UQモバイル

ワイモバイルでお得に機種変更する方法!キャンペーンやおすすめ機種・タイミングを紹介

ワイモバイルでお得に機種変更する方法を解説します。最新のキャンペーン情報やオンラインでの手続き方法、おすすめの端末などを詳しく紹介しているので、機種変更を検討している方必見です。
UQモバイル ワイモバイルでお得に機種変更する方法!キャンペーンやおすすめ機種・タイミングを紹介

2022年3月18日に新型のiPhone SE(第3世代)が発売されました。

ワイモバイルでも取り扱いが開始しており、新型iPhoneに機種変更したい方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ワイモバイルでお得に機種変更する方法を解説します。

また、機種変更におすすめの端末も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ワイモバイルの機種変更はオンラインがおすすめ

ワイモバイルの機種変更は、店舗・オンラインショップどちらからも手続きできますが、安さ・早さ共にオンラインショップの方がおすすめです。

オンラインショップで機種変更すると、通常3,300円(税込)かかる事務手数料が0円になります。また、店舗のように待ち時間が発生しないため忙しい方でも空き時間に手続き可能です。

ただしどちらにもメリット・デメリットがあるため、自分に合った方を選びましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

オンラインのメリット・デメリット

オンラインで機種変更する場合のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

オンラインのメリット

  • 待ち時間なしで手続きできる
  • 24時間いつでも手続きできる
  • 事務手数料や送料が無料
  • オンライン限定のキャンペーンが使える
  • チャットサポートサービスで24時間相談できる

オンラインの場合は、待ち時間がなく、24時間いつでも手続きできます

機種変更時には、店舗契約では使用できないオンライン限定のお得なキャンペーンを使えるため、より安く機種変更することが可能です。

また、24時間受付ているチャットサポートサービスがあるので、わからないことをいつでも質問・相談できます。

オンラインでのデメリット

  • 実際に端末を操作できない
  • 自分でプランを決める必要がある
  • 対面でサポートが受けられない

デメリットとしては、直接端末を見れなかったり店員の方に相談できなかったりする点が挙げられます。

端末を見たい場合は、店舗もしくは家電量販店などで確認が可能です。

また、わからないことや相談したいことがある場合は、チャットサポートを活用すればスムーズに機種変更できるでしょう。

店舗のメリット・デメリット

店舗で機種変更する場合のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

店舗のメリット

  • 対面でサポートが受けられる
  • 実機を手に取れる
  • 在庫があれば当日中に開通

店舗では直接サポートが受けられます。そのため、オンラインではわかりづらいことも、丁寧に教えてもらうことが可能です。

また、実機を手に取って確認できるので、「想像と違う機種だった」などというズレが生じることはありません。

在庫があれば当日中に使い始められるため、すぐに新機種を使いたい方におすすめです。

店舗のデメリット

  • 待ち時間が長い
  • 事務手数料3,300円(税込)がかかる
  • 店舗の受付時間にしか手続きできない

店舗で手続きを行う場合は、待ち時間が発生する可能性が高いです。とくに休日は混雑しやすいので、待ち時間を短くしたい方は平日または来店予約をして手続きを行うのがおすすめです。

また、店舗での機種変更には事務手数料として、3,300円(税込)が必要になります。オンラインであれば、この手数料が無料になるので、少しでも安く手続きしたい方はオンラインで機種変更しましょう。

店舗ごとに営業時間は異なるため、手続きをしに行く場合は、その店舗の営業時間を調べておくのがおすすめです。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルの機種変更は2種類

出典:ワイモバイル

ワイモバイルで機種変更する場合、こちらの2パターンが考えられます。

  • 1.ワイモバイルでスマホを購入する場合
  • 2.持ち込みスマホに機種変更する場合

それぞれ詳細や注意点について解説します。

1.ワイモバイルでスマホを購入する場合

1つ目は、スマホをワイモバイルから購入するパターンです。

ワイモバイルで販売されているスマホの中に欲しい機種がある場合は、ワイモバイルから購入するとスムーズに契約できます。

注意点は、機種変更前と変更後でSIMカードのサイズが違う場合です。

SIMカードには、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」という3つのサイズがあり、端末によって対応しているSIMカードサイズが異なります。

機種変更したい端末と現在使っている端末のSIMカードサイズが違った場合、SIMカードサイズを変更すれば、機種変更が可能です。SIMカードサイズの変更は、事務手数料3,300円(税込)で行えます。

ただし、これはSIMカードのみで契約している方に限ります。ワイモバイル契約時に端末+SIMカードで契約している方は、SIMカードサイズ変更はできないので注意してください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

SIMカードサイズの確認方法は、以下の記事を参考にしてください。

2.持ち込みスマホに機種変更する場合

2つ目は、ワイモバイル以外で機種を用意し、機種変更するパターンです。

こちらのパターンの場合、ワイモバイルの対応機種か、SIMロックが解除されているか確認するようにしましょう。

SIMカードの確認はこちらのパターンでも必要なので、注意しましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

機種変更におすすめのタイミング

ワイモバイルで機種変更を行うのにおすすめの耐モングは、以下のとおりです。

  • アプリが何度も落ちる
  • OSが最新のバージョンに対応していない
  • 充電をしてもすぐに電池が減る
  • お得なキャンペーンが開催されている

基本的に、自分の持っている端末に不具合が生じたタイミングで機種変更するのがおすすめです。

端末自体が古くなってくると、アプリやブラウザの立ち上がりが悪くなったり、最新のOSにアップデートできなくなったりするので、そのタイミングで機種変更しましょう。

また時期によってキャンペーン内容が変わるため、還元額や割引額が高い時に手続きすると、よりお得に機種変更できます。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルの機種変更方法

ワイモバイルの費用や必要なもの、手順をまとめました。

機種変更に必要なもの

オンラインストアの場合は、「My Y!mobileアカウント」と「クレジットカード」、店舗の場合は「本人確認書類」と「利用中の機種」」が必要になります。

本人確認書類としては、次のようなものが認められます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード+外国パスポート

とはいえ、MyY!mobileアカウントでログインすれば本人確認書類は不要となります。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

手順1.機種変更を申しこむ

まずは、機種変更を申し込みスマホを準備しましょう。

オンラインでのワイモバイルの機種変更方法をご紹介します。機種変更の手順はこちらの通りです。

  1. 端末を選択
  2. 契約方法を選択
  3. 契約内容を選択
  4. 料金明細の確認
  5. 連絡先の登録
  6. お客さま情報入力
  7. 入力内容の確認
  8. 重要事項に同意
  9. 完了

端末を選ぶ際、現在持っているワイモバイルのSIMカードのサイズが合っているか確認しておきましょう。

また、ワイモバイル以外でスマホを購入する場合は、ワイモバイル対応端末か、SIMロック解除されているかを確認しておきましょう。

自分でSIMロック解除する方法を解説した記事もあるので、ぜひご覧ください。

手順2.データ移行の準備をする

電話帳や写真などのバックアップデータは、既存の端末を解約する前に準備しておく必要があります。

既存の通信が閉じられてしまうと準備できなくなる可能性があります。必ず機種変更前にデータ移行の準備をしておきましょう。

手順3.SIMカードを差し替える

端末が手に入れば、SIMカードを差し替えましょう。

SIMの差し替え方法はこちらの5つの手順です。

  1. SIMカードのサイズを確認
  2. SIMカードを挿入する端末の準備
  3. SIMカードを台紙から取り外す
  4. 端末からSIMスロットを引き出す
  5. SIMスロットにSIMカードを装着させる

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

詳しくはワイモバイルのSIMカードを差し替える方法と初期設定の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

ワイモバイルのキャンペーン最新情報

ワイモバイルで実施中の最新キャンペーン情報をまとめました。機種変更時に適用できるキャンペーンがないか、一度確認してみましょう!

最新のキャンペーンは動画でも紹介しています。

最大10,000円相当のPayPayボーナス

  • 期間:2021年6月1日~
  • 特典:PayPayボーナス最大10,000円相当プレゼント
  • 条件:新規・乗り換え(MNP)で指定プランを契約

ワイモバイル契約で、最大10,000円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンを開催中です。

もらえる特典額はプランによって異なり、シンプルSが最大5,000円相当、シンプルM・Lが最大20,000円相当となっています。

シンプルS シンプルM シンプルL
新どこでも
もらえる特典
500円~1,000円
相当
3,000円
相当
3,000円
相当
SIMご契約特典 のりかえ:3,000円 のりかえ・新規:
5,000円
相当
のりかえ・新規:
7,000円
相当
合計 最大4,000円
相当
最大8,000円
相当
最大10,000円
相当

特典を受け取るまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. Yahoo!JAPAN IDでログインしてキャンペーンページからエントリーする
  2. 新規・のりかえで SIMカード・eSIMを契約する
  3. 申込日の翌月末までに申し込みしたYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携をする
  4. エントリーしたYahoo! JAPAN IDでY!mobileサービスの初期登録をする

PayPayボーナスの付与時期は、申込日の翌々月末を予定しています。

いずれも日にちや曜日に関係なく毎日もらえるチャンスがあるので、ぜひこの機会にワイモバイルを検討してみましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

【オンライン限定】端末割引キャンペーン

ワイモバイルのキャンペーン
  • 特典:対象端末が最大36,000円割引
  • 条件:対象機種の購入

ワイモバイルでは、人気のスマホが最大36,000円割引になるお得なキャンペーンを実施しています。

割引対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
Xperia 10 III 54,000円
18,000円
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
67,680円
46,080円
Libro 5G II 21,960円
1円
OPPO Reno5 A(eSIM) 31,680円
10,080円
AQUOS wish 21,960円
10,080円
かんたんスマホ2 25,920円
7,920円

対象端末の中には、割引が適用されることで1円で購入できるものがあります。

その他のスマホもお得な価格で購入できるので、この機会を見逃さないようにしましょう。

さらに、ワイモバイルのオンラインショップで端末を購入すると、事務手数料が無料なので店舗で購入するよりもお得です。

なお、割引対象のスマホは変動する可能性があります。最新情報が気になる方は、ワイモバイルの公式サイトを確認してください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

データ増量無料キャンペーン2

  • 期間:2019年11月29日~
  • 特典:データ増量オプションの月額料金が1年間無料
  • 条件:シンプルS/M/Lの契約

はじめてデータ増量オプションを申し込むと、月額料550円(税込)が1年間無料になるキャンペーンです。

つまり、1年間通常よりも多いデータ容量を使えることになります。増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。

  • シンプルS:3GB→5GB(+2GB)
  • シンプルM:15GB→20GB(+5GB)
  • シンプルL:25GB→30GB(+5GB)

シンプルSなら2GB増量、シンプルM・Lなら5GBも多く使えます。

契約後もプラン変更は可能なので、最初は思う存分使えるシンプルMやLがおすすめです。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ワイモバイルおすすめ機種まとめ

ワイモバイルで機種変更したい、おすすめiPhone・Androidスマホをまとめました。

【New】iPhone SE(第3世代)

出典:Apple

iPhone SE(第3世代)は、2022年3月18日に発売された最新のiPhoneです。

5G対応iPhoneとしては最安モデルとなっています。

機種名 iPhone SE(第3世代)
価格(税込) 通常:67,680円~
割引適用後:46,080円~
本体サイズ 138.4mm×67.3mm×7.3mm
画面サイズ 4.7インチ
重さ 144g
CPU A15 Bionicチップ
ストレージ 64GB/128GB/256GB
バッテリー 最大15時間のビデオ再生
アウトカメラ 1,200万画素
インカメラ 700万画素
カラー (PRODUCT)RED/スターライト/ミッドナイト
生体認証 指紋

デザインはiPhone SE(第2世代)とほとんど同じですが、性能面はかなり向上しました。

最新のA15 Bionicが搭載されているため、アプリを瞬時に読み込めたり、バッテリーは最大15時間のビデオ再生が可能になったりしています。

また、フォトグラフスタイル対応となり、写真の色味を選んで撮影できる機能も追加されました。

ワイモバイルでは、割引が適用されると46,080円(税込)~購入できるので、少しでも安く最新iPhoneを入手したい方におすすめです。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

新型iPhone SE3(第3世代)の価格・カメラ・スペックなどを詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

iPhone SE(第3世代)の口コミ

iPhone SE(第3世代)は、第2世代よりもかなり性能が向上していてよいといった意見が多く見られました。

またA15 Bionicが搭載されているため、スムーズに操作ができるといった口コミも多いようです。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

iPhone 12/iPhone 12 mini

出典:Apple

iPhone 12/12 miniは、5G通信に対応しており、高性能チップ「A14 Bionic」を搭載しています。

詳細は以下のとおりです。

機種名 iPhone 12 iPhone 12 mini
価格(税込) 通常:95,040円
割引適用後:87,840円
通常:71,280円
割引適用後:64,080円
本体サイズ 146.7mm×71.5mm×7.4mm 131.5mm×64.2mm×7.4mm
画面サイズ 6.1インチ 5.4インチ
重さ 162g 133g
CPU A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
バッテリー 最大17時間のビデオ再生 最大15時間のビデオ再生
アウトカメラ 1,200万画素+1,200万画素 1,200万画素+1,200万画素
インカメラ 1,200万画素 1,200万画素
カラー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルー
生体認証

iPhone 12シリーズも高性能なチップを搭載しているため、アプリの起動など日常の何気ない動作はもちろん、長時間の動画やヘビーな3Dゲームも問題なく操作が可能です。

また、前モデルのiPhone 11よりカメラの性能が向上し、より鮮明で美しい写真を撮影できます。ナイトモードを搭載していることも嬉しいポイントです。

iPhone 12/12 miniのデザインは、iPhone 4/5のようなiPhoneユーザーなら懐かしさを感じる角ばった仕様になっています。iPhone 12 miniは、手に馴染みやすいサイズ感なので、片手操作をしたいかた方にもぴったりです。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)は、iPhone 11 Proと同じチップが採用されています。

コンパクトなサイズ感なので、持ち運びにも便利です。

機種名 iPhone SE(第2世代)
価格(税込) 通常:57,600円
割引適用後:50,400円
本体サイズ 138.4mm×67.3mm×7.3mm
画面サイズ 4.7インチ
重さ 148g
CPU A13 Bionicチップ
ストレージ 64GB/128GB
バッテリー 最大13時間のビデオ再生
アウトカメラ 1,200万画素
インカメラ 700万画素
カラー (PRODUCT)RED/ブラック/ホワイト
生体認証 指紋

iPhone SE(第2世代)は第3世代とほとんど同じデザインで、どちらも3色展開になっています。

また、指紋認証が使用できるため、携帯のロックを解除する際にマスクを外す必要がありません。

価格は、iPhone SE(第3世代)より1万円ほど安く購入可能です。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

iPhone SE3とiPhone SE2の違いを比較した記事もあるので、ぜひご覧ください。

\ワイモバイルでスマホをもっとお得に!/

iPhone 11

出典:Apple

iPhone 11は、状況にもよりますが、一日中持続するバッテリーを搭載しています。

詳細は以下のとおりです。

機種名 iPhone 11
価格(税込) 通常:66,240円
割引適用後:59,040円
本体サイズ 150.9mm×75.7mm×8.3mm
画面サイズ 6.1インチ
重さ 194g
CPU A13 Bionicチップ
ストレージ 64GB/128GB
バッテリー 最大17時間のビデオ再生
アウトカメラ 1,200万画素+1,200万画素
インカメラ 1,200万画素
カラー パープル/イエロー/グリーン/ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED
生体認証

丸みを帯びたデザインで、カラーは6色展開になっています。

カメラはiPhone 12と同様、広角と超広角レンズが採用されており、広い範囲を美しく撮影可能です。

ワイモバイルでは割引が適用されて、59,040円(税込)で購入できます

割引される期間が限られているので、早めに購入検討しましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

iPhone 11と12/12 miniの違いを解説した記事もあるので、参考にしてみてください。

Android One S8

Android One S8 出典:ワイモバイル

Android One S8は画面サイズが6.26インチで、フルHD+の高精細大画面が魅力の機種です。画面が大きいため画面分割でふたつのアプリを同時に表示させることもできます。

またバッテリー容量は4,100mAhのため、長時間スマホを利用したい方におすすめの機種です。

機種名 Android One S8
価格(税込) 通常:25,920円
割引適用後:4,320円
本体サイズ 約76×162×8.7mm
画面サイズ 6.26インチ
重さ 約169g
CPU MT6768(オクタコア)2.0GHz / 1.7GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 4,100mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ホワイト/ペールブルー/ブラック

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

Xperia 10 III

出典:Xperia 10 III

Xperia 10 IIIは、Xperia 1 IIIの廉価モデルに当たるミドルレンジスマホです。

毎月のスマホ台を安く運用していきたい方はワイモバイルでの購入を検討しましょう。

機種名 Xperia 10 III
価格(税込) 通常:54,000円
割引適用後:36,000円
本体サイズ 約154mm×約68mm×約8.3mm
画面サイズ 約6.0インチ
重さ 約169g
CPU Qualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platform
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー 4,500mAh
アウトカメラ 約1,200万画素+約800万画素+約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク

21:9のシネマワイドディスプレイはHDRの有機ELに対応しています。縦長の高機密なディスプレイはマルチウィンドウに設定できるので、映像体験とウェブ検索などの日常使いが両刀楽しめるモデルです。

カメラは、超広角、広角、望遠の3眼レンズを搭載。プレミアムおまかせオートで、撮影シーンを自動で判別し誰でも簡単に綺麗に写真撮影が行えるとのこと。

オーディオはハイレゾ対応、ソニー独自の技術「DSEE Ultimate」によりワイヤレスでもハイレゾ相当の再生が可能な他、3,5mmオーディオジャックを搭載しているので有線再生も可能。

音、映像、カメラの体験をよりエコノミーな価格で心ゆくまで楽しみたい方におすすめの一台です。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

Libero 5G

Libero 5G 出典:ワイモバイル

Libero 5Gは5G対応の高性能プロセッサ搭載しており、大容量コンテンツもすぐにダウンロードできます。

さらに約6.5インチの大画面なので、動画視聴を十分に楽しみたい方におすすめの端末です。

機種名 Libero 5G
価格(税込) 通常:23,760円
割引適用後:1,980円
本体サイズ 約77×166×9.2mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約201.7g
CPU Snapdragon™ 690 5G(オクタコア)2.0GHz+1.7GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 3,900mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブルー/ホワイト/レッド

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A 出典:ワイモバイル

OPPO Reno5 Aのスペックから、この機種はミドルハイ、つまりハイエンド寄りのミドルスペックスマホ、と言えます。

もちろん5G回線にも対応しています。数年先でも現役モデルとして十分通用するでしょう。

iPhone 12シリーズのようなハイエンドモデルには劣りますが、画面の動きの速いゲームなどをやり込まない限りは、動きに不満を感じることはあまりないでしょう。

機種名 OPPO Reno5 A
価格(税込) 通常:31,680円
割引適用後:9,800円
本体サイズ 約H162×W74.6×D8.2mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約182g
CPU Qualcomm Snapdragon 765G
RAM/ROM RAM:6GB
ROM:128GB
バッテリー 約4,000mAh
アウトカメラ メイン:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
主な機能 指紋認証/顔認証
おサイフケータイ
防水防塵IP68
デュアルSIM(nanoSIM・eSIM)/5G対応
※ワイモバイル版はnanoSIMのみのシングルSIM
カラー シルバーブラック
アイスブルー

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

Xperia 8

Xperia 8は、2019年冬モデルで発売されたハイスペックスマホ、「Xperia 5」と同じ細長いボディが特徴となっています。

細長いボディを活かした快適な映画鑑賞や、PCのようにデュアルディスプレイとして使えるのが大きな魅力です。

機種名 Xperia 8
価格(税込) 39,600円
本体サイズ 158mm×69mm×8.1mm
画面サイズ 6.0インチ
重さ 約170g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
RAM/ROM RAM4GB/ROM64GB
バッテリー 2,760mAh
アウトカメラ デュアルカメラ(広角+望遠)
約1,200万画素
約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブラック・ホワイト・オレンジ・ブルー

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルでお得に機種変更しよう!

  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがおすすめ
  • ワイモバイルの機種変更は「SIMのみ」と「SIMと機種」の変更の2種類
  • お得に機種変更するためにキャンペーンを利用しよう

ここまで、ワイモバイルでお得に機種変更する方法について解説してきました。

安く機種変更するには、オンラインで手続きを行うかつキャンペーンを利用するのがおすすめです。

事務手数料が無料になったり、端末が1円~購入できるキャンペーンが開催されたりします。

少しでもお得に機種変更したい方は、この記事で紹介した方法で機種変更してみてください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

\あなたに合った回線がわかる/
インターネット光回線電話相談

公開日時 : 2022年03月25日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!