【機能別】Apple Watchケースの選び方・おすすめのケースを紹介

"Apple Watchは、Suicaをはじめ、決済、通知、健康管理などさまざまなことができるAppleのスマートウォッチです。AppleWatchの進化とともに、ケースのバラエティも豊富になっています。今回は、Apple Watchをより便利に、快適に使うためのApple Watchのケースの選び方を解説します。
JCOM U26学割 【機能別】Apple Watchケースの選び方・おすすめのケースを紹介

Apple Watchは、Suicaをはじめ、決済、通知、健康管理など様々なことができるAppleのスマートウォッチです。

初代Apple Watchが発売されて以降、Apple Watchはどんどん進化してきました。そしてApple Watchの進化とともに、ケースのバラエティも豊富になっています。

数あるApple Watchケースの中で、自分に合った商品を選ぶにはどうすればよいのか、今回はApple Watchをより便利に、快適に使うためのApple Watchのケースの選び方を解説します。

Apple Watchのケースは購入した方がよい?

Apple Watchには普通の時計と違って液晶画面が付いています。

Apple Watchを利き手に付けている人なら、電車に乗る際に改札で画面をぶつけるなど、生活の中で画面を傷つけてしまうことはたくさんあります。

Apple Watchには、睡眠の質を計測できるアプリが付いています。起きているときだけでなく、寝ているときも着けているという人もいるかと思います。

その場合、知らない間に画面をぶつけてしまうこともあるかもしれません。

そのため、傷や汚れから保護するためにケースとフィルムは必須といえます。

Apple Watchのケース選び方

ここからは、Apple Watchのケースの選び方を解説します。

ケースをつけたまま充電できるもの

使い勝手のよさを考えると、ケースをつけたまま充電できるタイプのケースがおすすめです。

iPhoneでもたまに、充電時にケースを外さないといけないものがありますが、毎回ケースを外さなければ充電できないのは、思ったよりも不便ですね。

そのため、ストレスフリーで使えるケースを付けたまま充電できるタイプがおすすめです。

使う場面に合わせたデザイン

Apple Watchを日常使いする人なら、一番使用シーンが長いところに合わせたデザインのものを選ぶとよいでしょう。

会社員の人なら、オフィスで仕事するのにマッチしたデザインがよいでしょうし、会食などのフォーマルな機会が多い人ならシックな色味のものなど派手さのないものが適しています。

アクティブな方は汗水に耐久性のあるものを

スポーツでApple Watchを活用したい人は、汗や水などに耐久性のあるケースがおすすめです。腕は割と汗をかく部分です。特に汗くさくなってしまう暑い時期は、スポーツをしない人でもできるだけ、防水タイプのものなどを選ぶとよいでしょう。

仕事でもプライベートでも両立できるケース3選

時計としてだけでなく、決済手段として使ったり、ヘルスチェックのためにも活用できるApple Watchは、1日中身につけていたいと考える人も多いのではないでしょうか。

仕事とプライベートでケースを使い分けるのは、とても手間がかかります。

まずは、Apple Watchケースの基本的な選び方を紹介します。

1つ目のポイントは、ソフトビニール製のものだと塗装が剥がれてしまうので、ソフトビニール製でないものがおすすめです。

2つ目のポイントは、プラスチックそのものに色がついているものを選ぶことです。プラスチックの上に塗装してあるものも、時間の経過とともに塗装が剥がれてしまいます。

3つ目は、できるだけ、本体と画面保護フィルムが一体化しているものを選ぶことです。画面保護フィルムと本体は一体化しているものの方が、剥がれを気にする必要がなく、長持ちします。

ここでは、仕事でもプライベートも両立できるケースを3つ紹介します。

ULOE Apple Watch Series

ULOE Apple Watch Seriesは、ハードシェルと、画面保護カバー部分が一体化しているタイプのケースです。シンプルなデザインで、ケース部分はマットな質感となっています。

ケースをつけたときの画面の視認性が落ちることもなく、スワイプなどの操作も快適にできます。本体右側のファンクションボタンも押しやすく、ベゼルの操作も妨げられることはありません。

Apple Watchを360度の死角なく、完全に保護してくれるので、画面も側面も傷つけたくない人におすすめです。

Apple Watch完全防水ケース

完全防水タイプのケースを探している人には、カタリストケースが向いています。

アメリカ国防総省軍事規格の「MIL-STD-810G」に準拠し、水深100m地点に潜っても防水機能を保てるので、スキューバダイビングが好きな人も安心して使えます。

また、防雪機能にも優れたカタリストのApple Watchケースは、雪山の登山にもぴったりです。

スピーカー音をクリアに再生でき、ケースをつけたまま心拍数の測定も可能な上、ケースをつけたままの充電にも対応しています。

Apple Watchケースの中でも、価格は高価格帯に属しますが、シックなデザインなので会社にもアクティブな場面にもふさわしいケースといえそうです。

iPhone格安SIM通信アンケート

Apple Watch TPUケース

Apple Watchの保護に「とりあえずケースを」と考える人におすすめなのが、TPU素材のケースです。

最もベーシックなタイプのApple Watchケースで、iPhone向けのケースにもよく使われています。

TPU素材はApple Watch本体のデザインを邪魔しないシンプルなものが多く、ある程度の衝撃はこのカバーで吸収してくれます。

価格も手頃なので、本命ケースが見つかるまでのつなぎのケースがほしい人にも向いているのではないでしょうか。

人と被りにくいおしゃれなデザインのケース3選

次に、ユニークなデザインのケースを探している人のためにおしゃれなApple Watchケースを紹介します。

SUPCASE Apple Watch Series

シンプルながら、デザインが効いているApple Watchケースです。

サイドボタンとデジタルクラウンに専用のパーツがあり、ケースを装着したまま、すべての機能を利用できます。

画面にカバーがないので、タッチパネルの操作性は抜群です。

カバーがないことに不安を感じるかもしれませんが、ケースの縁は液晶画面より1mm高く設計されているので、地面に落ちても割れにくい設計となっています。

YOLOVIE For Apple Watch

ステンレス保護ケースとベルトのセットでベルトのデザインも高級感があるApple Watchケースです。

しなやかなシリコン製で水洗いができます。多くの通気穴が開いているので、通気性は抜群です。

バンドと手首の間の水分も蒸発しやすく、スポーツが好きな人や、暑い時期も快適に身に付けられます。

一緒に購入しておくと便利なアイテム

最後に、Apple Watchと一緒に購入しておくと便利なアイテムを紹介します。

絶対必要な保護フィルム

Apple Watchカバーは画面と保護フィルムが一体になっているものがおすすめですが、保護フィルムがついていないものは、別途保護フィルムを一緒に購入しましょう。

画面フィルムを選ぶ際は、次のポイントをチェックしてみてください。

画面サイズに合うものを選ぶ

フィルムを選ぶ前はまず自分のApple Watchの画面サイズをしっかり確認しておくようにしてください。Apple Watchの画面サイズは、38mm、40mm、42mm、44mmがあります。

画面サイズを把握せずフィルムを買ってしまうと、画面を保護するという本来の性能を十分に発揮できなくなってしまいます。

フィルムの材質(PET素材か、ガラス素材か)

フィルム素材は、PET素材とガラス素材の2種類があります。PET素材は薄くて柔らかいため、フィルムを貼った状態での画面操作がしやすいのが特徴です。

安いので気軽に買えるのがメリットですが、素材が柔らかく、貼るときに気泡が入りやすいので注意が必要です。

また、画面を傷から守ることはできますが、落下など、大きな衝撃から画面を守り切るのは難しいでしょう。

ガラス素材フィルムは、傷や衝撃に強いのが特徴です。PET素材より、フィルムの安心感は高くなります。厚みがあるので簡単に貼ることができる反面、ケースをつけるときには邪魔に感じられることもあります。

他のアクセサリと組み合わせて使うときには、注意が必要です。また、ガラス素材のフィルムはPET素材のフィルムより高価な傾向があります。

フィルムの機能

フィルムのサイズ、素材をチェックしたら機能もチェックしてみましょう。

Apple Watchのフィルムは画面を保護してくれるだけでなく、様々な機能を備えたものがあります。

例えば、光沢のあるフィルムは鮮明な写真や動画を楽しみたい人におすすめのフィルムです。一方で、屋外では光の反射で画面が見づらくなることや、指紋がつきやすくなる点には注意しましょう。

光の反射を抑えて、屋外でも画面が見やすいマットタイプのフィルムは、サラサラとした質感で操作性もよいのが特徴です。

ただし、室内で見るとなんとなく白くくすんだように感じられることもあります。長時間画面を見続けることが多い人におすすめなのは、ブルーライトカット機能のあるフィルムです。

この機能を持ったフィルムを貼っても、画面の見え方に大きな違いはありませんが、ものによっては色味が変わったように感じられることもあります。

傷やほこりだけでなく強い衝撃からも画面を守りたい人におすすめなのは、衝撃吸収機能が付いたフィルムです。

このフィルムを使っていれば、絶対に画面が割れないわけではありませんが、他のフィルムよりも衝撃への耐性が高くなっているので、安心感が高まります。

Apple Watch ガラスフィルム

硬度9Hの強化ガラスと炭素繊維層の組み合わせで、勢いよくぶつけても画面を守ってくれるガラス製のフィルムです。

指紋やホコリ、油分がつきにくく、皮脂やファンデーションがついてもー拭きで美しい画面を保てます。高い透過率のガラスを使っているので、フィルムがあっても画面は色鮮やかです。

リーズナブルな価格なので、試し買いしてみるにもぴったりでしょう。

Apple Watch フィルム

貼っていることを忘れるほどの薄いフィルムです。

特殊コーティングで表面は滑らかな指滑りです。指紋や汚れがつきににくく、使っているうちに四隅が浮いてきてしまう心配もありません。

薄さはわずか0.16mmで、耐久性もあります。

充電スタンド

普通の時計にはない、Apple Watch特有の問題が電池の充電問題です。

使い方にもよりますが、Apple Watchのバッテリーは大体1〜2日ほどでなくなってしまうので、バッテリーが切れてしまうと時間の確認もできなくなってしまいます。

1泊以上の旅行に出かけるときは、必ずApple Watchの充電器も持っていくようにしましょう。Apple Watchはワイヤレスで充電しますが、Apple Watch専用の充電池が必要となる点に注意してください。

おすすめの充電スタンドを紹介します。

iitrust 充電スタンド

充電スタンドの多くはTPU素材ですが、高品質なアルミニウム製でできています。

シンプルでベーシックなデザインで場所も取らない充電スタンドにApple Watchを置くだけで、簡単に充電できます。

軽量で持ちやすく、Apple Watchもおしゃれに飾れるのがポイントです。

Oittm Apple Watch Series

シンプルなデザインのアルミ製の充電スタンドです。

高級感があるので、自宅だけでなくオフィスに置いても違和感がありません。充電しながら、時間や通知の確認もできます。

スタンドには4つのUSBポートがあるので、手持ちの充電ケーブルを使ってApple Watchだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、最大4台の端末を充電できるのもポイントです。

使用シーンや求める機能に応じて自分に合ったケースを選ぼう

Apple Watchケースには使用シーン、デザイン、機能、価格に応じた様々な種類があります。

時計や決済手段として使うだけでなく、健康管理のために1日中Apple Watchを着ける人は仕事時間とプライベート時間でケースを付け替えるのは大変ですので、両方で使えるシンプルなデザインのものを選ぶとよいのではないでしょうか。

この記事では、Apple Watchケースと一緒に買うと便利な画面フィルムや充電スタンドも紹介しました。

ぜひ参考にして、快適なApple Watchライフを満喫してください。

Apple Watch のおすすめなアクセサリーについて「Apple Watchユーザーにおすすめのアクセサリー17選」で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年05月22日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード