UQモバイル

auからLINEMOへMNPで乗り換える方法は?違約金や注意点も紹介!

auからソフトバンクの新プランへの乗り換え方法について解説します。事前に必要な費用や手順がわかれば安心して乗り換えられるでしょう。よくある質問にも回答していますので、乗り換えを検討している方は、契約前にぜひチェックしてみてください。
UQモバイル auからLINEMOへMNPで乗り換える方法は?違約金や注意点も紹介!

auからできに乗り換える方法をご紹介します。解約違約金やMNP転出手数料など、乗り換えに必要な費用もわかりやすくまとめています。注意点やよくある質問も解説しますので、乗り換えを検討されている方は必見の内容です。

auからLINEMOに乗り換える料金はいくら?

まず乗り換える際に必要な料金について見ていきましょう。

乗り換え料金

  • 端末残債代金
  • 解約違約金
  • MNP転出手数料
  • 事務手数料
  • 端末購入代金

端末残債代金

端末残債代金は、契約時と同じ支払い方法で分割支払い金のみが請求されます。乗り換え前ならWEBから一括精算を申し込めます。

乗り換え後に一括精算したい場合は、お客様センターへの電話が必要です。

端末残債代金を確認したい場合は「My au」にアクセスしましょう。解約後でも6ヶ月前までの請求金額を確認できます。

解約違約金

「2年契約N」「2年契約」「1年契約」を利用している方が更新期間以外に解約する場合、契約解除料がかかります。

「2年契約(自動更新なし)」を利用している方も、契約期間(2年間)の途中で解約した場合、契約解除料がかかります。

契約解除料
2年契約N 1,100円(税込)
2年契約 10,450円(税込)
1年契約 3,300円(税込)
2年契約(自動更新なし) 10,450円(税込)

更新期間や契約期間を確認したい場合は「My au」にアクセスしましょう。

MNP転出手数料

auから他社に乗り換える際に電話番号をそのまま引き継ぎたい場合は、MNP転出手数料も必要です。

auのMNP転出手数料は3,300円(税込)です。

ただし、auはMNP転出手数料を2021年4月1日に廃止することを発表しています(正確には、一度請求されるが移行先の月額料金から差し引かれます。)。お得に乗り換えるなら、4月1日以降に手続きすることをおすすめします。

事務手数料

通常、他社に乗り換える際は3,000円ほどの契約事務手数料が発生します。しかし、LINEMOに乗り換える際は、契約事務手数料がかかりません。

SIMカードの発行手数料も無料のため、かなりお得に乗り換えできます。

端末購入代金

LINEMOへの乗り換えと同時に端末を新調する場合は、端末購入代金も必要です。

しかしLINEMOでは、端末の販売はしていません。

また、SIMロックがかかっている端末はSIMロック解除が必要です。auではSIMロック解除費用がかかるため、新調する場合はSIMフリー端末がよいでしょう。

LINEMOの公式サイトには「動作確認端末」が掲載されているため、購入前にチェックしましょう。

LINEMO公式サイトで申し込む

auからLINEMOへMNP転出で乗り換える手順・方法

ここからは、乗り換える際に必要な手順を紹介します。

▼記事の内容は動画でも解説しています。ぜひご覧ください。

LINEMO公式サイトで申し込む

乗り換える手順

  1. 使えるキャンペーンがないか確認
  2. 契約元からMNP予約番号を取得
  3. LINEMOを申し込み
  4. 今の端末を使う場合はSIMロック解除
  5. SIMカードを入れて回線を切り替える
  6. 初期設定(APN)設定・データ移行をする

0.使えるキャンペーンがないか確認

少しでもお得に契約するために、LINEMO契約時に使えるキャンペーンがないかを確認しましょう。

LINEMOのキャンペーンをご紹介します。

LINEMO契約でPayPayボーナス10,000円プレゼント

LINEMO 出典:LINEMO
  • 対象契約期間:2021年6月5日~終了日未定
  • 特典:PayPayボーナス10,000円相当プレゼント
  • 条件:期間中にLINEMOに他社からの乗り換え、または新規申込・開通
  • 注意点:ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは対象外

LINEMOは、2021年6月5日からPayPayボーナス10,000円相当がもらえるお得なキャンペーンを実施しています。LINEMOの契約を検討している方はエントリーしてみましょう。

特典を受け取るためには、期間中に新規またはMNPで契約をし、開通する必要があります。

PayPayボーナスは開通した月の翌々月末に付与される予定です。特典を受け取る方法は以下のとおり。

  1. 期間中にLINEMOを契約
  2. 開通月の翌々月末に、契約時に登録したメールアドレス宛にPayPayギフトカードが送付される
  3. ギフトカード受取日を含めて30日以内にPayPayにチャージする

期限日を過ぎるとチャージできなくなりますので、メールをチェックしたのちすぐにPayPayにチャージしましょう。

なお、同一名義での複数回線申し込みの場合は、1回線目のみが特典適用対象となります。1回線につき1回限りのキャンペーンです。

LINEMOの申し込みはこちら

1.契約元からMNP予約番号を取得

まずは契約元のauから「MNP予約番号」を取得しましょう。

MNP転出手数料は3,300円(税込)です。

取得方法

  • My au(WEB)(受付:9:00~20:00)
  • EZweb(受付:9:00~20:00)
  • 電話(受付:9:00~20:00)
  • 店頭

電話番号

  • 0077-75470(無料/au携帯電話・一般電話共通)

2.LINEMOを申し込み

SIMカードとeSIMで申し込む手順は異なります。

手順(SIMカードで申し込む場合)

  1. LINEMOに申し込む
  2. SIMカードが届く(最短2営業日で発送)
  3. 回線を切り替える
  4. SIMカードを挿入する
  5. APN設定する
  6. 再起動する

回線切り替え窓口

  • 0800-919-3448(受付:10:00~19:00)

手順(eSIMで申し込む場合)

  1. LINEMOに申し込む
  2. 6桁の認証コードを受け取って入力する
  3. eSIMプロファイルをダウンロードする
  4. 画面に表示される「回線を切り替える」を押して回線を切り替える
  5. 再起動する
  6. APN設定する

申し込み時には本人確認書類のアップロードが必要ですが、誰が利用するかで必要な書類は変わります。

本人が利用する場合

  • 契約者の本人確認書類

契約者以外が利用する場合

  • 契約者の本人確認書類
  • 利用者の本人確認書類
  • 戸籍謄本 or 住民票記載事項証明書(利用者の姓が契約者と異なり別に暮らしている場合に必要)

契約者が18~19歳の場合

  • 本人確認書類
  • 親権者の本人確認書類と同意書

利用できる本人確認書類はSIMカード or eSIMのどちらを選ぶかで異なります。

SIMカードの場合

  • 運転免許証
  • 国民健康保険証+補助書類
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード+補助書類
  • 社会保険証+補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳

本人確認書類と現住所が異なる場合は、補助書類が必要になります。

補助書類として認められるもの

  • 住民票記載事項証明書(原本)
  • 公共料金領収書

eSIMの場合

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明証
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

3.今の端末を使う場合はSIMロック解除

auで購入した端末をそのままLINEMOでも利用する場合は、SIMロック解除が必要です。

手続き方法

  • My au(受付時間:9:00~21:30)
  • au取扱店

SIMロック解除に必要な手数料は3,300円(税込)です。ただし、My auから手続きすれば手数料はかかりません。

乗り換え費用を節約したい場合は、My auから手続きしましょう。

4.SIMカードを入れて回線を切り替える

物理SIMを希望する場合は、SIMカードの入れ替えが必要です。

端末によってSIMトレイのある場所は異なりますが、SIMカードの向きに注意しながら入れ替えましょう。

なお、LINEMOでは、マルチSIMを提供しています。マルチSIMとは、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMのすべてに対応できるSIMカードのことです。

端末に合ったサイズに切り取れるため、SIMカードのサイズがわからなくても安心です。

5.初期設定(APN)設定・データ移行をする

APN設定とは、スマホにインターネットの接続先を認識させるための設定です。iPhoneの場合はWiFi環境下で、Androidの場合はWiFiをOFFにしてから設定しましょう。

データ移行する際は、iPhoneのクイックスタートを利用する方法や、同じGoogleアカウントを設定する方法がおすすめです。

LINEMO公式サイトで申し込む

iPhone格安SIM通信アンケート

auからLINEMOに乗り換える際の注意点

つづいて、乗り換え前に把握しておきたい注意点を紹介します。

注意点

  • 申し込みやサポートはオンライン
  • 新料金プラン登場でLINEモバイル新規受付終了
  • 事前にメールアドレスの移行準備を

申し込みやサポートはオンライン

LINEMOはオンライン専用ブランドです。申し込み手続きやサポートはすべてオンライン対応のため、店舗や電話でのサポートは受けられません。

店舗や電話でのサポートが必要な方は、乗り換えを再検討したほうがよいでしょう。

新料金プラン登場でLINEモバイル新規受付終了

LINEモバイルの新規受付は、2021年3月31日をもって終了します。サービス自体は継続されるため、すでに契約している方は現在の契約内容のまま利用できます。

なお、LINEMOに強制移行させられることはありません。

事前にメールアドレスの移行準備を

ソフトバンクの新ラプンは「@au.com」や「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールに対応していません。

乗り換え後もメールを使いたい場合は、無料で使えるフリーメールのアドレスを準備しておきましょう。

おすすめのフリーメール

  • Gmail(@gmail.com)
  • Yahoo!メール(@yahoo.co.jp)

LINEMO公式サイトで申し込む

乗り換えに関するFAQ

次は、auからの乗り換えに関してよくある質問について見ていきましょう。

auで使っていた電話番号は引き継げるの?

auでMNP予約番号を取得すれば引き継げます。現在はMNP転出手数料3,300円(税込)がかかりますが、2021年4月1日からは無料となるため、電話番号は引き継ぎやすくなるでしょう。

\初回限定3ヶ月無料!/

au IDは継続して利用可能?

利用できます。ただし、au IDがauの携帯電話番号だった場合は、自動的に「au ID+_解約年月日(8桁)」に変更されます。

LINEMOで貯まるポイントは?

今のところ、ありません。

支払い方法は?口座振替できる?

クレジットカードのみ対応しています。残念ながら口座振替には対応していません。

最低利用期間や違約金は発生する?

最低利用期間や違約金はありません。

LINEMO公式サイトで申し込む

LINEMOで発売の対応端末は?

LINEMOではスマートフォンの販売はしていません。新しい端末がほしい場合は、LINEMO対応端末を事前に用意する必要があります。なお、LINEMOでは、iPhone 6s以降のモデル、iPad、Androidスマホは11機種が対応しています。

auで現在使っている端末を持ち込みで使用する場合は、対応している上で、SIMロックの解除が必要です。

動作確認済みの端末の確認方法

手順

  1. 公式サイトの「動作確認端末」のページにアクセスする
  2. 「動作確認端末一覧」から確認する

これから動作確認される機種もあるため、今後の発表を待ちましょう。

LINEMO公式サイトで申し込む

LINEMOに乗り換えて毎月のスマホ代をお得に!

auからLINEMOへの乗り換え方法をご紹介しました。乗り換える際は、解約違約金やMNP転出手数料などが発生します。

しかし、解約違約金が発生しない更新期間内や、MNP転出手数料が無料になる4月1日以降に手続きすれば、乗り換え費用を節約できます。

LINEMOでは契約事務手数料も不要なため、毎月のスマホ代を安くしたい方は、この機会にぜひ乗り換えましょう。

LINEMO公式サイトで申し込む

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月07日

yonewan ― ライター
yonewan ― ライター

山形在住のフリーライター。現在使用しているスマホはiPhone7。機種変更するならAndroidもいいなと検討中。格安SIMや格安スマホの情報を初心者にもわかりやすい表現でお届けします。春~秋には農業(米作り)もやっています。