JCOM_iPhone7

楽天モバイルからМNP(転出)で乗り換える方法|注意点とあわせて解説

これまで格安SIMであった楽天モバイルは、ついにキャリアに参入します。それにともない料金プランも変わりますので、この記事では楽天モバイルからМNPを利用して他社へ乗り換える方法やその注意点について詳しく解説していきます。
BIGLOBEmobile20190724_desc 楽天モバイルからМNP(転出)で乗り換える方法|注意点とあわせて解説

楽天モバイルは、今年4月8日からキャリアとして新スタートします。それにともなって料金プランも変わり、格安SIMではなくなります。

格安SIMだったからこそ契約している方もなかにはいるのではないでしょうか。キャリアになるなら、他の格安SIMへ乗り換えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事で注目していくのは、楽天モバイルからМNPを利用して他社へ乗り換える方法です。手順や解約にともなう手数料や注意点など詳しく解説していきます。

また、楽天モバイルからほかの格安SIMへ移るのなら、どこがおすすめなのか格安SIM3選も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

乗り換えの際に必須のMNPとは

乗り換えのときに必要とされるのがМNPです。МNPとはなにかと聞かれてもよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

まずはМNPシステムについて詳しく解説していきます。

電話番号そのままで他社へ乗り換えるためのシステム

МNPとは「モバイルナンバーポータビリティ」の略で、現在使用中の電話番号をそのままで、他社へ乗り換えるのに必要なシステムです。

他社へ乗り換える際、МNPシステムを利用しなければ電話番号は変わってしまいます。変わりたくない方は絶対に忘れてはいけないことなのです。

MNP転出は予約番号の取得から

МNPを利用して乗り換えるときには、現在契約している携帯電話会社にてМNP転出のための予約番号を取得します。

予約番号には有効期限がありますので、期限内で必ず他社と新規契約をしなくてはいけません。もし期限切れになった場合は、新たに予約番号を取得し直す必要があります。

楽天モバイルのМNP予約番号を取得するには、Webからのみとなりますが、詳しくは次項で解説します。

楽天モバイル

楽天モバイルから他社への乗り換え手順

ここからは、楽天モバイルから他社へ乗り換える手順を解説していきます。

乗り換えることは解約することでもありますので、手順では解約手続きから始めていきます。それでは手順を参考に、乗り換えの流れを把握しましょう。

公式サイトのメンバーズステーションへログイン

楽天モバイルの解約は、Webからのみです。はじめの手順は次のとおりです。

  1. 楽天モバイルの公式HPの「メンバーズステーション」というマイページを開きます。
  2. 楽天IDまたは電話番号、パスワードを入力してログインしてください。

解約申請画面へ進みMNP予約番号を取得

ログイン後の手順は次のとおりです。

  1. 右上にあるメニューを開くと、下の方に「楽天モバイル解約申請」という項目がありますので選択してください。
  2. 解約に関する注意事項および契約解除料の説明が表示されますので、確認しましたら「解約手続きに進む」を選択してください。
  3. 楽天モバイルのサービスに関する説明が表示されますが、とくに解約の意志が固ければ「解約、МNPのお手続き方法を見る」へ進みます。
  4. 「楽天モバイル解約申請画面に進む」を選び、画面の説明に沿ってМNP予約番号を取得してください。

解約に関する15個のアンケートに答える

解約手続き後の流れは次のとおりです。

  1. 15個のアンケートが表示されるのですべての質問に答える。
  2. アンケートに回答したあとは、「この内容で解約申請する」を選択したら完了です。

なお、アンケートにすべて答えないと解約手続き完了にはなりませんので、回答漏れのないように気を付けましょう。

楽天モバイルのSIMカードを返却

楽天モバイルの解約手続き完了後は、これまで使用していたSIMカードを返却します。返却先は次のとおりです。

  • 〒143-0006
  • 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
  • 楽天モバイル SIM返却係

返却の仕方はに関しては、SIMカードのみを封筒に入れ、送料分切手を貼りつけて投函してください。

早めに格安SIMを新規申し込み

МNP予約番号には有効期限があり、期限以内に次の契約先へ乗り換えないと、期限切れとなって新たに取得し直さないといけなくなります。

有効期限は、МNP予約番号取得した日を含めて15日間です。しかし、他社によっては期限が10日~12日以上あるものとされていることもあります。

つまり、15日間といってもきっかり15日間あると思わないほうがよいということです。解約する前に乗り換え先を決めておくなどして、期限切れにならないよう気を付けましょう。

楽天モバイルのお申込みはこちら

楽天モバイル解約の際の手数料について

楽天モバイルの解約、МNP転出には手数料が発生します。詳しく解説していきます。

通話付きプランは解約金発生の可能性あり

楽天モバイルの通話SIMまたは通話付きの組み合わせプランを契約していた場合は、解約金が発生し、その金額も申し込み時期によって変わります。

組み合わせプランの解約金は次のとおりです。

  契約期間 解約金額
通話あり 12ヶ月 9,800円
通話なし なし 0円

続いて申し込み時期によって異なる解約金額は次のとおりです。

申し込み時期 解約金額
2018年6月15日~2019年9月30日 9,800円
2017年9月1日~2018年6月14日 9,800円~29,800円

また、2019年10月1日以降に契約をした方は、プランや申し込み時期に関係なく解約金は一切かかりません。

残りの契約期間が長いほど高くなる

前述した「2017年9月1日~2018年6月14日」の時期に申し込んだ場合は、解約金のシステムが異なります。

契約期間 1年目 2年目 3年目
12ヶ月間 9,800円 0円 0円
24ヶ月間 19,800円 9,800円 0円
36ヶ月間 29,800円 19,800円 9,800円

36ヶ月間の契約期間の場合、4年目以降は0円です。

つまり、契約期間の残りが長いほどに解約金が高いのです。例えば、12ヶ月間の契約期間なのに3ヶ月目で解約するのなら解約金9,800円は発生するしくみです。

MNP転出のための手数料も必要

楽天モバイルに限ったことではなく、3大キャリアやほかの格安SIM3でもMNP転出をするときには手数料が発生します。

楽天モバイルの場合は、1電話番号につき3,000円かかります。

楽天モバイルの解約の際の注意点

楽天モバイルを解約するにあたって注意しておきたことが2点あります。その2点をふまえて解約手続きをしましょう。

解約は15日までに行う

楽天モバイルの解約は、毎月15日が締め切りとなっており、15日までに解約申請をすると月末には解約完了で翌月の料金はかかりません。

16日以降に手続きをした場合は翌月末まで解約完了となりません。料金を無駄に支払わなくてはいけなくなりますので注意しましょう。

料金の日割りはされない

15日までに解約手続きをしても料金は日割りにはなりませんので、月の途中解約でも料金は1ヶ月分はかかります。

しかし月の途中解約をしても、月末までは通常どおり使用できますので料金を支払うことでの損は発生しません。

乗り換えにおすすめの格安SIM3選

楽天モバイルから乗り換えたいけども、次の契約先が決まっていないこともあるのではないでしょうか。そこで乗り換えにおすすめの格安SIM3選を紹介していきます。

なぜおすすめなのかなどを詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

mineo

出典:mineo

mineoの特長を見ていきましょう。

  • 契約期間の縛りがない
  • mineoを体験できる「プチ体験」がある
  • mineoユーザーが利用できる「マイネ王」で、わからないことは質問したり、ユーザーのリアルな声がわかる
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • 余ったパケットを誰とでもシェアできる「パケットギフト」
  • ユーザー全員でパケットを貯めたり使える「フリータンク」

mineoの料金プランは、au、ドコモ、ソフトバンクの3回線を選ぶことができ、データ通信のみで500МBコースなら月700円から利用できます。

3回線のなかでも、料金はプランによって一部異なります。とくにau回線のAプランが安いため、au回線がおすすめです。

また、他社からのМNPでの乗り換えでデュアルタイプかつ3GB以上のコースを申し込むと、月額基本料が6ヶ月間800円割引と6ヶ月間のデータ容量を1GB増量のキャンペーンを実施中です。

こちらのキャンペーンは、2020年5月31日までとなりますので、早めに申し込みましょう。

mineoのお申込みはこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルの特長を見ていきましょう。

  • 契約期間の縛りがない
  • 余ったデータは翌月に繰り越せる
  • 節約モードなら送受信最大300kbpsでSNSや音楽などデータ消費ゼロ
  • 通信速度が速くて安定している
  • 端末のラインナップが豊富

UQモバイルの料金プランは、スマホプランSなら月1,980円のところを、UQ家族割が適用されると2台目以降は月1,480円で利用できます。

通話量によっても選べる通話オプションは3種類あり、さらに通話オプションに加入してauIDを登録すると、Sプランなら1GB、Mプランなら3GB、Lプランなら3GBのデータ増量が可能です。

また、МNP新規または機種変更対象で現在利用中のスマホを下取りするキャンペーンを実施中です。もちろん他社製スマホもOKで、下取りでUQモバイルのスマホに安く乗り換え可能です。

こちらのキャンペーンはとくに期限が設けられていませんが、予告なく変更される場合もありますので注意しましょう。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

Yahoo!モバイル

出典:ワイモバイル

ヤフーモバイルの特長を見ていきましょう。

  • 有名企業ヤフーの直営店運営で信用できる
  • いらないオプションやアクセサリー購入しなくても契約できる
  • ワイモバ学割は、家族も学割が適用される
  • 契約期間の縛りがない
  • ヤフープレミアムの特典が使い放題

ヤフーモバイルの料金プランは、スマホベーシックプランSなら初月2,680円、2ヶ月目から7ヶ月目までは1,980円、8ヶ月目以降は初月と同じ料金で利用できます。

また、血縁・婚姻関係のある家族や同居中の恋人でも家族割があり、2回線目以降は毎月500円割引です。さらにおうち割光セットが適用されると、ずっと毎月割引されるためお得です。

そして現在、データ増量無料キャンペーン中です。新規またはМNP乗り換えで1年間無料で1GB増量されます。とくに期限は設けられていませんが、終わる前に乗り換えをおすすめします。

もう1つ、新規またはМNP、機種変更を対象に、下取りプログラムを実施中です。対象機種によって特典金額が異なり、特典はペイペイです。ペイペイをよく利用される方にもおすすめです。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

格安SIMについては、こちらでさらに多くのサービスをより詳しく比較していますのであわせて参考にしてください。

楽天モバイル解約は15日に行うのがおすすめ

楽天モバイルの解約は15日締め切りとなります。16日以降は翌月末まで解約されないため、その分無駄な出費が出てしまいます。解約を考えているなら、15日までに行いましょう。

また、楽天モバイルからМNPで乗り換える場合は、Webからのみです。解約金も契約した時期によっては発生しますので注意しましょう。

そしてМNPは電話番号をそのままで乗り換えるなら必要なシステムです。そのまま新規契約するのではなく、番号が変わるのが嫌な方は必ずМNP予約番号を取得しましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年04月16日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード