Androidおすすめ

ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」と「ウルトラギガモンスター+」を比較解説

春はスマホのサービスや端末が刷新される時期です。2020年3月12日、ソフトバンクは2つの新プランを発表しました。そのうちデータ利用量の多いメリハリプランが、以前のウルトラギガモンスター+からどのように変わったのかを詳しく解説します。
新型ihone12噂 ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」と「ウルトラギガモンスター+」を比較解説

2020年3月12日、ソフトバンクスマホの新料金プランが発表されました。同時にウルトラギガモンスター+、ミニモンスターの新規受付が終了し、今後は新プランから選ぶことになります。

気になるのは、それぞれの料金とサービス内容でしょう。

この記事では、メリハリプランとその先代であるウルトラギガモンスター+を比較し、どのように変わったのかを解説します。

新プランはウルトラギガモンスター+とどう違うか

ソフトバンクが今回発表したメリハリプランは、ウルトラギガモンスター+に似ていますが、詳しく見るといくつか異なる点もあります。

ここではウルトラギガモンスター+からメリハリプランはどう変わったかを解説します。

月あたりデータ容量50GB・動画SNS放題・月額料金は同じ

メリハリプランで、ウルトラギガモンスター+から変更のない内容は次の通りです。

  • 月あたりデータ容量が50GBまで
  • 動画SNS放題:データ容量50GBに加えて対象の動画・SNSでのデータ消費がない
  • 月額料金は7,480円と同額

動画SNS放題の対象となる動画サービス・SNSはすべて同じで、月額料金に含まれる基本プラン(音声)量金額も980円とまったく同じです。

2GB以下なら自動的に1,500円割引される

メリハリプランとなって新しく導入されたのが「月あたりのデータ利用量が2GBを下回ったら自動的に1,500円割引される」制度です。

しかし、それほど少ないデータ利用ならミニフィットプランがよいのでは、と感じるかもしれません。さっそく比較してみましょう。

  メリハリプラン ミニフィットプラン
データプラン 6,500円 5,000円(1GB〜2GB未満)
基本プラン(音声) 980円 980円
半年おトク割(6ヶ月まで) ▲1,000円 ▲1,000円
おうち割光セット ▲1,000円 ▲1,000円
2GB未満の割引 ▲1,500円 なし
合計 3,980円 3,980円

※4G LTEプランの場合

上記は、家族4人が新プランに変更したと仮定してみんな家族割+が適用された場合ですが、なんと同額料金になってしまいます。これ以降5GB未満まででも、どちらも5,480円とやはり同額です。

また5GBを超えるとミニフィットプランは速度が制限されますが、メリハリプランの速度制限はずっと先の50GBを超えてからです。

「絶対5GBを超えない」という人だけがミニフィットプランを検討する価値があります。

ちなみに2GBのデータ量を消費するのは、月30日、毎日8分間動画を視聴する程度です。

ウルトラギガモンスター+に比べると新プランは、対応する従量型プランとの差がかなり少なくなりました。

時間帯によっては通信制御あり

公式サイトの新プランページでは非常に小さく表示されているので、見落としている人も多いかもしれませんが、「時間帯によって通信制御あり(通信速度を制限する場合がある)」とあります。

新プラン提供開始にあたり、サービスの安定的な提供のため動画やゲームなどトラフィックの混雑を生じさせる恐れがあるとして、制限される可能性があるのです。

これはウルトラギガモンスター+にはありませんでした。

制限後は128kbpsと大幅に低下します。データ容量の消費量にかかわらず制限されるので予想ができません。

普段よく利用する人は、使いづらい場面が増えるかもしれません。

一年おトク割から半年おトク割に変更

その他の割引でいうと、ウルトラギガモンスター+には新しく端末を買うと1年間毎月1,000円割引される「一年おトク割」がありましたが、新プランでは半分の6ヶ月となる「半年おトク割」に変更されています。

通話オプションは充実したが値上げ

新プランの通話オプションは、内容も金額も変更されています。

  ウルトラギガモンスター+ メリハリプラン
1回5分以内の国内通話無料 準定額プラン 500円/月 準定額プラン+ 800円/月
24時間いつでも国内通話無料 定額プラン 1,500円/月 定額プラン+ 1,800円/月
利用できる通話機能 なし 留守番電話プラス・割込通話・グループ通話・定額ストップサービス

各300円値上げされていますが、月額料金だけで500円となる4つの通話機能がセットになっているので、これまで使っていた人にとってはお得になります。

メリハリプラン料金が3,480円になるための条件

メリハリプランやウルトラギガモンスター+の基本料金は7,480円ですが、それが公式Webサイトでは「最安3,480円」とされています。

この安さは割引的、金額的に大いに魅力的です。

ただそれには条件があり、次の通りそのすべてに合致する必要があります。

メリハリプラン 6,500円
基本プラン(音声) 980円
半年おトク割(6ヶ月のみ) ▲1,000円
おうち割光セット ▲1,000円
みんな家族割+(4人以上加入の場合) ▲2,000円
合計 3,480円

音声基本プランなので通話し放題は別料金

基本プランは音声通話はできますが、通話し放題ではない980円のプランです。

もちろん留守番電話や割込通話などの通話機能もありません。通話料30秒あたり20円の完全別料金です。

おうち割り光セット対象者である

おうち割光セットとは、ソフトバンクのスマホとソフトバンク光やソフトバンクエアーなど指定の光回線・モバイル回線を同時に利用することで適用される割引サービスで、月あたり割引額も1,000円とかなり魅力的です。

現在多くの家庭で光回線やモバイル回線が利用されていますが、自分の利用している回線をおうち割光セット対象のものにする必要があります。

変更については、現在の契約の違約金や新契約の工事費などの初期費用によって、かえって費用が発生する場合もあります。

得られる特典と支払わなくてはならない費用を、しっかり把握して検討しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

家族4人以上加入でみんな家族割+を適用

新プランではメリハリプランだけに適用される「みんな家族割+」は、ウルトラギガモンスター+とまったく同じように適用されます。

家族が何人ソフトバンク利用しているかによって次の通り割引額が異なります。

  割引金額
家族2人 500円
家族3人 1,500円
家族4人以上 2,000円

例えば4人全員がソフトバンクを利用中で、自分がメリハリプラン、他がウルトラギガモンスター+、ミニモンスター、ミニフィットプランだったとします。その場合それぞれの割引額は次のようになります。

  利用プラン 割引金額
本人 メリハリプラン 2,000円
家族A ウルトラギガモンスター+ 2,000円
家族B ミニモンスター なし
家族C ミニフィットプラン なし

ミニモンスターやミニフィットプランの家族もメリハリプランに変更すれば、2,000円割引が適用され利用料金は結局同額になるので、メリハリプランにしない理由はありません。

今回の新プランでは、みんな家族割+が適用されるならどちらも料金は同じなので、データ容量の大きいメリハリプランの方がお得なのです。

さらに安い1,980円は月あたり利用量を2GB未満である

メリハリプランでもう1つ大きく表示されているのが1,980円です。これは月あたりのデータ利用量が2GB未満の場合の「1,500円割引」を適用した場合です。

ただ多くのユーザーにとって月あたりこれほど少ない利用量というのは、あまり現実的でないと感じるでしょう。

この割引を適用するために利用を節約していては、思うようなネット環境とはいえないかもしれません。

ここまでの解説から、つまりメリハリプラン3,480円になる条件は次の3つです。

  • 基本プラン(音声)のみで通話オプションを利用しない
  • おうち割光セットの対象となる回線を利用している
  • 家族4人以上がソフトバンクのスマホを利用している

カギになるのはおうち割り光セットの対象回線の利用と、家族4人以上で利用するかどうかで、このいずれかが適用されない場合は詳しく計算して検討しましょう。

ウルトラギガモンスター+から変更するメリットはない

このように新しいメリハリプランとウルトラギガモンスター+はかなり内容が似ていますが、細かな点でメリハリプランには2つのデメリットがあります。

  • 速度制御がある
  • 通話オプション料金が充実したが高い

1つずつ詳しく解説します。

速度制御がある

ウルトラギガモンスター+はメリハリプランと同様、対象の動画やSNSではデータ使い放題です。

しかしメリハリプランでは、常に速度制御によって前触れなく通信速度が落ちる可能性があります。

サービス品質からしても高い頻度で起こるとは考えにくいのですが、ただメリハリプランは先に「謳っている」ことから、もし起きても「仕方ない」と考えるしかありません。

そのリスクを取っても変更しても、それに匹敵するメリットはありません。このままウルトラギガモンスター+でいた方がよいでしょう。

確かにウルトラギガモンスター+でも、時間帯や利用エリアによっては実質的な通信速度が遅くなる可能性はありますが、それはメリハリプランでも同じ、つまり変更すれば速度制御のリスクが上がるだけなのです。

通話オプションの値上げ

新プランの通話オプションには、4つの通話機能があらかじめセットになっています。

今までもこれらすべてを使っていたなら、新プランに変更して通話オプションを追加しても200円は料金を抑えられます。

しかし、もともと通話オプションを使っていないなら、不要なサービスのために300円を余計に支払うことになります。

先述の速度制御リスクも合わせて考えると、わざわざ新プランに変更するメリットは見当たりません。

ウルトラギガモンスター+からは変更しない方がお得

2020年3月11日をもってウルトラギガモンスター+の新規受付は終了しているため、今のウルトラギガモンスター+から別のプランに変更してしまうと戻すことはできません。

いずれ新プランでなくては適用されない特典やサービスが現れるなどして、変更したくなるかもしれません。

そのときまでは、ウルトラギガモンスター+からあえて変更しない方がお得だといえます。

メリハリプランとミニフィットプランを選ぶポイント

次に、これから新プランのどちらかにしなくてはならない場合、どのように選べばいいのかというポイントについて考えてみましょう。

メリハリプランがおすすめの場合

メリハリプランは料金が高い分、サービス内容にボリュームがあるなどデータ利用に使いやすさを求めるユーザーに向いています。

毎月5GB以上のデータ量を使う

まず「月あたりどのくらいのデータ量を使うか」という視点で考えると、ミニフィットプランは最高で5GBまでで、それ以上料金は変わらないものの速度制限がかかり、使いにくくなります。

しかも5GBだと、データ基本料はメリハリプランと同額までアップします。

つまり5GB以上使う、または使うこともあるなら、あらかじめ50GBまで高速通信できるメリハリプランを選んでいた方がよいといえます。

みんな家族割+が適用できる

みんな家族割+が適用できる家族がいるなら、メリハリプランを選ぶ方がお得です。

なぜならミニフィットプランは、みんな家族割+が適用されないからです。

しかも全員メリハリプランにすると、3人だと合わせて4,500円、4人なら8,000円割引され、もう1人家族として契約できるほどお得になります。

ミニフィットプランがおすすめの場合

では一方の、ミニフィットプランがおすすめの場合はどうでしょうか。

毎月1GB未満しかデータ量を使わない

毎月間違いなく1GB使うことがないなら、ミニフィットプランを選ぶと料金をしっかり抑えられます。

ただし、注意したいのは「1GBを超えると2GBまではメリハリプランと同額になる」ということです。

そのため、1GBを超える可能性があるならメリハリプランも合わせて検討した方がよいでしょう。

ただ、1GB以上使うのであればそれなりに利用も多いはずですから、2GB未満に抑えるストレスを感じるかもしれません。

通話がメインである

スマホを持っていながらデータ利用が少ないということは、何らかの理由でガラケーを卒業し、通話メインで利用していることが考えられます。

万が一の連絡用など着信専用である可能性もあります。もし「発信も多い」としても、通話オプションをつけてかけ放題にすれば料金は定額です。

いずれにしても通話メインで利用する場合はミニフィットプランの方が料金を節約できます。

ウルトラギガモンスター+からあえて新プランへ変更しなくてもよい

ソフトバンクの突然の新プラン発表に、あわてた人も多かったことでしょう。

しかしこの記事で解説した通り、ウルトラギガモンスター+に相当するメリハリプランは料金・内容ともにほぼ同じとなっています。

みんな家族割+やおうち割光セットなど割引サービスも変わらず、さらに詳しく見れば、ウルトラギガモンスター+の方がお得な部分もあり、現時点ではあえて新プランに変更するメリットはありません。

ただ、今後新プランにしか適用されない割引サービスや特典が登場しないとは限りません。

それらの情報に注意しつつ、これからも自分にぴったりな料金プランをしっかり選んでいきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年04月19日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード