防水・防塵機能
その他 おサイフケータイ・ワイヤレス充電 おサイフケータイ・ワンセグ・フルセグ

CPUはどちらも「Snapdragon865」を搭載し、5Gの高速処理に必要なRAMも多めで充電容量も充分です。

ディスプレイもGalaxyがやや小さいもののどちらも6インチ超でベゼルを抑えた大画面、生体認証や防水・防塵機能も備え、普段使いには申し分ありません。

分かれるとすれば、GalaxyのROMがやや少なめなこと、AQUOSにはワンセグ・フルセグを搭載していることくらいです。

あとはメーカーや端末のカラーやデザインで好みのものを選ぶとよいでしょう。

ドコモの5Gの料金プランとキャンペーン

他キャリアと同様、ドコモも料金プランは「大容量定額プラン」と「従量型プラン」の2つを提供しています。

合わせて現在開催中のキャンペーンと2020年3月31日現在のサービスエリアを紹介します。

5G向け料金プラン

ドコモの大容量定額プランは「5Gギガホ」、従量型プランは「5Gギガライト」と呼ばれ、それぞれ次の通りの料金となっています。

どちらも定期契約制度がなく、解約しても違約金が発生しません。

【5Gギガホ】

5Gギガホ月額料金(定期契約なし) 7,650円
高速通信データ容量上限 100GB
5G基本料 -(月額料金に含まれている)
5Gギガホ割 -1,000円(最大6ヶ月間)
dカードお支払割 -170円
みんなドコモ割 0〜-1,000円
スマホセット割(ドコモ光セット割) -1,000円
最安料金 4,480円
補足 5Gは通話オプションを追加すると最大12ヶ月700円割引される(5Gギガホ音声割)

【5Gギガライト】

5Gギガライト月額料金(定期契約なし) 3,150円 4,150円 5,150円 6,150円
高速通信データ容量 〜1GB 〜3GB 〜5GB 〜7GB
5G基本料 -(月額料金に含まれている) -(月額料金に含まれている) -(月額料金に含まれている) -(月額料金に含まれている)
dカードお支払割 -170円 -170円 -170円 -170円
みんなドコモ割 0〜-1,000円 0〜-1,000円 0〜-1,000円 0〜-1,000円
スマホセット割(ドコモ光セット割) -500円 -1,000円 -1,000円
最安料金 1,980円 2,480円 2,980円 3,980円

割引サービスの内容を補足すると次のようになります

  • 5Gギガホ割:5Gギガホに加入後最大6ヶ月間1,000円割引される
  • dカードお支払割:利用月の末日時点で料金の支払いをdカードまたはdカードGOLD(家族カード含)にしている
  • みんなドコモ割:同じファミリー割引グループ内の対象音声回線数に応じて最大1,000円割引される
  • スマホセット割(ドコモ光セット割):同じファミリー割引グループ内にドコモ光を契約している回線がある場合、月額料金最大1,000円が永年割引される

5Gに関するキャンペーン情報

出典:ドコモ

他にも5Gに関するキャンペーンが2つ開催されています。

  • 5G WELCOME割:5G対応端末を買うと新規契約または他社からの乗り換えなら22,000円、機種変更なら5,500円が端末代金から割引される
  • 5Gギガホデータ量無制限キャンペーン:5Gギガホを契約すると毎月の利用可能データ量がエントリー不要で無制限に拡大される(現在はキャンペーン終了日未定)

とくにデータ量無制限キャンペーンは消費の多いユーザーにとって非常にありがたいキャンペーンです。

終了日は未定ですが開催している間に契約しておきたいところです。

5G対応エリア

現在、ドコモの5Gサービスは東京や三重・愛知・大阪・広島・福岡などごく限られた都道府県のさらにごく一部、公園やスタジアム・空港・駅・ドコモショップでのみ利用できます。

順次拡大予定とされ、公式Webサイトに2020年9月までの予定は明記されています。これを参考に契約のタイミングを計るとよいでしょう。

ドコモで機種変更する!

ソフトバンクの5G導入と対応スマホ

ソフトバンクは、5Gサービス開始と同時に5Gコンテンツグループ「5G LAB」を提供するなど、5Gには非常に意欲的です。

ソフトバンクの5G対応機種

ソフトバンクが現在発売している5G対応端末は次の2つです。

  AQUOS R5G ZTE Axon 10 Pro 5G
価格 12万9,600円 8万9,280円
カラー アースブルー/ブラックレイ/オーロラホワイト ブルー
ディスプレイサイズ 約6.5インチ 約6.4インチ
CPU Snapdragon865 Snapdragon865
ROM / RAM 256Gb / 12GB 128GB / 6GB
アウトカメラ 約1220万画素・約4800万画素・約1220万画素・ToF 約4800万画素・約2000万画素・約800万画素
インカメラ 1640万画素 約2000万画素
充電容量 3730mAh 4000mAh
重さ 約189g 約176g
生体認証 指紋・顔 指紋
防水・防塵機能 X
その他 おサイフケータイ・フルセグ・ワンセグ・テザリング最大10台 テザリング10台

少し詳しく見ると、ハイスペックなAQUOSと、アッパーミドルスペックのZTEという印象を受けます。

ZTEは価格が抑えられている分、5Gに有利なRAMが小さく、おサイフケータイや防水・防塵機能、ワンセグ・フルセグも搭載していません。比較的軽めに使うユーザーに向いているといえます。

一方のAQUOSはまさに「フル装備」のスペックです。5Gも使い倒すくらいのユーザーであればこちらを選ぶ方が後々後悔しないかもしれません。

ソフトバンクの5Gの料金プランとキャンペーン

出典:ソフトバンク

ソフトバンクの大容量定額プランは「メリハリプラン」、従量型プランは「ミニフィットプラン」と呼ばれ、それぞれ金額は次の通りとなっています。

基本プランに5G使用料1000円をプラス

【メリハリプラン】

メリハリプラン月額料金(5G基本料1,000円含) 8,480円
高速通信データ容量上限 50GB
半年おトク割 -1,000円
5G無料キャンペーン -1,000円(2年間毎月)
みんな家族割+ 0〜-2,000円
スマホセット割(おうち割光セット) -1,000円
最安料金 3,480円
補足 対象の動画SNSではデータ量が消費されない(動画SNS放題) 月間データ消費量が2GB未満の場合自動的に1,500円割引される

【ミニフィットプラン】

ミニフィットプラン月額料金(5G基本料1,000円含) 4,980円 6,980円 8,480円
高速データ通信容量 〜1GB 〜2GB 〜5GB
半年おトク割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
5G無料キャンペーン -1,000円 -1,000円 -1,000円
スマホセット割(おうち割光セット) -1,000円 -1,000円 -1,000円
最安料金 1,980円 3,980円 5,480円

  • 半年おトク割:新規契約または他社からの乗り換え、機種変更・契約プラン変更すると1,000円割引(ただし、過去に1年おトク割・半年おトク割が適用されたことがある場合は適用されない)
  • みんな家族割+:家族登録しているソフトバンクユーザーの契約プランや人数によって割引金額が異なる
  • おうち割光セット:ソフトバンク光などのインターネット接続サービスと同時利用で月額1,000円割引(金額が異なるサービスあり)

ソフトバンクは2020年3月12日に新プランを導入しました。

新プランは5Gサービスを含めて設計されており、4G LTEサービスのそれぞれの月額料金に1,000円プラスした金額とされています。

特徴的なのが、ミニフィットプランで1GBを超えてしまうと、みんな家族割+の適用人数が4人以上であればメリハリプランの方がお得になることです。

この事実からするとソフトバンクは、家族でできるだけ多くのユーザーに契約して欲しいと願っているように思えます。

5Gに関するキャンペーン情報

5Gに関する料金は、4G LTEの料金に5G基本料1,000円を追加すると同時に、5G無料キャンペーンとして同額を割引しています。

つまり5Gも実質4G LTEと同じ料金で利用できるということになります。

ただし、このキャンペーンは2020年8月末までの申し込みが対象とされ、割引期間も2年間と限定されています。

この「2年間」は、それまでに5Gサービスを本格化したいという願いの表れなのかもしれません。

5G対応エリア

ソフトバンク5Gサービスエリアは、公式Webサイトで詳しく確認できます。

主な都道府県として千葉・東京・石川・愛知・大阪・広島・福岡が対象とされますが、実際に利用できるのはそのうちごく一部のエリアに過ぎません。

今後順次拡大予定とされており、公表されている計画によれば2021年3月までに人口カバー率90%を目指すとしています。

ソフトバンクでお得に機種変更する

auの5G導入時期と対応スマホ

auの5Gは、4G LTEと同様Netflixなどのコンテンツとセットになったプランもあるので、エンターテインメントもおトクに楽しみたい人には選びやすいサービスです。

auの5G対応機種

auは2種類の5G対応端末を販売しています。

  Galaxy S20 5G SCG01 AQUOS R5G SHG01
価格 11万7,480円 12万9,145円
カラー クラウドブルー/コスミックグレー/クラウドホワイト アースブルー/オーロラホワイト
ディスプレイサイズ 約6.2インチ 約6.5インチ
CPU Snapdragon865 Snapdragon865
ROM / RAM 128GB / 12GB 256GB / 12GB
アウトカメラ 約1200万画素・約1200万画素・約6400万画素 約1220万画素・約4800万画素・約1220万画素・ToFカメラ
インカメラ 約1000万画素 約1640万画素
充電容量 4000mAh 3730mAh
重さ 約163g 約189g
生体認証 指紋・顔 指紋・顔
防水・防塵
その他 テザリング10台 おサイフケータイ・ワンセグ・フルセグ・テザリング10台

この2機種はどちらも甲乙つけがたい高性能を備えています。

違いといえば、ROMの大きさとおサイフケータイ・ワンセグ・フルセグといったその他の機能くらいです。ここまでくると好みやこだわりで選んで差し支えないレベルだといえます。

auでお得に機種変更する

auの5Gの料金プランとキャンペーン

出典:au

auの5G料金プランも大まかには大容量定額プラン「データMAX 5G」と、従量型プラン「ピタットプラン5G」に分かれます。

他にもデータMAXプラン5Gにエンターテインメントコンテンツがセットになったプランもありますが、ここでは基本となるデータMAXプラン5Gに絞って解説します。

5G向け料金プラン

【データMAXプラン5G】

データMAXプラン5G月額料金(2年契約Nの場合・5G基本料金1,000円含) 8,480円
高速データ通信容量上限 30GB
スマホ応援割Ⅱ -1,000円
5Gスタートキャンペーン -1,000円
家族割プラス 0〜-2,020円
スマホセット割(auスマートバリュー) -1,000円
最安料金 3,460円
補足 これを基本とするエンタメ追加プランがある

【ピタットプラン5G】

ピタットプラン5G月額料金(2年契約Nの場合・5G基本料金1,000円含) 3,980円 5,480円 6,980円
高速データ通信容量 〜1GB 〜4GB 〜7GB
5Gスタートキャンペーン -1,000円 -1,000円 -1,000円
家族割プラス 0〜-1,000円 0〜-1,000円 0〜-1,000円
スマホセット割(auスマートバリュー) -500円 -500円
最安料金 1,980円 2,980円 4,480円

  • スマホ応援割Ⅱ:新規契約・他社からの乗り換えまたは機種変更でデータMAXプラン5Gに加入すると適用される割引
  • 家族割プラス:対象の料金プランに加入する同居家族の人数に応じて一定額を月額料金から割引
  • auスマートバリュー:対象のインターネット接続サービスと同時利用で適用される割引

この他、エンターテインメントコンテンツサービスとセットになったプランもあります。

  • データMAX5GNetflixパック:最安4,260円でデータ使い放題(デザリング・データシェア・世界データ定額の場合60GBが上限) NetflixとTELASA料金が含まれている
  • (2020年6月以降提供予定)データMAX5G ALL STARパック:最安5,460円でデータ使い放題(テザリング ・データシェア・世界データ定額の場合80GBが上限) NetflixとTELASAに加え、YouTubeプレミアムとAppleMUSICの料金が含まれている

5Gに関するキャンペーン情報 200

auも、5G基本料金相当の1,000を25ヶ月間割引する「5Gスタートキャンペーン」を実施しており、その期間は4G LTEと同じ料金で5Gが利用できます。

この他にも「au Online Shopお得割」として、期間中新規契約・他社からの乗り換え・機種変更(12ヶ月目以上利用者に限る)で対象の端末の代金から最大22,000円割引しています。

この対象端末に、Galaxy S20 5G SCG01およびAQOUS R5G SHG01が含まれています。

終了日は特に設定されていませんが、在庫がなくなり次第終了するので、5Gを利用するなら急いだ方がよいかもしれません。

5G対応エリア

auの5Gサービスは、2020年3月26日に北海道・埼玉・千葉・東京・富山・静岡・愛知・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡の一部で提供を開始し、順次拡大する予定としています。

当面は4G LTEでの利用が中心となりますから、5Gコンテンツ利用の際は端末の左上にある利用サービス表示に注意しましょう。

auでお得に機種変更する

5G向けキャンペーンの情報は事前にチェックしよう

5Gは間違いなく4G LTEに変わって将来主流になる移動体通信サービスです。

しかしまだ単独でのサービスエリアは決して広くなく、端末も選択肢は少ないので誰にでもおすすめできるサービスではありません。

ただ、5Gを利用したいなら5G基本料金が無料になったり端末代金が割引されるなど特典の多いこの時期に契約するのがベストです。

ただ、そんなキャンペーンも終了日が設定されていないなどいつでも適用されるとは限りません。契約するときは必ず事前にチェックすることを忘れないようにしましょう。

ドコモの5Gモデルについて「ドコモ2020年春夏5Gモデル11つの新機種発表!発売日・価格・スペックまとめ」で紹介していますのでぜひご覧ください。

ソフトバンクについては「ソフトバンク2020年春夏モデル全4機種は5G対応!発売日・価格・スペック比較」を参考にしてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年05月27日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード