さすガねっと
  • インターネット

日本での5Gはいつからサービス開始される?最新情報まとめ

第五世代移動通信システムである5Gについて、大手キャリアは2020年3月からサービス提供を開始しています。ここではau・ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルの5Gの開始時期や具体的なサービス内容、料金など5Gの詳細について解説していきます。
【公式】カシモWiMAX 日本での5Gはいつからサービス開始される?最新情報まとめ

大手キャリアの多くが、2020年3月より次世代モバイル通信規格である5Gの商用利用を開始します。

5Gのサービスが開始すれば、固定インターネット回線や無線LANといった既存の通信システムはもちろんのこと、様々な業界が5Gサービスに積極的に参入し、新しいビジネスが誕生することが期待されます。

しかしながら、基地局や法整備など多くの諸問題がいまだにあることから、5Gの全体的な普及にはまだまだ時間がかかるようです。

5Gの提供を始める各通信キャリアも、しばらくは都市圏を中心とした限定エリアでの利用に限られるようです。

ここからは、サービス内容や利用価格など5Gの具体的な中身について解説していきます。

5Gのサービス開始時期

高速かつ大容量、低遅延の通信が可能となる第五世代移動通信システム「5G」のサービスが、いよいよ2020年よりスタートします。

現在使われている4G LTEと比較すると通信速度は100倍速くなり、遅延が1/10に抑えられ、10倍の数の機器に接続可能になるといわれています。

すでに海外では5Gの運用が開始されている国もありますが、日本では具体的にいつ頃5Gのサービスが提供開始になるのか気になるところです。

5Gが運用されることなると、私たちの生活はどのように変化するのでしょうか。

ここからは、5Gのサービスの開始時期やその利用価格、大手通信キャリアの導入状況などを紹介していきます。

日本での導入は2020年春頃

日本における5Gの導入時期は大手キャリアごとに異なりますが、いずれの大手キャリアも5Gの提供を開始しています。

ドコモは3月25日、auは3月26日、ソフトバンクは2020年3月27日より5Gのサービスを開始しています。4月から大手キャリアとなる楽天モバイルは9月30日より5Gサービスが開始されて、ウェブサイト上には5Gサービスの具体的な料金プランや対応端末などが掲載されています。

ちなみにソフトバンクでは、既存のソフトバンクユーザーだけでなく新規の申込者も5Gのサービスに申し込めます。

いくつか用意されている契約プランに合わせて別途「5G基本料」プランに加入することにより、5Gのネットワークを利用することが可能になります。

世界ではサービス開始している国もある

世界に目を向けると、すでに2019年の時点で5Gのサービスをスタートしている国はいくつもあります。

韓国やアメリカ、スイスやウルグアイは2109年の4月に5Gサービスを開始しており、イギリスやオーストラリアは2019年5月から5Gサービスをすでに開始しています。

すでに諸外国では多くの人々が5Gを体感しており、その恩恵を受けているのです。これらの国々と比較すると、日本は約1年遅れてようやく5Gの提供がスタートする運びとなっています。

エリア対応は基地局の増設完了後

2020年の春頃から提供開始となる5Gですが、提供開始後すぐにすべての人が5Gを利用できるわけではありません。

超高速化や低遅延といった5G環境を整えるためには、既存の基地局では対応できず、新たに5G専用の設備を設置する必要があるのです。

具体的には「NR基地局」といったミリ波を扱う5G専用の基地局や、既存のLTE基地局を5G対応に拡張した「eLTE基地局」の設置が必要になるのです。

日本全国にこれらの設備を設置するには今後数年かかるといわれており、日本国内では東京や大阪などユーザーの多い都市部から順番に設置されることが予想されています。

したがって日本全体で大半の人が5Gサービスを利用できるのは、まだ数年先になると言えるでしょう。

5Gでできること

通信業界を中心に注目が集まる次世代移動通信システム・5Gのサービスでは、これまでの4Gサービスよりも超高速かつ大容量、低遅延接続が可能になるといわれています。

すでに多くの業界で5Gの技術を活用した実証実験が進められており、大きな手応えを掴んでいる企業も多数あります。

様々な通信サービスがストレスを感じることなくスムーズに利用できるようになり、この5Gが始まることによって私たちの生活は大きく変わるといわれています。

新たな通信インフラと言える5Gの普及により、具体的にどのようことが可能になるのでしょうか。

WiFi不要で通信制限もなくなる

5Gのサービスが始まれば、超高速大容量通信が可能になり多数の端末が同時に接続可能な状態になるといわれています。

アメリカの通信会社が行なった5Gの通信速度のフィールドテスト結果では、762Mbpsのダウンロード速度を記録しています。

一般的に4GLTEの平均的な速度は27Mbpsであることから、これまでの通信速度と比べて何倍もの超高速通信になることが予想されます。

映画や音楽など様々なデータが瞬時にダウンロード可能になり、通信制限もなくなります。これまでの通信制限がかかるプランとは別に、今後多くの通信会社が5G用の使い放題のプランを発表するでしょう。

5Gの普及により端末の利便性が高まる結果、光回線やWiFiに対する需要が今よりも減少することも予想されます。

リアルタイムで臨場感のあるスポーツ観戦が可能

また、今後5Gの超高速大容量通信が実現すれば、リアルタイムでの臨場感あふれるスポーツ観戦が可能になります。

様々な場所に設置されたカメラで撮影された映像を合成することにより、あたかも試合会場に身を置いているようなリアルな雰囲気を味わうことが可能になるのです。

すでに2018年に行われた平昌オリンピックや、2019年に行われたラグビーW杯でも、5Gの通信サービスを活用した中継に成功しています。

実際に競技している選手の視点からの迫力ある映像を配信して多くの観客を楽しませてくれました。

ソフトバンクもこの5Gの通信サービスを活用し、30台ものカメラを設置してスポーツ観戦をする「自由視点映像」という技術を開発しています。

リアルタイムで自分が好きな自由な視点から試合を観戦できる技術がほぼ完成しているのです。

IoTによる情報共有

5G通信網を活用することにより、今よりもさらにIoTが普及することが予想されます。

あらゆる家具や家電をインターネットで接続することにより、遠くに離れた場所でも家具や家電の情報をスマホやタブレットに集約することができ、スムーズな遠隔操作が可能となります。

今後世界中に誕生するスマートシティーにおけるネットワークにも、5Gの技術がふんだんに活用されるでしょう。

私たちの生活に必要なあらゆるものをインターネットでつなぐことができ、高速通信によるシームレスな運用が期待できます。

5Gの同時接続性を活用することによって、高速道路の渋滞回避や様々な施設や飲食店、駐車場の空席情報の取得がストレスなく行われることが予想されます。

IoTによる情報共有が可能になることで休日や外出の予定が立てやすくなり、私たちの生活も今まで以上に効率的になることでしょう。

自動運転の普及が期待される

5G通信の超低遅延が実現すると、安全な自動運転が実現するといわれています。自動車からリアルタタイムな映像が遠隔管制室に送られることで、不測な事態にも対応できる安全な遠隔操作が可能になるのです。

さらに自動車を運転しながら前後の車のブレーキ情報などを即座に収集したり、IoTにより周囲の交通情報などを得ることが可能になります。

その結果、自動運転の普及や交通事故の抑制、交通渋滞の緩和に繋がることも考えられます。

自動運転に関する様々な情報が一気に収集できることから、5Gの発展により自動運転の技術が急速に高まることが期待されます。

通信の混雑が軽減される

5Gサービスが提供されると同時多数接続が可能になることから、これまでの通信の混雑状況が軽減されることが予想されます。

4Gの時代は1平方キロメートルに対し一定の限定された数の端末が接続可能でした。しかし5Gでは、1つの基地局に接続できるデバイスが4Gの100倍ほどになるといわれています。

その結果、通信混雑時の通信速度の低下が大幅に軽減されるといわれています。

時間帯や場所などに関係なく常に安定した速度の通信を提供できることから、私たちも安心して様々な通信サービスを活用できるようになるでしょう。

各キャリアの5G導入状況

日本国内の大手通信キャリアであるドコモやソフトバンク、auなどは、それぞれ2020年3月から5Gの導入を表明しています。

すでに2019年からはプレサービスの運用も開始されており、スポーツ観戦やVR体験などを通じて5Gの世界を体験した方も多数いることでしょう。

実際に大手キャリアはどの程度5Gを導入しているのでしょうか。ここでは、これら各通信キャリアの5G導入状況について具体的に解説します。

ソフトバンクの5G導入

すでにソフトバンクは2020年春の5Gの導入を表明しています。しかし日本全国に同じタイミングで5Gサービスを提供するのではなく、最初は地域を限定して都市部にて5Gを提供します。その後状況を見ながら徐々にサービスを拡大していくようです。

ここでは、ソフトバンクの5Gサービスの具体的な提供開始の日程や提供エリアについて紹介します。

2020年3月27日にサービス開始

ソフトバンクは、2020年3月27日に5Gの商用サービスの提供を開始しました。

しかしながら既存の端末で5Gのサービスを利用できるわけではなく、5Gに対応した専用端末を購入することによって5Gの利用が可能となっています。

ちなみにソフトバンクの公式ウェブサイトでは、4機種の5G対応端末が公開されています。

限られたエリアでのみ5G利用が可能

2020年3月のサービス開始段階でのソフトバンクの5G通信は、千葉県・東京都・石川県・愛知県・大阪府・広島県・福岡県の7都府県のごく限られたエリアでのみ利用が可能となっています。

ちなみに東京は東京駅周辺のみ利用可能です。

ソフトバンクは、2020年夏以降に順次対応エリアを拡大し、2021年12月までに人口カバー率90%以上を目指してインフラ整備することを発表しています。

現在の提供エリアは都市部に限定されているため、全国的な普及時期はまだまだ時間がかかるようです。

ドコモの5G導入予定

出典:ドコモ

大手通信キャリアのドコモも、2020年より5Gを用いた通信サービスの提供が予定されています。

2020年3月25日サービス開始

ドコモは、2020年3月25日から5Gの商用サービスの提供を開始しました。

提供エリアは2020年3月末の時点で全国150箇所ほど用意しており、2020年7月にはすべての都道府県において順次サービス展開していく予定になっています。

2024年までの計画基地局の割合も97.0%と他社よりも高く、将来的には広範囲での5G利用が可能になることが期待できます。

5Gが体験可能

ドコモは2020年3月の5Gサービスの提供開始に先駆けて、2019年9月にプレサービスを実施しています。

一部のドコモショップには「PLAY 5G」と呼ばれる体験スペースを用意しており、随時イベントなどを行い5G通信が体験可能となっています。

東京スカイツリーの併設商業施設である東京ソラマチ5Fにも、5Gの体験ができるスポット「PLAY 5G 明日を遊べ」が常設されており、連日多くの人が訪れて一足早い5G体験をしているようです。

auの5G導入予定

大手キャリアであるauも、ドコモやソフトバンクと同じように2020年3月から5Gのを導入しています。

2020年3月26日サービス開始

auではドコモに続いて2020年3月26日から5Gサービスを開始しています。同時に5G対応のスマホも発表され、7月にかけて7種の新機種が発売される予定です。

Gに関するイベントやデモンストレーションも頻繁に実施されており、他社キャリア同様、5Gを活用した様々なサービスの提供が期待されています。

まだ対応エリアは限定的で、2020年3月末現在だと東京・千葉・石川・愛知・大阪・広島・福岡県の一部地域でしか利用できません。サービスエリアについてはau公式サイトのエリアマップで公開しています。

他キャリアと同様、エリアは今後拡大されていくのでauで5Gを利用したい人は最新情報をチェックしてみてください。

様々な実証実験が行われている

auでは、5G導入に向けて多様な実証実験が行われています。

セコムとのスタジアム実証実験を始めこれまで多種多様な業界と提携しており、遠隔操作による重機の運転や無人工事、鉄道運転やスポーツ観戦、VR体験、遠隔地での買い物体験などが実施されています。

楽天モバイルの5G導入

出典:楽天モバイル

楽天モバイルでは、2020年9月30日より5Gサービスが開始しました。5G通信を利用すると、今の4Gよりも通信速度が高速で遅延がなく、さらに多くの通信ができるようになります。

楽天モバイルは、料金プランが「Rakuten UN-LIMIT」の1つだけなので、シンプルでわかりやすいことが特徴です。

5G対応に伴い、これまでの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」をアップグレードして、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」が発表されました。

2021年4月からは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の提供開始が発表されており、Ⅴと同様に4Gも5Gも利用可能です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの特徴

  • 月額料金は使ったデータ量分だけ支払う従量制
  • 3ヵ月間無料キャンペーン継続
  • 4G通信・5G通信でデータ使い放題
  • 2021年4月から提供開始

月額料金3,278円(税込)はそのままで、4G・5G両方使用できます。また、Rakuten UN-LIMIT Ⅴをすでに利用している方は、プラン変更による追加料金はありません。

さらに、新規契約・MNP・他の料金プランからの移行をした場合、3ヵ月間無料で5G対応プランを利用できます。現在、Rakuten UN-LIMIT Ⅴを契約している方でも、1年間または3ヵ月間無料キャンペーンは継続されます。

楽天モバイルのお申込みはこちら

2021年4月から新しく始まる「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の料金プランの詳細や他社サービスとの比較をまとめましたので、気になる方はあわせてお読みください。

WiMAXの5Gプラン

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 出典:カシモWiMAX

スマホだけではなく、工事不要でネットが使えるホームルーターやモバイルルーターとして有名なWiMAXも5Gプランを導入しました。

エリアはまだ各都道府県の都市部に限定しますが、今後の拡大が期待されます。

また、プロバイダによって料金が違いますので、下記の表の通りです。

(税込) カシモWiMAX UQ WiMAX Broad WiMAX BIGLOBE WiMAX
1ヵ月目 1,408円 4,268円 2,090円 4,191円
2ヵ月目 4,378円 4,268円 2,090円 4,191円
3〜24ヵ月目 4,378円 4,268円 3,894円 4,191円
25〜36ヵ月目 4,455円 4,950円 3,894円 4,928円
端末料金 実質0円 5,940円 端末:21,780円
初期費用:20,743円
21,912円
3年合計 157,608円 165,638円 179,099円 181,632円
実質月額料金 4,296円 4,660円 4,975円 5,045円

WiMAXの5Gプランを徹底比較した記事もありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

5G対応機種と価格(費用/料金)

ソフトバンクを始め多くの通信キャリアでは、5Gに対応した新たな通信端末の販売を開始しています。

既存の端末では5Gを十分に体感できないことから、5Gサービスを希望するのであれば新たに対応機種を購入する必要があります。

ソフトバンクの5G対応機種と具体的な料金プラン

ここでは、ソフトバンクからすでに発表された5G対応機種と、気になる料金プランを紹介していきます。

5G対応は4機種

ソフトバンクは今の段階において、全部で4種類の5G対応端末を発表しています。2020年3月27日に販売されるのは「AQUOS R5G」と「ZTE Axon 10 Pro 5G」の2機種。

他の2種「LG V60 ThinQ 5G」は4月下旬、「OPPO Reno3 5G」は7月下旬の販売開始予定となっています。

AQUOS R5Gは129,600円(税込)、ZTE Axon 10 Pro 5Gは72,720円(税込)と高額ですが、いずれもお得なキャンペーン「トクするサポート+」の適用対象になっています。

トクするサポート+は、48回分割払いで購入して25ヵ月目に新機種に買い替えることで、残り最大24回分の支払いがなくなるお得なサービスです。

5G対応の料金プラン

ソフトバンクでは、「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」「データシェアプラン」の5つの5G対応プランを用意しています。

現在契約中の通話オプションや基本パックは、プラン変更しても継続して利用可能となっています。

なお、5Gを利用するためには月額基本料1100円(税込)を追加で別途支払う必要があります。

しかし2020年7月31日までに申し込みを行えば、「5G無料キャンペーン」が適用される結果2年間の月額使用料が無料となります。

他キャリアの端末と価格の予測

4大キャリアすべて5Gサービスを開始しているため、今後も発売する5G対応端末の種類が増えていくことが予想されます。

それぞれの対応端末価格および、5G料金プランの切り替えはどのようになっているのでしょうか。

端末は従来の端末よりもやや高額

各キャリアとも、5G対応の端末は従来の端末よりも高額な価格帯に設定されています。

例えば大手キャリアでからすでに発売されている端末の一括価格を見ると、ドコモの「Galaxy S20 5G SC-51A」は10万2,960円、auの「Galaxy S20 SCG01」は11万7,480円、ソフトバンクの「ZTE Axon 10 Pro 5G」は89,280円、楽天モバイル「AQUOS R5G」は11万7,091円です。

ただし各社ともオンライン限定の割引キャンペーン等を実施しており、申し込み方法によっては実質負担額は半額近くまで抑えられることもあります。5G端末を購入する際は、各社のキャンペーンや特典をチェックしてみてください。

ちなみにすでに韓国で現在リリースされている端末は、5万円台〜30万円台と幅があります。全体的に10万円前後の端末が多く見られるようです。

5G対応の料金プランへの切り替え

基本的に現在販売されている4G対応の端末は、残念ながら5Gには対応していません。したがって5Gの通信サービスを十分利用するためには、5G対応の端末を新たに購入する必要があります。

ただし前述したように、機種料金が10万円以上と高額になることから、各キャリアともに5G対応の安い料金プランを打ち出す可能性があるでしょう。

さらに具体的なプランとして、通信速度の高速化を体験するために通信容量制限のないプランが主となることが予想されます。

ちなみにドコモでは5G専用の「5Gギガホ」プランを用意しており、毎月のデータ利用料が無制限となるデータ量無制限キャンペーンを行なっています。

5G対応の端末

5G対応の端末は具体的にいつ頃販売を開始するのでしょうか。

各社5G対応端末を販売中

ソフトバンク・ドコモ・au・などの大手キャリアは2020年の3月より一部の5G対応の端末の販売を開始しています。9月30日より5Gサービスを開始した楽天モバイルでも、5G対応端末が発売されています。

各社で販売している5G対応端末はまだ少ないですが、今後対応エリアが拡大していくことが予定されているため、5G対応端末の取り扱いも増えていくと思われます。

5G対応iPhoneの発売予測

日本でとりわけ人気が高いiPhoneですが、5G対応のiPhoneがいつ頃販売されるのか気になるところです。

現在販売中のiPhone11は5Gに対応しておらず、2020年秋頃発売予定のiPhone12から5G対応になるのではと予測されています。

したがって、5Gサービス開始時である2020年春の段階では5Gに対応した、iPhoneは発売されていない可能性が高いと言えるでしょう。

しかしながら2020年9月に発売されるiPhone秋モデルでは、5Gに対応したiPhoneが発売されることが予想されます。その頃になれば5Gの通信エリアは拡大していることから、多くの人が注目することでしょう。

今後発表される最新情報を要チェック

日本における5Gサービスは、2020年3月から開始されています。しかし現時点では、対応エリアやが限られているため、順次拡大していくと予想されます。

さらにモバイル以外にも、大型ロボットの遠隔操作やスポーツ中継、VRコンテンツの配信など様々な関連サービスも誕生し現在実用化のための取り組みが行われています。

私たちに身近なスマホやタブレットなども、各メーカーが次々と5G対応機種を販売することが予想されます。今後大手通信会社が発表する最新情報を細かくチェックし、5Gサービスのメリットをいち早く体感しましょう。

公開日時 : 2020年10月05日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード