iPhoneのリセット(初期化)を目的に応じて使い分けよう!6つのリセット機能を徹底解説

リセットとはいわゆる初期化のことで、スマホの設定等を購入当初の状態に戻すことです。iPhoneには6種類のリセット機能がありますが、この記事では、どのようなシチュエーションでどの機能を用いたらよいのかや、手順や注意点を解説します。
新型ihone12噂 iPhoneのリセット(初期化)を目的に応じて使い分けよう!6つのリセット機能を徹底解説

スマホは、自分に最も適した状態で使えるようにカスタマイズできたり、プライベートな情報が詰まっています。

それらは自分が使うぶんにはとても便利ですが、スマホに不具合が生じたり、スマホを手放すときは、スマホの設定やデータなどをリセットする必要があります。

iPhoneには6種類のリセット機能がありますが、この記事では、どのようなシチュエーションでどの機能を用いたらよいのか、手順やポイントを紹介しますので、iPhoneユーザーの方は参考にしてください。

iPhoneのリセット機能は6つ

  1. 一口に「リセット」といっても、iPhoneのリセット機能は、6つの種類があります。
  2. この6つの種類の確認は、iPhoneのホーム画面から「設定」>[一般]とタップ
  3. [リセット]を選択
  4. リセットの一覧が確認できます。

すべての設定をリセットする

まず「すべての設定をリセットする」について解説します。

リセットするとどうなるのか

「すべての設定をリセット」というと、「すべて」が消えてしまうような感じがしますが、そうではありません。

消去されるのは、WiFi設定、着信音、パスコードロック、Touch ID(指紋認証)、位置情報、Apple Payに登録したカード情報などです。

一方、iPhoneに保存されている写真やアプリのデータ、「おやすみモード」の設定内容、「パスワードとアカウント」に保存したパスワードなどは消去されません。

どんなときに使うのか

「すべての設定をリセットする」は主にiPhoneに不具合が起きたときに使います。

例えばアプリの誤作動やタッチスクリーンの反応が悪いときなどに、iPhoneを再起動したり不要なアプリを削除しても不具合が改善しない場合に、「すべての設定をリセットする」を使って設定を戻すと、改善が期待できます。

また、パスコードを忘れてしまったときにも使用します。パスコードとは、画面ロック解除やセキュリティの設定などのときに必要な英数字または数字のパスワードです。

パスコードを忘れても、一定の回数までは誤入力が許されますが、連続して認証に失敗した場合は、iPhoneにロックがかかります。そのようなときに「すべての設定をリセットする」を用いてロックを解除します。

なお前に紹介したように、「すべての設定をリセットする」では、「すべて」のデータが消去されるわけではありません。

iPhoneを下取りに出す、友人・知人に譲るなどの理由で、「すべて」のデータを消去したいときは、次章の「2.すべてのコンテンツと設定をリセット」をご覧ください。

リセットの手順

「すべての設定をリセット」は、次の手順で行います。

  1. ホーム画面から「設定」>[一般]をタップ
  2. [リセット]を選択
  3. [すべての設定をリセット]をタップ
  4. (パスコード設定中の場合)パスコードを入力
  5. [すべての設定をリセット]を2回タップ

「すべての設定をリセット」はすべてのデータが消去されるわけではありませんが、万一に備えてリセットの操作をする前に、パソコンでiPhoneのバックアップをとっておくと安心です。

すべてのコンテンツと設定をリセット

続いて「すべてのコンテンツと設定をリセットする」について解説します。この「すべてのコンテンツと設定をリセットする」は、いわゆる「初期化」と呼ばれるものです。

リセットするとどうなるのか

「すべてのコンテンツと設定をリセットする」は、文字通り「すべて」がリセットされ、iPhoneを入手した状態に戻してくれます。つまり工場出荷状態に初期化されます。

1番目の「すべての設定をリセットする」と表現が似ていますが、「コンテンツと」が入っている点で大きく違います。

「すべてのコンテンツと設定をリセットする」によって消去されるデータや設定は、次のとおりです。

  • iPhoneに保存してある全データ:写真・ビデオ、音楽、連絡先、メッセージ、メール、メモなど
  • iPhoneの全設定:Apple ID、パスコード、Face ID/Touch ID、スクリーンタイム(機能制限)、WiFi、Bluetooth、位置情報など

リセットされないものはiOSのバージョンだけ

ただし、「すべてのコンテンツと設定をリセットする」によっても、アップデートされたiOSバーションは、工場出荷状態に戻りません。

最新のiOSにアップデートした後、iPhoneに不具合が生じたり、前のデザインのほうがわかりやすいなどの理由で、初期化して元のバージョンに戻したいとの声がSNS等にあがることがありますが、「すべてのコンテンツと設定をリセットする」を使っても、iOSのバージョンのダウングレードはできません。

どんなときに使うのか

「すべてのコンテンツと設定をリセットする」は、主にiPhoneを下取りに出したり、家族や友人・知人に譲るとき、つまりiPhoneを手放すときに使用します。

初期化をしないまま他人にiPhoneを渡してしまうと、最悪の場合、犯罪に使用されるなどのリスクを抱えることになります。確実に初期化してから、iPhoneを手放しましょう。

なおiPhoneを紛失したり、盗難に遭ったときに、iPhoneの「探す」(旧「iPhoneを探す」)機能で、パソコンからiPhoneを遠隔操作して、iPhoneの初期化できますが、この場合は「すべてのコンテンツと設定をリセットする」と同じ内容のリセットが行われます。

リセットの手順

「すべてのコンテンツと設定をリセットする」は手順を飛ばしたりすると、完全な初期化ができない場合があるので、手順を一つひとつ確認しながら操作することをおすすめします。

バックアップをとる

「すべてのコンテンツと設定をリセット」は、iOSのバージョン以外の「すべて」のデータと設定が消去されてしまいます。万一に備えて、初期化する前に、必ずパソコン(iTunes)でバックアップを取りましょう。

SuicaやLINE等の引き継ぎ等

続いてSuicaやLINEなどの引き継ぎ等をします。

  • Apple PayでSuicaを使っている場合は、Suicaの削除または退会手続き
  • LINEを使用している場合は、アカウントの引き継ぎの設定
  • その他、利用中のアプリの引き継ぎ、ID・パスワードの確認等

Apple PayでSuicaを使っている場合で、機種変更後もiPhoneを使う場合は、Apple PayからSuicaを削除します。Suicaを削除しても、Suicaの情報がJR東日本のサーバに退避されるので、チャージ残高はなくなりません。

機種変更後にAndroidのスマホでモバイルSuicaを使ったり、カードのSuicaを使う場合は、Suicaの情報を引き継げないので、Apple PayのSuicaの退会手続きをしてください。

LINEは機種変更後のスマホがiPhoneでもAndroidでも、アカウントの引き継ぎができます。

また、機種変更後のスマホでも現在利用中のアプリが引き続き使用できるように、アプリの引き継ぎや、ID・パスワードの確認等をしておきましょう。

くわしい手順は、JR東日本公式サイトの「機種変更」のページや、LINE公式サイトの「あんぜん引き継ぎガイド」のページなどを参照してください。

Apple IDのサインアウト等

続いて、Apple IDのサインアウト等をします。

  • 「探す」(旧「iPhoneを探す」)機能をオフにする
  • Apple WatchをiPhoneとペアリングしている場合は、Apple Watchのペアリングの解除
  • iCloud、iTunes Store、App Storeのサインアウト
  • iPhone以外のスマホに切り替える場合は、iMessageの登録の解除

くわしい手順は、Apple公式サイトの「iPhone、iPad、iPod touch を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと」のページを参照してください。

なお、Apple IDでiCloudにサインインした状態のまま、連絡先、カレンダー、リマインダー、書類、写真等のiCloudの情報を手動で削除すると、iCloudサーバや、iCloudにサインインしている他のすべてのデバイスからもデータが削除されてしまうので注意しましょう。

「すべてのコンテンツと設定をリセット」を操作する

続いて「すべてのコンテンツと設定をリセット」を、次の手順で行います。

  1. ホーム画面から「設定」>[一般]をタップ
  2. [リセット]を選択
  3. [すべてのコンテンツと設定を消去]をタップ
  4. (パスコード設定中の場合)パスコードを入力
  5. [すべてのコンテンツと設定をリセット]を2回タップ

なお「探す」機能がオンになっている場合はApple IDとパスコードの入力が必要になる場合があります。

初期化が完了すると「こんにちは」画面が現れます。

ネットワーク設定のリセット

続いて「ネットワーク設定のリセット」について解説します。

リセットするとどうなるのか

「ネットワーク設定のリセット」はWiFi設定、Bluetoothの登録記録、VPN設定、APN設定といったネットワークに関する設定をリセットして、初期状態に戻す機能です。

どんなときに使うのか

iPhoneを使っていてもすぐに圏外になってしまう、WiFiに繋がらない、WiFiに繋がるものの速度が安定しないなど、ネットワークのトラブルの改善が起きたときにリセットすると改善するかもしれません。

ルーターのリセットをしてもトラブルが改善されないときは試してみましょう。

また、Bluetoothで繋がっているキーボードやイヤホンなどの周辺機器の動作が不安定な場合も、リセットすると改善できる可能性があります。

リセットの手順

  1. ホーム画面から「設定」>[一般]をタップ
  2. [リセット]を選択
  3. [ネットワーク設定のリセット]をタップ
  4. (パスコード設定中の場合)パスコードを入力
  5. [ネットワーク設定のリセット]をタップ

リセットをしたら、WiFi設定やBluetoothで繋げていた周辺機器の設定をします。また無料WiFiを使っている場合はVPN設定、格安SIMを使っている場合はAPN設定をします。

特に、WiFi設定やAPN設定はiPhoneがインターネットに繋げるために必要な設定ですから、リセットをする前に、どのような設定になっているかを確認しておきましょう。

キーボード変換学習をリセット

続いて「キーボード変換学習をリセット」について解説します。

リセットするとどうなるのか

「キーボード変換学習をリセット」は、日本語の変換などを学習する機能をリセットして、初期状態に戻す機能です。

ただし、ユーザー辞書に登録したものはリセットされません。

どんなときに使うのか

予測変換に不要な単語が多く出るようになったとき、文字入力ができなくなったとき、メールやメッセ―ジなどで文字を入力しようとするとホーム画面に戻ってしまうときなどにリセットすると改善がみられます。

また、過去に入力した単語を知られたくない、誤入力をしたため間違った単語が候補に表示されてしまうなどのときも、リセットすると有効です。

リセットの手順

  1. ホーム画面から「設定」>[一般]をタップ
  2. [リセット]を選択
  3. [キーボード変換学習をリセット]をタップ
  4. (パスコード設定中の場合)パスコードを入力
  5. [変換学習をリセット]をタップ

ホーム画面のレイアウトをリセット

続いて「ホーム画面のレイアウトをリセット」について解説します。

リセットするとどうなるのか

「ホーム画面のレイアウトをリセット」は、ホーム画面のアプリのアイコンやフォルダの配置をリセットして、初期状態に戻す機能です。

リセットすると、次のようなレイアウトになります。

  • 1ページ目は、標準アプリが初期状態で配置
  • 2ページ目以降は、自分がインストールしたアプリが数字順>アルファベット順>五十音順>文字コード順で配置
  • アプリを格納していたフォルダはすべて解除

なお、インストールしたアプリは削除(アンインストール)されることはありませんので、安心してください。

どんなときに使うのか

ホーム画面にある不要なアプリのアイコンを整理したいときなどに使います。ごちゃごちゃしたホーム画面を一気に整理でき、アプリが探しやすくなります。

ただし、一旦リセットすると、リセット前のレイアウトに戻すことができません。

リセットの手順

  1. ホーム画面から「設定」>[一般]をタップ
  2. [リセット]を選択
  3. [ホーム画面のレイアウト]をタップ
  4. [ホーム画面をリセット]をタップ

「ホーム画面のレイアウトをリセット」をした後は、あらためて自分の使いやすいレイアウトにカスタマイズします。

位置情報とプライバシーをリセット

最後に「位置情報とプライバシーをリセット」について解説します。

リセットするとどうなるのか

「位置情報とプライバシーをリセット」は、「設定」> 「プライバシー」> 「位置情報サービス」内の設定をリセットして、初期状態に戻す機能です。

リセットを操作すると、各アプリごとに設定した位置情報サービスへのアクセス許可を一括で初期状態に戻し、位置情報サービスへのアクセスを行うアプリを起動した際に、改めて「許可する」「許可しない」の選択が必要です。

どんなときに使うのか

新しいアプリを使い始めるときに「位置情報の利用を許可しますか?」というメッセージが出ます。

「許可する」にしないと利用ができないアプリもあるので、とりあえず「許可する」を選択するケースが多くあるのではないでしょうか。

しかし、「許可する」のままにしておくと、例えばSNSにアップした写真から悪意ある人に位置情報を割り出され、プライバシーを侵害されるなどの恐れがあります。

そのような悪用を防ぐためには、どのアプリで「許可する」にしたかを確認し、「許可しない」に設定する必要がありますが、その操作を1つ1つするのはたいへん面倒です。

そこで、「位置情報とプライバシーをリセット」を用いて、すべてのアプリの設定を「許可しない」に設定し、あらためて本当に必要なアプリだけに「許可する」設定するときに用いると便利です。

リセットの手順

  1. ホーム画面から「設定」>[一般]をタップ
  2. [リセット]を選択
  3. [位置情報とプライバシーをリセット]をタップ
  4. (パスコード設定中の場合)パスコードを入力
  5. [設定をリセット]をタップ

リセットする前に本当に必要か慎重になろう

ここまで、iPhoneの6種類のリセットについて紹介してきました。

リセットするときは、果たして本当にリセットすべきなのかを慎重に検討しましょう。

特に、「すべてのコンテンツと設定をリセット」は、iOSのバーション以外の「すべて」のデータと設定が消去されますので、細心の注意が必要です。

リセットするとしても、データのバックアップはしてあるかの確認も必要です。もしバックアップを忘れていた場合は、すべてのデータが失われ、大事な写真などが消えて二度と復元できなくなるので注意しましょう。

また、iPhoneを手放すときに、「すべてのコンテンツと設定をリセット」の手順を飛ばしてしまったり、誤って「すべての設定をリセットする」で初期化したつもりになって、他人の手に渡ってしまうと、次の所有者の手を煩わせてしまったり、最悪の場合、あなたの大切な情報や財産が悪用されてしまう恐れがあります。

「すべてのコンテンツと設定をリセット」のような重大なリセットも、その他の不具合を改善させたり、利便性のためのリセットも、しっかりと手順や注意点を確認しましょう。

そして、バックアップはしてあるか、本当にリセットしても大丈夫なのかを、よく検討してから行うことをおすすめします。

ほかにもiPhoneのキーボードのカスタマイズ方法について解説した記事おすすめの遠隔操作アプリについて解説した記事などiPhoneを使いこなすための記事がたくさんあるのでそちらをごらんください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年03月19日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード