SIMフリー版iPhoneのメリット・デメリット | 中古購入方法・注意点・選び方

iPhoneはキャリアで購入するのとSIMフリーを購入するのどちらがいいのでしょうか。SIMフリーiPhoneのメリットとデメリット、購入方法までを解説します。またSIMカードの選び方やおすすめの格安SIMのご紹介もしているのでSIMフリーへ機種変更の際は参考にしてください。
新作iPhone先行予約方法 SIMフリー版iPhoneのメリット・デメリット | 中古購入方法・注意点・選び方

SIMフリー版iPhoneが話題に上ることが多くなってきましたが、その理由はSIMフリー版のiPhoneには、選択肢が多いなどの利点があるからです。

そんな利点に注目して、自分のiPhoneをSIMフリー化したい人が増えてきました。

本記事では、SIMフリー版iPhoneのメリット・デメリットと、SIMフリー版iPhoneが購入できる場所をご紹介していきます。

SIMフリー版iPhoneを選ぶメリット

まずは、SIMフリー版のiPhoneを選ぶメリットから見ていきましょう。

最初からSIMロックが解除されている

キャリアのiPhoneは一定期間経たないと、SIMロックの解除ができませんが、SIMフリー版のiPhoneは最初からロックが解除されています。

そのため、SIMフリー版のiPhoneは好きな通信事業者と契約することが可能です。

iPhoneのSIMロック解除は可能ですが、手続きの方法は各キャリアによって異なるので、公式ホームページで確認しましょう。

好きな携帯会社と契約できる

SIMフリー版iPhoneであれば、格安SIMを含め好きな通信事業者と契約をすることが可能です。

格安SIMは基本的に型落ちiPhoneの取り扱いしかないため、最新iPhoneを格安SIMで使いたい方にはとても魅力的です。

契約による2年縛りがない

大手携帯キャリアは、契約期間の縛りが存在します。一般的に「2年縛り」等と呼ばれるものですが、契約更新期間以外で解約・乗り換えをすると違約金が発生します。

しかし、格安SIMの中には契約期間の縛りがない会社もあるのです。当然違約金も発生しないので、自分の好きなタイミングで他の携帯会社に乗り換えることが可能です。

売る時に買取価格が高くなる

iPhone初心者にとっては意外かもしれませんが、SIMフリー版iPhoneは人気が高いです。

ドコモ版iPhoneやau版iPhoneのように、特定キャリアでしか使えないiPhoneと異なり、どの形態会社でも使えるためだと思われます。

海外のSIMカードが使える

携帯電話の通話明細を見ると、国際ローミングという項目があります。日本で使っているスマホを、海外でも使えるようにするサービスです。

使用には国際ローミング料を払う必要がありますが、海外の旅行先でデータ通信を使う場合は、海外のSIMカードを使った方が得です。

最近は旅行者向けに空港内などで、現地の通信用SIMカードが販売されており、それを使った方がローミングサービスを利用するよりも、確実に割安になります。

SIMフリー版iPhoneを購入するデメリット

反対に、SIMフリー版iPhoneを購入するデメリットを見ていきましょう。

端末の購入代金が高くなる

キャリアではiPhone購入時に割引されることがほとんどですが、SIMフリー版iPhoneには端末割引サービスがありません。

端末代金を一括で購入できる余裕がある人は問題はありませんが、最新iPhoneは決して安くないので、人によっては貯金を崩さなければならないケースもあります。

SIMフリー版iPhoneを購入するときは、この点をしっかりと把握しておかないと、思わぬ出費に戸惑うことがあるでしょう。

分割払いで利息が発生する

SIMフリー版iPhoneを分割で購入するときは、利息が発生するケースがあるので注意が必要です。

大手キャリア版のiPhoneは無利息で分割払いすることができますが、Apple Storeで購入する場合、キャンペーン時以外は分割払いで利息が発生します。

利息は分割の回数によって異なりますが、支払い回数を増やせば通常は利息が多くなるので、分割払いで購入する際は、支払い回数と利息にも注目しましょう。

利息のことは忘れがちになりますが、少しでも安くiPhoneを購入するためには大切なことです。

支払いを一本化できない

キャリアでiPhoneを購入すれば、通信費用と端末代金をまとめて払うことが可能ですが、SIMフリー版のiPhoneでは購入先と通信事業者が別なので、支払いが一本化できずに面倒なことがあります。

支払日が違うと給料日の関係で、金欠のときでも支払わなくてはいけない可能性があるので、通信費用と端末代金の支払日にも気を配ることが大切です。

自分で初期設定をする必要がある

キャリアでiPhoneを購入する場合は、初期設定や開通の手続きは販売店がしてくれますが、SIMフリー版iPhoneでは自分でする必要があります。

初期設定や開通の手続きは、慣れていなければ難しい面があります。どうしてもわからない場合は、回線契約する通信事業者の販売店で聞くか、インターネットなどで調べるしかありません。

周りに詳しい友人がいればいいですが、いない場合は自分で調べながら行う必要があります。

故障時のサポートが不十分

iPhoneを含むスマホは、予期せぬときに故障することがあります。

キャリアで購入した場合は故障時の相談や修理に応じてくれますが、SIMフリー版のiPhoneではメールや電話の対応のみになり、代替機の手配もしてくれません。

再起動程度で直る不具合であれば問題はありませんが、修理が必要な故障の場合に、代替機を用意してもらえなければ困ります。

仕事でiPhoneを使っている場合であれば、仕事に支障をきたす場合もあるでしょう。万が一に備えて、スマホ保険やスマホ補償に加入することをおすすめします。

中古の場合は故障リスクがある

パソコンなどもそうですが、中古品の場合は当たり外れがあります。

キャリアで新品で購入した場合は1年間の無料保証サービスがあるので、故障内容によっては無料で修理してくれます。しかし、SIMフリー版iPhoneの場合は、AppleCare+に加入するしかありません。

AppleCare+に加入すると1年間の保証を受けられますが、中古端末の場合は、新品機種と比べて故障リスクが高いのは否めません。

中古iPhoneも加入できるスマホ保険もあるため、故障が不安な方は加入してみてもいいでしょう。

SIMフリー版iPhoneを購入できる場所

SIMフリー版のiPhoneが購入できる場所を見ていきましょう。

全国7店舗のApple Store

店舗数が少なく利便性が悪い面もありますが、正規販売店のApple StoreでSIMフリー版iPhoneを購入することができます。

正規販売店なので信頼性が高く、大きさが合うSIMカードであれば、どのSIMカードであっても使うことができます。

  • 銀座支店 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館 03-5159-8200
  • 仙台一番町店 宮城県仙台市青葉区一番町3-10-24 022-722-3001
  • 名古屋栄店 愛知県名古屋市中区栄3-17-15エフエックスビル 052-238-2400
  • 心斎橋店 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-5-5アーバンBLD心斎橋 06-4963-4500
  • 新宿店 東京都新宿区新宿3-30-13新宿マルイ本館 03-5656-1800
  • 表参道店 東京都渋谷区神宮前4-2-13 03-6757-4400
  • 福岡天神店 福岡県福岡市中央区天神2-3-24天神ルーチェ 092-736-6800

全国7店舗のApple Storeの住所と電話番号を掲載しましたが、休業中の渋谷店は掲載を省いています。Apple Storeの店舗は今後も増減する可能性があるので、最新の情報は公式サイトから調べてください。

参考:Apple Store

Appleのオンラインストア

Apple Storeは全国的に店舗が少ないため、住まいによっては利用できない場合もありますが、Appleオンラインストアは遠方の方でも利用できます。

購入モデルを選択すれば配達日が明示されるので、購入する際には安心です。送料も無料なので余計な出費もありません。

通常は在庫があれば注文してから1~2日で到着するので、実店舗で購入する場合と比較しても、入手できるまでの待ち時間に大きな差はありません。

当日中にSIMフリー版iPhoneを入手したい時は実店舗が1番ですが、そうでない場合は、Appleオンラインストアから購入する方が便利です。

新作iPhoneは毎年予約が殺到する人気機種なので、新型iPhoneを確実に予約したい方は、ぜひこちらもご一読ください。

参考:Appleのオンラインストア

スマホの中古販売店

中古でも気にしないのであれば、中古販売店からSIMフリー版iPhoneを購入することができます。耐久性に問題がある可能性があるので、できれば一度実物を触らせてもらった方が良いです。

実物を見ることができる場合は、は消耗しやすいバッテリー状態をチェックすることが大切です。外観からはわからないことも、実際に触ることによってわかることがあります。

基板の状態などは見ることができませんが、少なくとも操作に支障がないかは確かめることができます。中古iPhoneはApple Storeで買うよりも安いため、少しでも安くiPhoneを購入したい人におすすめです。

良質な中古iPhone販売店を選ぶときは、評判の高いチェーン店か、フランチャイズ店を選んだ方が良いでしょう。会社組織で店舗展開をしている場合は、会社の看板を背負っているので、モラルを遵守する責任感が強いからです。

ネット上にも中古iPhone販売店の情報は掲載されていますが、街のフリーペーパーにも掲載されていることが多いので、一度チェックしてみてください。

Amazonなどの通販サイト

全国の出品者が集まるAmazonなどの通販サイトは、多くのSIMフリー版iPhoneを扱っています。通販サイトから容易にモデル比較ができる上、販売価格もApple Storeと変わらないです。

最近の通販サイトは決済方法が多様で、どのような人であっても購入しやすくなっています。配達日数も短く、気軽にiPhoneを購入したい人にとっては便利でしょう。

通販であれば時間に関係なく機種を見ることができるし、売りつけられる心配もないので安心です。通販の写真や説明でわからない点は、メールなどを通して気軽に聞くことができます。

オークションサイトで落札する

出品者の情報が確かめにくいのが難点ですが、オークションサイトからもSIMフリー版iPhoneを購入することが可能です。

多少のリスクはありますが、新品や新品同様のiPhoneを入手したい人にとっては、オークションサイトは有力な購入先でしょう。

オークションサイトを利用するときは、万が一のときの保証があるサイトが良いです。保証があれば、落札するときも安心して決断を下せます。

オークションは出品者の顔が見えないため、最低限、運営者と保証内容についてはしっかりと調べましょう。

SIMフリー版iPhoneを購入する時の注意点

ここからは、SIMフリー版iPhoneを購入する時の注意点を見ていきます。

動作の確認がとれている端末を使う

格安SIM会社でSIMフリー版iPhoneを扱っていることがありますが、必ず動作確認済みのiPhoneを選びましょう。

電子機器には相性というものがあり、理論的には使用可能であっても、不具合が発生する可能性があります。その点、動作確認済みのiPhoneであれば安心して購入することができます。

日本向けのモデルを選ぶ

インターネットの普及に伴い、海外向けのiPhoneも販売されるようになってきました。

しかし、海外向けのモデルはサービスが受けられなかったり、対応している周波数が合わなかったりすることがあるので、よほど詳しい人以外は日本向けのモデルを選んだ方が良いです。

技適マークがあることを確認

販売されているiPhoneの中には、日本では販売が認められていないモデルがあるかもしれません。

チェックするポイントは、「技適マーク」があるかどうかです。「技適」とは「技術基準適合証明」の略で、このマークが付いていない無線通信機器は、電波法違反になり日本国内での使用は不可です。

中古は残債を確認する

中古iPhoneを購入する際は、残債の有無も確認することが大切です。残債が残っている機種の中には、赤ロムと呼ばれるものがあるからです。

赤ロムとは、分割払いが終わる前に中古端末として売りに出されたものです。

そのような端末は、キャリアによって制限が課せられている可能性があります。赤ロムはSIMカードを挿しても使うことができないので、購入しない方が得策です。

悪質な店舗であれば隠して、そのような機種を販売している可能性があるので、不明な点があれば納得のいくまで店舗の販売員に聞くことが大切です。

iOSのバージョンアップに気をつける

iOSはiPhoneの基本システムですが、常にバージョンアップするようになっています。古いiPhoneの場合、iOSのバージョンアップに対応していない可能性があるので注意が必要です。

最新機種は到着が送れる場合がある

新作iPhoneは人気が高いため、混雑状況によっては到着予定日よりも遅れる可能性があります。人気機種なので発送が追いつかないと推測されますが、辛抱強く待つしかありません。

Appleオンラインストアで購入すれば到着予定日を明示してくれますが、タイミングによっては在庫がなくなるケースがあるので、その際は到着予定日が不明になるかもしれません。

SIMフリー版iPhoneで契約する格安SIMの選び方

SIMフリー版のiPhoneに使う、格安SIMの選び方にも注意が必要です。用途に合っていないSIMを選べば、こんなはずではなかったと、後悔することがあります。

データ通信量が無制限

好きなだけ動画を視聴したり音楽をたくさん聴きたい人は、データ通信量が無制限のプランがある、SIMを選んだ方が良いです。

プラン選びに迷っている場合は、希望の使い方を販売員に前もって伝えておくことで、適切なSIMを勧めてくれるでしょう。

販売員の人も どのようなSIMを勧めたらいいのかを、迷っているかもしれないので、前もってiPhoneを使う用途を伝えておけば購入がスムーズになります。

データ使用量に応じたプランがある

月によって動画を観ることが多くなるケースはありますが、そのような場合は毎月のデータ使用量が大きく変動することが多いです。

毎月のデータ使用量が大きく変動する人は、データ使用量に応じて段階的に料金が変わる格安SIMを選べば、長い目で見たら大きな節約になることがあります。

一番小さいサイズ

SIMカードにはサイズがありますが、iPhoneにはnanoSIMという一番小さなサイズのSIMが対応しています。

それ以外のサイズであれば挿し込めないので、前もってiPhoneに合うSIMのサイズをメモしておくことが大切です。

メモをするのを忘れて適切なサイズのSIMが分からない場合は、恥ずかしがらずに店員に聞くことが大切です。親切な店員であれば見本のiPhoneを開けて、確かめてくれるでしょう。

速度は気にしない

格安SIMの場合は、キャリアよりも速度が遅めの傾向が強いですが、普通に使う分には問題のない速度が保たれています。

どうしても速度が速い方が良いのであれば、速度が速い格安SIMの通信事業者を選べば良いですが、どうしても回線を大手のキャリアから借りているので、日によっては遅くなることがあるのが実情です。

独自のサービスで選ぶ

格安SIMの通信事業者は競争にさらされているので、様々な付加サービスを展開しています。サービスの中には大きな節約になるものもありますが、自分にとって都合の良いサービスを選ぶべきです。

自分にとって都合の良いサービスがわからない場合は、使用状況を細かく数字で見ることをお勧めします。使用状況を細かく数字で把握することによって、自分の節約ポイントが分かりやすくなります。

通信料の確認のしやすさ

格安SIMの通信事業者は、大手も中小も入り交じった玉石混交の世界です。そのような事情があるので、サービス内容に差があります。

利用者が常に気になるのが使用した通信量ですが、アプリやツールで簡単に確認できたら便利です。アプリやツールでチェックが可能であれば、隙間時間に見ることができるので、時間の節約にもなります。

SIMフリー版iPhoneにおすすめの格安SIM

SIMフリー版のiPhoneにおすすめの格安SIMを見ていきますが、多くのユーザーを想定しているので、様々な内容のサービスを見ています。

大まかな選定基準は、データ通信量が多いか使い放題のものですが、各々の用途に合ったものを選べば良いでしょう。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、大手のプロバイダーのBIGLOBEが提供している格安SIMですが、ドコモとauの回線を使っています。

いずれも広範囲をカバーしている回線なので、辺鄙な田舎であっても使えることが多いでしょう。動画や音楽を存分に楽しみたい方には、「エンタメフリー・オプション」がおすすめです。

このオプションに加入すると、YoutubeやU-NEXT、AbemaTV、Apple Music、Spotifyなどの動画・音楽サービスを月額480円~カウントフリーで使うことができます。

カウントフリーとは、指定のサービスであればどれだけ使っても当月のギガ数を減らすことなく使えるというものです。つまり、3ギガであっても、エンタメフリーオプションに加入していれば海外ドラマや好きな音楽を好きなだけ楽しむことができます。

料金を安く抑えたい方はもちろん、動画や音楽サービスを頻繁に使いたいという方はぜひ契約してみてくださいね。

【当サイト限定特典あり】BIGLOBEモバイルのお申込みはこちら

LINEモバイル

コミュニケーションツールのLINEを使いたいがために、iPhoneを購入する人はいるでしょう。

通常はLINEするときにも通信料は発生しますが、LINEモバイルであればLINEはもちろんのこと、Twitter・InstagramなどのSNSにも通信料が発生しません。

LINEモバイルのお申込みはこちら

UQモバイル

UQモバイルは、大手のUQコミュニケーションズ株式会社が運営している格安SIMの通信事業者ですが、充実したインフラの基盤があるので、通信面のサービス内容が良い。

高速データプランや無制限プランを提供していますが、動画の視聴が主な利用者にとっては、価値のあるプランでしょう。

データ無制限プランは最低利用期間が定められていないので、気楽に試すことができます。

UQモバイルのお申込みはこちら

mineo

テレビのCMでも見ることがあるmineoですが、docomoとauの回線を使っています。

運営母体が関西電力グループなのも安心ですが、使っている回線の広さは定評があり、旅行先で使うときも不便さを感じることは少ないでしょう。

データ通信や音声通話がお得になるコミコミプランもあり、電話もインターネットも満遍なく使う人にとっては、便利なサービス内容です。

mineoのお申込みはこちら

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)はSoftBank系で唯一の格安SIM通信事業者ですが、SoftBankらしいユニークなサービスが特徴です。

その中には最新映画が、毎月1本無料で視聴できるサービスがあります。映画好きにとっては、たまらないサービスですが、iPhoneで観ることができるのは価値があります。

U-mobile(ユーモバイル)は高速データ通信も、無制限で利用できるプランがあるので、iPhoneだけで動画や音楽を楽しみたい人にとっては、満足できるサービス内容です。

U-mobileのお申込みはこちら

自分に合ったSIMカードと端末を見つけよう

SIMフリーのiPhoneの良いところは、大手のキャリアでは提供していない、様々なサービスプランを利用できることでしょう。

格安SIMカードが登場した頃は、サービス内容の充実度はイマイチでしたが、最近の格安SIMの通信事業者のサービス内容は、特筆すべきものがあります。

しかしサービス内容が充実してきたからといって、何でも良いわけではなく、自分に合ったSIMカードと端末を選ぶことが大切です。

格安SIMの通信事業者のサービス内容は、インターネットで知ることができるので、自分の用途と合っているかを確認しましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年10月01日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード