どんなときもWiFiと他の無制限ルーターを比較|速度の違いも解説

2019年に販売開始した「どんなときもWiFi」は、従来のWi-Fi通信サービスとは違い大手キャリア3社の通信網が利用できることで大変人気があります。今回は、この「どんなときもWiFi」と他2社のサービスの内容を詳しく解説していきます。
【公式】カシモWiMAX どんなときもWiFiと他の無制限ルーターを比較|速度の違いも解説

どんなときもWiFiは、通信無制限プランの新規受付を終了しました。

実質無制限でネットを使いたい方、通信速度に不満がある方は乗り換えを検討してみましょう。

こちらの記事では、実質無制限で使えるおすすめポケットWiFiをご紹介しています。(※)

※WiMAXは3日で10GB以上使用すると一部時間帯にゆるやかな速度制限がかかるため、実質無制限と表現しています。

話題の「どんなときもWiFi」は2019年にサービスを開始し、どんどん利用者を増やしているモバイルWiFiサービスの会社です。

また、どんなときもWiFiとほぼ同時期にサービスを開始した「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」も注目されています。

今回は「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」の3社のそれぞれのサービスを比較・解説します。

それぞれのサービスの特徴や違いなどを詳しく知り、WiFiサービスを選ぶときの指針にしてみましょう。

どんなときもWiFiの特徴

出典:どんなときもWiFi

ここでは「どんなときもWiFi」の主な特徴とWiMAX2+との違いについて解説していきます。他の2社との違いをチェックしてみましょう。

使用量の制限なし

「どんなときもWiFi」の最大の特徴は通信量の制限がなく、完全無制限に通信ができるところです。(違法ダウンロードや不正利用、大容量通信によるネットワークの占有の場合を除きます)

一般的なモバイルWiFiやWiMAXは、月間データ量が無制限となっていても実際のところは直近の3日間で10GB以上利用すると、速度制限がかるようになっています。

その点どんなときもWiFiは完全無制限のWiFiですので、直近の通信量を気にすることなく安心して動画視聴やアプリや音楽のダウンロード、ゲームなどができます。

まだ定額音楽サービスを契約していない方は、ぜひ無料トライアルから始めてみましょう。こちらの記事では、無料・有料別におすすめ音楽アプリランキングをご紹介しています。

国内でも海外でも使える

「どんなときもWiFi」のメリットの1つが、同じWiFi端末を海外でそのまま使用できることです。

従来のモバイル型WiFiでは通信できる場所は日本国内に限定されていましたが、どんなときもWiFiはそのまま海外でも通信が可能です。

海外でどんなときもWiFiを使用するときには、事前申請などは不要です。現地で使うときに端末の電源をONにするとそのまま利用可能となります。しかし海外で使用する際は使った日数分の料金が別途発生しますので、注意が必要です。

海外利用料金は使用する国やエリアによって変わります。1日あたりで1,280円~1,880円 (1日1GBまで)となっていますので、事前に公式ホームページで確認しておくことをおすすめします。

もし海外で利用しない場合はWiFiの電源をOFFにしておくと海外での使用料が発生しませんので、必ず電源についても確認しましょう。

3大キャリアが使える

「どんなときもWiFi」は端末本体にはSIMカードが入っていません。同社独自のクラウドSIMを使って大手キャリアの3回線が使える仕組みです。どんなときもWiFiで使える回線の種類はau・ドコモ・ソフトバンクの3社の回線です。

使用するときにいる場所や環境によって、自動的に最適な会社の回線に切り替えるようになっています。このため電波が悪い場所で通信が途切れてしまう、ということがありません。

また端末にSIMカードを入れて、自分で設定するという手間もないため、より簡単にどこでもインターネットが楽しめます。

WiMAX2+との違い

これからモバイルWiFiを契約しようと考えている人は同じようなモバイル通信サービスのWiMAX2+と、どんなときもWiFiの違いについて知りたいと思っているのではないでしょうか。

持ち運びができる通信手段として、この2つは似ているところもありますが、次のような点に違いがあります。

  WiMAX2+ どんなときもWiFi
通信速度 下り最大867Mbps (3日で10GBまでの制限あり) 下り最大150Mbs
通信エリア 国内のみ(主に都市エリアに対応) 国内・海外ともに可能
端末 購入または契約社から無料提供 レンタル品
海外利用 不可 海外131カ国で使用可能

このように、最大通信速度においてはWiMAX2+がより勝っていますが、これは通信環境や混雑時かどうかによっても変わります。

実際に使った人の口コミでは、平均通信速度に関しては両方にはあまり差がないというものもあります。

使用エリアについては、どんなときもWiFiの方が国内と海外の広いエリアで使用できることがわかります。もし、海外に頻繁に出かけることがあるという人は、どんなときもWiFiの方がより便利といえるでしょう。

料金で比較

ここでは「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」の3社の料金について解説していきます。

月額料金や支払方法、契約期間についても取り上げますので、ぜひチェックしてみましょう。なお、金額はすべて税抜き表示です。

  どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi
初月〜24カ月目の月額 (税抜)
  • クレジットカード:3,480円
  • 口座振替:3,980円
3,500円(利用開始月は日割り) 3,480円
25カ月目以降の月額(税抜)
  • クレジットカード:3,980円
  • 口座振替:4,410円
3,500円 3,480円

どんなときもWiFi

出典:どんなときもWiFi

2020年2月現在「どんなときもWiFi」の料金は、契約してから2年間はずっと変わらず3,480円(税抜)で、これはクレジットカードで支払う場合です。

口座振替の場合は2年間が3,980円(税抜)、25カ月以降で4,410円(税抜)です。

同じようなモバイルWiFiのサービスをおこなっている他社と比較してみると、契約してから2年間の料金はほぼ変わらないことがわかります。

しかし口座振替の場合、クレジットカードでの支払いと比較すると月額が2年までで500円ほど高くなってしまいます。契約から25カ月以降はさらにアップしますのでその点を理解した上で申し込みましょう。

どんなときもWiFi

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

限界突破WiFi

出典:限界突破WiFi

2020年2月現在「限界突破WiFi」の料金は、月額3,500円(税抜) で契約開始月は3,500円の日割り計算した料金です。限界突破WiFiでは、2年間の最低契約期間がすぎた後でも料金が変わらず、3,500円のままです。

また、端末料金については0円ですので、気軽に始められるシステムといえるでしょう。

限界突破WiFiを契約する!

めっちゃWiFi

「めっちゃWiFi」の2020年2月現在の料金は月額で3,480円となっています。

契約期間は2年間で、25カ月以降も月額が3,480円でずっと変わりません。このようにめっちゃWiFi料金体系がとてもシンプルで分かりやすい点が魅力といえます。

モバイル端末についてはレンタル品となっていますが、別途料金は発生せず無料で使えます。

速度で比較

ここでは「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」3社のサービスの通信速度について比較・解説していきます。なお、速度は上り・下りともにベストエフォートの速度で表示しています。

どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」の速度についてみてきましょう。

公式ホームページには『下り最大150Mbps 上り最大50Mbps』と掲載されています。下りに関しては、インターネットページや動画を見るときやデータのダウンロードには充分なスピードといえます。

しかし、これはあくまでもシステム上の最大速度 (ベストエフォート)で、実際に使うときに出るスピードを示しているわけではありません。

実際にインターネット通信をおこなうときには、その場所での電波状況や物理的に電波を妨害するものがあるかどうかでも変わります。

また、時間帯によっては回線の混雑もあり得ますので、かなり速度が落ちるときもあります。なお、どんなときもWiFiで提供しているモバイルルーターは、D1というタイプです。

限界突破WiFi

「限界突破WiFi」の公式ホームページには『下り最大150Mbps 上り最大50Mbps』という速度と掲載されています。

他の2社と同じ速度が公表されていますが、実際に使ってみた人の意見としては、比較的どの場所にいても安定した高速通信ができる、という口コミが多数あるようです。

ただし上りの速度についてはかなり遅く感じられるとの意見もありますので、大量データのアップロードなどには適さないといえるでしょう。

めっちゃWiFi

「めっちゃWiFi」の通信速度についてみていきましょう。めっちゃWiFiの公式ホームページでは『下り最大150Mbps 上り最大50Mbps』と速度が掲載されています。使用ルーターはU2sです。

口コミなどをみると使用する場所や環境によって、実際に使用したときの速度にはかなり差があるようですが、平均して25Mbps~40Mbpsほどの速度が出ていて遅いと感じることはあまりないといえます。

めっちゃWiFiに限らず他の2社についても同じなのですが、クラウドWiFiを使っているためときどき通信が切れてしまうことがあるようです。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

海外利用で比較

「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」の3社に共通しているメリットは、海外にいてもルーターが使用できるところです。

それぞれの使用可能な国と地域・海外で使うときの速度、1日ごとの料金などについてみていきます。

  どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi
海外利用 131カ国に対応 107カ国に対応 100カ国以上に対応
海外料金 (非課税) 1,280円~1,880円/日 380円~/日 850円~1,250円/日
海外での速度
  • 1日1GBまで高速通信
  • その後384Kbps
不明 1日1GBまでは高速通信

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」では、同じモバイルルーターをそのまま海外でも使用することができるサービスをおこなっています。

利用できる国は131カ国で、LTEでの高速通信は1日で1GBまで使えます。それ以降は低速384Kbpsで利用できます。

どんなときもWiFiの海外プランには2種類があります。

1つがアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米地域の利用エリア1です、もう1つが中東・南米・アフリカ地域で使える利用エリア2です。利用エリア1の料金は1日あたり1,280円(非課税)、利用エリア2の料金は1日あたり1,880円(非課税)です。

また、海外での利用で気になるのが現地での盗難です。

どんなときもWiFiでは、別途海外保証保険には入る必要がありません。盗難だけでなく紛失してしまったときでも、端末保証付きですので安心して使えます。

限界突破WiFi

「限界突破WiFi」は海外の107カ国で利用でき、近くはアジア諸国から遠くはアフリカ諸国や南アメリカ諸国までと多くエリアをカバーしています。

料金は1日利用で最も安いのが、中国・香港・台湾・韓国・マレーシア・ ベトナム・インドネシア・タイなどのアジア諸国での利用です。

1日300MBまでのプラン以外に、7日間で1GBのプランや30日で30GBのプランがありますので、短期滞在から長期旅行・滞在までカバーできるところがポイントです。

また、国ごとに判別するプラン以外に、アジア周遊やヨーロッパ周遊、グローバル周遊など様々な国と地域を組み合わせて使えるお得なプランもあります。

このように、限界突破WiFiは海外で使うときの料金プランがとても豊富で、選択肢が多いところがメリットといえるでしょう。

めっちゃWiFi

「めっちゃWiFi」も普段つかっているモバイルルーターをそのまま海外でも利用できます。めっちゃWiFiが使える国は世界100カ国以上の国と地域で、今後もどんどん増えていく予定です。

どの国で使っても、高速通信は1日で1GBまで使うことができ、これ以上を使うときには通信速度が制限されますが、データ量は無制限で利用できます。データ量がリセットされるのは、日本時間でAM9:00です。

海外の利用料金は、東南アジアの17カ国は1日で850円(非課税)で、それ以外の国は1日で1,250円(非課税)です。

なお、東南アジアの17カ国は、バングラデシュ、カンボジア、中国、香港、インド、インドネシアマカオ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ラオス、ベトナムの国々です。

契約期間と解約金で比較

ここではWiFiルーターを契約する前に知っておきたい、契約期間と期間内に解約したときの違約金について解説していきます。なお、金額はすべて税抜きで表記しています。

3社の違いを比較し、購入するときの判断材料にしましょう。

  どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi
契約期間 2年間 2年間 2年間
解約金 (税抜)
  • 0~12カ月目:19,000円
  • 13~24カ月目:14,000円
  • 25カ月目:なし
  • 26カ月目~:9,500円
  • 0~24カ月目:18,000円
  • 25カ月目~:5,000円
  • 0~24カ月目:9,800円
  • 25カ月目~:なし

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」の最低利用期間(契約期間)は、契約から2年間です。最初の2年間のすぐ後に契約更新月が設けられていて、この時期に継続しないと意思表示して契約解除をすると違約金がかかりません。

それ以外の月に契約を解除すると解約手数料(違約金)がかかってしまいます。詳しくは次のリストを参照ください。

  • 利用期間が0~12カ月目:解約手数料 19,000円
  • 利用期間が13~24カ月目:解約手数料 4,000円
  • 利用期間が25カ月目:解約手数料 0円
  • 利用期間が26カ月目~:解約手数料 9,500円

なお、契約は最初の2年間が過ぎると、自分で解約手続きをしない限り自動更新されます。

限界突破WiFi

「限界突破WiFi」では最低利用期間が2年間で、最初の契約期間がすぎると12カ月ごとの自動更新になります。

限界突破WiFiの契約を解除するときかかる違約金は、次の通りです。

  • 利用期間が0~24カ月目:解約手数料 18,000円
  • 更新月の3カ月:解約手数料 0円
  • 利用期間が25カ月目~:解約手数料 5,000円

このように契約期間の途中であれば更新月以外は違約金がかかります。そして他社と比較すると最初の24カ月までに解約したときの違約金が高いという特徴があります。

契約更新の月がわからずに解約をしてしまうと損をする可能性があるので、注意が必要です。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

めっちゃWiFi

「めっちゃWiFi」の最低利用期間は、他の2社と同じく2年間です。2年間が経過する前に契約解除をすると、違約金が発生します。

  • 利用期間が0~24カ月目:解約手数料 9,800円
  • 利用期間が25カ月目~:解約手数料 0円

このようにめっちゃWiFiは解約に関する決まりがとてもシンプルでわかりやすい特徴があります。最初の2年間がすぎれば、いつ解約をしても違約金は一切かかりません。

支払い方法で比較

「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」のそれぞれの料金の支払い方法について紹介します。

クレジットカードや口座振替など、どの方法があるのかどうかを比較し、自分が使いやすいサービスを選ぶようにしましょう。

どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi
  • クレジットカード
  • 口座振替(法人のみ請求書払いも可能)
  • クレジットカード
  • 口座振替 (X-mobileショップから申込みした場合)
クレジットカード

どんなときもWiFi

「どんなときもWiFi」の支払方法についてみていきます。どんなときもWiFiでは、クレジットカードの他に口座振替でも毎月の支払いができます。

登録できるクレジットカードはVISA、Master、JCB、American Express、Dinersです。

また口座振替には毎月200円(税抜)の手数料がかかります。そして法人限定で請求書払い(銀行振り込み・後払い)も可能です。これはどんなときもWiFiのみが実施していて、毎月300円(税抜)の手数料がかかります。

どんなときもWiFiを契約する

限界突破WiFi

「限界突破WiFi」の支払方法は、インターネットから申込む場合クレジットカードのみとなっています。

またX-mobileのショップから申し込みをする場合には、口座振替も可能です。

近くにX-mobileショップがない場合には、インターネット申し込みになりますので、自動的に支払方法がクレジットカードに限定されます。もし、口座振替を希望する場合は他社も検討する必要があります。

限界突破WiFiを契約する!

めっちゃWiFi

「めっちゃWiFi」で可能な毎月の支払方法はクレジットカードのみとなっています。登録可能なクレジットカードはAmerican Express、Diners、JCB、VISA、Masterです。

もし、クレジットカードがないという場合は他社のプランにするか、他のモバイルプランも検討してみましょう。

どんなときもWiFiはどんな人におすすめか

どんなときもWiFiに興味があるけれども、他社と比較してもなかなか決められないという人もいるのではないでしょうか。

同タイプのモバイルWiFiを比較してきましたが、どんなときもWiFiの最大のメリットは、データ容量が無制限という点です。

また大手3大キャリアの回線を場所によって自動で切り替えてくれる仕組みですので、「とにかく広い範囲でネットワークがつながるとよい」と考える人におすすめの会社です。

さらに毎月の料金も手頃ですので、2年間の最低利用期間があってもとにかく安く使いたい、という人にもピッタリといえるでしょう。

しかし、料金については端末を使用し続けると約2年以降は端末と回線の陳腐化が出てきます。

また近年の激しいネットワークの開発競争により世界的に5Gが普及する見通しですので、さらによいプランや端末が発売されることも予測できますので、購入するときには慎重に検討しましょう。

  どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi
月額 (税抜)
  • クレジットカード:3,480円
  • 口座振替:3,980円(24カ月)、4,410円(25カ月~)
3,500円(利用開始月は日割り) 3,480円
速度
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
海外利用 131カ国に対応 107カ国に対応 100カ国以上に対応
海外料金 (非課税) 1,280円~1,880円/日 380円~/日 850円~1,250円/日
海外での速度
  • 1日1GBまで高速通信
  • その後384Kbps
不明 1日1GBまでは高速通信
契約期間 2年間 2年間 2年間
解約金 (税抜)
  • 0~12カ月目:19,000円
  • 13~24カ月目:14,000円
  • 25カ月目:なし
  • 26カ月目~:9,500円
  • 0~24カ月目:18,000円
  • 25カ月目~:5,000円
  • 0~24カ月目:9,800円
  • 25カ月目~:なし
支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替(法人のみ請求書払いも可能)
  • クレジットカード
  • 口座振替 (X-mobileショップから申込みした場合)
クレジットカード

どんなときもWiFiを契約する

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

契約前にどんなときもWiFiと他社のサービスを比較しよう

今回はどんなときもWiFi・限界突破WiFi・めっちゃWiFiの3社を比較し、それぞれのプランの特徴や料金・契約期間と違約金、海外での利用プランなどについて解説してきました。

これらのクラウド型のSIM技術を使っているモバイルWiFiのインターネット通信は、2019年にスタートし大変話題になりました。

今まで海外に行くときには、別途レンタルルーターを契約して使っていたという人にとって大変画期的なプランといえます。

どんなときもWiFiは、従来のモバイルルーターとは違い、大手3社の高速通信回線をすべて使えます。

キャリアの垣根を超えて、より広い範囲で通信ができるところが魅力です。契約する前には、どんなときもWiFiが自分の使い方に合っているかどうかをチェックしてみましょう。

この記事を見てどんなときもWiFiに興味を持った方はこちらのどんなときもWiFiの料金・キャンペーンを解説した記事もご覧ください。

公開日時 : 2020年11月04日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。