MUGEN WiFiはどのように使えるか?|そのサービスと特徴

高コストスマホから抜け出すにはいくつか方法がありますが、その1つがモバイルWi-Fiとの併用です。なかでも低コストのデータ通信無制限プランがあるMUGEN WiFiは他とは違った特徴があり高い人気があります。その特徴を紹介していきます。
【公式】カシモWiMAX MUGEN WiFiはどのように使えるか?|そのサービスと特徴

3大キャリアからの乗り換えをためらう理由として、手厚いサービスとそれによる安心感、そして広いサービスエリアをあげる方は多いのではないでしょうか。

4G LTEは使い慣れていることもありなじみ深い安心できる回線だといえます。

そんな安心で広いエリアで使える回線3種類すべて使えるモバイルWiFiが、MUGEN WiFiです。

しかしキャリア回線を3つも利用すれば料金は高いのではないか、使い方が難しいのではないかなど疑問や不安があるかもしれません。ここではそんなMUGEN WiFiのサービスの全貌を解説します。

MUGEN WiFiはどんなサービスなのか

MUGEN WiFiは、モバイル電波を使ったインターネット接続サービスで、原則として端末単体で通信するよりパソコンやスマホをインターネットにつなげる役割に重きをおいた「モバイルWiFi」の1つです。

2020年4月10日から残念ながら新規申し込みの受付を停止していますが、サービス自体は非常に使いやすく長く利用しているユーザーも多い人気の通信事業者です。

データ利用量に制限がない

MUGEN WiFiの人気の理由はおそらくこの「データ利用量無制限」でしょう。スマホで料金を節約するために、無理に月あたりのデータ利用量が少ないプランにすると、いつもハラハラします。

MUGEN WiFiならそんな心配はありません。月間のデータ利用量に制限がなく、他社によくある「3日間で10GB使うと速度が制限される」こともありません。

3大キャリアに対応

MUGEN WiFiが利用するモバイル電波は、日本の3大キャリア、ドコモ・au・ソフトバンクのすべてです。

どれ1つとっても全国レベルで高い人口カバー率を誇っていますが、特定の場所では微妙に受信感度に違いがあり、auでは受信できるがソフトバンクでは圏外になるといったことも起こります。

MUGEN WiFiのルーターは場所ごとに、3キャリアの電波のうち最適なもので接続するので本当の意味でのいいとこどり、理論上最も広いサービスエリアだといえます。

しかも最適な電波はルーターが自動的に選んでくれるので、いちいち設定を変える手間もありません。

業界最安級の月額3,280円から

MUGEN WiFiの料金プランは、レンタルで利用する端末の種類ごとに2つに分かれます。液晶ディスプレイを持たない「U2s」という端末のプランなら、3キャリア回線が無制限で使えてなんと3,280円という安さです。

しかもこれは、よくある「25ヶ月目以降は〇〇円」といった具合に値上がりすることはなく、契約している期間ずっと変わりません。

WiMAXを含めたモバイルWiFiのすべてのサービスと比較しても、間違いなく安い部類に含まれます。

クラウドSIM採用で海外でも手軽に使える

通常、3キャリア回線を同時に使えるようにするには、SIMカードが3枚必要です。しかしMUGEN WiFiでは実物としてのSIMカードを使わず、ネットワークからダウンロードできる「クラウドSIM」を使います。

クラウドSIM(eSIMともいう)は、端末がなんらかのインターネット回線に接続できていればどこからでもダウンロードできます。実物ではなくデータだからこそ、3キャリア同時利用が可能なのです。

クラウドSIMならインターネット接続さえあれば、利用開始までSIMカードの到着を待つことはありません。

とくに「一時的に海外で使う」とき、このしくみが絶大な威力を発揮します。

通常海外でモバイルWiFiを利用するときは、渡航先で個別に申し込み1日あたり1,500円程度の料金がかかります。しかしMUGEN WiFiなら、国内で使っている端末のまま渡航先で電源を入れ直すだけで利用できます。

しかも対象の国・地域なら1日あたり1,200円から利用でき、1日のデータ利用量1GBを超えても最大384Kbpsの速度で通信し続けることができます。

2種類の端末はどう違うのか

ではここで、プラン料金を分ける2種類の端末について詳しく解説しましょう。

モバイルWiFiで利用する端末を「ルーター(またはモバイルWiFiルーター)」と呼びますが、MUGEN WiFiで使う端末はすべてレンタルとされ、レンタル料は月額料金に含まれています。

安く利用するならU2s

まず紹介するのは、液晶ディスプレイのない端末「U2s」です。

端末名称 U2s
月額料金 3,280円(端末レンタル料含)
サイズ 縦127mm x 横65.7mm x 厚み14.2mm
重さ 149g
充電容量 3500mAh
連続稼働時間 約12時間
ディスプレイ
WiFi接続規格 IEEE802.11b/g/n
WiFi接続数 最大5台まで
通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps

U2sには液晶ディスプレイがないため、バッテリー残量と電波の受信状況はLEDライトで表示されます。

バッテリーは連続で約12時間使えるので、多少残業しても帰宅するまでしっかりカバーできます。

もちろんクラウドSIM搭載で、海外でも手軽に利用できます。液晶ディスプレイがないので戸惑うことがあるかもしれませんが、慣れればさほど不便を感じなくなるというユーザーが多いようです。

海外ではうれしい翻訳機能がついたG4

もう一方のスマホのような端末が「G4」です。液晶ディスプレイ搭載で、今の利用状況やバッテリー残量も一目で分かり、海外旅行にうれしい翻訳機能やTripAdviser、GoogleMapも使えるのが魅力です。

端末名称 G4
月額料金 3,880円
サイズ 縦136mm x 横72.2mm x 厚み12mm
重さ 188g
充電容量 3900mAh
連続稼働時間 最大12時間
ディスプレイ 5.0HD
WiFi接続規格 IEEE802.11b/g/n
WiFi接続数 最大5台
通信速度 下り最大150Mbps / 上り最大50Mbps

G4は新型なだけに、U2sにはない機能を2つ搭載しています。

  • 液晶ディスプレイ:翻訳機能・TripAdviser・GoogleMapが利用できる
  • モバイルバッテリー機能:万が一にはスマホを充電するモバイルバッテリーとして使える

そのうち、海外で大いに役立つだろう次の機能は、国内でも利用する機会は多いかもしれません。

  • 翻訳機能:中国語・英語・スウェーデン語など21ヶ国語を日本語に翻訳してくれる
  • TripAdviser:世界最大級の旅行コミュニティサイトで、世界中から参考にできる口コミが投稿される
  • GoogleMap:世界のあらゆる場所へのルート検索やナビ機能・経路検索ができる

とくに海外で利用する人にとってG4はおすすめです。

MUGEN WiFi利用の注意

これほど便利なMUGEN WiFiですが、実際に利用するにあたって注意すべき点がいくつかあります。

速度が制限される場合がある

データ利用量無制限のMUGEN WiFiですが、実は速度制限がかかる場合はあります。

公式Webサイトでは、「大容量の通信を行う利用者に対して通信の停止や速度低下措置を行う」とあり、あまりに長時間の動画の視聴やオンラインゲーム、大容量ダウンロードなどを控えるよう要請しています。

また、違法ダウンロードや犯罪行為など不正利用の疑いがある場合は端末そのものの利用を停止する場合もあるとしています。

料金の支払いはクレジットカードのみ

格安SIM事業者によくみられる「月額料金などの支払いはクレジットカードのみ」という制限はMUGEN WiFiにもあります。口座振替やデビットカード、その他のポイントサービスには対応していません。

料金は日割り計算されない

新規申込や解約で気をつけたいのが、「料金が日割計算されない」ことです。

月内のいつ手続きしても当月分として1ヶ月丸ごとの料金が請求されるのです。契約なら月初を、解約なら月末近い日を選びましょう。

MUGEN WiFiは新規申込受付を停止中

このようにメリットの多いMUGEN WiFiですが、実は2020年4月現在新規申し込み受付を停止しています。

ここでは、MUGEN WiFiのサービスに近い、おすすめのモバイルWiFiを2つ紹介します。

3キャリア利用なら限界突破WiFi

出典:限界突破WiFi

MUGEN WiFiの、3キャリア回線利用を希望するなら、同じ自動対応の「限界突破WiFi」がおすすめです。

MUGEN WiFiの端末「G4」に近いスマホ型端末「jetfon P6」を使い、バッテリー残量や通信速度の確認はもちろん、翻訳機能や地図も利用できます。

もちろんデータ通信量は無制限で、月額料金もずっと変わらない3,500円です。海外旅行にも手軽に使えるクラウドSIM採用と、内容はMUGEN WiFiとほとんど変わりません。

WiFi接続が最大8台、対象の海外での利用は最安380円からなど、むしろ限界突破WiFiの方が優れている点もあるほどです。限界突破WiFiは公式Webサイトから24時間申込可能です。

限界突破WiFiを契約する!

カシモWiMAXで高速通信し放題を満喫

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、UQモバイルが提供するWiMAX回線を使ったモバイルWiFiです。MUGEN WiFiと違うのは最新端末での通信速度が下り最大1.2Gbpsと実に8倍であること、その端末が無料で手に入ることです。

さらにギガ放題プランでも、契約初月とその翌月は月額料金1,380円と格安で、2ヶ月目から24ヶ月目まででも3,580円で利用できます。

最新端末ならMUGEN WiFiに比べ通信速度が非常に速く、しかもWiFi接続できる台数が16台と3倍以上と非常に幅広い使い方ができます。

難点をいえば「海外で利用できない」ことくらいです。WiMAX回線自体、日本だけでサービスを提供しているため海外ではまったく別にモバイルWiFiの契約が必要です。

同じWiMAXを使ったインターネット接続サービスはたくさんありますが、それぞれ料金やオプションが異なります。カシモWiMAXはそのなかでも最安クラスの料金で高い人気があります。

カシモWiMAXも公式Webサイトから24時間申し込みできます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

WiMAXプロバイダのキャンペーン情報を「【2020年最新】WiMAXプロバイダのキャッシュバックキャンペーンを比較!」で紹介していますのであわせてご覧ください。

必要な性能を備えたモバイルWiFiを選ぼう

インターネット接続サービスで重要なことは、いつでもどこでも通信できることです。そしてかんたんに操作できること、料金が安いことと続きます。そういう意味ではMUGEN WiFiは非常に優れたサービスです。

大手3大キャリアすべての回線の中から最も受信しやすい回線を自動的に選んで通信すれば、理論上最も広いサービスエリアを持つことになります。さらに月額料金は3,280円と業界でも安い方ならなおさらです。

しかし残念ながら2020年4月10日からMUGEN WiFiは新規申込を受け付けていません。MUGEN WiFiに近いサービスとして、限界突破WiFiやカシモWiMAXが挙げられます。

どのモバイルWiFiを選ぶにせよ、自分の使い方に必要な性能を備えたものを選ぶことは鉄則です。自分の使い方を振り返り、妥協せずじっくり検討して選びましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年05月10日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード