どんなときもWiFiの速度は遅いか他社比較した結果!実際の速度評判・速度を上げる方法

モバイルルーターの1つであるどんなときもWiFiですが、どのような特徴があるのでしょうか。通信速度はストレスなく利用できるスピードなのか気になるところです。実際に利用している人の口コミも参考にしながらチェックしてみましょう。
【公式】カシモWiMAX どんなときもWiFiの速度は遅いか他社比較した結果!実際の速度評判・速度を上げる方法

どんなときもWiFiは、通信無制限プランの新規受付を終了しました。

実質無制限でネットを使いたい方、通信速度に不満がある方は乗り換えを検討してみましょう。

こちらの記事では、実質無制限で使えるおすすめWiFiをご紹介しています。(※)

※WiMAXは3日で10GB以上使用すると一部時間帯にゆるやかな速度制限がかかるため、実質無制限と表現しています。

スマホやタブレットなどでインターネットを楽しむ際に、必要不可欠ともいえるのがWiFiです。通信のスピードややり取りできるデータの容量に大きく関わってきます。

モバイルルーターの1つである、どんなときもWiFiは快適にインターネットを楽しむことができるルーターなのでしょうか。

どんなときもWiFiの特徴を抑え、実際に使っている人の速度に関する口コミも紹介します。

どんなときもWiFiで通信障害が頻発

容量無制限で価格が安いと話題になったどんなときもWiFiですが、ここ最近通信障害が頻発しています

ポケットWiFiは自宅や外出先、スマホやPC等、あらゆる場所であらゆる端末に接続して使っている方が多いでしょう。

そのため、通信障害でスマホもPCもネットにつながらなくなると、生活や仕事に支障が出る場合もあります。

また、データ容量無制限で使い放題のはずですが、利用者からは「容量制限があるのでは?」との声も上がっています。

1日10GBを超えると極端に通信速度が遅くなることから、一定量のギガを使うと速度制限がかかるのではと予想されています。

本当に速度制限が設けられているのかはわかりませんが、利用者に知らせずに速度制限を課していることから「サイレント速度制限」とも言われています。

一時的に通信障害で繋がらないということも考えられますが、速度に不満を持っているユーザーは多いようです。

通信速度に不満がある、乗り換えたいと考えている方は、料金と速度のバランスがとれたカシモWiMAXがおすすめです。カシモWiMAXについては、記事後半でご紹介しています。

どんなときもWiFiの速度について

スマホやタブレットの所有が当たり前になりつつある現在では、快適にインターネットに接続するためにも、WiFiが必要不可欠といえます。

自宅でも外出先でも使える、どんなときもWiFiが注目されていますが、通信速度についてはどうなのでしょうか。

最大速度は150Mbps

どんなときもWiFiは、レンタルモバイルルーターの1つです。レンタルできる端末はD1という機種のみになります。

最大通信速度は下り150Mbpsで上りが50Mbpsとなっています。連続使用なら約12時間、同時接続は5台まで可能です。

あくまでモバイルルーターなので、連続使用時間や同時接続台数などの数字には不満を感じるかもしれませんが、1人で使用する分には問題なく使用することができる機器といえるでしょう。

通信エリアが広く速度の安定感が高い

どんなときもWiFiではクラウドSIMを採用しています。クラウドSIMとはSIMカードを通信端末ではなくクラウドサーバーで管理する方式のことをいいます。

そのため最適なLTE回線に接続することが可能です。

クラウドSIMの特徴は、au、ソフトバンク、ドコモの中から最適なLTE回線に接続してくれるので、対応しているエリアが広く、さらに通信速度も安定しているということが挙げられます。

完全無制限で速度制限なし

他社のモバイルルーターでは、一定期間を超えると通信制限がかかるのが一般的です。しかしどんなときもWiFiではどれだけデータ容量を使用しても、通信速度に制限がかかることはありません。

つまり無制限で使用することができるので、動画の視聴やオンラインゲームなどでデータ容量を心配する必要がなくなるのです。

これは業界初の無制限モバイルルーターであり、どんなときもWiFiの最大の特徴といえます。

海外利用時の速度は384Kbps

モバイルルーターを海外に持ち出して利用する場合、新たに海外使用に関する追加オプションに加入して使用することが一般的です。

しかしどんなときもWiFiでは、海外に持ち出してもそのまま使用することが可能です。

ただし国内では用量無制限で使用できていても、海外では1日1GBを超えると通信速度が低速になってしまうので注意しましょう。

通信速度が低速といっても384Kbpsの速度が出るので、標準画質の動画視聴や地図アプリ、LINEアプリの利用、サイトの閲覧などはできるので、ストレスを感じることなく利用できるでしょう。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

どんなときもWiFiと他社速度を比較

出典:どんなときもWiFi

どんなときもwifiは2020年3月から頻発している通信障害の影響で、現在新規の受付を停止しています。iPhone格安SIM通信では、その他のおすすめポケットWiFi/WiMAXをご紹介していますので、ぜひご一読ください。

どんなときもWiFiだけでなく、多くのモバイルルーターがあります。通信速度を中心に、他社と比較してみましょう。どのような違いがあるのでしょうか。

どんなときもWiFi UQ WiMAX

ワイモバイルのポケットWiFi

ドコモのモバイルWiFi

150Mbps 1.2Gbps 988Mbps 1288Mbps

ポケットWiFiを検討している方は、色々なポケットWiFiを徹底比較した記事がありますので、ぜひご参考にしてください。

UQ WiMAXと比較

回線速度だけで比較すると、最大通信速度が150MbpsのどんなときもWiFiよりも1.2Gbpsを誇るUQ WiMAXの方が速いといえます。

しかし、ストレスなく通信で楽しむには速度だけでなく安定感も大切になります。その点トリプルキャリアを利用するどんなときもWiFiのほうが有利です。

そのため、スピード重視の人やスマホゲームなどを利用する人はUQ WiMAX、利用に困らない程度のスピードで繋がりやすさを重視する人にはどんなときもWiFiが向いているでしょう。

ワイモバイルのポケットWiFiと比較

UQ WiMAXと同様に最大通信速度で比較すると、ワイモバイルは988Mbpsとなり、どんなときもWiFiよりも若干速いということになります。

ただしワイモバイルは3日で10GB以上という短期の速度制限があるので注意が必要です。

また、どんなときもWiFiでは、クレジットカード引き落としで契約すると、一定期間割引を受けられるキャンペーンを実施していることもあります。

ランニングコストを抑えて、かつ通信無制限で考えている人にはどんなときもWiFiが最適です。

ドコモのモバイルWiFiと比較

大手キャリアの1つであるドコモと最大通信速度を比較すると、1288Mbpsという数字を打ち出すドコモの方が速いということになります。

ただし、ドコモでは月間データ容量が30GBまでという制限が設けられています。

最大通信速度の数字だけを見ると、どんなときもWiFiは150Mbpsなので、速度に不安を感じる人もいるでしょうが、実はインターネットなどに接続するには十分な速度です。

そのため広いエリアで利用でき、インターネットを利用するには十分な速度を保つことができる点ではドコモと差異がないということになります。

ドコモとどんなときもWiFiの最大の違いは、データ容量の制限があるかどうかということになるでしょう。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

どんなときもWiFiの速度の良い口コミ

実際にどんなときもWiFiを利用している人はとても増えています。数字的に不安がある速度については、どのような口コミがあるのでしょうか。問題ないと感じている口コミからみてみましょう。

動画もサクサク再生できる

どんなときもWiFiを実際に使ってみて、通信速度がないのに問題なく使用できると感動を覚える人もいるようです。

iPadでNetflixをみて、iPhoneでYouTubeを再生しても通常画質で再生され、どんなときもWiFiに満足していることが分かります。

インターネットで検索をしてもサクサク動いてくれるので、ストレスなく楽しむことができるでしょう。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

快適すぎて怖いくらい速い

通信速度に不安を感じる人ほど、実際に速度を計測する人も少なくありません。外で実際に速度を計測してみても、速さに問題はなく快適なことを実感している人もいます。

数字的には他社に劣ってしまうどんなときもWiFiですが、昼間や夜間などの回線が混雑する時間帯でも、安定して快適にインターネットを楽しめるだけの速度を保つことができます。

計測した数値と実際に快適に使ってみて、問題なく利用できると確信する人もいるようです。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

2台繋いでも快適

どんなときもWiFiは最大通信速度の数値が他社よりも劣っているため、「複数台の同時接続などでは速度が遅くなってしまうのでは」という懸念を抱く人も多いでしょう。

しかし実際に利用した人の口コミでは、2台同時に接続しても快適だったようです。

複数台同時接続が快適であれば、データ容量が無制限なので、オンラインゲームや動画視聴を自宅内のどこからでも楽しめるでしょう。

数値的には他社よりも小さな数字になっていますが、インターネットをするには十分な数字ということもあり、ストレスを感じずにインターネットを楽しむことができているのかもしれません。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

どんなときもWiFiの速度の悪い口コミ

実際にどんなときもWiFiを利用している方の悪い口コミは、どのようなものがあるのでしょうか。主に通信速度について、みてみましょう。

突然エラーが出るようになった

どんなときもWiFiを契約して、オンラインにおいて接続エラーが出てしまっている人がいるようです。

ただ携帯の接続では問題なく使えており、通信速度にも問題はなく、ゲーム機だけが接続できず原因が分からなくて困っている口コミもあります。

自宅内で接続している機器の中で、エラーが出る機器が限られている場合は、どんなときもWiFiと、接続したい機器との相性が合わないという問題も考えられます。

原因が不明で対処方法も分からない場合は、どんなときもWiFiに問い合わせして解決することも検討してみるとよいでしょう。

天候の影響を受けることがある

WiFiルーターは天候の影響を受けやすいものがあります。それは、天候に左右されやすい周波数帯の電波を使っているものに起こりやすいです。

どんなときもWiFiは、天候に左右されない800MHzから1.5GHzの周波数帯の電波を使用しているため、大雨や雪の影響を受けないといえます。

ただし大雪のせいでWiFiの接続が不安定になってしまった人もいるようです。接続が不安定になって困った場合は、問い合わせして対処することがおすすめです。

たまに調子が悪くなる

どんなときもWiFiの本体自体が調子が悪くなり、ネット接続が勝手に切れているケースもあるようです。再起動しないと電波を拾えなかったり、再起動してもすぐに接続が切れてしまって困っている人もいます。

そのようなときは、エラーコードなどが表示されていないか確認してみましょう。

エラーコードが表示されていれば、すぐに問い合わせをして対処方法を聞くことがおすすめです。

▼こちらでは、ポケットWiFi/WiMAXの通信速度が遅い時に参考になるかもしれない記事をまとめています。ぜひご一読ください。

どんなときもWiFiが遅い場合は解約も検討

どんなときもWiFiは便利なサービスですが、使用状況や環境次第では快適に使えないこともあります。そのため各種対処法を行っても速度が改善されないようなら、解約して別のWiFiサービスへの乗り換えを検討しましょう。

どんなときもWiFiから乗り換えるなら、カシモWiMAXがおすすめです。

出典:カシモWiMAX
  • UQ WiMAXと同じ良質な通信回線
  • 業界最安級の月額1,380円~
  • 最短当日発送ですぐ使える

カシモWiMAXは、UQ WiMAXの通信回線を借りてWiFiサービスを提供している会社です。UQ WiMAXと同じ回線を使っているため、通信速度・通信品質は申し分ありません。

同じWiMAXプロバイダの中でも、カシモWiMAXは「業界最安級の価格」かつ「最短当日発送」ですぐ使える点が魅力です。

WiMAXには、3日間で10GB未満ならデータ容量使い放題の「ギガ放題プラン」があります。カシモWiMAXはこのギガ放題プランが業界最安級の価格で、月額1,380円~利用可能です。

完全無制限ではありませんが、どんなときもWiFiと比べて通信障害やインターネットが繋がらなくなるリスクは少ないでしょう。

さらに、最短当日発送ですぐ使える点も大きな魅力です。インターネットが繋がらないと仕事にならない、連絡できなくて困るという方も安心です。

安全に快適にインターネットを使いたいなら、業界最安級で人気のカシモWiMAXをおすすめします。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

どんなときもWiFiはどんな人におすすめ?

どんなときもWiFiがおすすめで、快適に使用できるような人とはどのような人なのでしょうか。自分が当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

速度制限を気にせずに使いたい人

どんなときもWiFiの最大の特徴は、月間データ容量が無制限であるということです。

他社のモバイルルーターでは、通信制限が設けられていたり、最初だけは無制限でも途中から通信制限がかかってしまうことも少なくありません。

データ容量を気にすることなく、インターネットを楽しみたい人には、どんなときもWiFiがおすすめでしょう。

動画視聴やオンラインゲームなど、比較的データ容量の大きいものでも、ストレスや心配なく利用することができます。

2年以上利用する予定がある人

どんなときもWiFiは2年契約する料金プランになります。利用開始月のみ日割り計算となり、また、3年目からは料金が上がる仕組みになっています。

そのため、2年経たずに途中解約すると違約金が発生してしまいます。契約解除料は9,500~19,000円(税抜)を支払わなければなりません。

2年以上継続して使用する予定の人にはおすすめといえるでしょう。

また、どんなときもWiFiはレンタル機器になるので、解約時には返却が必要です。その際、故障や欠品があると機器損害金として18,000円(税抜)を支払うことになるので注意しましょう。

色々な場所でWiFiを接続したい人

どんなときもWiFiは、au、ドコモ、ソフトバンクの大手キャリアの回線を使用するトリプルキャリア対応です。

海外で追加オプションなしに使用することも可能なので、様々な場所でWiFiを使用したいと思っている人に最適です。

自分のいる場所に合わせて快適な回線を自動的に選んでくれるので、どんなときもWiFiを持ち歩いて、どんな場所でも快適にインターネットを楽しみたい人にはおすすめです。

より詳しく知りたい方はどんなときもWiFiと他の無制限ルーターを比較した記事を御覧ください。

どんなときもWiFiの申し込み方法

どんなときもWiFiは、インターネットから申し込みます。支払方法はクレジットカードか、口座振替払いから選べます。

クレジットカード払いの場合の流れについては以下の通りです。

  1. 申込みフォームから申込みます。
  2. 申込み直後に、自動で申込み内容についてのメールが届きます。
  3. 端末を受け取ります。端末の受け取りは、自宅でも店舗でも可能です。自宅で受け取る場合、最短で翌日に受け取ることが可能です。店舗受取を希望した場合、指定店舗での当日受け取りも可能です。

口座振替の場合の流れについては以下の通りです。

  1. 申込みフォームから申込みます。
  2. 本人確認書類を提出し、本人確認ができたら1~2日以内に口座登録用のURLが届きます。
  3. メール内URLより、支払いの際に使用する口座情報の登録をします。
  4. 口座登録完了の確認が取れたら申込み完了となり、端末が発送されます。当日発送の場合、端末は、最短で翌日に受け取ることが可能です。

商品を受け取った後、端末の設定を行い、利用開始となります。初期設定は端末と一緒に届く取扱説明書に沿って行ってください。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

どんなときもWiFiで速度制限から解放されよう

スマホやタブレットの普及に合わせて、WiFiを利用することは必要不可欠になってきました。どのモバイルルーターと契約するかはインターネットを楽しむ上で、通信速度やデータ容量などの点で大きな違いが生じます。

持ち歩きにも便利などんなときもWiFiなら、通信無制限という最大の特徴があるので、データ容量を気にすることなく、いつでもどこでもインターネットを楽しめるでしょう。

自分はどのような使い方をするのかを考え、実際にどんなときもWiFiを利用している人の様々な口コミも参考にしながら検討しましょう。

【どんなときもWiFi】料金プランはこちら

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年08月24日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。