iPhoneで全角スペースを入力する方法|おすすめアプリも紹介

iPhoneで全角スペースを入力する方法を解説します。iOS12より前のバージョンで、全角スペースが標準で搭載されていない場合と、全角スペース入力可能となったiOS13の入力方法を解説します。iPhoneをさらに便利に使える設定やおすすめアプリも紹介します。
新型ihone12噂 iPhoneで全角スペースを入力する方法|おすすめアプリも紹介

iPhoneではiOS12より前のバージョンで文字の入力をする場合、「全角スペース」の入力ができません。

スペースを入力するとすべて「半角スペース」になってしまいます。

それを知らないまま使っていて、全角スペースの入力が必要な場面になって初めて、おどろいたり困ったりといった経験をした方もいるのではないでしょうか。

メールやLINEなどの場合であれば、半角スペースを2回連続して入力することで、全角スペースとして使用するといった方法も可能ですが、微妙に文字のずれがおきてしまうこともあります。

また、登録フォームなどの入力の場合には、半角スペースを2回連続して入力できない設定である場合もあり、改めてパソコン等から入力し直さなければならない、ということもあります。

そのような場合は、余計な時間や手間がかかってしまいます。

しかし、iOS13にバージョンアップすることで、iPhoneでも全角スペースの入力ができるようになりました。

ここでは、iPhoneで全角スペースの入力をする方法を紹介します。

iPhoneで全角スペースが入力できる

iOS12より前のバージョンのiPhoneでは、標準で全角スペースの入力ができないため、必要になったときにその都度対応をする、という方もいるのではないでしょうか。

たとえば、専門のサイトから全角スペースをコピーしてきたものを使ったり、コピーしたものを自分のiPhoneの「ユーザー辞書」や「連絡先」などに登録して使用するといった方法が一般的です。

ただ、必要になるたびにサイトを探すのには時間がかかってしまったり、自分のiPhoneに登録をする場合にも複数の手順を要します。

ですが、iPhoneをiOS13にバージョンアップすることで、標準で全角スペースの入力ができるようになり、難しい設定をする必要もなくなりました。

では、「標準の設定」とはどのようなものなのでしょうか。

iOS13で全角スペースを入力可能にするための、設定の切り替え方法を紹介します。

iOS13のスマート全角スペース機能の切り替え方法

iOS13からiPhoneに標準で搭載された「スマート全角スペース機能」で全角スペースが簡単に入力できるようになりました。

その際に必要なiPhoneの「設定」のオンとオフの切り換え方法を紹介します。

「設定」から「一般」そして「キーボード」にすすみます。そのまま下のほうに移動すると「スマート全角スペース」があります。

iOS13にアップデートをすると、標準で「スマート全角スペース」がオンの状態になっているので、右側のタブには色がついています。

設定をオフにしたい場合はタブを押してスライドさせ、色がグレーに変われば設定の変更が完了です。また、キーボード入力の画面からもおなじように設定の変更ができます。

キーボード入力画面の左下にある丸い地球のアイコンの部分を長押しすると、キーボード設定の画面に切り替わります。

そこから、先ほどと同じように「スマート全角スペース」の右側にあるタブをスライドさせることで設定を変更できます。

iOS13で全角スペースと半角スペースを入力する方法

iOS13の標準である「スマート全角スペース」がオンになっている状態で、全角スペースと半角スペースを入力する方法を紹介します。

使用する入力方法は「日本語かな入力」「英字または数字入力」「ローマ字入力」の3種類です。

日本語かな入力で全角スペースを入力する方法

日本語かなを使って全角スペースを入力する場合、「日本語かな」入力用キーボードに切り替えます。

その状態で「空白」を押すと、全角スペースが入力できます。

文頭でも文字のあとでも「日本語かな」の場合は全角スペースになります。

英字または数字入力で半角スペースを入力する方法

英字または数字を使って入力する場合、「英字または数字」入力用キーボードに切り替えます。

その状態で「空白」を押すと、半角スペースが入力できます。

文頭でも文字のあとでも「英字または数字」の場合は半角スペースになります。

ローマ字入力で全角スペース・半角スペースを入力する方法

ローマ字を使って入力する場合、「ローマ字」入力用キーボードに切り替えます。

そのまま「空白」を押すと全角スペースが入力できます。

また、左下にある上向き矢印の「shift」ボタンを押し「空白半角」を押すと、半角スペースが入力できます。

iOS12で全角スペースを入力する方法

iOS12で全角スペースを入力する方法について説明します。

ここでは「直接入力する方法」や「コピペで入力する方法」から「ユーザー辞書」や「連絡先」に登録して使用する方法を紹介します。

直接入力する方法

全角スペースを直接入力する方法です。まず「空白」のあとに仮で文字を1文字入力します。

半角スペースのあとに文字が入力されている状態です。この状態で入力した文字を長押し・選択します。

「カット」や「コピー」などの選択肢と一緒にでてくる選択候補のなかから、「全角文字」を選択します。

これで全角スペースと全角文字が入力された状態になります。

あとは仮で入れた文字を消せば、全角スペースのみが残った状態になります。

コピペで入力する

コピペを使って入力する方法です。

iPhoneで全角スペースが表示されているサイトをひらき、全角スペースの部分をコピーします。

それを必要な場所に直接貼りつければ入力は完了です。

「」や【】のなかに全角スペースがある場合はそのままコピペをして、あとから「」などを消すとわかりやすいです。

iPhone格安SIM通信アンケート

ユーザー辞書に登録して入力する

コピペで入力したときに使ったものを「ユーザー辞書」に登録して使う方法です。

iPhoneの「設定」「一般」「キーボード」の順にすすみ、「ユーザー辞書」をひらきます。

右上の「+」を押し、コピーした全角スペースを貼りつけます。「全角スペース」など、自分のわかりやすい単語で登録をすれば完了です。

連絡先に登録して入力する

連絡先の登録機能を使って入力する方法です。

「電話」「連絡先」とすすみ、右上の「+」を押すと新規連絡先を登録する画面になります。

「姓」の部分にコピーした全角スペースを貼りつけ、「姓(フリガナ」の部分に「全角スペース」など、自分のわかりやすい単語を入力し、右上の「完了」を押せば登録の完了です。

iPhoneの文字入力で自動的にスペースが入ってしまうときの対処法

iPhoneで文字入力をしていて、文字の変換をしたら自動的にスペースが入ってしまった、という経験をしたかたもいるのではないでしょうか。

ここではその場合の対処法を2つ紹介します。

全角スペースが入ってしまった場合の対処法

文字入力で変換をした際に、自動的に全角スペースが入ってしまった場合、iPhoneの設定を変更することで解消できます。

「設定」「一般」「キーボード」の順にすすみ、「スマート全角スペース」をオフにします。これで設定の変更は完了です。

半角スペースが入ってしまった場合の対処法

文字入力で変換をした際に、言葉と言葉の間に半角スペースが入ってしまった場合にも、全角スペースと同じく設定の変更をすることで解消できます。

「設定」「一般」「キーボード」の順に進み、下のほうにスライドすると「英語」という項目があります。

そのなかにある「予測」をオフにします。これで変更の設定は完了です。

英語の文章を入力する場合には単語と単語の間に半角スペースが必要なため、それを自動的に入力してくれる便利な機能なのですが、日本語入力の際には必要がないのでオフをしても問題なく使用できます。

iPhoneで全角スペースを入力できるアプリ2選

iPhoneで全角スペースを入力できるおすすめアプリ「半角カタカナキーボード」と「片手キーボードPRO」の2つを紹介します。

全角スペースの入力ができるだけでなく、便利な機能や豊富なカスタム素材も利用できるのでとても便利です。用途や好みにあわせてアプリを選んで使ってみましょう。

半角カタカナキーボード

iOS12より前のiPhoneでは入力のできない「全角スペース」と「半角カタカナ」を入力できるアプリです。

全角スペースだけでなく、切り替えることで半角カタカナの入力もできるのでとても便利です。

登録フォームなどの入力をする際に、ふりがな入力を半角で指定されている場合も多いのではないでしょうか。

そのようなときにも、このアプリをダウンロードしておくと簡単に半角のふりがなが入力できます。

また、利用できるキーボードのカラーバリエーションも豊富なので、好みの色を選んで設定をすることもできます。

半角カタカナキーボード
半角カタカナキーボード
開発元:nodoa
無料
posted withアプリーチ

片手キーボードPRO

フリック入力で空白を左にスライドさせることで、全角スペースの入力ができるアプリです。

カスタム素材がとても豊富なので、自分好みのこだわりのカスタマイズをしたい方にもおすすめのアプリです。

壁紙や12種類から選べるフォント、フルカラーで彩りにもこだわった設定をすることが可能です。

片手キーボードPRO
片手キーボードPRO
開発元:TAWASHI KAMEMUSHI
¥490
posted withアプリーチ

全角スペースを入力する方法を試してみよう

iPhoneで全角スペースを入力する方法を紹介しました。iOS12より前のバージョンで入力をする場合の方法や設定方法は、用途や使いやすさなどで選ぶとよいでしょう。

また、全角スペースが標準で搭載されているiOS13では、半角スペースを使用する場合とでの切り替えやすさなどを考えながら、自分が使いやすい入力方法を選択することもできます。

ユーザー辞書や連絡先へ保存して使用する方法は、全角スペースだけではなく、設定方法を知っておくことでiPhoneがさらに使いやすくなります。1度試してみると、選択の幅が広がるのではないでしょうか。

また、専用のアプリをダウンロードして使用するのもおすすめです。全角スペースの入力だけでなく、便利な機能を一緒に使うことができるものも多いのでとても便利です。

気になるアプリをダウンロードして実際に使ってみることで、自分の好みのあったものをみつけてみるのもよいでしょう。

まずは1つ、興味を持ったものや、便利で簡単そうだと感じられたものから「全角スペース」の入力方法を試してみることをおすすめします。

iPhoneのキーボードをより使いやすくする方法について、「iPhoneのキーボードを便利に使いこなす方法とおすすめのアプリ」で解説していますのであわせてご覧ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年05月17日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード