UQモバイル

【完全版】ワイモバイルの機種変更方法!おすすめ機種・キャンペーン・データ移行方法も紹介

ワイモバイルでの機種変更を検討中の方必見の情報を紹介します。ワイモバイルは格安SIMの部類ながら、iPhoneを含め、機種の選択肢が豊富です。オンラインで手続き可能というのも、忙しい人には便利なポイント。後半のお得情報も要チェックです。
UQモバイル 【完全版】ワイモバイルの機種変更方法!おすすめ機種・キャンペーン・データ移行方法も紹介

ワイモバイルを契約して早数年、そろそろ機種変更したいと思っている方も多いでしょう。

大手キャリアでは当たり前に行っていた機種変更ですが、格安SIMのワイモバイルでも機種変更できるのでしょうか?

結論を先に言ってしまうと、ワイモバイルでも機種変更可能です。店舗・オンラインショップどちらからも手続きできますが、安さ・早さ共にオンラインショップの方がおすすめです。

  • 事務手数料3,300円(税込)が無料になる
  • 最短翌日発送ですぐ届く
  • 待ち時間ゼロ
  • 24時間チャットサポートで質問できる

オンラインショップで機種変更すると、通常3,300円(税込)かかる事務手数料が0円になります。これだけでもオンラインショップで機種変更する理由になるでしょう。

さらに、店舗のように待ち時間が発生しないため忙しい方でも空き時間にささっと手続きできます。

詳しい機種変更方法やおすすめ端末について知りたい方は、ぜひこのまま記事を読み進めてみてください。

ワイモバイルの機種変更は2種類

出典:ワイモバイル

ワイモバイルで機種変更する場合、こちらの2パターンが考えられます。

  • 1.ワイモバイルでスマホを購入する場合
  • 2.持ち込みスマホに機種変更する場合

それぞれ詳細や注意点について解説します。

1.ワイモバイルでスマホを購入する場合

1つ目は、スマホをワイモバイルから購入するパターンです。

ワイモバイルで販売されているスマホの中に欲しい機種がある場合は、ワイモバイルから購入するとスムーズに契約できます。

注意点は、機種変更前と変更後でSIMカードのサイズが違う場合です。

SIMカードには、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」という3つのサイズがあり、端末によって対応しているSIMカードサイズが異なります。

機種変更したい端末と現在使っている端末のSIMカードサイズが違った場合、SIMカードサイズを変更すれば、機種変更できます。SIMカードサイズの変更は、事務手数料3,300円(税込)で行うことができます。

ただし、これはSIMカードのみで契約している方に限ります。ワイモバイル契約時に端末+SIMカードで契約している方は、SIMカードサイズ変更はできないので注意してください。

SIMカードサイズの確認方法は、以下の記事を参考にしてください。

【ワイモバイル】詳細はこちら

2.持ち込みスマホに機種変更する場合

2つ目は、ワイモバイル以外で機種を用意し、機種変更するパターンです。

こちらのパターンの場合、ワイモバイルの対応機種か、SIMロックが解除されているか確認するようにしましょう。

SIMカードの確認はこちらのパターンでも必要なので、注意しましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ワイモバイルの機種変更は店頭かオンライン

ワイモバイルの機種変更は、店頭でもオンラインでも可能です。どちらにも一長一短あるため、自分に合った方を選びましょう。

店舗のメリット・デメリット

ショップでの手続きは、すぐにでも新機種を使いたい人に向いています。

在庫があればその場で設定が可能で、持ち帰る時には開通しているからです。また、家電量販店などの店舗では独自のキャンペーンやポイント適用があるなど、お得になることもあります。

とはいえ、デメリットもあります。店舗によっては手数料がかかってしまったり、必要としていないオプションの設定を求められることもあるからです。

ワイモバイル店舗契約でのメリット5つ

  1. 対面でサポートが得られる
  2. 実機を手に取れる
  3. 在庫があれば当日中に開通
  4. 店舗独自のキャンペーンがある
  5. 支払いは口座振替の利用ができる

ワイモバイル店舗契約でのデメリット3つ

  1. 待ち時間が長い
  2. ショップでは手数料が必要
  3. オプションをつけないと購入できないこともある

オンラインのメリット・デメリット

インターネット上の手続きや、プランなどの把握に自信のある人には、オンラインショップでの手続きがおすすめです。全て自分で選択できるため、無駄をカットできるのが最大のメリットといえるでしょう。

端末の到着までに時間はかかりますが、手続きまでの待ち時間はありませんし、24時間手続きが可能です。

ワイモバイルオンラインでのメリット5つ

  1. 待ち時間なしで手続きできる
  2. 24時間いつでも手続きできる
  3. オプションに加入する必要がない
  4. auショップでの店頭受取できる
  5. オプション品の同時購入で端末同様に分割を組める

ワイモバイルオンラインでのデメリット3つ

  1. 実際に端末を操作できない
  2. 自分でプランを決める必要がある
  3. 受け取りまで時間がかかる

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルの機種変更方法

ワイモバイルの費用や必要なもの、手順をまとめました。

機種変更審査について

新規契約や乗り換えのときの審査はよく知られていますが、実はワイモバイルの機種変更時にも審査があります

審査の詳細について、各携帯会社は情報を一切公開していません。

そのため予想になりますが、機種変更時の審査で見られる点は、携帯料金の支払いや滞納の有無等と言われています。

携帯料金の支払いは、ワイモバイルや他の携帯会社で未納や滞納がないかどうかです。

また、ローンやクレジットの未納・滞納があると審査落ちする可能性があります。

「クレジットの未払いがあったも審査に通った!」という声も聞きますが、絶対に通るというわけではありません。支払い料金の未納や滞納がある場合は、そちらの支払いが済んでから機種変更するようにしましょう。

機種変更にかかる費用

ワイモバイルで機種変更する際には、機種変更手数料として3,300円(税込)がかかります

端末+SIMカードで契約した方も、SIMカードのみで契約した方も料金は変わりません。また、SIMカードサイズ変更の場合も3,300円(税込)です。

大手携帯会社でも事務手数料は3,000円程度かかるので、おおむね相場価格といえます。

ただし、オンラインショップで機種変更手続きを行った場合のみ、手数料が発生しません。冒頭でも紹介したように、お得に機種変更をするならオンラインショップがおすすめです。

機種変更に必要なもの

機種変更には基本的に本人確認書類が必要です。次のようなものが本人確認書類として認められます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード+外国パスポート

とはいえ、MyY!mobileアカウントでログインすれば本人確認書類は不要となります。

友だち追加でお得なキャンペーン情報をゲット!
LINE友だち追加

手順1.機種変更を申しこむ

まずは、機種変更を申し込みスマホを準備しましょう。

オンラインでのワイモバイルの機種変更方法をご紹介します。機種変更の手順はこちらの通りです。

  1. 端末を選択
  2. プランを選択
  3. 必要情報の入力
  4. 入力内容・重要事項の確認
  5. 機種がとどいたら切り替え手続き

端末を選ぶ際、現在持っているワイモバイルのSIMカードのサイズが合っているか確認しておきましょう。

また、ワイモバイル以外でスマホを購入する場合は、ワイモバイル対応端末か、SIMロック解除されているかを確認しておきましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

手順2.データ移行の準備をする

電話帳や写真などのバックアップデータは、既存の端末を解約する前に準備しておく必要があります。

既存の通信が閉じられてしまうと準備できなくなる可能性があります。必ず機種変更前にデータ移行の準備をしておきましょう

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

手順3.SIMカードを差し替える

端末が手に入れば、SIMカードを差し替えましょう。

SIMの差し替え方法はこちらの5つの手順です。

  1. SIMカードのサイズを確認
  2. SIMカードを挿入する端末の準備
  3. SIMカードを台紙から取り外す
  4. 端末からSIMスロットを引き出す
  5. SIMスロットにSIMカードを装着させる

詳しくはワイモバイルのSIMカードを差し替える方法と初期設定の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

ワイモバイルおすすめ機種まとめ

ワイモバイルで機種変更したい、おすすめiPhone・Androidスマホをまとめました。

iPhone 12/iPhone 12 mini

出典:Apple

ワイモバイルは、2021年2月より5Gサービスを開始します。

提供開始に伴い、iPhone初の5G対応モデル「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」を販売します。

ワイモバイルでiPhone 12/12 miniに機種変更する

機種名 iPhone 12 iPhone 12 mini
本体サイズ 146.7mm×71.5mm×7.4mm 131.5mm×64.2mm×7.4mmm
画面サイズ 6.1インチ 5.4インチ
重さ 162g 133g
CPU A14 Bionicチップ A14 Bionicチップ
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
バッテリー 2,815mAh 2,227mAh
アウトカメラ 1,200万画素+1,200万画素 1,200万画素+1,200万画素
インカメラ 1,200万画素 1,200万画素
カラー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルー ブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルー

iPhone 12/12 miniは、5G通信に対応しただけでなく、スマホの中でも最速の高性能チップ「A14 Bionic」を搭載しています。

アプリの起動など日常の何気ない動作はもちろん、長時間の動画やヘビーな3Dゲームも問題なく操作が可能です。

また、前モデルのiPhone 11よりカメラの性能が向上し、より鮮明で美しい写真を撮影できます。ナイトモードを搭載していることも嬉しいポイントです。

iPhone 12/12 miniのデザインは、iPhone 4/5のようなiPhoneユーザーなら懐かしさを感じる角ばった仕様になっています。iPhone 12 miniは、手に馴染みやすいサイズ感なので、片手操作をしたいかた方にもぴったりです。

ワイモバイルでiPhone 12/12 miniに機種変更する

iPhone 12の口コミ

iPhone 12の口コミでは、カメラ機能に満足している口コミが多く見られます。

カメラ機能に特化したスマホは数多くありますが、iPhone 12も候補として挙げられそうです。

ワイモバイルでiPhone 12/12 miniに機種変更する

Xperia 10 III

出典:Xperia 10 III

Xperia 10 IIIは、Xperia 1 IIIの廉価モデルに当たるミドルレンジスマホです。キャリアは、ドコモ、auからの販売がありますが、サブキャリア、格安SIM事業者の中での取り扱いがあるのは、執筆時点ではワイモバイルのみです。毎月のスマホ台を安く運用していきたい方はワイモバイルでの購入を検討しましょう。

機種名 Xperia 10 III
価格 54,000円(税込)
端末割引適用で
36,000円
本体サイズ 約154mm×約68mm×約8.3mm
画面サイズ 約6.0インチ
重さ 約169g
CPU Qualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platform
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー 4,500mAh
アウトカメラ 約1,200万画素+約800万画素+約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク

21:9のシネマワイドディスプレイはHDRの有機ELに対応。縦長の高機密なディスプレイはマルチウィンドウに設定できますので、映像体験とウェブ検索などの日常使いが両刀楽しめるモデルです。

カメラは、超広角、広角、望遠の3眼レンズを搭載。プレミアムおまかせオートで、撮影シーンを自動で判別し誰でも簡単に綺麗に写真撮影が行えるとのこと。

オーディオはハイレゾ対応、ソニー独自の技術「DSEE Ultimate」によりワイヤレスでもハイレゾ相当の再生が可能な他、3.5mmオーディオジャックを搭載していますので有線再生も可能。

音、映像、カメラの体験をよりエコノミーな価格で心ゆくまで楽しみたい方におすすめの一台です。

ワイモバイルでXperia 10 IIIに機種変更する

AQUOS sense4 basic

出典:ワイモバイル

ワイモバイルでは、人気のAQUOSシリーズから登場した「AQUOS sense4 basic」を販売しています。AQUOS sense4 basicのスペックを見ていきましょう。

機種名 AQUOS sense4 basic
価格 39,600円(税込)
本体サイズ 約148mm×約71mm×約8.9mm
画面サイズ 約5.8インチ
重さ 約176g
CPU Qualcomm Snapdragon 720G
メモリ 3GB
ストレージ 64GB
バッテリー 4,570mAh
アウトカメラ 約1,200万画素+約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ライトカッパー/シルバー/ブラック

AQUOS sense4 basicは、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載したモデルです。外出時や旅行先など、長時間充電できない場合でもバッテリーを気にする必要はありません。

さらに、「インテリジェントチャージ」という充電をコントロールする機能を搭載しているため、使い始めてから1年経過してもバッテリーが劣化しにくい仕様になっています。

長期的に使えるスマホなので、長い目で見るとコストパフォーマンスに優れたモデルと言えるでしょう。

おサイフケータイ・防水・防塵など、基本的な機能もしっかりと備わっているので、スマホ選びに迷ったらAQUOS sense4 basicを選んでみてもいいかもしれません。

ワイモバイルでAQUOS sense4 basicに機種変更する

AQUOS sense4 basicの口コミ

AQUOS sense4 basicの口コミは、とにかく安いといった口コミが多いです。端末割引キャンペーンを利用することで、一括360円と非常に安価なため、人気の機種となっています。

ワイモバイルでAQUOS sense4 basicに機種変更する

Android One S8

Android One S8 出典:ワイモバイル

Android One S8は画面サイズが6.26インチでフルHD+の高精細大画面が魅力の機種です。画面が大きいため画面分割でふたつのアプリを同時に表示させることも可能です。

またバッテリー容量は4,100mAhのため、長時間スマホを利用したい方におすすめの機種です。

機種名 Android One S8
価格 25,920円
本体サイズ 約76×162×8.7mm
画面サイズ 6.26インチ
重さ 約169g
CPU MT6768(オクタコア)2.0GHz / 1.7GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 4,100mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ホワイト/ペールブルー/ブラック

【ワイモバイル】Android One S8に機種変更する

Android One S7

出典:ワイモバイル

「Android One S7」は「Android One S6」と同じく「Android One」シリーズの最新スマホ。4000mAhのバッテリーと高性能ディスプレイが売りのスマホです。

画面サイズは5.5インチ。シャープが量産化に成功した半導体「IGZO」を使用したディスプレイは通常の液晶モニタと比較し伝達速度が早く、かつ解像度が高くなります。

高品質なディスプレイと1週間持つというバッテリー。そんなAndroid One S7を検討してみてはいかがでしょうか。

機種名 Android One S7
価格 29,304円(税込)
本体サイズ 70mm×147mm×8.9mm
画面サイズ 5.5インチ
重さ 約167g
CPU SDM630
RAM/ROM RAM3GB/ROM32GB
バッテリー 4000mAh
アウトカメラ 約1,200万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ライトカッパー・シルバー・ブラック

ワイモバイルでAndroid One S7に機種変更する

Android One S6

出典:ワイモバイル

「Android One S6」は超広角撮影が可能となった「Android One」シリーズのスマホとなっています。

「超広角撮影」というと、iPhone 11シリーズのトリプルカメラが頭に浮かぶ人も多いはず。格安SIMサービスでもカメラ機能が進化した端末が続々現れるようになってきました。

また、こちらの端末もLibero S10と同じく背面に指紋認証が搭載されている他、おサイフケータイにも対応しています。

機種名 Android One S6
価格 26,136円(税込)
本体サイズ 73×153×8.9mm
画面サイズ 5.84インチ
重さ 約151g
CPU Helio P35 MT6765
RAM/ROM RAM3GB/ROM32GB
バッテリー 3050mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
約1,600万画素
約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ラベンダーブルー・ホワイト・ブラック

ワイモバイルでAndroid One S6に機種変更する

\初回限定3ヶ月無料!/

Libero S10

出典:ワイモバイル

Libero S10はIPX7の防水性能とIP5Xの防塵性能を持つ他、手が濡れていても手袋をしていてもディスプレイが反応するなど非常にストレスフリーに使用できるAndroidとなっています。背面には指紋センサーを搭載しているので、スマホの開閉もカンタン。

また、デュアルカメラを搭載しており、ポートレートモードやビューティーモードも利用可能。一眼レフで撮影したような写真を撮ることができます。

容量はこの価格帯としては文句なしの3,100mAh。3G環境下であれば約450時間の連続待受時間を誇ります。

機種名 Libero S10
価格 24,156円(税込)
本体サイズ 73.2mm×152.2mm×8.4mm
画面サイズ 5.7インチ
重さ 約165g
CPU Qualcomm SDM450
RAM/ROM RAM3GB/ROM32GB
バッテリー 3,100mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
約1,300万画素
約500万画素
インカメラ 約200万画素
カラー ホワイト・ネイビー

ワイモバイルでLibero S10に機種変更する

Xperia 8

ついにワイモバイルでもXperiaの取り扱いが開始しました!

Xperia 8は、2019年冬モデルで発売されたハイスペックスマホ、「Xperia 5」と同じ細長いボディが特徴となっています。

細長いボディを活かした快適な映画鑑賞や、PCのようにデュアルディスプレイとして使えるのが大きな魅力です。

機種名 Xperia 8
価格 39,600円(税込)
本体サイズ 158mm×69mm×8.1mm
画面サイズ 6.0インチ
重さ 約170g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
RAM/ROM RAM4GB/ROM64GB
バッテリー 2,760mAh
アウトカメラ デュアルカメラ(広角+望遠)
約1,200万画素
約800万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブラック・ホワイト・オレンジ・ブルー

ワイモバイルでXperia 8に機種変更する

感動的な視聴体験!「スマホ=映画館」になる!?

ぱっと見でわかる通り、Xperia 8は21:9という縦長のアスペクト比が特徴です。

21:9というのは、映画館のスクリーンの比率を再現しているそう。そのため、スマホで動画視聴や映画鑑賞をする際、画面上下に黒帯が入りません。

出典:ワイモバイル

黒帯が入らないということは、画面いっぱいに映像を楽しめるということです。Xperia 8なら、映画館さながらの大迫力で快適に動画視聴ができます。

大きなディスプレイに加え、カメラ性能も向上しています。アウトカメラは1200万画素の広角レンズと800万画素の望遠レンズの2種類を搭載。

また、「ポートレートセルフィー」機能も使用可能に。撮影後に露出の調整(背景のぼかし)や肌、目の大きさを加工できるようになっています。

マルチウィンドウで”ながら操作”できる

出典:ワイモバイル

さらに、縦長画面を活かした”ながら操作”ができるのも魅力。

画面を2つに分けて別々の作業ができるので、以下のような使い方ができます。

  • ショッピングアプリ+ショッピングアプリ:2つのショッピングアプリで価格比較
  • 資料+メール:資料を確認しながらメールに返信
  • 地図アプリ+メッセージアプリ:場所を確認しながら会話
  • ニュースサイト+辞書アプリ:英語の記事を読みながら知らない単語を調べる

タブレットやPCのデュアルディスプレイのように、1つのスマホで2つの作業を同時に行うことができます。面倒だったアプリを交互に開く作業が一切不要なため、それだけでかなりありがたいですよね。

加えて、マルチウィンドウが使えるスマホはほとんどないので、最も便利なスマホといっても過言ではないでしょう。

ワイモバイルでXperia 8に機種変更する

Redmi 9T

Redmi 9T 出典:ワイモバイル
  • 2万円台で3眼カメラを搭載
  • 側面の指紋認証で楽々ロック解除

Redmi Note 9Tは、価格と性能のバランスがとれたコスパスマホといえます。

低価格帯スマホはおサイフケータイ非搭載もある中、おサイフケータイ・顔認証・指紋認証全てに対応しているんです。

加えてトリプルカメラも搭載しており、ミドルレンジスマホにも負けない性能を誇ります。安くて性能の良いスマホが欲しいなら、Redmi Note 9Tに決まりです!

機種名 Redmi Note 9T
プロセッサ(CPU) Mediatek Dimensity 800U
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 5000mAh
アウトカメラ トリプルカメラ
アウトカメラ 内訳 標準:4800万画素 マクロ:200万画素 深度:200万画素
インカメラ 1300万画素
おサイフケータイ
顔認証
指紋認証
画面サイズ 6.53インチ

【ワイモバイル】Redmi 9Tに機種変更する

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A 出典:ワイモバイル

OPPO Reno5 Aのスペックから、この機種はミドルハイ、つまりハイエンド寄りのミドルスペックスマホ、と見ることができます。

もちろん5G回線にも対応しています。数年先でも現役モデルとして十分通用するでしょう。

iPhone 12シリーズのようなハイエンドモデルには劣りますが、画面の動きの速いゲームなどをやり込まない限りは、動きに不満を感じることはあまりないでしょう。

機種名 OPPO Reno5 A
本体サイズ 約H162×W74.6×D8.2mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約182g
CPU Qualcomm Snapdragon 765G
RAM/ROM RAM:6GB
ROM:128GB
バッテリー 約4,000mAh
アウトカメラ メイン:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
主な機能 指紋認証/顔認証
おサイフケータイ
防水防塵IP68
デュアルSIM(nanoSIM・eSIM)/5G対応
※ワイモバイル版はnanoSIMのみのシングルSIM
カラー シルバーブラック
アイスブルー

【ワイモバイル】OPPO Reno5 Aに機種変更する

OPPO Reno5 Aの口コミ

OPPO Reno5 Aはカメラ機能が魅力という口コミが見られます。

10万円以上するハイエンドモデルのスマホには劣るものの、ミドルスペックのスマホでカメラにこだわりたい方にはおすすめの機種です。

【ワイモバイル】OPPO Reno5 Aに機種変更する

Libero 5G

Libero 5G 出典:ワイモバイル

Libero 5Gは5G対応の高性能プロセッサ搭載しており、大容量コンテンツもすぐにダウンロードできます。

さらに約6.5インチの大画面なので、動画視聴を十分に楽しみたい方におすすめの端末です。

機種名 Libero 5G
価格(税込) 25,920円
本体サイズ 約77×166×9.2mm
画面サイズ 約6.5インチ
重さ 約201.7g
CPU Snapdragon™ 690 5G(オクタコア)2.0GHz+1.7GHz
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
バッテリー 3,900mAh
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ブルー/ホワイト/レッド

【ワイモバイル】Libero 5Gに機種変更する

ワイモバイルのキャンペーン最新情報

ワイモバイルで実施中の最新キャンペーン情報をまとめました。機種変更時に適用できるキャンペーンがないか、一度確認してみましょう!

SIMカード契約で最大3,000円相当還元

出典:ワイモバイル

現在ワイモバイルを契約すると、PayPayボーナスが受け取れるキャンペーンが開催されています。こちらのキャンペーンは、Yahoo!JAPAN IDでログインして、申し込み前にエントリーする必要があります。

  • 期間:2021年6月1日~
  • 特典内容:PayPayボーナス3,000円相当プレゼント

こちらは、新規・乗り換え(MNP)・番号移行でシンプルS/M/Lに申し込む方が対象です。 特典を受け取るまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. Yahoo!JAPAN IDでログインしてキャンペーンページからエントリーする
  2. 店舗またはWebからシンプルS/M/Lを契約する
  3. 申し込み日までの翌月までにエントリーしたYahoo!JAPAN IDでワイモバイルサービスの初期登録を完了する

ワイモバイルのシンプルS/M/Lを申し込む前に、エントリーする場合は特典対象外となるので注意しましょう。PayPayボーナスの付与時期は、申込日の翌々月末を予定しています。

また、5のつく日・日曜日に申し込むと、さらに特典がもらえます。シンプルS/M/Lは、ずっと料金が変わらないわかりやすいプランなので、この機会に契約してみましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

データ増量無料キャンペーン2

ワイモバイル データ増量無料キャンペーン2 出典:ワイモバイル

初めてデータ増量オプションを申し込むと、月額料550円(税込)が1年間無料になるキャンペーンです。

つまり、1年間通常よりも多いデータ容量を使うことができるということです。増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。

  • シンプルS:3GB→4GB(+1GB)
  • シンプルM:15GB→18GB(+3GB)
  • シンプルL:25GB→28GB(+3GB)

シンプルSなら1GB増量、シンプルM・Lなら3GBも多く使えます。契約後もプラン変更は可能なので、最初は思う存分使えるシンプルMやLがおすすめです。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

下取りプログラム

出典:ワイモバイル

ワイモバイルに新規加入・MNP・機種変更・契約変更をした方を対象に、それまで利用していた端末を下取りして、対象機種に応じて特典が付与されるプログラムです。

特典はPayPayボーナスと購入機種代金値引きのどちらかを選択できます。特典の金額は機種によって異なるので、ワイモバイルの公式サイトから確認してください。

なお、電源が入らない場合や、初期化されていない、各種ロックが解除されていない端末は下取りの対象外となるので注意しましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイルでお得に機種変更しよう!

  • ワイモバイルの機種変更は「SIMのみ」と「SIMと機種」の変更の2種類
  • ワイモバイルの機種変更はオンラインがおすすめ
  • お得に機種変更するためにキャンペーンを利用しよう

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけであるため、細かいことをいえば、その他の格安SIMとは異なる存在です。

実店舗におけるサービス体制、安定した高速データ通信などは、サブブランドならではの特徴といえます。価格とサービスのバランスが取れているので、幅広いユーザーが満足できるでしょう。

ワイモバイルは、主要キャリアよりは安く、なおかつ格安SIMのデメリットは回避したい方、月々のデータ通信量がそれほど多くない方におすすめのブランドといえます。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年08月25日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!