iPhoneの紛失時対処法|「iPhoneを探す」の使用方法や事前対策を紹介

iPhoneをなくした際にまずやることから、「iPhoneを探す」の利用方法について紹介します。「iPhoneを探す」がオフになっている場合の対処法も解説します。またiPhoneを紛失した際の保険についても詳しく説明しています。
新型ihone12噂 iPhoneの紛失時対処法|「iPhoneを探す」の使用方法や事前対策を紹介

「iPhoneを紛失したときどうすればいいの」と不安な気持ちになりますよね。基本的には「iPhoneを探す」を利用して追跡をしたり、iPhoneの位置を確認して探します。

ただ、常に「iPhoneを探す」が有効ではない方のために、「iPhoneを探す」以外で探す方法も紹介しています。

この記事を通して、iPhoneの紛失時に備えた事前の対策を取りましょう。

iPhone紛失時の対処法

iPhoneを紛失してしまった際にまずやるべきことを紹介します。

最初にやるべきは「電話をかける」ことですが、iPhoneにロックをかけていない人は「遠隔操作でロックをかける」ことも含めて、同時に対処しましょう。

自身のiPhoneに電話をかける

iPhoneを紛失したことに気づいたら、まずは自分のiPhoneに電話をかけましょう。iPhoneの紛失場所周辺に人がいたり、誰かが拾ってくれている場合、電話に出てくれる可能性があります。

ロックをかけているiPhoneでも、電源が入っていない場合アナウンスで電源が入っていないことを確認できます。電話に誰も出なくても、電源のON/OFFは確認できるためまずは電話をかけることがおすすめです。

ロックをかけていない場合は遠隔操作でロックをかける

iPhoneにロックをかけていない人は遠隔操作でロックをかけましょう。ロックをかけていないiPhoneを紛失した場合、拾った人がそのiPhoneを悪用する可能性があります。

ロックのかかっていないiPhoneを遠隔操作でロックするには、「iPhoneを探す」を利用します。

ロックの仕方は「iPhoneを探す」のアプリを開き、表示されたiPhoneの位置を示すアイコンをタップした後、「i」を選びます。

メニューの中から「紛失モード」を選択し、電話番号を入力します。最後にロック画面に表示されるメッセージを入力し、遠隔操作でのロックは完了です。

もしiPhoneが見つかり遠隔操作のロックを解除するには、「iPhoneを探す」から「すべてのデバイス」を選択し、紛失モードに設定しているiPhoneを選びます。

その後「紛失モード」から「紛失モード停止」をタップして解除完了です。

iPhoneを紛失した際は「iPhoneを探す」で探せる

iPhoneの紛失時に、必須なのが「iPhoneを探す」です。この機能を有効に使うことで、紛失したiPhoneの見つかる可能性が格段に上がります。

ここでは「iPhoneを探す」の特徴や使い方、設定方法から、「iPhoneを探す」がオフの場合の対処法についても紹介します。

「iPhoneを探す」の特徴

「iPhoneを探す」には追跡機能、遠隔ロック機能、遠隔データ消去機能、音を鳴らす機能、iPhoneに電話をかける機能、紛失を表示させる機能があります。

追跡機能はGPSを必要とするため、「iPhoneを探す」を利用するためには位置情報もオンにしておきましょう。

遠隔データ消去機能は、前項で紹介した遠隔ロックと同じように「iPhoneを探す」のアプリ内から、データを消したいiPhoneを選択すると消去できます。

音を鳴らす機能や電話をかける機能は、実際探すときに有効的です。

もし紛失したiPhoneが近くにあったとき、音を鳴らす機能を使えばすぐにどこにあるか確認でき、電話をかける機能を使えば拾った人から電話をかけてもらうこともできます。

「iPhoneを探す」の設定方法

「iPhoneを探す」を設定するにはApple IDを作成し、その後「設定」からiCloudを選択し「iPhoneを探す」と「最後の位置情報を送信」をオンにします。

iPhone、Androidそれぞれ次の方法で「iPhoneを探す」に入ります。

  • iPhoneの場合:iPhoneを探すアプリをダウンロードする。
  • Androidの場合:「Chrome」→右上の3つの点→「PC版サイトを見る」→iCloudにサインし、「iPhoneを探す」をタップする。

「iPhoneを探す」がオンになっている場合

「iPhoneを探す」がオンになっている場合の使い方の紹介です。

まずは「iPhoneを探す」にサインインをします。サインインにはApple IDが必要です。

サインイン後に紛失したiPhoneを選択し、画面下部に「アクション」が表示されるため、その中から前項で紹介した特徴の操作を選びます。

追跡機能を使うと、紛失したiPhoneがある場所までナビゲーションをしてくれます。これは普通のマップ機能と同様、車や徒歩でどれくらいの所要時間かも表示されます。

「iPhoneを探す」がオフになっている場合

ここでは「iPhoneを探す」がオフだった場合の対処法を紹介します。

「iPhoneを探す」がオフだった場合は前項で紹介した方法が一切利用できないため、他のデバイスから、Apple IDやその他SNSアカウント等のパスワードを変更します。

その後、警察に遺失届を出し捜索を依頼しましょう。

それでも見つからない場合

ここでは前項で紹介してきた方法でも見つからなかった場合の対処法を紹介します。

もし「iPhoneを探す」でも見つからなかったら、契約している携帯会社のキャリア別サポートを利用してみるのも1つの手です。

「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3つのサポートサービスについて解説します。

キャリア別紛失サポートの利用

各携帯会社では、紛失や盗難時のサポートサービスを提供しています。それぞれを詳しくみていきましょう。

ドコモ

まずはドコモのサポートサービスを紹介します。

ドコモでは、電話・オンラインどちらからでも手続きができる「利用中断」「おまかせロック」「ケータイお探しサービス」「遠隔初期化」というサービスを提供しています。

ドコモユーザーの方は、オンラインで手続きをする場合dアカウントのログインが必要になります。電話で手続きをする場合は、契約者本人の確認が終わり次第すぐに手続きを行ってくれます。

ドコモのサービスは紛失に限らず、おサイフケータイを利用している方の場合、おサイフケータイの利用もロックしてくれるため、悪用防止にもなります。

利用中断をした場合、iPhoneを見つけた後に利用再開の手続きを忘れずにしましょう。これは利用中断した契約者本人が、利用再開の手続きも行う必要があります。

ドコモのサポートサービスは、海外からでも問い合わせが可能です。海外でiPhoneを紛失してしまった場合の電話番号はこちらです。

  • 一般電話でかける場合:[滞在国の国際番号]-81-3-6832-6600
  • ドコモのケータイからかける場合:[+]-81-3-6832-6600

一般電話での問い合わせは有料で、ドコモのケータイからは無料で問い合わせられます。

ドコモユーザーの方なら、ドコモのサポートサービスで「iPhoneを探す」と同等のサポートが受けられるため、「iPhoneを探す」で見つからなかった場合、すぐに問い合わせることをおすすめします。

au

次にauのサポートサービスを紹介します。

auはオンライン上で手続きが可能で、回線の停止や機種変更の案内、後に紹介する保証サービスまで幅広い内容のものがあります。

auのサポートを通して回線を停止した場合の手続きは、回線停止後警察に遺失届を出し、その後見つかった場合警察もしくはauから連絡きます。

万が一見つからなかった場合は機種変更となりますが、後に説明する補償サービスの加入で費用を一部auが負担してくれます。

auのユーザーなら、紛失時のサポートから機種変更までのサポートをしてくれるため、「iPhoneを探す」で見つからなかった場合すぐに手続きするのがおすすめです。

ソフトバンク

最後にソフトバンクのサポートサービスを紹介します。ソフトバンクには紛失したデバイスの捜索に特化した「紛失ケータイサービス」というものがあります。

これはGPSを利用して紛失したiPhoneの位置を確認でき、もしiPhoneの電源がオフの場合でも最後の位置情報を確認し遠隔操作でのロックや、その他のセキュリティ強化をしてくれます。

このサービスを利用すれば紛失したiPhoneを探すだけでなく、迷惑メールやiPhoneに感染するウイルスの防止、家族での共有でお子様の位置情報も確認できるため、セキュリティ面を全面的にサポートしてくれます。

また回線停止も電話・オンラインどちらからでも手続きできます。海外で紛失した場合も電話で問い合わせると紛失サポートを受けられます。ソフトバンクのケータイであれば無料ですが、それ以外での問い合わせは有料です。

  • 問い合わせ電話番号:[+]81-92-687-0025

「iPhoneを探す」を利用して見つからなかった場合、ソフトバンクユーザーの方なら紛失ケータイサービス内や回線停止サービスで対応可能です。

紛失時の保険

iPhoneが紛失したときのために備えて、保険に加入しておくのも1つの手です。ここでは、iPhoneの保険「AppleCare」を始め、ドコモ・au・ソフトバンクの紛失保険について、詳しく紹介します。

Applecare

AppleCareは、iPhoneの故障時などに補償サポートをしてくれるサービスで、Apple製品ユーザーの方なら、多くの方が加入しています。

そんなAppleCareに「AppleCare+盗難・紛失プラン」が登場しました。これはiPhoneにのみ対応しているサービスで、紛失や盗難被害にあった際は新しいiPhoneに交換してくれるというものです。

これは11,800円で利用可能で、新しいiPhoneに交換してからでも、プランの期間中は保証の対象となります。

これを利用するには、に気づいてから30日以内に手続きを終えること、このプランを契約した写しの提出など、利用するこちらにも責任が生じます。

各種携帯会社とAppleCareの連携したプラン

ここでは、各種携帯会社とAppleCareの連携した補償プランを紹介していきます。

ドコモでは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」、auでは「故障紛失サポート with AppleCare Services」、ソフトバンクでは「あんしん保証パック with AppleCare Services」があります。

ドコモ:ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

ドコモには、ケータイ補償サービス for iPhone & iPadというサービスがあります。これはiPhone購入後14日以内に加入する必要がありますが、初月の月額料金は無料で、2ヶ月以降も500円〜1000円で利用可能です。

このサービスは年間2回までの補償を受けることができ、紛失した場合以下の料金で新しいiPhoneと交換できます。

月額500円コースの場合 7,500円
月額750円コースの場合 11,000円
月額1000円コースの場合 11,000円

au:故障紛失サポート with AppleCare Services

auには、故障紛失サポート with AppleCare Servicesというサービスがあります。これはauとAppleCareの共同のサポートサービスで、このサービスに加入すると、4年間の製品保証も受けられます。

紛失時には、Appleサポートへ電話するだけで新しいiPhoneの交換が可能です。利用料金は11,800円で、東京もしくは大阪なら3時間以内で配送が可能です。

月額料金は、iPhoneのバージョンによって異なります。

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max / iPhone Xs / iPhone Xs Max / iPhone X 1,190円
iPhone 11 / iPhone XR / iPhone 8 Plus / iPhone 7 Plus / iPhone 6s Plus 890円
iPhone 8 / iPhone 7 / iPhone 6s 790円
iPhone SE 707円

ソフトバンク:あんしん保証パック with AppleCare Services

ソフトバンクには、あんしん保証パック with AppleCare Servicesがあります。これは紛失後、最短翌日にiPhoneを配送してくれるサービスです。

利用料金は11,800円で、このサービスに加入しておくと紛失後の申込みで、新品同様のiPhoneを配送してくれます。

配送時に代金の支払いをしますが、これは現金だけでなくクレジットカード支払いも可能で、Tポイントもしくはソフトバンクポイントの利用も可能です。

iPhone紛失時に備えて対策をしておこう

iPhoneの紛失時に備えた対策は1点、「iPhoneを探す」を設定し常にオンにしておきましょう。

「iPhoneを探す」がオンになっていることで紛失時の位置を確認でき、電話をかける等の対応もできるため、iPhoneが見つけやすくなります。

「iPhoneを探す」をオンにしておくのは、見つけやすくするだけではなく、遠隔ロック等も可能なことから、不特定多数の人からs=悪用されるのを防止することもできます。

このように「iPhoneを探す」がオンであることで、セキュリティ強化もできます。

今まで「iPhoneを探す」の設定をしていなかったという方は、iCloudから設定をしておきましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年04月30日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード