JCOM_iPhone7

UQモバイルの電波・速度・サービスエリア対応エリアを解説

UQモバイルの利用を検討している人の中には、電波の状況が気になる人は少なくないでしょう。UQモバイルの電波はエリアが広く速度も速いので、快適にスマホが利用できます。UQモバイルの電波の状況や使用時の注意点について解説しています。
BIGLOBEmobile20190724_desc UQモバイルの電波・速度・サービスエリア対応エリアを解説

格安SIMに乗り換えを検討しているとき、最も気になるのが今までと同じようにスマホが使えるかということではないでしょうか。

月額料金が安くなるというメリットがある反面、速度やつながりにくさなどが気になりますね。

UQモバイルは、格安SIMの中でも通信の安定性や速度には定評があります。しかし、本当に快適にスマホが使えるのか確認したいと思う人は少なくないかと思います。

この記事ではUQモバイルを利用するときにチェックするべき点や、UQモバイルの電波の状況を、実際にUQモバイルを使用している人の口コミとあわせて解説しています。

UQモバイルの電波の特徴とサービスエリア

UQモバイルはauの4G LTE回線を利用しているため、サービスエリアが広く、つながりやすいのが特徴です。

au回線の4G LTE回線で安定した通信ができる

UQモバイルは、auの4G LTEの回線を借りてサービスの提供をしています。そのため、電波は全国の広いエリアでつながります。

使用している電波は800MHzで、この電波は、電波の届く範囲が広いという特徴があります。

また、この800MHzは建物を透過しやすいので、室内でも比較的つながりやすいという特徴があります。

この電波は、建物を回り込んで電波を届けられるので、ビルの陰や地下でも比較的つながりやすいです。

このように、サービスエリアの中であれば比較的快適にスマホが利用できます。

800MHzのプラチナバンドで広いエリアをカバー

UQモバイルが利用しているプラチナバンドは、電波が届く範囲が広く、99%超の人口カバー率を誇ります。

そのため、日本国内であれば、一定の人数が生活を行っている場所のほとんどのエリアでつながるでしょう。

UQモバイルのサービスエリアマップを見てもわかる通り、都市部の多くのエリアがサービスエリアになっています。

ただし山間部など、人があまりいないエリアはサービスエリア外となっています。

楽天モバイル

UQモバイルの電波や速度に関する口コミを紹介

UQモバイルを使っている人の口コミを紹介します。こちらの口コミをUQモバイルを検討する際の参考にしてください。

UQモバイルのよい口コミ

ここでは、実際にUQモバイルを使っている人のよい口コミを紹介します。

格安SIMに乗り換えてもほとんど違和感がないほどの使い心地のようです。この方は速度もつながり具合も問題なく使用できているようです。

家でWiFiを利用している人なら、通勤時と仕事の合間の休み時間にスマホを快適に利用できると満足な人は多いでしょう。

ほかの格安SIMでは通勤時やお昼時には、速度が低下してストレスを感じるという口コミも見られますが、UQモバイルでは問題ないようです。

auからUQモバイルに乗り換えた人の口コミです。家にいるときはWiFiを利用して、外出の間のみの使用だとそうです。

この人の場合、外出中は動画を見ることがないようなので問題なく使えているようです。

多くの格安SIMではランチタイムには、速度が遅くなるという口コミが見られます。しかし、このユーザーの口コミを見るとお昼も問題なく使用できています。

仕事のお昼休みは、息抜きにスマホを利用する人は多いでしょう。そのときに、速度が遅いとストレスがたまります。しかし、UQモバイルならお昼も快適な速度で通信が行えます。

UQモバイルの悪い口コミ

ここでは、UQモバイルの電波に不満を持つ人の口コミを紹介します。

この口コミを見ると、電波が弱く感じる場所もあるようです。

UQモバイルの電波は800MHzのプラチナバンドなので、比較的つながりやすいという特徴がありますが、人が多く利用する時間帯や場所によってはこのように電波が弱くなることがあるようです。

圏外が頻発するとの口コミも見られます。圏外になると通信が行えないので、自身が利用するエリアがサービスエリア内であるかを事前に確認することが大切です。

確認の際、自宅だけでなく仕事場やよく遊びに行く場所なども併せて確認するとよいでしょう。

実際にUQモバイルを試すなら「Try UQモバイル」

UQモバイルなら実際にSIMやスマホを使ってみて、自身が使用エリアでつながるかや速度を確認できます。実際にスマホやSIMを手に取って使えるので、その後、安心して契約できます。

Try UQモバイルとは

SIMやスマホを借りて実際にUQモバイルの使い心地を確認できるサービスです。SIMのみを借りて使用中のスマホでお試ししたり、SIMとスマホを一緒に借りてお試ししたりできます。

お試し期間が15日間あるので、使用するエリアでの電波のつながり具合や速度などを確認できます。このサービスを利用すると、契約後につながらなくて使えないなんてこともおこりません。

このサービスは無料で利用できるので、契約前に速度やつながり具合が気になる人は利用するとよいでしょう。

Try UQモバイルの申し込み方法

Try UQモバイルは、Webや店舗から申し込めます。ただし、店舗ではSIMの申し込みのみを受け付けています。スマホとセットでお試ししたい場合はWebから申し込みましょう。

店舗の申し込みでは、その場でSIM受け取ってすぐに利用できます。すぐに試してみたい人は、店舗なら即日受け取れるのでおすすめです。

申し込み方法は次のとおりです。

  1. 最寄りの店舗を探す
  2. スマホと本人確認書類を持って店舗に行く
  3. 申し込み手続きをする
  4. 利用開始

申し込みの際には、使用するスマホと本人確認書類が必要です。本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード等が使えます。

Web申し込みの流れ

Webからだと24時間いつでも申し込めます。

  1. UQモバイル公式ホームページにアクセス
  2. 「Webで申し込みする」をクリック
  3. 申し込み手続きを行う
  4. 端末・SIMを受け取って利用開始

Webからの申し込みでは、契約者本人名義のクレジットカード、連絡先のメールアドレス、SMS対応の電話番号、キャリアのメールアドレスが必要です。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

UQモバイルを利用する際の注意点

UQモバイルを利用するときには、事前にサービスエリアを確認しましょう。どれだけつながりやすくても、サービスエリア内でなければつながりません。

サービスエリアを確認する

UQモバイルのサービスエリアは、auと同じ回線を利用しているので全国の都市部の広いエリアで使えます。しかし、電波がつながらないエリアもあります。

自身が利用するエリアがサービスエリア内であるか、を契約前に確認することが大切です。

サービスエリアの確認は、UQモバイルのホームページから行えます。薄いオレンジ色のエリアがUQモバイルが使えるエリアです。

地図上から都道府県を選択して確認もできますし、住所を入力して確認も行えます。山間部などでは使用できないエリアもあるので注意しましょう。

また、エリアを確認後、「Try UQモバイル」を利用すると安心です。

山間部ではつながりにくい場所がある

UQモバイルはau回線の4G LTEを利用してサービスを提供しています。auのサービスエリアは人口カバー率99%超となっています。

これは、人が住んでいて人の活動が行われているエリアは、ほぼカバーしていることになります。よほど人がいない山間部でなければ、つながる可能性が高いでしょう。

ただし、サービスエリアマップを見てもわかるとおり、山間部は白くなっていて通信ができないエリアがあります。山間部にアウトドアに出掛けることがある人は注意した方がよいかもしれません。

また、室内でもつながりにくいを感じることがあるようなので、実際に自宅の自分の部屋や会社の中などでつながるかを確認するとよいでしょう。

電波がつながらないときの対処法

電波がつながらないときには、いくつか原因が考えられます。すでにデータ容量を使い切っている場合や使いすぎている場合には速度制限があるので注意が必要です。

節約モードになっていないか確認する

UQモバイルでAndroidのスマホを使用するときには、節約モードが利用できます。節約モードとは、通信速度を自身の使用状況に合わせて、低速通信と高速通信の切り替えが行えるサービスです。

節約モード設定中は、LINEやTwitter、Facebookなどの対象のSNSや対象の音楽のストリーミングサービスなどがデータ消費ゼロで利用できます。

このサービスは、データ容量を節約しながらスマホを利用できるのでとても便利ですが、低速通信に設定したままで忘れていると、速度が遅く感じられることがあるでしょう。

速度が遅いなと感じたら、節約モードの確認をしましょう。節約モードの確認は、UQモバイルアプリから簡単に確認できます。

通信容量を使い切っていないか確認する

UQモバイルの契約時には、契約するプランにもよりますが、スマホプランには高速データ通信の容量が決められています。

このデータ容量を使い切ってしまうと、月が変わるまで最大300Kbpsの低速通信となります。

また、UQモバイルでは混雑を回避するために、直近3日間のデータ容量の使用が6GBを超えた場合にも、速度制限されることがあります。

そのため、通信速度が遅いと感じるときには、月のデータ容量を使い切っていないかや、直近3日間で使いすぎていないかを確認しましょう。

電源を入れなおす

サービスエリア内にいるのにつながらない場合には、一度スマホの電源を落としてみましょう。再度電源を入れると電波をキャッチできるときがあります。

機内モードにすることでも、同じように電波をキャッチできることがあるので試してみるとよいでしょう。

エリアを移動する

UQモバイルのサービスエリアは広く、このサービスエリア内であればつながります。しかし、地下に行ったり、高層ビルの上層階ではつながりにくくなる可能性があります。

また、サービスエリアを出てしまうと電波が届かないため通信できません。つながらないなと感じたら、場所を移動しましょう。

場所を移動することで、サービスエリア内に入れば通信ができます。

速度もエリアも安心のUQモバイルでスマホを快適に利用しよう

UQモバイルは、MMD研究所の速度調査でも実測NO.1となっており、格安SIMの中では速度の速さで定評があります。

通信できるエリアもauと同じく広いのが特徴です。それでも、通信できるかどうか不安な人のためにTry UQモバイルも用意されています。そのため、電波もしっかり確認してから契約できます。

Try UQモバイルでUQモバイルの電波をチェックして、お得にスマホが使えるUQモバイルに乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年04月27日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード