iPhoneのWiFi設定方法とエラーの解決法|WiFiを飛ばす方法も紹介

iPhoneはWiFiを使うことでさらに便利になり、できることの幅も広がります。WiFiの設定は基本さえ覚えれば難しいことはありません。細かい設定まで理解すれば、さらに便利になりますので、知識を深めてWiFiを使いこなしましょう。
新型ihone12噂 iPhoneのWiFi設定方法とエラーの解決法|WiFiを飛ばす方法も紹介

iPhoneの機能をより便利に使いこなすためには、優れた通信環境が必要です。

ネットに繋ぐための電波はさまざまありますが、特にWiFiに繋がっているとよいでしょう。

しかし、iPhoneを使うにはWiFiがあれば便利と認識している人は多いものの、実際に何がどう便利なのか、そもそもどうやって繋げばよいのかと悩む人は多いです。

WiFiの設定はややこしいことも多く、ネットに詳しくない人だと難しく思えてしまうことも多いでしょう。

WiFiは一見ややこしく見えますが、実は基本さえ理解していればそれほど難しいものではありません。

WiFiに繋いでいるかどうかで、できることは大きく違ってきますし、理解を深めて上手に使いこなすことが大切です。

ネットへの繋ぎ方ひとつで、iPhoneを活用できる可能性は大きく違ってきます。WiFiがいかに便利なのかを知って、スムーズに繋ぐ方法や上手な活用法を知っていきましょう。

目次

iPhoneをWiFiに繋ぐメリット

iPhoneをWiFiに繋ぐことにはさまざまなメリットがあり、まずはそれを知っておきましょう。

WiFiに繋ぐのは設定が面倒と感じている人も多いですが、それもメリットを知れば気持ちが変わるはずです。

WiFiを使えばさまざまなことが可能になり、より便利にiPhoneを使いこなすことができます。何ができるようになるのかを知って、WiFiに繋ぐ必要性を理解しておきましょう。

iOSのアップデートに欠かせない

iPhoneは定期的に最新版のiOSが発表されますが、このアップデートにはWiFiへの接続が必要です。

通常の3Gや4Gなどの回線ではアップデートはできないため、最新版を使うためには、WiFi環境がなければなりません。

アップデートはバグの修正や機能の向上を図るものであり、古いバージョンのままでは不便なことも多いです。

より便利に使いこなすにはアップデートは必須であり、古いバージョンのままだとできることにも制限が出てしまいます。

iPhoneの機能が作動しなくなったり、最新版でなければ起動できないアプリなどもたくさんありますので、WiFiに接続して、定期的にアップデートしておくことが大切です。

iPhoneの通信速度が速くなる

WiFiに接続することで、iPhoneの通信速度が速くなり、これも大きなメリットです。

iPhoneの回線はさまざまありますが、WiFiは比較的通信速度が速く、ネットなどもさくさく動きます。

また、動画再生が快適に利用できるのも大きな魅力であり、基本的な通信速度、環境さえ整っていれば、途中で止まることはないでしょう。

もちろん、WiFiといっても回線速度はさまざまであり、環境によってもスピードの違いはあります。

しかし、多少の違いこそあれ、基本的にはスムーズに動かすことができますし、通信速度によるストレスは解消できるでしょう。

iPhoneの通信料金の節約になる

通常の回線でネット通信をしていると、通信料金がかかりますが、WiFiの場合はこれがかかりません。

WiFiを利用しての通信は、データ通信料の消費がないため、実質の通信料は無料と言えます。

そのため携帯会社と契約していないiPhoneを持っている場合でも、WiFiさえあればネットを利用することができ、お金もかかりません。

自宅にWiFiの環境があれば、電波の繋がる範囲内で使用する分には、全くお金をかけずにネットを楽しむことができます。

また、データ通信料がないため、どれだけネットを使っても通信制限がかかることはありません。

通常の回線でネットを利用している場合、通信量に応じて制限がかかり、回線速度が遅くなりますが、WiFiの場合はどれだけ使ってもスピードは一定です。

動画の再生などが快適にできるだけではなく、どれだけ使っても速度が変わりませんので、制限を気にせず、存分にネットを楽しめます。

iPhoneのバックアップが自動でできる

iPhone内のデータを安全に管理するには、定期的にバックアップを取ることが大切です。

しかし、いちいちパソコンに繋いでバックアップするのは面倒であり、全くバックアップのデータがないままに、バグなどでデータが消えてしまうということもあります。

WiFiに接続すれば、接続時に自動でバックアップが作成され、データが消えてしまうという心配がありません。

iPhoneはセキュリティーもしっかりしていますので、そう簡単にデータが消えるわけではありませんが、それでもいつ何が起きるかは分からないので注意が必要です。

バッテリーや本体の寿命などで、突如起動できなくなる可能性もありますし、落として故障したり、水没することもあります。

自動バックアップがあれば、大切なデータが消える心配がありませんし、手間をかけることなくデータを安全に管理できます。

iPhoneをWiFiに接続する方法

iPhoneをWiFiに接続するメリットはさまざまありますし、それらを知ればぜひ接続したいと考える人も多いでしょう。

WiFiに接続するためには、さまざまな手順が必要であり、これらをきちんと理解しておくことが大切です。

作業の工程はそれほど多くはありませんし、流れさえ把握していれば難しいこともありません。接続方法を知り、iPhoneをWiFiに繋げましょう。

SSIDとパスワードを確認しておく

WiFiに繋ぐ前には、ルーターのSSIDとパスワードを確認しておきましょう。WiFiの電波を飛ばしているルーターにはSSIDというものがあり、これは回線ごとに違っています

SSIDはいわばそのルーターの名前のようなものであり、どのWiFiに繋ぐかを見分けるために必要なものです。

パスワードは接続時に必要であり、これがなければ接続はできません。設定によっては、パスワードをかけずに使用することも可能ですが、パスワードがないとセキュリティ面に問題が出ます。

誰でもただ乗りができてしまいますし、情報が抜き取られる危険性もあります。

安全に使うためには、パスワードは必須ですし、そもそも接続時にも必要なものなので、事前に確認しておきましょう。

iPhoneの設定のWiFiを選択する

WiFiに繋ぐには、設定からWiFiを選択します。WiFiをタップすれば、設定画面になり、ここで接続設定をおこにないます。

設定画面ではWiFiへの接続だけではなく、解除、接続の確認など、さまざまなことができますので、WiFiで困ったことがあれば、この画面を開くと覚えておきましょう。

自宅だけで使用するのであれば、一度設定してしまえば問題はありませんが、他の場所でもWiFiを使用するなら、必要に応じて設定をし直さなければなりません。

どのWiFiに繋ぐ場合でも、すべて同じ設定画面からおこないますので、設定画面でできることはすべて把握しておきましょう。

iPhoneのWiFiをオンにする

設定画面にはWiFiというボタンがありますので、それをタップしてオンにしましょう。WiFiをオンにすると、接続可能なWiFiが一覧で表示されます。

WiFiはルーターごとに電波を飛ばせる範囲が違っており、場合によっては一覧にたくさんのWiFiが表示されることもあります。

これは他の人の画面でも同じことが言えますが、一覧に表示されているからといって、勝手に接続されるわけではありません。

接続にはパスワードが必要ですし、他人のiPhoneの設定画面に自分のWiFiが表示されても、セキュリティ面での心配はないと考えましょう。

ただし、パスワードを設定していない場合は、他の人でも簡単に接続でけいるので注意が必要です。

接続するSSIDを選択する

WiFiボタンをアップし、一覧を表示させれば、接続するSSIDをタップします。

接続先を選択すれば、パスワードの入力を求められます。自分で決めたパスワードでない場合は、英語と数字の羅列になっていることが多いため、間違えないように注意しましょう。

大文字と小文字もきちんと区別して入力する必要があり、これを間違えて接続できない人は多いです。

また、マンションなどにWiFiが導入されている場合は、似たようなSSIDが大量に表示されることもあります。SSID名が前半部分はすべで一緒で、末尾だけ違っているということも少なくありませんので、他のWiFiを選択しないように、ルーターと照らし合わせながら選びましょう。

ステータスバーにWiFiアイコンが表示される

パスワードを入力し、ステータスバーにWiFiアイコンが表示されれば、接続は完了です。

SSIDやパスワードが間違っていると、接続はできませんので注意しましょう。きちんと接続ができていれば、選択したSSIDの横にチェックマークがつきます。

また、電波の表示も3G、4Gなどから、電波のマークに変わります。WiFiアイコンが表示されていれば、接続はできているということになりますので、ほかのWiFiに接続する際にも、これを目安に考えましょう。

iPhoneがWiFiに繋がらないときの解決法

WiFiをオンにし、SSIDを選んでパスワードを入力すれば、基本的には接続はできますが、きちんと手順どおりに進めても接続できないこともあります。

WiFiにうまく接続できない理由はさまざまであり、ルーター側の問題もあれば、iPhone側の問題もあります。接続の問題を解決する方法はたくさんありますので、それらを知っておきましょう。

iPhoneがルーターの通信範囲内にあるか確認

WiFiに接続できない理由としては、そもそもルーターがきちんと機能していないことが考えられます。ルーターの電源を確認し、電源がついているかをチェックしましょう。

電源がついていなければ、そもそも接続可能なWiFiの一覧にSSIDが表示されません。

また、仮に表示されている場合でも、電波が弱いと接続ができないこともあります。ルーターの種類によって、電波の届く範囲は違っており、ルーター近くにいないと接続できないことも多いです。

特にルーターが別の部屋や違う階にあると、壁で電波が遮断されて届かない可能性があります。どうしても接続できない場合は、ルーターのすぐそばで設定してみましょう。

iPhoneカバーを外す

WiFiが繋がらない理由の多くは、電波がきちんと届いていないからであり、カバーによっても電波が遮断されてしまうことがあります。

接続できない場合は、カバーを外した状態で再設定してみましょう。特に手帳型など、分厚いカバーをしていると、接続できない場合が多いので注意が必要です。

iPhoneが最新バージョンか確認する

iOSのバージョンによっては、WiFi接続が不安定になる場合がありますので、最新バージョンにアップデートされているかを確認しましょう。

新しいバージョンが出ている場合は、アップデートすれば、接続できることも多いですが、そもそもアップデートにはWiFiへの接続が必要です。

ほかのルーターからなら接続できる可能性もあるので、別のもので試し、バージョンアップをしてから再度挑戦してみましょう。

最近では、さまざまな施設でフリーWiFiも提供されているため、それを使ってiOSをダウンロードするのもおすすめです。ダウンロードさえしてしまえば、アップデートは通信環境がなくても可能です。

iPhoneの機内モードはオフにする

機内モードに設定していると、ワイヤレス機能がオフになってしまうため、これは必ず切っておきましょう。また、機内モードから戻すことで回線に接続されるため、一度接続したWiFiであれば自動で接続できることも多いです。

電波が不安定な場合には、一度機内モードにしてみるという方法もありますので、これも覚えておきましょう。

iPhoneのWiFiを一旦オフにする

なかなか繋がらない場合は、iPhoneのWiFiを一度オフにしてみましょう。設定を再起動してみれば、接続できるようになることも多いです。

何らかの不具合で接続できないという可能性もあるため、一度クリアな状態に戻すためにも、オンオフの切り替えをしてから再挑戦してみましょう。

iPhoneのネットワーク設定の再設定をする

接続できない場合は、設定をリセットするのもおすすめであり、一度WiFiネットワーク設定を削除し、再度設定し直してみましょう。

操作ミスなどで設定を変えてしまっていたり、回線のバグなどによって、接続できなくなるケースは多いです。設定を削除すれば、最初の状態に戻りますので、再設定すれば直ることも多々あります。

iPhoneの4G通信をオフにする

WiFiに繋がらない場合は、別の回線が優先されている可能性があります。通信環境によっては、4Gのほうが速い場合もありますので、4G通信をオフにしてみましょう。

オフにすれば3G通信となり、回線速度が落ちるため、次に速いWiFiへと自動的に接続できる可能性が高いです。

自動で切り替わらない場合は、手動でもう一度設定してみましょう。

これれも接続できなければ、iPhoneの電源を落とし、再起動するのがおすすめです。再起動は不具合を直す際の基本であり、WiFiへの接続についてもこれで直ることが多いです。

ルーターとモデムの電源を切る

うまく設定できない場合は、とにかく再起動が大切ですので、iPhoneだけではなく、モデムやルーターもすべて再起動してみましょう。

WiFiが繋がらない理由はさまざまであり、iPhoneとルーターどちらに問題があるかは分かりません。両方再起動すれば、クリアな状態に戻すことができるため、問題が解決することも多いです。

iPhoneのDNSサーバを変える

WiFiが繋がらない理由としては、そもそもサーバ自体に問題があることも考えられRます。サーバとは、ネットワークを提供しているおおもとのサービスであり、これにもさまざまな種類があります。

SSIDを選択すれば、iマークが表示されますので、そこをタップし、DNSを構成→手動を選択します。

DNSサーバ欄をが表示されれば、これを「8.8.8.8」へ変更をしましょう。これはGoogle Public DNSというものであり、サーバの信頼度は高いので心配はありません。

サーバを変更することで、接続できることも多く、設定に困ったときは、このサーバを使いましょう。

iPhoneがWiFiルーターになるテザリングとは

WiFiに接続するためには、WiFiルーターが必要であり、これにも据え置きや持ち運びできるものなど、さまざまな種類があります。

持ち運びが可能なルーターとしては、ポケットWiFiが挙げられ、これがあれば、外出先でもWiFiに接続してネットが利用できます。

出先でWiFiを使おうと思えば、ポケットWiFiが必要と考える人が多いですが、実は選択肢はそれだけではありません。

iPhoneにはテザリング機能というものがあり、これを使えば、iPhone自体がルーターになります。テザリングは非常に便利な機能ですので、使い方をマスターしておきましょう。

利用にはテザリングオプションに加入が必要

テザリングはiPhoneを持っていればすべての場合で利用できるわけではなく、利用にはオプションへの加入が必要です。

各携帯会社で、テザリングオプションというものがありますので、自身が加入しているプランを確認し、これが含まれているかをチェックしましょう。

オプションへの加入がなければ、テザリング機能は利用できませんので、使いたければ別途加入が必要です。

インターネット共有をオンにする

テザリングオプションに加入している場合は、設定にインターネット共有という項目があります。インターネット共有をタップし、設定をオンにします。

共有設定がオンになっていないと、テザリング機能は使えません。

ネットワーク名を別の名前にする

テザリングは、iPhoneそのものがWiFiルーターになるため、初期設定の場合、本名がそのままネットワーク名になっています。

近くにいる人がWiFiを探したときに、本名がそのまま表示されてしまい、個人情報の観点からよくありませんので、見られても問題のない別の名前に変えておきましょう。

もちろん、そのまま使用しても問題はありませんが、セキュリティを考えれば、別の名前に変えたほうが無難です。

ネットワーク名とパスワードを入力

テザリング機能をオンにすれば、ネットワーク名とパスワードを、デザリングする機器に入力します。

入力が完了すれば、WiFiの電波が飛んでいますので、別の端末から確認してみましょう。テザリング機器へのWiFi接続があれば、親機のほうにインターネット共有中という表示が出ます。

バッテリーの消耗が早くなる

テザリングは非常に便利な機能ですが、iPhoneからWiFiの電波を出すため、電池の消耗が激しいです。使いっぱなしにしていると、すぐに電池がなくなるため、使用しないときはこまめに消しておきましょう。

テザリングは他の端末からの接続がない場合でも、機能をオンにしているだけで電波を発しています。電池の消耗を抑えるためにも、必要なときだけオンにし、不要になればすぐに消すことが大切です。

iPhoneのWiFiを自動接続しない方法

 />
<p>WiFiには自動接続という機能があり、これをオンにすれば、パスワード付きでも一度接続したものに、自動で接続できます。</p>
<p>また、接続したことがないWiFiでも、パスワードのないフリーWiFiであれば自動で接続できますし、面倒な設定が必要ありません。</p>
<p>自動接続は基本的には便利な機能ですが、近くに複数のWiFiがあり、接続したいものとは、別の回線に接続されてしまうなど、環境次第では不便なことも多いです。</p>
<p>自動接続は設定で解除できますので、便利な機能をさらに上手に使いましょう。</p>

<h3><span id=iPhoneのWiFi設定をタップ

個別で自動接続をオフにしたい場合は、WiFiの設定から、現在接続しているWiFiの「i」をタップしましょう。

自動接続そのものを解除したいなら、WiFi設定から接続を確認をオフにすればよいですが、個別で設定したいなら回線ごとに設定する必要があります。

自動接続をタップする

WiFiを選べば、自動接続というボタンがありますので、これをオフにすれば解除できます。

回線ごとに自動接続の解除ができますので、不要なものはすべてオフにしておき、すぐに使いたいものだけオンに設定しておくと便利です。

WiFiアシストを利用する

接続する回線を限定したいだけではなく、電波が弱い回線に接続したくないのであれば、WiFiアシストがおすすめです。

WiFiアシストをオンにしておくとWiFiの電波が弱い時に自動で4G回線に切り替わり、常に通信速度を高く保つことができます。

設定からモバイル通信を選択し、WiFiアシストをオンにすれば回線の自動切り替えが可能です。

iPhoneでWiFiパスワードの共有方法

WiFiのパスワードは英語や数字の羅列になっていることが多く、入力も面倒で、入力ミスが起きることも多いです。

そこで便利なのが、iPhoneでWiFiのパスワードを共有する機能です。共有機能を使えば、パスワードを入力することなく、別の端末でWiFiに接続ができます。

パスワードの共有には手順がありますので、全体の流れやポイントを把握しておきましょう。

お互いのiPhoneに連絡先の登録が必須

WiFiのパスワードを共有するためには、お互いのiPhoneに連絡先の登録が必要です。

これはほかの人に間違って共有しないためです。連絡先を知らなければ共有はできませんので、パスワードが第三者に漏れる心配はありません。

ポイントはお互いが登録していることであり、一方だけの登録では共有できないので注意しましょう。

iOS11のインストールが必要

WiFiパスワードの共有は古いバージョンではできず、iOS11以上環境が必要です。

これもお互いのiPhoneで必要になるため、それぞれバージョンアップしておきましょう

相手のiPhoneでWiFi設定をタップ

WiFiのパスワードを共有するには、まずは相手のiPhoneでWiFi設定をしてもらう必要があります。

設定からWiFiへと進み、接続したいSSIDを選択し、パスワード入力画面へ進みます。SSIDが間違っていると、パスワードの共有ができないので注意しましょう。

お互いのiPhoneを近づける

相手のiPhoneでパスワード入力画面まで進めば、その状態でお互いのiPhoneを近づけます。このとき自分のiPhoneは、ロックを解除しておかなければなりません。

ロック状態では共有ができませんので、ホーム画面を開いてから近づけましょう。

自分のiPhoneでパスワード共有をタップ

iPhoneを近づければ、「パスワードを共有しますか?」という画面が出ますので、共有をタップします。

これで相手のiPhoneにパスワードが自動入力され、WiFiへの接続ができます。

iPhoneの電池を長持ちさせる方法

WiFiを使ってよりiPhoneを便利に使いこなすには、いかに電池を長持ちさせるかを考えることも大切です。

WiFiを使えばさまざまなことができて便利ですが、長時間使っていれば、どうしても電池は消耗してしまいます。

いざという時に電池切れになると困りますし、長持ちさせるためのコツを把握して、上手に使いこなしましょう。

使っていない時はWiFiをオフにする

WiFiは通信量もかからず、速度も安定していて便利ですが、実は電池をかなり消費します。

WiFiに接続していれば、それだけで電池は消耗していきますので、使わないときはこまめにオフにしておくことが大切です。

自動接続の設定をしておけば、オンオフを切り替えるだけで、簡単に接続ができますし、不便にもなりません

iPhoneの画面の明るさの調整

画面の明るさを変えるだけでも、電池の減り方は違ってきます。

暗めに設定していれば、それだけ長持ちしますので、少し照明を落とすように設定しておきましょう。

また、明るさの自動調整をオンにしていると、必要以上に画面が明るくなってしまい、これも電池を減らしてしまう原因です。

自動調整はオフにし、必要最低限の明るさに設定しておくことで、電池の消費はかなり抑えることができます。

ディスプレイの点灯時間を短くする

ディスプレイの点灯時間は数秒単位で設定ができますので、自動ロックまでの時間をできるだけ短く設定しておくことも大切です。

ディスプレイが点灯していると、それだけで電池は減りますし、可能な限り短く設定しておきましょう。

また、自動ロックされるのを待つのではなく、自分でこまめに消すのも大切です。使い終われば自分でロックをする癖をつけておけば、電池の消耗は抑えられます。

iPhoneのデータローミングは切る

iPhoneにはデータローミングという機能があり、これは海外でiPhoneを使用する際にデータ通信ができる機能です。

これをオンにしていると、必要以上に電池を消耗するため、基本的にはオフにしておきましょう。データローミングは、設定→モバイル通信→通信のオプションから設定できます。

iPhoneをフル充電しないようにする

iPhoneは充電しすぎるとバッテリーを消耗してしまい、電池の減りも早くなります。

100%になったまま充電し続けていると、バッテリーの劣化を招くため、できるだけフル充電をしないようにしましょう。

100%になってすぐにケーブルを抜けるのであれば問題ありませんが、それができないなら80~90%程度で止めておくのがおすすめです。

また、充電回数はできるだけ減らすことが大切であり、ある程度まで電池が減ってから充電しましょう。

充電回数が増えると、それもバッテリーを劣化させることに繋がります。電池が切れるまで使うのもバッテリーの負担となるためよくありませんが、20%程度までは使ってから充電することを心がけましょう。

iPhoneでWiFiを使いこなそう

iPhoneにWiFiを繋げればさまざまなことができますので、非常に便利です。

通信量や速度を気にすることなくネットが楽しめますし、ストレスフリーにiPhoneが利用できます。WiFiの接続は面倒だと感じる人が多いですが、基本さえ分かっていれば難しいことはなく、一度接続してしまえば、後は自動接続も可能です。

自動接続にしていれば、設定なしでWiFiを利用できますし、さらに細かい設定をすれば回線を限定して接続することもできます。

WiFiは基本設定だけでも十分使えますが、さらに細かいポイントを知っていれば、より利便性は高まります。

iPhoneの機能を最大限に引き出し、快適にネットを楽しむのにはWiFiが必要です。WiFiを上手に使いこなし、iPhoneを便利に使いましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年07月17日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード