ソフトバンク光

フレッツ光の料金を徹底解説!見直す方法・高いときの乗り換え先も紹介

フレッツ光を利用するなら、事前に料金についての理解を深めておくことが大切です。回線契約の月額料金から、プロバイダやオプション、その他もろもろの料金がサービスの利用にはかかります。料金の詳しい内訳を知り、フレッツ光との契約に役立てましょう。
【公式】カシモWiMAX フレッツ光の料金を徹底解説!見直す方法・高いときの乗り換え先も紹介

本記事では、フレッツ光の契約を検討している人はもちろん、すでに契約している人も気になる費用について詳しく解説します。

NTT東日本、NTT西日本それぞれの利用料金に加え、料金をチェックする際のポイント、月額料金以外にかかる費用など、さまざまな情報をピックアップ。

料金を見直す方法や通信費を抑えたい人におすすめの光コラボ情報も含めて、フレッツ光の費用について疑問や悩みを解決します。

フレッツ光の月額料金を確認するポイント

1つの会社が回線からプロバイダまでまとめて提供するサービスに比べ、フレッツ光の仕組みはやや複雑です。そこでまずは、月額料金を間違いなく把握するために確認したいポイントを紹介します。

1.【エリア】NTT東日本かNTT西日本か

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本の2社により提供されています。同じフレッツ光でも、どちらの提供かによりプランや料金が違うので、自分がどちらのサービスを利用するかの確認が必要です。

NTT東日本とNTT西日本、どちらの提供するサービスを利用するかは、物件のあるエリアによって決まります。

NTT東日本の提供エリア

  • 北海道:北海道
  • 東北:青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県
  • 甲信越:新潟県、長野県、山梨県
  • 関東:群馬県、栃木県、埼玉県、東京都、茨城県、神奈川県、千葉県

NTT西日本の提供エリア

  • 北陸:富山県、石川県、福井県
  • 東海:愛知県、静岡県、三重県、岐阜県
  • 関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県
  • 中国:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 四国:徳島県、香川県、愛媛県、高知県
  • 九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

なお、上記の県内でも、一部対応エリア外の地域もあります。

NTT東日本、NTT西日本ともに、公式サイトから住所や郵便番号を使って対応エリアを調べられるので、まずは確認しましょう。

【フレッツ光】詳細はこちら

2.【プラン】ネクストプランかライトプランか

フレッツ光の光回線は、以下の3つのプランがあり、各プランごとに複数のタイプ(コース)が設けられています。

フレッツ光のプラン

  • フレッツ光 ネクスト
  • フレッツ光 ライト
  • フレッツ光 クロス

求める情報を正確かつ素早く得るため、まずは利用したいプランを定めましょう。それぞれのプランの特徴、適している人は次の通りです。

フレッツ光 ネクスト

ネクストプランは、毎月同じ月額料金で利用でき、使用データ量に制限はありません。多くの光回線サービスで採用されている、もっとも一般的な定額タイプのプランです。

定額で使い放題なので、利用料金を気にせず、ネットをたくさん利用したい人に適しています。

フレッツ光 ライト

ライトプランは、データの使用量に応じて月額料金が変動するプランですが、無制限に従量課金されないよう2段階の定額を設けています。

料金の上限が決まっているため、データを使いすぎても予想外の高額請求がくる心配はありません。一方で、たくさん使った月の利用料は、定額制のネクストプランより割高になる点がデメリットです。

データ使用量の少ない月は利用料を抑えられるため、まずは少しから使い始めてみたい人や、月によって利用量に差がある人などに適しています。

フレッツ光 クロス

クロスプランは、2020年4月に登場した高速プランです。上記2つのプランの最大通信速度が100MBps~1Gbpsなのに対し、最大通信速度10Gbpsと高速通信が可能です。

月額料金は定額制で、通信速度にこだわりたい人に適しています。

3.【住居】戸建てかマンションか

3つ目のチェックポイントは、回線を導入する建物です。主に戸建て向けの「ファミリータイプ」と、集合住宅向けの「マンションタイプ」があるので、自身の住居がどちらに該当するかを確認しましょう。

ここで注意したいのは、マンションであってもマンションタイプが利用できない物件がある点です。

マンションタイプを利用できるのは、フレッツ光の光回線設備がすでに導入されている集合住宅です。集合住宅内で契約が見込める世帯数や、導入されている配線方式により利用できるタイプが決まります。

一方、光回線設備が導入されていない場合、集合住宅であってもファミリータイプの利用になります。個人で光回線を建物に引き込むことになるので、家主や管理組合に事前に連絡し、導入が可能か確認しましょう。

【フレッツ光】詳細はこちら

フレッツ光の月額料金一覧表

次にフレッツ光の月額料金を紹介します。前の項で紹介したエリア、プラン、建物ごとに分類しました。

NTT東日本の月額料金

まずはNTT東日本が提供するプランの月額料金を見ていきましょう。なお、ここで紹介する月額料金はフレッツ光のもので、プロバイダの料金は別途かかります。

ネクストプラン(定額制):ファミリータイプ

NTT東日本のネクストプランで、戸建て向けの各タイプの月額料金は表の通りです。

プラン・コース名 月額料金
(税込)
最大通信速度 WiFi
ルーター
ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
6,270円 下り・上りともに
1Gbps
セット
ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
5,940円 下り・上りともに
1Gbps
なし
ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
5,720円 下り:200Mbps
上り:100Mbps
なし

ギガファミリー・スマートタイプは、WiFiルーター(ホームゲートウェイ)のレンタルがセットになったプランです。機器を自分で用意する手間をかけず、すぐにWiFi環境を構築できるというメリットがあります。

ただし、世界的な半導体不足の影響により提供端末が不足しているため、2022年5月より新規申込受付を停止しています。再開については未定です。

WiFiルーターが付属しないファミリー・ギガラインタイプと、ファミリー・ハイスピードタイプの違いは回線速度です。

ネクストプラン(定額制):マンションタイプ

続いてNTT東日本のネクストプランのマンションタイプの月額料金を見てみましょう。

プラン・コース名 月額料金
(税込)
最大通信速度 WiFi
ルーター
ギガマンション・スマートタイプ 3,685円~4,785円 下り・上りともに
1Gbps
セット
マンション・ギガラインタイプ 3,355円~4,455円 下り・上りともに
1Gbps
なし
マンション・ハイスピードタイプ
(光配線方式)
3,135円~4,235円(ミニ) 下り:200Mbps
上り:100Mbps
なし
マンション・ハイスピードタイプ
(LAN配線方式)
2,750円~3,850円(ミニ) 下り:200Mbps
上り:100Mbps
なし

マンションタイプには、「プラン2」「プラン1」「ミニ」3つのサービスメニューが設けられていて、月額料金が異なります。

どのサービスメニューになるかは、同一の集合住宅で見込める契約数(プラン2は16以上、プラン1は8以上、ミニは4以上)の条件などを考慮して、NTT東日本が決定します。

WiFiルーターのレンタルを含んだタイプと、光回線のみので速度の異なる2つのタイプがあるのは戸建ての場合と同じです。

またこちらも、世界的な半導体不足の影響による提供端末の不足により、ギガマンション・スマートタイプは新規申込受付を停止しています。再開は未定です。

ライトプラン(2段階定額制):ファミリータイプ

戸建て向けのライトプランは、料金の異なる2タイプがあります。データ通信量が特に少なめの人はファミリータイプ、少し多めを希望する場合はプラスタイプが適しています。

プラン・コース名 月額料金(税込) 基本料金から
上限料金までの
従量課金部分の料金
最大通信速度
ライト
プラス
基本料:4,180円(3,000MBまで)
上限料金:6,050円(10,000MB以上)
26.4円/100MB 下り・上りともに
100Mbps
ライト
ファミリータイプ
基本料:3,080円(200MBまで)
上限料金:6,380円(1,200MB以上)
33円/10MB 下り・上りともに
100Mbps

ライトプラン(2段階定額制):マンションタイプ

マンション向けのライトプランの料金は表の通りです。

プラン・コース名 月額料金(税込) 基本料金から
上限料金までの
従量課金部分の料金
最大通信速度
ライト
マンションタイプ
基本料:2,200円(200MBまで)
上限料金:4,730円(1,200MB以上)
33円/10MB(200~970MBまで)
22円/10MB(970MB~1,200MBまで)
下り・上りともに
100Mbps

クロスプラン(高速回線)

クロスプランは、戸建て、マンションとも共通のプランで同じ月額料金です。

プラン名 月額料金(税込) 最大通信速度
クロス 6,050円 10Gbps

【フレッツ光】詳細はこちら

NTT西日本の月額料金

続いて、NTT西日本が提供するプランの月額料金を見ていきましょう。なお、ここで紹介する月額料金はフレッツ光のもので、プロバイダの料金は別途かかります。

ネクストプラン(定額制):ファミリータイプ

NTT西日本のネクストプランで、戸建て向けの月額料金は表の通りです。

プラン・コース名 月額料金(税込) 最大通信速度
ネクスト
ファミリー・スーパー
ハイスピードタイプ 隼
5,940円 下り・上りともに
1Gbps

なお、同じ月額料金のファミリー・ハイスピードタイプ(最大通信速度200Mbps)、ファミリータイプ(最大通信速度100Mbps)もあります。同じ料金で速度が劣るため、ファミリー・スーパー ハイスピードタイプ 隼がおすすめプランになっています。

ネクストプラン(定額制):マンションタイプ

NTT西日本のネクストプランで、マンション向けのタイプの月額料金は表の通りです。

プラン・コース名 月額料金(税込) 最大通信速度
ネクスト
マンション・スーパー
ハイスピードタイプ 隼
(ひかり配線方式)
3,520円~5,940円 下り・上りともに
1Gbps
ネクスト
マンションタイプ
(LAN配線方式)
2,860円~4,290円 下り・上りともに
100Mbps

マンションタイプには、「プラン2」「プラン1」「ミニ」3つのサービスメニューが設けられていて、月額料金が異なります。

どのサービスメニューになるかは、同一の集合住宅で見込める契約数(プラン2は16以上、プラン1は8以上、ミニは4以上)の条件などを考慮して、NTT西日本が決定します。

ライトプラン(2段階定額制):ファミリータイプ

NTT西日本のライトタイプは、1種類のみ。戸建て向けの料金は表の通りです。

プラン・コース名 月額料金(税込) 基本料金から
上限料金までの
従量課金部分の料金
最大通信速度
ライト 基本料:3,520円(320MBまで)
上限料金:6,600円(1,320MB以上)
30.8円/10MB 下り・上りともに
100Mbps

ライトプラン(2段階定額制):マンションタイプ

NTT西日本のライトタイプのマンション向け料金は表の通りです。

プラン・コース名 月額料金(税込) 基本料金から
上限料金までの
従量課金部分の料金
最大通信速度
ライト 基本料:2,860円(320MBまで)
上限料金:5,940円(1,110MB以上)
30.8円/10MB 下り・上りともに
100Mbps

クロスプラン(高速回線)

NTT西日本のクロスプランは、戸建て、マンションとも共通のプランで同じ月額料金です。

プラン名 月額料金(税込) 最大通信速度
クロス 5,720円 10Gbps

【フレッツ光】詳細はこちら

フレッツ光で月額料金以外にかかる費用

フレッツ光を利用するうえで、月額料金以外に必要な費用をチェックしておきましょう。

1.プロバイダ料金

フレッツ光は、光回線のみを提供するサービスのため、インターネットを使用するためにはプロバイダとの契約が必要です。そのためプロバイダの利用料金も別途発生します。

プロバイダは、自分で探して自由に契約できます。また、フレッツ光の公式ホームページからセット(NTT東日本は「プロバイダパック」、NTT西日本は「withフレッツ」)になっているプロバイダを申し込むこともできます。

利用料金はプロバイダによって異なるので、プロバイダ選びの際は料金をしっかり確認しましょう。約500円~1,300円ほどなので、プラン料金にプラスでかかることを覚えておいてください。

2.契約事務手数料

フレッツ光の利用には、初期費用の1つとして契約手数料がかかります。金額は一律880円(税込)です。

NTT東日本、NTT西日本、またサービスのプランやタイプを問わず同じ金額です。

3.開通工事費

初期費用として、光回線を引き込むための開通工事費も発生します。

標準的な工事の工事費は、戸建てが19,800円(税込)、集合住宅が16,500円(税込)で、NTT東日本、NTT西日本、プランやタイプを問わず同じです。

なお、工事費用は工事内容によって異なる場合もあります。

4.オプション料金

フレッツ光では、ひかり電話やひかりテレビに加え、無線LANカードのレンタルなどさまざまなオプションを提供しています。

こうしたオプションサービスの申込みは任意ですが、利用する場合は、その利用料金も必要です。

オプションサービスは種類が豊富で、機器の設定を代行するセットアップなど各種サポートや、ウイルス対策などのセキュリティサービスもあります。

【フレッツ光】詳細はこちら

フレッツ光の料金を見直す方法

続いては、フレッツ光は使い続けながら、料金を抑える方法をチェックしていきましょう。

1.プロバイダを乗り換える

プロバイダ一体型の光回線も多いなか、プロバイダを自由に選べるのはフレッツ光の特徴の1つ。一体型ではないため、プロバイダだけを乗り換えることも可能です。

プロバイダの利用料金はサービスによるので、利用中のものより安いプロバイダに乗り換えることで、利用料金を抑えられます。

2.オプションを解約する

オプション料金は、個々に費用が生じています。契約はしてみたものの、実はあまり使っていない、なくてもさほど困らないというオプションもあるかもしれません。

不要なオプションはそのままにせず、解約して無駄な出費を減らしましょう。

3.料金プランを変更する

フレッツ光には、定額制のネクストプラン、2段階定額制のライトプランがあり、これを見直すことで月額料金を抑えられる場合があります。

ネクストプランを契約していてデータ使用量が少ない人は、ライトプランにすることで月額料金がどう変わるかシュミレーションしてみましょう。

一方、ライトプランユーザーながらデータ使用量の多く、上限料金近く払う月が多いという場合、ネクストプランにして方が安く済むケースもあります。

【フレッツ光】詳細はこちら

フレッツ光の料金が高いと感じたら光コラボもおすすめ

フレッツ光の料金を抑える方法として、もう1つチェックしたいのが光コラボへの乗り換えです。

光コラボとは、簡単にいえばフレッツ光の回線を使って、NTT以外の業者がインターネットサービスを提供する仕組みです。

プロバイダが回線とネット接続サービスをまとめて提供するため、別々に契約する通常のフレッツ光より、多くの場合安価で利用できます。

光コラボの業者は多数あり、料金はもちろん、提供しているサービスもそれぞれ異なります。金額の安さはもちろん、便利に利用できるかどうかまでチェックして選びましょう。

以下では、おすすめの光コラボサービスを3つピックアップします。どれもデータ無制限の定額制で、フレッツ光のネクストプランと比べると、だいぶ費用を抑えられることがわかります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,180円(税込)

ソフトバンクの提供するソフトバンク光も光コラボの1つ。フレッツ光の回線とプロバイダのYahoo!BBがセットになったサービスです。

光回線とプロバイダを合わせた月額利用料は、戸建てで5,720円(税込)、マンションで4,180円(税込)と、フレッツ光に比べて安価です。

さらに注目すべきポイントは、ソフトバンクのスマホとのセット割「おうち割光セット」です。ソフトバンクの光回線とスマホ・携帯電話、指定のオプションを利用すると、スマホの月額利用料金が1台につき月額最大1,100円(税込)割引されます。

家族のスマホも対象になるので、ソフトバンクユーザーの人数によっては数千円の割引が受けられるケースもあり大変お得です。

【ソフトバンク光公式】詳細はこちら

ドコモ光

出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ
ドコモ光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,400円(税込)

ドコモ光は、ドコモが提供する光回線サービスです。プロバイダとセットで契約する光コラボながら、利用可能プロバイダが1社に限定されていない点が特徴です。

プランにより対応の可否はありますが、23社の対応プロバイダから希望のプロバイダを選んで契約できます。プロバイダにこだわりたい人にもおすすめです。

もう1つ大きな特徴が、ドコモのスマホとのセット割「ドコモ光セット割」が利用できること。ドコモ光とドコモのスマホを一緒に使うと、スマホの月額料金が1人あたり月額最大1,100円(税込)割引されます。

家族のスマホも対象になるので、3人なら3,300円(税込)、4人なら3,300円(税込)など、高額の割引が得られる場合もあります。

【ドコモ光】詳細はこちら

ビッグローブ光

ビッグローブ光
ビッグローブ光 3年契約
ファミリータイプ 5,478円(税込)
マンションタイプ 4,378円(税込)

ビッグローブ光は、老舗プロバイダのビッグローブが提供する光回線サービスです。プロバイダはビッグローブがセットになっています。

自社の提供するスマホ、BIGLOBEモバイルとのセット割に加えて、auとUQモバイルのスマホとのセット割も利用できる点が大きな特徴です。

BIGLOBEモバイルの場合、毎月220円(税込)のスマホ代の割引、契約者限定特典などが受けられます。

auとUQモバイルの場合の割引は、スマホ1台につき、auなら月額1,100円(税込)、UQモバイルなら月額858円(税込)です。どちらも家族のスマホも対象なので、人数によって割引額も大きくなります。

代理店、公式ともに、高額のキャッシュバックキャンペーンが実施されているのも特徴の1つ。うまく活用すると実質の利用料金をさらにお得にできます。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

フレッツ光の料金に関するよくある質問

フレッツ光の料金に関して、よくある質問に回答します。2社による提供、プロバイダは別契約のフレッツ光は、一体型のサービスに比べて複雑な点が多いのでしっかり確認しましょう。

フレッツ光の支払い方法は?

フレッツ光の支払い方法は、NTT東日本、NTT西日本によって異なる点があります。

NTT東日本は、口座振替、クレジットカード支払い、請求書支払いの3種類から選択できます。

一方、NTT西日本の支払い方法は、基本的には口座振替、クレジットカード支払いの2種類です。コンビニエンスストアなどでの請求書払いを利用したい場合は、請求書1通ごとに165円/月(税込)が別途必要です。

フレッツ光の解約金は?

フレッツ光には、2年契約にすることで割引が受けられる「にねん割」というサービスがあります。「にねん割」を利用している場合、契約更新期間外の解約は解約金が発生します。

解約金は、戸建て向けサービスが4,950円(税込)、集合住宅向けサービスが1,650円(税込)です。

さらにフレッツ光はプロバイダが別契約のため、プロバイダ契約の違約金が発生するケースがある点にも注意してください。プロバイダの違約金は、利用するサービスやプランによって異なるので確認が必要です。

解約金ではありませんが、初期工事費を分割払いにしている場合、解約時には残債が一括で請求されることも覚えておきましょう。

【フレッツ光】詳細はこちら

フレッツ光の料金まとめ

フレッツ光は、NTT東日本、NTT西日本の2社により提供されていて、同じサービスでありながら、利用する地域によって提供プランや料金に違いがあります。

利用を検討する際は、自身の住まいがどちらの提供地域になるかを確認し、該当する方のサービス内容をチェックしましょう。

もう一つ注意したいのが、プロバイダは別契約のため、フレッツ光を契約しただけではインターネットは利用できない点です。プロバイダの契約が必要なうえ、利用料金も別途発生します。

フレッツ光の料金が高いと感じたときは、プランやオプションの見直しに加え、光コラボの利用を検討するのも1つの手です。プロバイダと回線がセットになっている光コラボは、フレッツ光より安く利用できる場合がほとんどです。

スマホとのセット割が使える光コラボサービスもあり、割引や特典を活用して、通信費の総額を抑えれらます。

【フレッツ光】詳細はこちら

公開日時 : 2022年10月11日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。