au からLINEモバイルへの乗り換え完全ガイド|お得なキャンペーンも紹介

auからLINEモバイルへの乗り換えをするとどれくらいお得になるのか、メリットやデメリットは何なのかを説明していきます。そして乗り換えるために必要な手続きや費用がどれくらいかかるのか解説していきます。
BIGLOBEmobile20190724_desc au からLINEモバイルへの乗り換え完全ガイド|お得なキャンペーンも紹介

2019年4月にLINEモバイルではau回線の提供を開始しました。それによってauからLINEモバイルへの乗り換えがしやすくなりました。

しかし、 auから格安SIMのLINEモバイルに変更したいけれど、本当に月々の支払いは安くなるのか、手続きが難しいのではないか、など様々な疑問が浮かびます。

ここではそういった疑問点について説明していき、LINEモバイルに乗り換える方法を説明します。

auからLINEモバイルに乗り換えるとどのくらいお得になるのか

ここではauとLINEモバイルそれぞれの料金プランについてそれぞれ説明します。そして、2社を比較することで月々の支払額がどう違うのか見ていきましょう。

auのデータ料金プランについて

auの料金プランは大きく分けて2種類、データ通信量7GBまでのプランと、データ通信使い放題のプランがあります。

データ通信量7GBのプランは「ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)」と言うプラン名です。

このプランは使った分だけ段階的に料金が上がっていくプランになっていて、上限7GBまでで3段階の値段設定がされています。

2年契約の場合下の表のような料金設定になっています。

データ通信量 月額利用料
〜1GB 2,980円
1GB〜4GB 4,480円
4GB〜7GB 5,980円


また、auには大容量のプランもあります。

auで用意されている大容量のプランはデータ使い放題のプランと、データ通信量の上限が20GBと25GBのプランです。

データ使い放題のプランとデータ通信量が25GBまでのプランは利用料は月額で7,000円以上になっています。また、データ通信量の上限が20GBのプランで一番安いものでも利用料は月額で6,000円です。

2020年6月2日に新規プランの提供開始がされる予定の関係でいくつかのプランは2020年6月1日で新規申し込みの受付を終了する予定です。

データ通信量が25GBと20GBのプランは2020年6月1日にサービス提供終了予定になっています。

LINEモバイルの月額料金プラン

LINEモバイルの料金プランは非常にシンプルで、「SIMタイプ」「データ容量」を選ぶだけです。

LINEモバイルのSIMタイプは、「音声通話SIM」「データSIM」の2種類です。データ容量は、500MB~12GBまで選ぶことができます。

LINEモバイルの月額料金プランは以下の表の通りです。

データ量 音声通話SIM データSIM
500MB 1,100円 600円
3GB 1,480円 980円
6GB 2,200円 1,700円
12GB 3,200円 2,700円

LINEモバイルには、オプションとしてLINE利用時のデータ通信量が0になる「LINEデータフリー」、LINEのほかに対象のSNS利用時にデータ通信量が0になる「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」があります。

また、LINEモバイルではお得なキャンペーンも定期的に実施されているのでぜひチェックしてください。

LINEモバイルのキャンペーンはこちら

LINEモバイルの口コミ・評判や、料金プランについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

auとLINEモバイルのデータ料金を比較する

auとLINEモバイルの料金プランを見てきましたが、それらをふまえて2社の料金を比較していきましょう。

月に3GBの利用の場合、auでは月額4,480円、LINEモバイルでは1,480円と月額3,000円の差があります。また、6GB利用する場合、auは5,980円、LINEモバイルは2,200円と3,780円差です。

また、auは1GBまでの利用で月額2,980円になる一方、LINEモバイルでは6GBの契約でも月額2,200円です。

そしてLINEモバイルで一番値段の高いプランでも12GB利用できて月額は3,200円になっています。auのプランだと4GBまでの利用でも4,480円であることを考えるとどちらが安いかは明確です。

 このように、12GBまでの利用では同じデータ通信量の価格で比較しても、同じ価格で使えるデータ通信量で比較してもLINEモバイルの方が安い価格設定になっています。

しかし、大容量のデータを利用したい時は、LINEモバイルにはそもそも大容量の利用を想定したプランがありませんからauに軍配が上がります。

 具体的にいえば、LINEモバイルでは1GBにつき1,000円で追加のデータ通信量を購入することができます。

auの使い放題プランの月額が7,480円であることを考えると、12GBのプラン3,200円と追加で4GBを4,000円で購入した時の、16GB利用で計7,200円までLINEモバイルの方が安く使えるようになっています。

LINEモバイルのお申込みはこちら

楽天モバイル

auからLINEモバイルへ乗り換えるその他のメリット

ここまではauとLINEモバイルの利用料でどちらがメリットがあるか比較してきました。

ここでは値段以外のauからLINEモバイルに乗り換えるメリットを見ていきたいと思います。

プランがシンプルになる

auを含めキャリアのプランは複雑なものが多い中、LINEモバイルは他の格安SIMなどに比べてもわかりやすいシンプルなプランが特徴です。

LINEモバイルはプラン自体はベーシックプラン1つです。そして、3つの項目を選ぶことで月々の料金が決まります。

音声通話が必要かどうか

LINEモバイルではデータSIMと呼ばれる音声通話機能を持たないSIMを選択できます。

ただし、これは電話番号を利用した通話ができないだけで、LINEなどのSNSを通したデータ通信を利用した通話は可能です。

データ容量

月々利用するデータ通信量を決める必要があります。

データフリーオプション

LINEモバイルでは、0円〜480円のオプション料金を支払うことで一部のSNSをデータ通信量を消費せずに利用することができます。

これは、データ通信量を上限まで使ってしまって、速度制限を受けている時も適用されるので指定されたSNSはいつでも速度を気にせず利用できるようになります。

データ通信量のシェアができる

LINEモバイルではデータプレゼントと言う機能があり、家族や友人などLINEモバイルのユーザー同士でデータ通信量の受け渡しが可能です。

auを含めデータ通信量のプレゼントサービスを提供している会社はいくつかありますが、余ったデータをプレゼントできるのは家族のみです。

もしくはデータ通信量を新しく購入して友人や家族にプレゼントするサービスを提供している会社はあります。

しかし、友人に自分の使っていないデータ通信量のプレゼントができるのはLINEモバイル特有のサービスです。

プレゼント方法もラインのメッセージを送るくらいの簡単な操作でデータ通信量の受け渡しすることができます。

データ容量の繰り越しができる

LINEモバイルは余ったデータ通信量を翌月末まで繰り越すことができます。

auは特定のプランを除き使いきれなかったデータ通信量は消滅してしまいます。

先ほど紹介したピタットプラン 4G LTEも使っているデータ通信量によって利用料が変わるだけで、データ通信量の繰り越しはできません。

また、LINEモバイルはWEB上から簡単にプラン変更が可能なので、繰り越しとプラン変更を利用して無駄なくデータ通信量を利用することができます。

LINEモバイルのお申込みはこちら

LINEモバイルに乗り換えた人の口コミ・評判

実際にLINEモバイルに乗り換えた人の声を紹介していきます。

このように、値段の安さが魅力のようです。

一方で、次のように速度で不満が出ることもあるようです。

LINEモバイルのお申込みはこちら

LINEモバイルの評判について「LINEモバイルの評判・口コミは悪い?実際に契約した料金・速度とメリット・デメリット」でも紹介していますのでぜひご覧ください。

auからLINEモバイルへの乗り換えにかかる費用

それでは実際にauからLINEモバイルに乗り換えをする時に必要になるものは何でしょうか。

ここではauからLINEモバイルへ乗り換えるために必要な費用を説明していきます。

MNP転出手数料がかかる

携帯キャリアを変更してもスマートフォンの電話番号をそのまま利用したい場合MNP転出手数料がかかります。

MNPとはMobile Number Portabilityの略で、携帯電話番号ポータビリティのことです。これは携帯キャリアを変更しても電話番号をそのまま利用できるサービスのことです。

auのMNP転出手数料は3,000円です。これを、auに支払わなくてはなりません。

契約解除料がかかる場合がある

今利用しているauの「2年契約/2年契約N」契約期間中、いわゆる2年縛りの期間中での解約や乗り換えの場合、契約解除料が発生します。

契約期間中であっても、更新期間中であればこの契約解除料は発生しません。更新期間がいつになるかは「My au TOP(WEB)」で確認ができます。

「2年契約」の契約解除料は9,500円で、加入年数が11年目以降で「2年契約」と「家族割®(または「法人割」)」にセットで加入していた場合は3,000円です。

また、「2年契約N」を契約していた場合の契約解除料は1,000円になります。

LINEモバイル初期費用がかかる

LINEモバイルを始めるための事務手数料やSIMカードの発行手数料が必要になります。事務手数料が3,000円とSIMカード発行手数料が400円と言うのが基本です。

ただし、タイミングによってはキャンペーンで事務手数料が割引やLINEポイントのキャッシュバックがされることもあります。

また、キャンペーンをやっていなかったとしてもエントリーパッケージと言うものを購入することで事務手数料を先払いしたことにし、申し込み時に払わなくて済む方法があります。

エントリーパッケージの値段は100円〜450円程度と事務手数料に比べて10分の1程度の値段で購入できます。

このエントリーパッケージですが、家電量販店などのウェブサイトや店頭で購入することができます。

お得にLINEモバイルへ乗り換える方法

その他直接かかる費用ではないですが、お得にLINEモバイルに乗り換えるキャンペーンを紹介します。

ここで紹介するキャンペーンは全て併用することができます。

対象のSNS使い放題キャンペーン

LINEモバイルでは月額基本利用料が最大2ヶ月間0円に加えてデータフリーオプションが2ヶ月間0円のキャンペーンを実施しています。

月額基本利用料が最大2ヶ月間0円のキャンペーンは、月額基本利用料が初月無料、2ヶ月目は1,480円値引きになるものです。

キャンペーン対象者は音声通話SIMのベーシックプラン3GB以上への新規契約もしくは、一部プラン変更した人です。

次に、データフリーオプションが2ヶ月間0円のキャンペーンは、音声通話SIMで「SNSデータフリー」または「SNS音楽データフリー」にはじめてのお申し込みをした人が対象になります。

このキャンペーンの期間の終了日時決まっていません。

最大5,000円相当選べるキャンペーン

このキャンペーンは音声通話SIM3GB以上の契約を結んだ場合、申し込み時にキャンペーンコードを入力した人が対象です。

SIMカードのみの申し込みで、LINE Pay残高5,000円相当かLINEポイント5,000ポイントかを選んで取得できます。

端末の購入と同時に申し込みした場合、LINE Pay残高1,000円相当かLINEポイント1,000ポイントかを選んで取得できます。

キャンペーン期間は2020年5月20日までです。

LINEモバイルのお申込みはこちら

auからLINEモバイルに乗り換える方法

ここではauからLINEモバイルに乗り換える手順について説明していきます。

はじめにMNP予約番号を取得

乗り換える時まずはMNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号を取得するには、電話窓口で取得、店頭で取得、WEBで取得する方法があります。

店頭で取得する場合は本人確認書類が必要になるので忘れずに持参するようにしましょう。MNP予約番号を取得する際乗り換え先や、乗り換え理由などを尋ねられますが正直に話しても問題ありません。

MNP予約番号の有効期限は取得日を含め15日です。有効期限が過ぎてしまったMNP予約番号は無効になるため、再度取得する必要があります。

LINEモバイルでの申し込みはMNP予約番号の有効期限が10日以上ないと申し込みができないので、取得したら素早く申し込みしましょう。

また、MNP予約番号を取得した時点ではauの契約を解約したことにはなりませんので注意しましょう。MNP予約番号を乗り換え先に伝え、引継ぎ処理が全て終わった時点で解約になります。

端末はそのままで乗り換える方法

端末をそのままで、SIMカードのみの申し込みの場合の説明をします。

MNP予約番号の有効期限の関係で、取得後5日以内に申し込みをする必要があります。

申し込みはLINEモバイル公式サイトから画面にしたがって申し込みを進め、申し込み内容選択のところで「SIMカードのみ」を選択してください。

申し込み完了後、無事SIMカードが届いたらLINEモバイルの開通作業をします。これが完了した時点でauは解約になります。

そして、ネット通信ができるようにAPN設定を行い、これができたら乗り換え完了です。

端末ごと新たに契約する方法

乗り換えと同時に端末もLINEモバイルで新調する場合の申し込み手順の説明をします。

SIMカードのみの申し込みの時と同様に、MNP予約番号の有効期限の関係で、取得後5日以内に申し込みをする必要があります。

LINEモバイル公式サイトから画面にしたがって申し込みを進めます。申し込み内容選択のところで「端末+SIMカード」を選択してください。

申し込み完了後はSIMカードのみの場合と同様です。無事SIMカードが届いたらLINEモバイルの開通作業をします。これが完了した時点でauは解約になります。

そして、ネット通信ができるようにAPN設定を行い、これができたら乗り換え完了です。

店舗での契約とオンラインでの契約

LINEモバイルはショップが存在しません。ですが家電量販店などに窓口があるので、WEB上からではなく窓口での申し込みも可能です。

窓口ではスタッフに相談できるので安心して申し込みができます。

窓口での申し込みの場合に必要なのは以下のものです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード(LINE Payカードも利用可能です)
  • メールアドレス(乗り換え前のキャリアのメールアドレスは利用不可です)
  • MNP予約番号

窓口での申し込みの場合基本的に即日受け渡し可能ですが、auの回線を選択すると即日受け渡しができません。即日受け渡しを希望する場合はau以外の回線を選択しましょう。

LINEモバイルのお申込みはこちら

auからLINEモバイルに乗り換えるときの注意点

auからLINEモバイルに乗り換えるのはメリットが多いですが、デメリットや注意点もあります。

auのキャリアメールが使用不可になる

キャリアメールはキャリアの回線をしていることが前提なので、LINEモバイルに乗り換えた場合auのキャリアメールは利用できなくなります。

auを利用していて、@ezweb.ne.jpと最後につくメールアドレスを使っている人は注意が必要です。

LINEモバイルの申し込み時にメールアドレスが必要になるので、フリーメールなど他のメールアドレスを入手する必要があります。

また、必要なメールは転送しておいたり、サイトの登録などに利用していた場合登録メールアドレスを変更するなど対策が必要です。

国際ローミングができない

auでは海外で携帯電話がそのまま通話やデータ通信ができる国際ローミングサービスを利用することができます。

ですが、LINEモバイルでは海外でのデータ通信サービスの提供を行っていません。ただし、ドコモ回線の利用者のみオプションの申し込みをすれば通話とSMSの利用はできます。

海外に頻繁に行く方や、行く予定がある人は別の通信会社で海外でも利用できる方法を探すなど気をつけましょう。

ショップでのサポートが受けられなくなる

LINEモバイルは専用のショップが存在しないため対面のサポートが受けられなくなります。

そのため、機種変更やデータ移行などの作業は、自力で行う必要があります。

LINEモバイルでサポートを受けたい場合、電話かチャットでのサポートのみになります。

自宅のインターネットとの併用割引がない

auではauひかりなどの自宅のインターネットサービスとauの携帯電話をセットで利用していた場合併用割引で携帯電話の料金が割引されます。

LINEモバイルにはそのような併用割引がありません。ですがLINEモバイルに乗り換えた方が、併用割引以上に値段が低くなります。

LINEモバイルへ乗り換えた後も併用割引など特典はありませんが、auで契約している自宅のインターネットサービスは続けて利用することが可能です。

LINEモバイルのお申込みはこちら

auからLINEモバイルに賢く乗り換えよう

様々な格安SIMがサービスを提供しています。その中でもLINEモバイルは独自サービスなど特徴がありながら、格安SIMに相応しい価格設定でサービスを提供しています。

必須アイテムである携帯電話の利用料金は毎月一定額かかり、家計への影響は大きいといえます。

auからLINEモバイルに乗り換えることで月々の負担額を減らし、余裕のある生活を手に入れましょう。

LINEモバイルのキャンペーンについて「[2020年5月]LINEモバイルキャンペーン最新情報!キャンペーン併用で1番お得に契約」で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年05月26日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード