【最新版】Apple Storeの臨時休業はいつまで?iPhoneの修理対応などを解説

新型コロナウイルスの影響により、日本国内のApple Store10店舗全店が休業となっています。当初3月27日までだったアップル直営店の臨時休業。営業再開時期の予想や休業中の製品購入・修理対応、新作iPhoneSEの購入方法について解説しています。
楽天モバイル20220722 【最新版】Apple Storeの臨時休業はいつまで?iPhoneの修理対応などを解説

新型コロナウイルスの影響により、日本のApple Store全10店舗も3月15日から無期限休業となっています。

一時休業から約1カ月半。再開はいつになるのか、休業中の製品購入・修理対応はどのようにしたら良いのでしょうか。

\お得にスマホを契約しよう!/

Apple Storeはいつまで休業?

新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、日本のApple Store全10店舗も3月15日(日)から休業に入りました。休業発表当初は、中華圏を除くApple Storeの全店舗が3月27日(金)までの臨時休業とのアナウンスでした。

しかし、その後アナウンスが変更され、公式サイトにて「追ってお知らせするまで」という無期限休業を発表しています。

「5月初旬まで店舗休業」を従業員に通知

NYに本社を構える金融・経済情報通信社Bloombergは、米アップルが4月2日に米国内の小売店の休業および従業員の在宅勤務を5月初めまで続けると社内通知したと報じています。

これを受けて、日本国内のApple Storeも5月初旬以降の再開が予想されます。しかし、全国の緊急事態宣言解除時期の延期をめぐり、現在安倍総理大臣は5月6日以降の全面的な解除は難しいという認識を示しています。5月6日以降の動向によって、国内Apple Storeの営業再開にも影響を及ぼすと考えられます。

参考:Bloomberg「アップル、米国内の全店舗を5月初めまで休業-従業員に通知」(2020/04/03)

公式サイト「3月27日以降の再開は追ってお知らせ」

当初アップルは、「特別な営業時間」として、3月15日から3月27日までの臨時休業を発表していました。現在公式サイトでは、再開は追ってお知らせするとし、明確な日付を発表していません。

現在Apple Storeは追ってお知らせするまで休業いたします。お客様に優れたサービスをお届けできるように努めてまいります。修理やサポートについてはsupport.apple.com/ja-jpを見るか、0120-993-993にお問い合わせください。製品の購入はこのウェブサイトapple.com/jp、またはApple Store Appでどうぞ。最短で翌日に送料無料でお届けします。営業再開については https://www.apple.com/jp/retail/ からご確認いただけます。

引用:Apple Storeの一時休業について

なお、営業再開については、【https://www.apple.com/jp/retail/】にて発表されるようです。

端末の故障や修理はどうする?

Apple Store休業中に製品が故障した場合の対応・修理はどうなるのでしょうか。

オンラインか修理サポート問い合わせでの対応は可能

Apple製品の修理に関して、 Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに製品を直接持ち込む「持ち込み修理」と、Apple指定の配送業者が製品を引き取りに行ってAppleリペアセンターへ配送する「配送修理」の 2種類の方法があります。

Apple Storeおよびストア内のジーニアスバーという相談窓口は、店舗休業中により利用ができません。Apple正規サービスプロバイダは、各店舗の営業状況・営業時間をお確かめください。

配送修理に関して、Apple公式サイトでは、製品の修理はオンラインかサポート問い合わせにて可能と明記しています。修理状況は、オンラインで確認できます。修理完了時期などの詳細が担当者から個別に連絡されるようです。

Apple修理サポート問い合わせ・フリーダイヤル【0120-993-993】

iPhone・iPadならiCrackedでの修理も可能

Appleリペア以外なら、iPhone・iPad修理の際は、総務省の登録修理業者「iCracked」がおすすめです。全国に店舗を構え、店頭・郵送での修理受付を行っています。

現在、緊急事態宣言を受けて一部店舗が臨時休業・営業時間短縮を実施しています。お近くの店舗情報をご確認ください。

iCracked「新型コロナウイルスおよび緊急事態宣言への対応について」

iCracked

スマホのお悩みをiCrackedが解決します! 出典: iCracked

iCracked(アイクラックト)は、総務省の登録修理業者で、経験豊富な技術者が高品質のパーツを使用して修理するサポート店なので安心です。万が一iCrackedの修理パーツで初期不良が生じた場合でも、90日間の保証期間を設けています。

iCracked Storeの特徴は、修理経験が豊富なスタッフが目の前で修理をしてくれる点です。厳しい研修を経て試験に合格した「iTech」と呼ばれるスタッフが、iPhoneの機能や設定、トラブルへの対応を熟知しているので確実な修理が可能となっています。

また、iCracked Storeでは原則対面カウンターでの修理を実施。個人情報などのデータが詰まったiPhoneを預けて修理をするのは少し不安になるものですが、修理工程のすべてを依頼者の目の前で行ってくれるため、安心して修理を任せることができます。

iCrackedでiPhoneを修理する

こちらの記事では、iPhoneの故障に関するおすすめ修理業者をご紹介しています。

スマホ保険/モバイル保険でも対応可能

iPhoneやスマートフォンにかける保険でも、修理対応が可能です。

ここでは、比較的保険料も少額でメリットの多い2つの保険をご紹介します。

モバイル保険

  • 月額700円
  • 端末3台まで登録できる
  • 対象デバイスが幅広い

モバイル保険では、月額700円(非課税)で端末3台まで登録できます。年間最大10万円までの修理費用の補償が何度でも受けられます。

モバイル保険の対象デバイスはスマートフォンだけでなく、タブレット・パソコン・カメラ・ゲーム機・Bluetoothヘッドホン・プリンターなど幅広いです。それらをお持ちの方にはおすすめの保険です。

保険金の請求はマイページから簡単にできて、機種変更時も登録している端末の変更を行うだけで継続して利用できます。

補償費用に関して、補償の金額は主端末(1台)と副端末(2台)で異なります。副端末の補償金額は年間30,000円までです。修理不能の場合や盗難の際の補償金額は、主端末が25,000円、副端末が7,500円となるので注意が必要です。

モバイル保険を申し込む

スマホ保険justInCase

  • 月額355円~という保険料の安さ
  • 最大約14万円の修理費用補償
  • 保険加入・保険金申請がアプリで簡単
  • 紛失・盗難も補償対象

スマホ保険justInCaseは、主にiPhoneにかけられる保険です。Androidも対象内ですが、ガラケーは対象外です。

月々の保険料は端末によって変わりますが、最安355円~で保険期間内であれば最大14万円1,800円まで修理代を負担してくれます。さらには紛失・盗難にも対応しているので、特にiPhoneユーザーにはコスパの良い保険でしょう。

AppleCare+やキャリアは、自社で購入した新品スマホにしか保険をかけられませんが、スマホ保険は中古スマホや格安SIMのスマホも加入できるメリットがあります。手続きもアプリから24時間簡単にできて便利です。

スマホ保険を申し込む

新製品・iPhoneSE(第2世代)はどこで買う?

出典:Apple

Apple製品はオンラインショップにて購入ができます。iPhone新作のiPhoneSE(第2世代)は、どこで買うのが良いのでしょうか。

SIMフリー版ならApple公式オンラインで購入可能

【AppleオンラインショップでのiPhone SE販売価格(税別)】

  • 64GB:44,800円
  • 128GB:49,800円
  • 256GB:60,800円

初代iPhoneSEの4インチから少し大きく、4.7インチに生まれ変わった第2世代。iPhone8・7とサイズです。スペックも初代iPhoneSEよりグレードアップしつつ、価格は4万円台とお手頃です。

iPhoneSE(第2世代)は、simフリー版をオンラインで購入できます。4月24日に発売を開始し、送料無料で最短翌日配送です。すぐに入手したい方はこの方法が最速でしょう。

大手3キャリアでは、4月20日から予約開始で5月11日に発売です。どこで買うのが良いかを検討するにあたり、Apple公式サイトでの購入価格とキャリアでの本体価格を一覧にしました。

iPhone SE本体価格一覧(税込)

iPhone SE2 64GB 128GB 256GB
Apple公式(simフリー) 49,280円 54,780円 66,880円
ドコモ 57,024円 62,568円 75,240円
ソフトバンク 57,600円 64,080円 78,480円
au 55,270円 61,250円 75,215円

価格だけで見ると、Apple公式サイトでsimフリー版を購入するのが最安ですが、各キャリアにはキャンペーンやお得なプログラムが用意されているので、比較してから決めるのが得策です。

次の項で、各キャリアのキャンペーンと、適用時のiPhoneSEの価格をご紹介します。

キャリアのオンラインショップでの購入がお得!

iPhoneSEを検討中の方は、大手3キャリアのオンラインショップでの購入がお得です。各キャリアの特典利用時の負担額を一覧にしました。

iPhone SE2 64GB 128GB 256GB
Apple公式(simフリー) 49,280円 54,780円 66,880円
ドコモ「スマホおかえしプログラム」利用時負担額 23,360円 27,056円 35,504円
ソフトバンク「トクするサポート+」利用時負担額 28,800円 32,040円 39,240円
au「かえトクプログラム」利用時負担額 28,750円 31,970円 39,215円

それぞれの特典適用には条件があります。次の項で解説します。

ドコモ「スマホおかえしプログラム」

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは、対象端末を36回払いで購入し、24ヵ月目に返却すると端末残金が不要になるキャンペーンです。iPhone SEもこのプログラムの対象です。

【ドコモオンラインショップでのiPhone SE販売価格】

  • 64GB:57,024円
  • 128GB:62,568円
  • 256GB:75,240円

ドコモオンラインショップでの支払い方法は、一括購入のほかに「12回払い」「24回払い」「36回払い」を選択できます。

36回払いを選択した場合、「スマホおかえしプログラム」を適用することで、利用期間内に端末をドコモに返却することを条件に12回分の支払いが免除されます。

MNP契約時は、22,000円の「端末購入割引」または「はじめてスマホ購入サポート」を適用できます。ドコモの端末購入割引と、購入補助プログラムを適用した際の新作iPhone SE(第2世代)の料金は以下の表の通りです。

64GB 128GB 256GB
販売価格 57,024円 62,568円 75,240円
端末購入割引 ▲22,000円
分割支払金(36回払い) 972円/月 1,126円/月 1,478円/月
スマホおかえしプログラム利用時の負担額 23,360円 27,056円 35,504円

ドコモで詳細を見る

ソフトバンク「トクするサポート+」

ソフトバンク「トクするサポート」が名称を変更し、新たに登場した「トクするサポート+」。これは、対象機種を48分割で購入した後25ヵ月目以降に機種変更すると、端末の残債が不要になるキャンペーンです。

iPhone SEも対象端末で、48分割の内24回分の支払いがなくなるということは、つまり実質半額で購入できるのです。

【ソフトバンクオンラインショップでのiPhone SE販売価格】

  • 64GB:57,600円
  • 128GB:64,080円
  • 256GB:78,480円

ソフトバンクオンラインショップでの支払い方法は、一括購入のほかに「24回払い」「48回払い」を選択できます。

48回払いの場合、「とくするサポート+」を適用することで、対象機種を48分割で購入した後25ヵ月目以降に機種変更すると、端末の残債が不要になります。

また、ソフトバンクオンラインショップでMNP契約をする場合、「web割」を利用することで、端末代金が21,600円割引されます。

ソフトバンクの端末購入割引と、購入補助プログラムを適用した際の新作iPhone SE(第2世代)の料金は以下の表の通りです。

64GB 128GB 256GB
販売価格 57,600円 64,080円 78,480円
端末購入割引 ▲21,600円
分割支払金(48回払い) 1,200円/月 1,335円/月 1,635円/月
トクするサポート+利用時の負担額 28,800円 32,040円 39,240円

ソフトバンクで詳細を見る

au「かえトクプログラム」

auの「かえトクプログラム」とは、残価設定型と呼ばれるスマホ購入システムを導入したキャンペーンです。

残価設定型とは、購入した端末の数年先の価値を表して残価を事前に設定しておき、残価分を除いた金額を分割で支払う仕組みです。

やや複雑ですが、かえトクプログラム適用で「対象端末を24回払いで契約し、auで買い替えたのち端末返却する」と負担額が安くなるというものです。買い替えも返却も必須ではなく、継続使用可能ですがプログラム適用するとお得に利用できます。

【auオンラインショップでのiPhone SE販売価格】

  • 64GB:55,270円
  • 128GB:61,250円
  • 256GB:75,215円

auオンラインショップでの支払い方法は、一括購入のほかに「24回払い」「36回払い」を選択できます。

24回払いの場合、2020年2月21日(金)から開始した端末代金を残価クレジット設定して購入することができる「かえトクプログラム」を適用できます。

また、auオンラインショップで新規契約またはMNP契約をした場合、「au Online Shopお得割」を利用することで、新規契約時は11,000円割引、MNP契約時は22,000円割引で端末を購入できます。

auの端末購入割引と、購入補助プログラムを適用した際の新作iPhone SE(第2世代)の料金は以下の表の通りです。

64GB 128GB 256GB
販売価格 55,270円 61,250円 75,215円
端末購入割引 新規
▲11,000円
MNP
▲22,000円
分割支払金(24回払い) 1,250円/月 1,390円/月 1,705円/月
かえトクプログラム利用時の負担額 28,750円 31,970円 39,215円

auで詳細を見る

まとめ

Apple Storeは一時休業ですが、製品購入・修理対応は可能です。急ぐ方は、iPhone修理専門店を利用するのがおすすめです。その際は、営業店舗・営業時間に注意しましょう。

また、新作iPhoneSE2に関しても、公式オンラインショップにてsimフリー版を購入できますが、キャリアのキャンペーンと比較して決める方が得策です。各キャリアでは予約が開始され、5月11日から販売開始です。検討時の参考にしてみてください。

公開日時 : 2020年05月07日

kawasaki ― ライター
kawasaki ― ライター

音楽・映画・読書が好き。好奇心と食欲旺盛。ねことバラエティーが元気の源。

関連キーワード