JCOM_iPhone7

ソフトバンクからUQモバイルプランへの乗り換え方法を解説|メリット・費用・注意点

スマホ代の節約のため、大手携帯キャリアから格安SIMに乗り換える人が増えています。しかし、乗り換えて失敗したくないというのが本音なのではないでしょうか。ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えたときのメリットデメリットを解説します。
BIGLOBEmobile20190724_desc ソフトバンクからUQモバイルプランへの乗り換え方法を解説|メリット・費用・注意点

スマホ代の節約のため、大手携帯キャリアから格安SIMに乗り換える人が増えています。

しかし「格安SIMに乗り換えて後悔した」という声も少なくありません。

節約したいけれど、乗り換えて失敗したくないというのが本音なのではないでしょうか。

ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換えを検討している人のために、料金プランの比較とメリットデメリットを解説します。

目次

ソフトバンクとUQモバイルの料金プラン

UQモバイルは、UQコミュニケーションズ株式会社が2015年からはじめたau回線の格安SIMサービスです。

auのサブブランドを考えればわかりやすいでしょう。

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるとどれくらいスマホ代を節約できるのでしょうか。両社のプランを解説します。

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクには次の3つの料金プランがあります。

ソフトバンクには、スマホと光回線をセットで契約すると適用される「おうち割」がありますが、ここでは純粋にソフトバンクの通話・データを1人で契約するときの料金で見ていきます。

プラン名 基本データ容量 料金
メリハリプラン 50GB 7,480円〜
ミニフィットプラン 1G 3,980円〜
スマホデビュープラン 1G 2,480円〜

上記は、通話とデータのみの料金です。通話オプションや、端末代金、テザリングオプション料金は別途かかるので、スマホ代が10,000円以上になることもめずらしくありません。

なお、メリハリプランは1ヶ月のデータ使用量が2GB以下の場合、自動的に1,500円割引いてくれるので、固定回線のある自宅での利用が中心なら、もう少し費用を押さえられるかもしれません。

UQモバイルの月額料金プラン

プラン名 データ容量 月額料金
音声通話SIM スマホプランS 3GB 1,980円 家族割適用で1,480円
スマホプランR 10GB 2,980円 家族割適用で2,480円
データ無制限プラン 無制限 1,980円
データSIM データ高速プラン 3GB 980円

UQモバイルの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データ専用SIMが1種類です。

音声通話SIMは、スマホプランS・スマホプランR・データ無制限プランの3種類から選べます。

スマホプランS・スマホプランRは、2020年6月から開始した新料金プランです。速度が遅くなる代わりに、いくら使ってもデータが消費されない「節約モード」が特徴となっています。

「節約モード」使用時の通信速度は、スマホプランSが最大300kbps、スマホプランRが最大1Mbpsです。300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。

節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に使えそうですね。

データ無制限プランは、最大500kbpsでギガ使い放題のプランです。速度制限があるとはいえ、1,980円で使い放題は格安といえます。

通話ができないデータ専用SIMは、月額980円の「データ高速プラン」1種類です。月3GBまで使え、3GBを超えた分は200kbpsに速度制限がかかります。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

UQモバイルの料金プラン一覧や、プラン変更方法を解説した記事もご覧ください。

シミュレーションで料金の比較をしてみよう

ソフトバンクとUQモバイルの料金プランを比べてみると、少なくとも月々2,000円以上スマホ代を節約できることがわかります。

UQモバイル公式サイトのシミュレーションを使ってみると、自分のケースでどれくらい安くなるか詳しくわかります。

楽天モバイル

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリット

料金の他にも、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるメリットはあるのでしょうか。1つずつ解説します。

UQモバイルは通信速度が速い

大手キャリアから格安SIMに乗り換えたときに心配なのは、通信速度が遅くなることではないでしょうか。

大手キャリアから回線を借りている格安SIMは、朝の通勤時や昼休み、夜など多くの人がネットを利用する時間帯はどうしても通信速度が遅くなります。

しかし、UQモバイルは通信速度が速く安定していて、格安SIMとして高評価です。

iPhoneシリーズがテザリング対応

UQモバイルは、iPhoneシリーズすべてがテザリングに対応しています。

格安SIMの中には、自社で購入した端末でしかテザリングが使えないよう設定されているものもあることを考えると、iPhoneシリーズすべての機種でテザリングを利用できるUQモバイルは良心的かもしれません。

なお、テザリングとは、スマートフォンをモバイルルーターのように使える機能のことです。

テザリング機能を上手に活用すれば、外出先にWiFiがなくてもスマートフォンを経由してパソコンやタブレット、携帯ゲーム機などをインターネットに接続できます。

Androidのスマートフォンでもテザリングが使える端末はたくさんあります。

自分が持っているスマートフォンでUQモバイルに乗り換えをするときは、そのスマートフォンがテザリング対応機種かどうかを「動作確認済み端末一覧」で確認してみましょう。

家族で乗り換えるとスマホ代が安くなる

UQモバイルには、2回線目以降の月額基本が1ヶ月あたり500円安くなる「UQ家族割」があります。

割引対象となるのは、すべてのスマホ基本プランです。さらに、申込み者の中に5歳以上18歳以下の家族がいれば加入から最大13ヶ月間、月額1,000円割引されます。

余ったデータ容量は翌月に繰り越すこともできるので、あまり使わなかった月もデータ容量が無駄になりにくいのが特徴です。

UQモバイルの家族割は、離れて暮らしている家族も適用できます。UQモバイルへ乗り換えるときは、家族そろって乗り換えるとお得です。

支払方法を選べる

格安SIMの支払方法はクレジットカードが基本です。

しかし、クレジットカードを持っていない人や、クレジットカード払いに抵抗がある人でも、UQモバイルなら対応できます。

以下が対応している支払方法です。

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • 自動振込(郵便局)

ただし、口座振込や自動振込の手続きが完了するまで、1ヶ月ほどかかることがある点を覚えておきましょう。

キャリア決済と同様のサービスを利用できる

格安SIMは大手キャリアが提供しているキャリア決済が利用できないものが多い中、UQモバイルは「auかんたん決済」が利用できます。

auかんたん決済とは、スマホで購入したコンテンツやショッピングの代金を月々のスマホ代金と一緒に支払えるサービスのことです。

申込み手続きなしに使えるようになるので、オンラインでのショッピングやコンテンツの購入がスムーズになるだけでなく、個人情報の漏洩リスクも減らせるメリットがあります。

ただし、auかんたん決済が利用できるのはUQモバイルで購入した端末か、Google Playが利用可能な端末に限られます。 

すでに持っているiPhone端末ではauかんたん決済を利用できないので、注意しましょう。

全国にショップがある

格安SIMは実店舗のないところが大半です。他方、UQモバイルは日本全国に「UQスポット」という専門ショップを展開する少数派となっています。

UQスポットではUQスポットモバイルの契約のほか、UQWiMAXの取り扱いもしているのが特徴です。

常時スタッフが配置されているので、新規契約時のプランの相談や、端末を実際に触って確認、トラブルが起きたときのサポートも安心です。

格安SIMは大手キャリアと比べて安いのはわかっていても、サポート面が心配で乗り換えられないという声も少なくありません。その点、実店舗のあるUQモバイルは格安SIMでも安心感があるといえるでしょう。

最寄りのUQスポットは公式サイトで確認できます。

「Try UQ mobile」15日間の無料おためしが利用できる

UQモバイルについては様々な情報があるものの、使ってみるのが一番です。

UQモバイルには、無料で利用できる15日間のおためしサービスがあります。

普段の生活の中でUQモバイルを使ってみることで、通信速度はどうか、手持ちの端末で使えるかを実際に確かめてみることをおすすめします。

キャッシュバックキャンペーンを利用できる

UQモバイルは頻繁にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。ぜひ実施中のキャンペーンをチェックして、お得にUQモバイルへ乗り換えましょう。

お得な乗り換えタイミングや、キャンペーンについては後ほど解説します。

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるデメリット

UQモバイルにはたくさんのメリットがありますが、ソフトバンクから乗り換える際にはいくつかのデメリットもあります。

ソフトバンクと比べて通信速度が遅い

UQモバイルは、KDDIから回線を借りてサービスを運営しているため、ソフトバンクに比べると通信速度が劣ります。

回線利用者が増えるエリアや時間帯になると混雑が起きてしまい、通信速度が遅くなってしまうのです。

しかし、auのサブブランドであるUQモバイルの通信網はKDDIが設備増強をしています。

他の格安SIMと比べると、安定した高速な通信が可能となっています。混雑する時間帯やエリアでもWebサイトを見る程度ならストレスを感じにくいでしょう。

MNPには費用がかかる

ソフトバンクをはじめ大手キャリアの契約プランには2年間などの契約を前提に、様々な割引制度が導入されています。

違約金なしで解約できるのは、24ヶ月、25ヶ月、26ヶ月目の更新月のみです。それ以外の時期に解約してMNPすると最大9,500円の違約金を支払わなくてはなりません。

2019年9月からは違約金のかからない新プランも登場しています。

また、端末を分割払いしている場合は、解約後も継続して払い続ける必要があります。

MNPの前には、自分の契約しているプランがどのような条件になっているかを確認しましょう。

LINEなどSNSアプリに制限がかかることがある

若者を中心にコミュニケーションツールとしているLINEは、UQモバイルに乗り換えても利用可能です。

しかし、LINEのID検索などの検索機能が使えなくなる点に注意しましょう。

その理由は、検索機能を使うためには、年齢認証が必要だからです。

年齢認証には大手キャリアの年齢認証システムが利用されているため、UQモバイルに乗り換えて新しくLINEのIDを取得すると検索機能が使えなくなってしまいます。

ただし、このケースが当てはまるのはUQモバイルで新規契約して新しく電話番号を取得した場合や、UQモバイルにMNPしてからはじめてLINEに登録する場合となっています。

ソフトバンクの電話番号をUQモバイルでもそのまま使えるMNPをした場合には、そうした問題は起こりにくいでしょう。

キャリア決済が利用できなくなる

ソフトバンクで「ソフトバンクまとめて支払い」を多用していた人は、UQモバイルに乗り換えるとその支払い方法が使えなくなることを認識しておきましょう。

UQモバイルに乗り換えると、ソフトバンクまとめて支払いが使えなくなります。

しかし、UQモバイルでもキャリア決済同様の「auかんたん決済」が利用できるので、それほど心配はありません。

スマホと光回線のセット割が使えなくなる

自宅の固定回線に「ソフトバンク光」「NURO光」を使っているソフトバンクユーザーがUQモバイルに乗り換えると、セット割の「おうち割光セット」が適用できなくなります。

「おうち割光セット」は毎月最大で1,000円の割引が受けられるお得な割引制度ですが、割引がなくなってもUQモバイルの方が安くなるので、ほとんど気にしなくてよいでしょう。

UQモバイルには、UQ WiMAXとのセット割の「ウルトラギガMAX」があります。

ソフトバンクの料金に不満がある人は、これを機会にスマホと自宅の固定回線をまとめて乗り換えてみてはいかがでしょうか。

iPhoneユーザーはどちらがお得?

日本は世界の中でもiPhoneユーザーが多い国だといわれています。

実際、SIMはどこでもよいけれど「スマホはiPhoneがよい」という人も多いものです。UQモバイルでiPhoneを使うときを解説します。

すでに持っているiPhoneを利用する場合

すでに持っているiPhone端末でUQモバイルに乗り換える場合には、SIMだけの契約で利用できます。

月額料金は1,980円から利用可能です。

iPhoneは、iPhone5sからiPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Proなどの新しい機種にまで対応しています。

念のため、公式サイトの動作確認端末一覧を確認するとともに、15日間のおためしサービスを使ってみるのがおすすめです。

新しくiPhoneを契約する場合

2020年3月現在、UQモバイルでは「iPhone 7」「iPhone 6s」のiPhoneを購入できます。

ソフトバンクではiPhone7と6sの取り扱いはありません。ソフトバンクのiPhoneの中でもっとも端末が安いのは「iPhone11 64GB」ですが、24回払いだと月額3,720円、48回払いだと1,860円になります。

UQモバイルでiPhoneを契約したときとの料金の違いは明らかです。

ただし、UQモバイルで契約できるのは古い機種です。新しい機種へのこだわりがあれば、Appleなどで端末を購入してSIMだけをUQモバイルで契約するという方法もあります。

iPhone 7の場合

  32GB 128GB
一括 23,040円 32,400円
  • 分割
  • 24回
960円/月 1,350円/月
36回 640円/月 900円/月

iPhone 6sの場合

  32GB 128GB
一括 18,000円 28,800円
  • 分割
  • 24回
750円/月 500円/月
36回 1,200円/月 800円/月

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えた人の口コミ・評判

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えた人の声を紹介します。

乗り換えて「よかった」人の声

 

UQモバイルに乗り換えたら、料金が安くなったという声が多くあります。

乗り換えて「残念」な人の声

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えた人の悪い口コミは見つけられませんでした。乗り換えたほとんどの人が、料金やサービスについて満足しているようです。

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるときの注意点

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるときに、忘れてはならない注意点を解説します。

SIMロック解除が必須

今のスマホのまま、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えるときは、SIMロック解除を必ず行わなければなりません。

ソフトバンクで購入した端末には、「SIMロック」と呼ばれるソフトバンクのSIMカードしか認識できない設定がされています。

SIMロックを解除しないと、UQモバイルに乗り換えてもSIMカードを認識してくれません。

SIMロック解除は、最寄りのソフトバンクショップに行けば作業してくれますが手数料がかかります。

My SoftBankから手続きすれば手数料がかからないので、My SoftBankからの手続きをおすすめします。

SIMロック解除の手順

SIMロック解除の手順は次のとおりです。

  1. 「IMEI(端末の製造番号)」をメモする
  2. My SoftBankにログイン
  3. 画面右上の「メニュー」を選択
  4. 「オプションサービスの手続き」を選択
  5. 画面左側の関連メニューから「SIMロック解除手続き」を選択
  6. 「IMEI番号」を入力して「解除手続きをする」を押す

なお、IMEI(製造番号)とは、端末ごとに割り振られている製造番号のことをいいます。

IMEIの確認方法は次のとおりです。

  • iPhone:「設定」「一般」「情報」「IMEI」の順にタップ
  • Android:「設定」「端末情報」「機器の状態」「IMEI番号「IMEI」の順にタップ

SIMロック解除の方法については、念のため以下のソフトバンク公式ページを確認しながら手続きするのがおすすめです。

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換える手順

最後に、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換える手順を解説します。乗り換えステップは次のとおりです。

  1. 手持ち端末を使うか、新しく契約するかを決める
  2. 手持ちの端末を使う場合、その端末がUQモバイルに対応しているか確認する
  3. ソフトバンクでMNP予約番号を取得する
  4. UQモバイルに申し込む
  5. SIMカードが届いたら、SIMを差し替えて回線切り替え作業をする
  6. UQモバイルの初期設定(APN設定)をする

店舗とオンライン乗り換えるならどちらがお得?

乗り換えは店舗とオンライン、どちらで契約した方がお得なのでしょうか。

結論としては、営業時間内に店にいく手間やキャッシュバックキャンペーンの有無などをふまえると、オンラインでの申込みの方がお得です。

メリットとデメリットを整理してみました。

  オンライン 店舗
メリット
  • 端末の在庫切れがない
  • プランによって初期費用3,240円が無料になる
  • 待ち時間がないためストレスフリー
  • 24時間365日申し込みできる
  • キャッシュバックがある
  • 端末が実質108円になる端末もある
  • 疑問点やプランの説明をしてもらえる
  • 即日開通できる
  • MNPの予約番号の有効期限が当日でも契約できる
デメリット
  • MNPの予約番号を取得したら、2日以内に手続きが必要
  • 待ち時間がある
  • 受付が営業時間内に限られている
  • 端末が在庫切れの場合がある
  • 店舗ごとにキャッシュバックの内容が異なる
  • オンラインよりキャッシュバックが少ない

UQモバイルに乗り換えるならいつがお得?

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えは、締日によって異なります。

ソフトバンクの締日は、10日・20日・末日の3パターンがありますので、締日に合わせてMNPを完了するようにするとよいでしょう。

なぜ締日に合わせてMNPを完了するとよいのかというと、解約側のソフトバンクの料金は満額請求、UQモバイルの料金は日割り計算となるからです。

月のどこで解約しても基本料金は満額請求となるので、締日ギリギリまで使ってから解約した方がムダなく乗り換えできます。

MNPは下取りを利用してお得に乗り換えよう

ソフトバンクからUQモバイルにMNPして新しい端末を購入しようと考えている人は、UQモバイルの下取りサービスを利用してみましょう。

対象端末の破損や水漏れがないことが条件となりますが、店頭または郵送で申込み可能です。数千円から最大15,000円程度が還元されるので、上手に活用してみてください。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

ソフトバンクからUQモバイルへの乗り換えで節約しよう

ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えると、大幅にスマホ代を節約できます。

ただし、通信速度はソフトバンクの方が速いことは否めません。心配な人は、Try UQ Mobileで試してから契約すると安心でしょう。

乗り換えの際の注意点は、SIMロック解除が必須なことです。

乗り換え手続きは、オンラインでの手続きがストレスフリーな上にお得です。下取りやキャッシュバックキャンペーンを活用してぜひ、お得に乗り換えましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年04月26日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。